閉じる


普段の言葉

試し読みできます

「どうせ、介護(業界)だから。」

「どうせ、介護(業界)だから」
  介護業界は他の業界に比べると給料が少ない業界だと言われています。実際に統計をとるとそうだったらしいです。
  さて、あなたに質問があります。
”介護業界だから”あなたの給料は低いと思いますか?
”介護業界だから”あなたの待遇は悪いと思いますか?
  それでは別の質問をします。あなたは別の業界に行った時にどれだけ素晴らしい仕事ができますか?
  別の業界に行けばもっとたくさんの給料を稼げるのですか?
  いい待遇で働かせてもらえるのですか?
  僕自身の経験では、確かに仕事ができなかった僕でも介護現場のパートタイマーより異業種の派遣社員だったほうが倍以上稼げていた事実があります。住宅のことや食事のことなど優遇された部分があります。
  もし僕が8年前にこれら質問をされたら自信を持って答えたでしょう。
「はい、そうです」
  それはもちろん幻想だったのです。
  本当は”介護業界”が悪いのではなくて、”あなたの実力”が足りないからじゃないですか?
  実力がなく努力の一つもしていないあなた自身に問題があるんじゃないですか?
  業界のせいにする前に、あなたの今までの生き方を振り返ってみてはいかがですか?
  僕自身を振り返ると、パートタイマーで仕事をしていた頃は、免許をなくしていたときに内緒で車を運転して友人宅の駐車場で事故を起こして会社に迷惑をかけたことがありました(幸いにも駐車場内は道路交通法の適用外だったので、免許不携帯など点数が引かれることは
ありませんでした)。
  そんな僕をクビにせずに働かせてくれました。その事実を僕は分かっていませんでした。
  過去に僕の待遇が悪かったのならそれは僕自身の生き方が僕の待遇を決めただけでした。”介護業界”に非はありませんでした。
 
「あなたの待遇はあなたの生き方が決めることを確認しよう」

「できる自信がありません。」

有料本のため、このページは読むことができません。

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格500円(税込)

「じゃあ、どうしたらいいんですか?」

有料本のため、このページは読むことができません。

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格500円(税込)