twitterアカウントでログイン

カテゴリー ビジネス・教育・社会 学習・研究 作者 岸本 善英
価格 無料
タグ 古代古代史歴史古事記日本書記天皇大君大王銅鐸銅矛銅剣銅戈国家邪馬台国卑弥呼古墳
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

60 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 執筆中 ページ数 130ページ (Web閲覧)
131ページ (PDF)
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
(PC&」タブレット用) 
日本の古代史は残されている資料が少ないこともあって確たるものに欠ける。
歴史学会でも見解が分かれることが多い。日本書紀や古事記の内容は全てを信用するわけにもいかず、考古学の分野では発掘調査に規制や制約がある。どうしても邪馬台国や卑弥呼へ目が行き、大和王権との結びつき、そして中央集権国家としての歴史にばかり注目してしまう。そうなってしまうと、中国大陸や朝鮮半島に残されている史書などとの矛盾や考古学的事実に注目しないと言う歪な古代史となってしまうことも多い。本書では、各章で素朴な疑問を記述し、当然だとされているが、検証すると異なる結論が導き出せる様な事柄を探って行きたい。

コメント一覧

この本へのコメントはまだありません。

facebook コメント一覧