閉じる


<<最初から読む

5 / 6ページ

12ハウスが示す人生テーマ

 占星学では、人生の諸問題を12に大別して考えることにしています。

 各ハウスの仕切り(境界線)をカスプと言います。

 1ハウスのカスプはアセンダントと呼ばれて特に重要ですが、東の地平線上から左回りに12ハウスに区切ります。7ハウスのカスプは西の地平線になります。

 10ハウスのカスプはMC(ミディアム・コエリ)と呼ばれ、天頂(その日の南中=太陽がもっとも高くなる方向)にあたります。ASC(アセンダント)とともに重要な地点で、特に職業選択や成功度を判断する際は大切です。反対側の4ハウスのカスプは天底にあたっています。

 12ハウスは固定されて動かないものと仮定します。そして、その周囲を黄道12星座のベルトが東から昇って西へ沈むように回転しつづけており、さらに10個の惑星がこのベルトの中をゆっくりと左方向へ動いていると考えます。

 ハウスは問題を持っている家に相当します。

 星座はその家の外観や内装や設備を表します。

 惑星は、その家の主人か、その家に来ている人か、その問題の解決かトラブルかを起こすためにいる人とも言えましょう。


1ハウスのテーマ

 本人の性質、容姿、人生傾向を代表する。本人自身の活躍次第で決まる人生。一身上の都合など個人行動や健康も、1ハウスのテーマとなる。太陽の星座を内面の性格とすれば、1ハウスのカスプ上の星座(アセンダントの星座)は世間の人々に知られる性質や行動を示す。牡羊座の定位置。


2ハウスのテーマ

 金運、収入源、流動資産、本人が自由に処分できる所有物や金銭。食欲も関係する。牡牛座の定位置。


3ハウスのテーマ

 コミュニケーションということばで想像できることはすべて。小旅行、一般常識、マスコミ的な著述や通信。初等教育(高等学校まで)、職業上の初歩的技能訓練。親戚兄弟。双子座の定位置。


4ハウスのテーマ

 家庭、家族、親、家屋、土地、鉱山、先祖代々のもの、故郷、出生地。栄養。反体制的活動。蟹座の定位置。


5ハウスのテーマ

 恋人、愛人、恋愛、情事。スポーツ、芸術、芸能、演劇など、やったことの反応がすぐに目に見えること。創作活動。クリエイティブなこと。投資、投機、ギャンブル、冒険、企業。娯楽、子ども。ラッキーチャンス。趣味。獅子座の定位置。


6ハウスのテーマ

 労働、職場、雇用される運。病気、健康、衛生。ペット、小動物。部下、使用人。貸間運。下宿人運。奉仕。食事(健康維持のための)。乙女座の定位置。


7ハウスのテーマ

 結婚、共同事業。相手、パートナー、配偶者、異性(自分以外のすべての他人の意味あり)、ライバル(公の敵)、被告、犯人、裁判問題、国際的な仕事をしている場合は外国や外国との取引、貿易をも含む。契約ごと。天秤座の定位置。


8ハウスのテーマ

 他人の力、金。配偶者の金運。契約ごとや共同事業からの利益や分配金。死に関連したこと。遺産、相続、保険金、税金、貸借金。セックス(生死をかけるほどの快楽)、外科手術、事故。心霊的なこと。遺伝。カルマ。蠍座の定位置。


9ハウスのテーマ

 大学、学問(大学で講座が持たれるほどの学問の意味)。宗教、哲学、占星学。外国、大旅行。義理の親戚、配偶者側の親戚。学術的な出版。仕事や会社の企画や計画。射手座の定位置。


10ハウスのテーマ

 職業運(世間の人から見た職業という意味で、職場内での仕事とは違う)、社会運、名声、上位者、雇用主の運(学生の場合は学校での活躍や先生、先輩を含む)。政府や官公庁、政権を担当している与党や権力者を示す場合もある。会社自体の運。山羊座の定位置。


11ハウスのテーマ

 願望。団体、協会、同好会、グループ。友人、養子にきてくれる人の運。会社の業績。水瓶座の定位置。


12ハウスのテーマ

 秘密、潜在意識。病院、社会福祉活動。オカルト(見えないもの)。秘密の敵、突発的なこと。引退、静養、隠れた努力。自己破壊につながるような弱点。大動物、犠牲。自分が人を雇う場合は、6ハウスとともに12ハウスにも注目したほうが良い。魚座の定位置。


ハウスの三区分


 ハウスはアングル、サクシデント、ケーデントの三つに分類します。

 アングル(1ハウス、10ハウス、7ハウス、4ハウス)は自己顕示性に関係があり、本来は運動星座(牡羊座、蟹座、天秤座、蟹座)のポジションです。人生に直結した問題を担当しています。

 サクシデント(2ハウス、11ハウス、8ハウス、5ハウス)は(富のような)個人の活動の結果もたらされる蓄積と安全に関係しています。本来は定着星座(牡牛座、水瓶座、蠍座、獅子座)のポジションです。自分の好きなことに熱中して、他へのPRや働きかけには無関心な傾向です。

 ケーデント(3ハウス、12ハウス、9ハウス、6ハウス)は自己確立後の余技や、思想、奉仕性を示すハウスです。本来は変通星座(双子座、魚座、射手座、乙女座)のポジションです。

 社会に対する目立ち方や発表意欲という点では、惑星の多くがアングルのハウスか運動星座にある人の方が有利と言われています。

 しかし、ケーデントのハウスや変通星座に惑星が多い人は、長い努力の潜伏期間を経て、どっと人気が出たり、ディレクターのような人作りの上手な人の指示に従って売り出されやすい従順さが一世を画することがあります。

 なお、サクシデントのハウスか定着星座は、自分の信念の対象を持っています。なかなか情勢に乗りにくいが業績の持続性があります。


奥付



西洋占星術入門 天体のしくみとその作用


http://p.booklog.jp/book/55094


著者 : Fortune Telling 貴星堂 桂
著者プロフィール:http://p.booklog.jp/users/springwaltz/profile


感想はこちらのコメントへ
http://p.booklog.jp/book/55094

ブクログ本棚へ入れる
http://booklog.jp/item/3/55094



電子書籍プラットフォーム : ブクログのパブー(http://p.booklog.jp/
運営会社:株式会社ブクログ



この本の内容は以上です。


読者登録

springwaltzさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について