twitterアカウントでログイン

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格100円(税込)
カテゴリー 小説・ノンフィクション 歴史・時代 , 文芸 作者 中祭邦乙
価格 100円(税込)
タグ 竜馬龍馬歴史幕末小説攘夷長州天皇以蔵万次郎徳川中山忠光日本人武士道新撰組
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

52 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 25ページ (Web閲覧)
53ページ (PDF)
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
竜馬が航海術の習得に精を出していた頃、京では攘夷の実行に向けて、長州ら攘夷派それぞれの思惑が働いていた。幕府側には攘夷への諦めが拡がり、将軍は恰も人質のように関西に縛られ、賢侯は京を離れ始める。朝廷内でも争いがあり、一人の公家が長州に匿われる。その一方で、未だイギリスの脅威に震えている江戸に向かって、竜馬は順動丸を走らせる。・・・攘夷決行の日が迫る中、倒幕に向けて長州藩は次の一手を打つのか。・・・幕末の風雲を綴った坂本竜馬の外伝シリーズの第32章。現代社会が失った人の心、その復興と善き発現を求めて、坂本龍馬を中心に青年達が命を賭した明治革命の真実と背後で蠢く西洋の策略と真実に迫る物語。

コメント一覧

この本へのコメントはまだありません。

facebook コメント一覧