閉じる


<<最初から読む

5 / 18ページ

たからもの

一日中何もせずに ふとんの中で過ごした

去年の冬の頃は

毎日がつまらなくて

明日なんていらないと思ってた

 

それが今日はなんだか

前向きな気持ちでいっぱいだよ

とても数え切れないほど

新しいアイデアがわいてきて

 

夕焼けが赤い日は ほっとする

夕焼けが黄色い日は 不安になる

 

もう失ったりしないように

絶対に大切にするからさ

だからどうか許してよ

もういらないって言った 明日というたからもの

 

 

 

 

来年はもう来ないっていう予言

信じたくないよ

無駄に過ごした日々が悔しいほど

僕らにはまだやりたいことがある

 

悲しく辛いことがあって

明日を失いかけて

明日というものがずっとずっと

大切に思えるようになったんだよ

 

空がおだやかに青い日は ほっとする

土砂降りの日は 不安になる

 

もう失ったりしないように

大切に大切にするからさ

だからどうか許してよ

見えなくなって気付いた 明日というたからもの

 

 

 

 

もう失ったりしないように

一秒も無駄にしないからさ

もしくれるなら大切にするよ

かけがえのない明日というたからもの

 


Evergreen

ゲームやパソコンはすぐに壊れて

新しいものと買い換えるのに

自然の命は何千年も続く

生まれるずっとずっと前から

 

自然に生まれた君への想いは

ずっと生き続けるのかな

 

 

 

君の大切なものが壊れた時

僕はそこにいるだろう

心の芽は時を越えて育って 根を広げて

屋根を越えて広がってゆく

そんな想いを どうか離れる前に知っておいて

 

この前見た夢の続きを見た

永遠にあせることのない夢

夢の中の僕らはまだ十代で

これからのこと 遠い未来のこと

言葉もなく誓い合ったっけ

 

 

自然に生まれた想いは 地図で区切ったりできない

たとえ遠く離れても Baby 

君を忘れたりしないよ

 

 

人の中で疲れて 年を取って                            

君の記憶が色あせてしまっても                                            

窓の中を見て                              

君が大切なものを失くした時          

街路樹のように寄り添って 僕はそこにいるだろう


鳥かごの中の運動会

翼はあるのに 鉄格子が邪魔をする

みんな言わないだけで 不安に思ってる

息を吸い込むだけで 胸が苦しくなる

みんなが笑顔でいるから 誰にも言えない

 

格納容器の中の鳥かご 鳥かごの中の運動会

小さな小さな鳥かごを 所狭しと走り回る

一番楽しみにしてたリレー

床が滑って うまく走れない

 

パン食い競争も あっという間に終わってしまう

あまりにも小さな青春

僕らをここに閉じ込めたのは誰

 

 

 

 

誰も悪くない

誰も悪くないから悲しいんだ

広いこの世界 眩しい太陽

あの日から何もかも変わってしまった

青空を奪われて 気がつけば鳥かごの中 もがいてる

 

僕らの青春を

格納容器の中に閉じ込めたのは誰

 


私は被災者ではありません。

だから被災者の方の気持ちがわかるはずはありません。

 「震災をネタにして売ろうとしている」

そう思われても仕方ありません。

 

しかし私は現場にいなくても

あのニュースをリアルタイムで見ていた一人です。

わかるはずはないのも承知で、 必死で想像を膨らませました。

 

私は日本人であるかぎり震災に無関係な人はいないと思っています。

自分の街がいつかそうなるかもしれません。

同じ日本の一人として、この気持ちを分け合いたいのです。

被災された方も、そうでない方も。

 

この詩集が少しでも何かの役に立てば、

皆様の癒しや希望になれば、

これ以上の喜びはありません。

 

すとりーと

 



読者登録

あめのこやみ(おけちよ)さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について