閉じる


<<最初から読む

15 / 18ページ

北極星

追い出された僕らは

人を恨みながら 惨めに生きる

追い出された僕らは

泊まる家も無いまま さまよい生きる

 

旅路の果てに

いつか北極星を見つけるのだろうか

 

 

 

追い出された仲間のために祈ろう

一人ぼっちの夜を知る全ての人へ

追い出された仲間のために祈ろう

故郷を失った全ての人へ

 

北極星は 皆に平等に輝く

それを見つけるかどうかは 君次第

 

 

 

 

追い出された僕らは

忘れられない過去がある

追い出された僕らは

重い荷物を背負って生きてゆく

 

寂しさの果てに君が

何かを見つけることを信じてる


運命の川

運命がときどき すごく近くを流れてる

って感じることがある

いつの間にか 家の中に入ってきて

あなたの目の前を流れてる

って感じるときもある

 

運命がどこから流れて どこへ行くのか 私は知らないけど

いつか 手の届く位置にきたとき 運命に手をひたして 触れてみたいんだ

 

 

 

誰も想像もしなかった未来が 次々に叶っていくよ

運命がなかったら 今まで生きてもこれなかった

今までありがとう

今度はどこへ連れて行ってくれるんだろう?

 


奥付



海をみつめて~東日本大震災に捧げる歌~


http://p.booklog.jp/book/54934


著者 : すとりーと
著者プロフィール:http://p.booklog.jp/users/leavesmealone/profile


感想はこちらのコメントへ
http://p.booklog.jp/book/54934

ブクログ本棚へ入れる
http://booklog.jp/item/3/54934



電子書籍プラットフォーム : ブクログのパブー(http://p.booklog.jp/
運営会社:株式会社ブクログ



この本の内容は以上です。


読者登録

あめのこやみ(おけちよ)さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について