閉じる


<<最初から読む

16 / 18ページ

運命の川

運命がときどき すごく近くを流れてる

って感じることがある

いつの間にか 家の中に入ってきて

あなたの目の前を流れてる

って感じるときもある

 

運命がどこから流れて どこへ行くのか 私は知らないけど

いつか 手の届く位置にきたとき 運命に手をひたして 触れてみたいんだ

 

 

 

誰も想像もしなかった未来が 次々に叶っていくよ

運命がなかったら 今まで生きてもこれなかった

今までありがとう

今度はどこへ連れて行ってくれるんだろう?

 


奥付



海をみつめて~東日本大震災に捧げる歌~


http://p.booklog.jp/book/54934


著者 : すとりーと
著者プロフィール:http://p.booklog.jp/users/leavesmealone/profile


感想はこちらのコメントへ
http://p.booklog.jp/book/54934

ブクログ本棚へ入れる
http://booklog.jp/item/3/54934



電子書籍プラットフォーム : ブクログのパブー(http://p.booklog.jp/
運営会社:株式会社ブクログ



この本の内容は以上です。


読者登録

あめのこやみ(おけちよ)さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について