閉じる


<<最初から読む

53 / 63ページ

第53話。

(ちっ、相変わらずたくさん働かせてくれるヤロウだ)
GKの山井は吉沢を、ペナルティエリアに侵入してくる前から視界に捉えていた。FC(小学生)時代からよく知るその男の才能は、一番身近で、日々の練習相手として対峙してきたゆえに誰よりもわかる。この男は、一つのプレーで満足する男ではない。必ず走りこんでくる。得点機に顔を出してくる。そして、その通り空いたスペースに走りこんできた吉沢を確認すると、竹井がグラウンダーのボールを出すか出さないかというその一瞬の間にはすでに走りだしていた。山井には単純なゴールキーピングやコーチングなどのGKテクニックだけでなく、最も必要とされる動物的なカンがある。

一気に距離をつめられた吉沢には、トラップしてボールを持ち出しシュートするだけのスペースと時間は無かった。
(―相変わらずコイツは反応がはやいな)
しかし、そう思えるだけの余裕があることが、吉沢の強みだった。トラップしたボールを右足で振り抜く素振りを見せた後、自身の左に切り返す。ボールは左足の足元に移動するが、その時すでに山井は身体を寝かせながら投げ出していた。吉沢のフェイントなどわかりきっていたかのように、身体全体でシュートコースを消す。並の選手ならジ・エンド。山井の動物的なカンと冷静な身のこなしによるスーパーセーブとなるところだが、吉沢はその一歩上を行く。利き足ではない左足の膝から下を驚異的なスピードでふり、足の甲をボールの下にすべらせる。

チップキックだ。
ボールは、体ごと横にして迫り来る山井とはまるで違う時間が流れているかのようにゆっくりと浮き、山井の身体の少し上を通って、ゴールに向かってバウンドしていった。もう、誰もゴールの前にはいない。あるのは、そこに向かってまるでスキップをするかのようにルンルンと弾んでいくボールだけだ。吉沢はキックの後、なんとか少しジャンプをしたが山井の突進を避けきれずに足がひっかかりその場で転んだ。シュートを打った後に敵に倒されるというのはゴールシーンではよくある光景だ。吉沢はその例に漏れず、自分もそのシーンの最後に加わっていることを喜びながら地面にダイブした。さあ、得点の喜びを―。

湘南学苑に追加点が入った。
前半半ばで0-2は、正直かなり深刻な状況だ。これまで圧倒されているにも関わらず、ここから2点以上を取らなければいけない。しかし、これ以上失点もできない。前がかりになりながら守備に奔走し、不用意なミスは絶対に避けなければいけないという、デリケートなリスクマネジメントが求められる。誰もが、その現実に絶望する、覚悟をしてしまうそんな時だった。突進した山井、地面に倒れた吉沢。しかしその向こうから、まるで発射しそうな電車を捕まえるために駅の雑踏を走り抜けるような姿で、ゴール前に走りこんでくる男がいた。そう、まだ、ボールはゴールラインを割っていない。

「だぁぁっしゃー!!!!」
誰もがスキップのように弾みながらゴールへ近づくボールを眺めていた。時間にしてほんの1~2秒だったかもしれない。いや、それより短い時間だっただろう。すでに誰もいないエリアを優雅に弾むボールは勢い十分で、確実にゴールの中へたどり着くと誰もが思っていた。ゆえに、楢山、原田の湘南学苑両FWもそのボールの行く先を見つめていた。しかし、どんなに自陣が崩されようが、吉沢にフリーでボールが渡ろうが、山井の裏にボールが転がってしまおうが、それらの出来事に一切ひるまず、一心不乱に自陣ゴール前を目指していた男が、このピッチの中でただ一人だけ存在した。

男は、全力疾走からのスライディングで足を投げ出し、ゴール左ネットに入りそうな浮き球のボールを間一髪のところでかき出した。ボールはゴールを超えて裏側へ飛ぶ。あぶねー!と、砂埃を立てながら起き上がったその男の背中には背番号7、左腕には黄色の腕章が巻かれていた。この1年生チームの主将、関井だった。
関井は、自陣の左サイドから崩されかけた時点で危険を感じていた。そして、その視界には自分をノールックヒールパスであざむいた吉沢が走りこもうとしているのが映っていた。全力疾走で自陣PAへ戻ろうと走るが、吉沢のスピードには追いつきそうもないし、シュートを防ぐこともできそうにない。それでも、何があるかわからない。ともかく、迷わず自陣に戻ることを選んだ。すると、やはり吉沢にボールが渡る。しかも、フリーだ。ただ、山井が反応している。さすがは山井だ。簡単にはシュートを打たせないに違いない。今まで見てきた山井の才能は、それを信じさせるだけの器だった。だから、関井はためらいもなく走り続けた。予想通り、山井はシュートコースを消して、吉沢はチップキックを選択した。自分の番だ!そう思うと、もっと早くなれる気がした。左腕の腕章が、何よりも力を与えてくれる気がした。追いつく。絶対に追いつく。そして、丁寧にボールを上へそらせる。できる、できる、できる。


第54話。

「宏和!」

チームメイトが肩を叩く。キャプテンのまわりに松ノ瀬イレブンが集まる。

「よっしゃー!」

「ナイスディフェンス!」

山井がパチンと関井の手を叩いて、関井に一言発した。

「サンキュ。見えてたよ、お前のこと」

「ああ、わかってるよ」

視線を合わせずにコーナーフラッグの方を見たまま関井は答えた。

「まだコーナーだ!集中だぞ!」

関井の掛け声にイレブンがそれぞれ、おう!やOK!と返事をした。

 

CKを山井の勇敢な飛び出しによるキャッチで防いだ松ノ瀬中だが、依然として苦しい状況に変わりはなかった。吉沢、原山、峯田のトライアングルを中心とした中盤の制圧力は圧倒的で、ボールを奪えず守備の時間が自ずと長くなる。なんとかマイボールにしたところで、このトライアングルに両サイドを加えた5人のプレッシングは凄まじく、ボールを持っても出しどころがないままプレスにさらされ、中盤でボールをまわせない。

「有馬」

左サイドでなんとかキープはするものの、パスが繋がらず苦しい表情を浮かべる有馬に話しかけたのは、小学生時代に同じクラブで戦ったボランチ原山だった。

「苦しんでるな。でもウチ相手によく持ってる方だと思うぜ」

「まだ0-1だよ。負けたわけじゃないのに余裕持ち過ぎだよ」

「ウチは負けねぇよ。吉沢の才能は半端じゃない。組織力もあるウチには勝てない。10番のレベルが違うしな」

「翔は、富士見FCで吉沢くんの横にいた頃とは違うよ。ずっと強くなった」

「おいおい、ウチの10番をなめないでくれ。日本代表だぞ?」

「だったら、ウチの10番もなめないほうがいいよ。もう原山の知ってる川崎翔じゃない」

 

「アリヤン!」

 

関井の声に有馬が我に返る。ゴロのパスが来ていた。左サイドでなんとかそれをトラップすると、さっきまで話していた原山と竹井の二人に囲まれる。考える余裕を与えずに原山がプレスに来る。ボールをまたぐフェイントで少しいなすも、気休めにしかならなかった。強い足腰とそれを生かした身体を巧みに使うディフェンスで原山は有馬からボールを奪おうとする。有馬とて簡単には渡さないが、やはり小学生時代同様長くはキープできなかった。しかし、そのまま前進させてはなるまいと有馬はスライディングで足を出し、有馬とボールを竸った。


第55話。

ボールがセンターサークル手前へ転がる。

そのボールを須山が拾った。なんとか敵のボールになることは防いだものの、さっきからこんなシーンの連続だった。ボールキープがおぼつかない。後ろ向きでボールを拾った須山の背中に、すぐに強いプレッシャーが迫った。吉沢だ。体格は明らかに須山が勝るが須山は線が細い。抜群のボディバランスを誇る吉沢のプレスはきつかった。なんとか足元にボールを保持するものの、パスを出すことすら出来ない。パスをだそうとすれば体勢が崩れ簡単にボールを奪われてしまう。

 

(くそ、こんなにプレスが強いのか。くそっ)

須山は慌てていた。こんなプレッシャーはうけたことがない。ボールとの間に身体を入れてなんとか守るが、吉沢のあたりと瞬発力の前では長くはもたない。もうあと2秒、3秒もすればボールは奪われてしまう。どうしたらいい。

「囲め!取れる!」

原山の声がひびく。FWの楢山が、今度は須山の前からせまってくる。これでは一巻の終わりだ。この位置で取られたら確実にピンチになる。もう限界だ、ダメもとでどちらかのサイドに蹴り出そうか。ネガティブな判断をくだそうとしたその時、攻撃する方向に背中を向け吉沢を背負っていた須山の視界右端に、確信を持ってこちらを見つめる男を発見した。そして、その男は自分のもとへ全速力で走っている。

 

須山は、ネガティブな選択を捨て去った。

にもかかわらず、前を向くことも諦め、ボールと距離を取り、身体を大きく広げて吉沢を遠ざけた。このままでは、須山の前方から吉沢と挟み込もうとしている楢山にボールを奪われる。もちろん楢山はいただき!といわんばかりに一気に詰め寄る。しかし、その一瞬前に、ボールは横から来た男にかっさらわれた。

 

「いっただきぃ!」

声を発して楢山と須山の間を全速力で駆け抜けたのは関井だった。もちろん、ボールも一緒に。ボールを持つ者と持たない者が交わり、その後どちらがボールを持っているのか一瞬だけ敵に迷いを与えるフェイント、その名も『スイッチ』だ。須山は、関井が自分の足元へ走りこもうとしているのが見えたとき、その意図を感じ取って、ボールをキープすることに専念したのだ。関井がボールを持ち出しやすいよう、自分の足元から少し遠ざけて。

 

関井と須山のコンビネーションは吉沢と楢山の二人を手玉にとった。効果はそれにとどまらなかった。虫の息だった須山を楢山が挟み込もうとしている光景を目にした湘南学苑イレブンはボールを奪った次の展開へ頭がいっていた。左サイドの杉山はパスを受けようと攻撃参加のポジションを取り、逆サイドの竹井もサイドチェンジに備えて少し上がり目に位置していた。攻撃の大黒柱とエースを手玉に取られ、フリーで前を向いてボールを持った関井を突然に前にした峯田は慌ててプレスへ動き出した。それを見た原山も危険を察知し、急遽峯田のフォローに動き出す。簡単にいえば湘南学苑イレブンは少しだけ“ぎょっ”としたのだ。

 

 

峯田は慌てて関井にプレスをかける。しかし、その判断がすでに間違っていた。突然トップスピードでボールを持って現れた関井に対し、冷静な思考をすることなく足を前に踏み出してしまった時点で、後手にまわっていた。峯田の前進が届く直前に関井は自身の右側へパスを出す。そこには、松ノ瀬中右サイドバック和田が走りこんでいた。すぐ後ろに杉山の圧力を感じた和田はそのボールをダイレクトで関井にリターンする。


第56話。

やばい―。

原山の危機察知アンテナが反応していた。吉沢と楢山が手玉に取られただけでなく、広範囲をカバーする峯田までもワンツーでかわされてしまった。自慢の中盤が崩されかかっている。今こそ、ピンチになる前に危険を摘み取らなければいけない。スピードとジャンプ力のある湘南学苑の3バック左の一角、薮田が関井に一気に距離をつめる。それをみた原山は横から関井へすこしずつプレスをかけることを決める。おそらくプレスをかけられた関井は横パスを出すに違いない。そこを睨みつつプレスをかけて、ドリブル突破にも横パスにも対応出来るよう、横からプレスを少しずつかける。ドリブルでもパスでも来い!

そのとおり、関井は中央方向へ短い横パスを出した。さあ、これをつめるのが自分の役割だとパスの行先を見る。そこには有馬がいた。

 

しまった―。

有馬へのプレスの一歩を踏み出した自分を愚かだと思った。有馬ならボールが渡る前に距離をつめるか、逆に有馬からのパスの行先へ方向転換をしなければならなかった。有馬には、中途半端なタイミングのプレスは無意味だ。なぜなら、有馬には伝家の宝刀、左足のロングパスがある。ロングパスを出させないか、出す先を潰してパスコースを消すのが有効だ。逆に、半端なプレスは後ろにスペースを生み出す致命的なプレーになる。ロングパスのフォームに入った有馬を見た原山はすぐさま、パスの出す先を潰す思考へ切り替えた。

アイツはどこだ、どこにいる。有馬がここでパスを出すのはアイツしかいない。アイツに自由にボールを持たせてはいけない。それなのに、中央に陣取っているはずのアイツが見つからない。どこだ。どこにいる。

 

「オーライ!」

関井から来たボールをトラップせず、その勢いを生かしたまま自分の前を通過させ、自身もそれにあわせ身体を反転する。ボールの勢いを殺さずに反転し、ボールを自分の左側に置くことに成功する。センターサークルの中から、そのキック力と精度を合わせ持つ左足を振り抜いた。「ウチの10番だって、成長してるんだ―」

 

ボールは少し弧を描くライナー性の質で、ピッチを斜めに切り裂いた。

そのボールに合わせるように、左サイドをタッチラインギリギリに沿って疾走する男がいる。全速力で駆け上がるそのスピードに、攻撃を意識していた竹井は全く追いつけていなかった。もとい、本来そのスペースを埋めるべき竹井でなくとも、湘南学苑の誰もサイドいっぱいに待ち構えていたその存在に気づいていなかった。本来、彼はそこにいる選手ではなかったのだから。

 

 

全員をあざむき左サイドを全力で駆け上がるのは、松ノ瀬中10番、川崎翔―。


第57話。

翔は危険を感じていた。良い形でパスが回せない現状に。

ボールがなかなか奪えず、マイボールになっても今度は湘南学院のプレスがきつく、また低い位置からボールを運ばなければいけないため、なかなか攻撃につながらない。自分も、良い形でボールが持てないし、ボールを持っても原山につぶされてしまう。

「このままではやられる」

危機感が襲ってくる。

攻撃は大事だが、ボールが来ない、来ても繋げないでは意味が無い。そんなことをしている間に追加点を奪われてしまう。自分も守備に加わるべきだ。ともかくまずボールを追い回し、敵の攻撃を食い止め、もっと高い位置でボールを奪わなければ、攻め手も無ければ危険もどんどんと増していく。

動こう、下がろう。

そう判断を下し、センターサークルを超えようとした瞬間、左肩に重みがかかる。

重み・・・いや、これは重みじゃない。引っ張られている。左腕を引っ張られている。

 

「だめだ、待て。お前は下がるな」

振り返ると、そこには自分の左腕をガシっとつかみ、少し息を切らせながら話しかける関井がいた。

「なんだよ。だってこのままじゃ―」

翔が言い終わる前に関井が反論をする。

「お前が下がったら誰が攻撃をするんだ」

翔は話を続けろとばかりに、黙って聞いている。

「お前が守備に下がったら攻撃陣にボールを供給するやつがいなくなる。それじゃたとえ守れたとしても攻撃にならなくなる。ラインをあげられなくなる。ゴール前にはりつけだ」

「それにお前がいま守備に下がるのは相手の思うツボだ。ここぞと言わんばかりに、原山も攻撃参加をしてくる」

翔は関井の真剣な眼差しに応えるように、じっと目を見つめた。

「いいか、俺が絶対お前までボールを届ける。絶対なんとかしてみる。だからお前は下がるな。そのあいだにお前はボールをもらう準備をしておけ。原山をなんとかしろ」

「お前ならできる。俺はお前を信じてる。だからお前も俺を、皆を信じろ」

翔は、ひととき黙ったあと答えた。

「―わかった」

 

目の前では関井が、須山が、有馬が敵のパス回しに翻弄されながら走り回っている。自分も守備に参加したい。自分もボールを追って、なんとかチームに貢献したい。今すぐにでも―。頭の中をぐるぐるとめぐる言葉を、何度も、何度も打ち消し、その思いに抗った。皆が、自分を信じて戦っている。下がって自分も守備に加われば、いとも簡単にチームで仕事をこなしているという感覚を手に入れてホッとすることができるだろう。しかし、それは見せかけの感覚でしか無い。自分の本来の仕事は必要最低限の守備と、なによりも攻撃だ。いま下がれば、皆の信頼を裏切ることになる。だから、下がってはいけない。このチームの主将を、守備陣を信じろ。そう、自分に言い聞かせていた。

 

しかし、事態は好転しなかった。

とうとう、松ノ瀬守備陣にほころびが出てきた。

パスを受ける吉沢の表情、立ち姿を見て、翔はすぐに気づいた。

 

「違う、サイドへのパスじゃない!」

 

ノールックダイレクトヒールパスで、ボールはぽっかりと空いたバイタルエリアに転がる。吉沢とコンビを組んできた、パスを受けてきた翔にはもう何度も見てきた光景だった。

居ても立ってもいられなかった。

もうダメだ、このままではやられる。追加点を取られたら元も子もない。翔は、自陣に向かって走りだした。

いそげ、いそげ、いそげ。なんとしても止めるんだ。

センターサークルを超えようかという、その時だった―。

 

「まだだ!来るな!」

 

それは、翔に向けられた、翔だけが理解できる言葉だった。



読者登録

清永啓司さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について