twitterアカウントでログイン

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格50円(税込)
カテゴリー 小説・ノンフィクション 歴史・時代 作者 kameno
価格 50円(税込)
タグ 郷土史歴史横浜市港南区上永谷下永谷野庭
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

28 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 280ページ (Web閲覧)
281ページ (PDF)
試し読み:17ページ
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
『永野郷土誌』は、戦後から昭和45年(1970年)まで20年以上の年月をかけて歴史資料が集められ、一冊の郷土誌として編纂、昭和47年11月に永野連合町内自治会より発行されたものです。編纂には、貞昌院住職・元永野小学校校長であった 亀野寛量和尚が、郷土誌編纂委員長として携わっています。

永野地区とは、現在の神奈川県横浜市港南区に所在する 永谷(上永谷、下永谷)、野庭町、芹が谷にわたる地区の名称です。
かつては相模国鎌倉郡でした。

当地区は、郷土誌発行後も丸山台地区の区画整理、市営地下鉄や環状2号線の開通など、急激な都市化が進みつつあります。移入人口の増加により、昔の永谷地区をご存知でない方も増えてきました。
貴重な地域資料を多くの方に知っていただきたく、地域の鎮守として貞昌院が果たしてきた役割とあわせて、ここに永野郷土誌を基に、永野の歴史をご紹介いたします。

この本には試し読みが 17 ページあります

試し読みを開く

旧バージョンで読みたい方はこちら 

パブーのおすすめ

200円
絶景に出会える道の駅!“全国50選”

この本を開く

全国の道の駅巡りをしています。既に1000か所以上を訪問し、2014年5月に一応全国制覇を果たしたの...

この本を開く

方子さんはどうしようもない方向音痴です。名前が悪かったのでしょうか。当人は至ってお気楽なのですが、周...

この本を開く

熟年夫婦の危機が巷では深刻に……彼らも例外ではありません以前書いたものを落語仕立てにしてみましたお心...

この本を開く

誰もが知ってる桃太郎!でも、なんだか少し様子がおかしいようです。イヌもサルもキジもこんなんだったかな...

もっとみる