閉じる


<<最初から読む

12 / 21ページ

試し読みできます

 それでも、人生には必ず意味がある、と私は思っている。

 このあとに私は一番肝心な、おそらくけい子ちゃん自身もよくわかっていない、(正確には、忘れてしまっているといったほうがよいのかもしれない)彼女がこの世に生まれてきたお役目を知るために、なぜにお金の試練ばかりが彼女にやってくるのか・・・彼女のことを背後で見守っておられる方に交信をお願いしてみた。こればかりは必ず交信できるとは限らないが、気持ちを落ち着かせてしばらく待つと、けい子ちゃんについて、次のような言葉が降りてきたのである。

 

 ※これから先は私が印象に残った言葉だけをご紹介させて頂きます。


試し読みできます

奥付



七色の芝生 ② 


http://p.booklog.jp/book/54488


著者 : 日向光行
著者プロフィール:http://p.booklog.jp/users/zerorun/profile


感想はこちらのコメントへ
http://p.booklog.jp/book/54488

ブクログ本棚へ入れる
http://booklog.jp/item/3/54488



電子書籍プラットフォーム : ブクログのパブー(http://p.booklog.jp/
運営会社:株式会社ブクログ



試し読みはここまでです。続きは購入後にお読みいただけます。

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格100円(税込)

読者登録

日向光行さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について