閉じる


試し読みできます

リアルRPG

 今日俺は、生きて学校にたどり着くことができるのだろうか?
 最近毎日、俺は通学路で死んでいる。
 と言っても、今生きて学校に通っているわけだから、死んでいるという表現は間違っているのかもしれない。
 でも、このスマートフォンに起動された、リアルRPGという名のゲームの中で、俺は毎日のように死んでいた。
 このリアルRPG、通称「リア」というアプリケーションゲームは、リアルのマップを使って、実際に動いてプレイするロールプレイングゲームである。
 スマートフォンのカメラ越しに世界を見れば、そこには別のプレイヤやモンスター、宝箱が表示されていたりする。
 今は登校中であるから、流石にそんな物を見ながら、通学路を歩くわけにはいかない。
 何故なら・・・何故なら?・・・なんでだろう?
 とにかくだ、カメラを覗きながら歩いていたら、変な奴だと思われるではないか。
 きっと・・・
 そんなわけで、ゲームを起動したまま、俺は学校への一本道を歩いていた。
 モンスターと遭遇すれば、自動でモンスターとの戦闘が始まり、勝敗を決する事になる。
 宝箱と接触すれば、自動で宝箱を開けて、アイテムをゲットする。
 プレイヤと出くわせば、それぞれの設定によっては、戦闘を行って勝敗を決する。
 基本的には、この三つを繰り返し自分を強くし、「ラスボス」を倒すか、もしくは「光と闇の宝具」を七つ集める事が最終目的だ。
 このゲームのプレイヤは、現在二十万人を超えており、最初に目標を達成できた者には、一千万円の賞金がでる事になっている。
 だからこのゲームをしている者たちは、みんなマジだ。
 全く容赦がない。
 弱い奴は叩ける時に叩き、嫌がらせも半端ない。
 そんなわけで、誰だか知らないが、俺が通う学校への通学路に、やたら強いモンスターを配置して、この学校に通う勇者に対して、嫌がらせをしているようだ。
 モンスターを倒すと、アイテムと、倒したモンスターが手に入る。
 手に入れたモンスターは、自分の好きな場所に再配置ができる。
 配置した者には、そのモンスターは襲ってこないし、倒す事もできない。
 要するに、このモンスターを配置した奴は、毎日此処で俺が死んでいるのを見て、きっと笑っているに違いないのだ。
 さあ、もうすぐ、いつも死んでいる場所だ。
 此処を無事通過する事ができなければ、スマートフォンがまた、死亡を通知する為に、プルプルと震える事になる。
 頼む!震えるな俺のスマフォ!
 ・・・駄目だった・・・
 やはり俺のスマートフォンは、無情にもプルプルと震えていた。
 結局今日も、俺は朝のほんの短い時間だけしか、ゲームをプレイする事ができなかった。

 このゲームは必ず、本拠地で起動して、プレイを開始しなければならない。
 本拠地とは、最初にゲームを開始した場所に設定される。
 俺の場合は、俺の家の部屋。
 此処に来れば、ステータスも全て回復し、万全の状態になる。
 そしてゲームを開始したら、スマートフォンの電源を切ったりしてアプリケーションを終了するか、死亡するまでゲームが続けられる。
 俺は毎朝通学路で死んでいる為、学校から帰ってきて、この部屋に戻るまで、ゲームを再開する事ができないわけだ。
 学校帰りにでも、友達と一緒に冒険に出たいわけだが、今はすぐに帰ってきて、近所の公園でレベル上げをする毎日を送っていた。
 もっとも、友達もみんな通学路で死んでいるので、今では、誰が最初に通学路のヌシを倒すのか、競っているわけだが。
 それにしても、このゲームは健康的だ。
 レベルを上げる為には、ザコのモンスター、通称「ザコモン」を倒さなければならないから、実際に公園をウロウロ歩いたり、商店街を歩いたり、とにかく歩いたりしなければならない。
 だから、ドンドン体力がついてくる。
 誰だよ、こんな疲れるゲームを考えた奴は!
 このままだと、俺は競歩の選手になってしまうぞコノヤロー。
 と言うか、俺はもう既に、体育会系のゲーマーという、新たな人種になってしまっているのかもしれない。
 そんな事を考えて町を歩いていると、前方に人だかりが見えた。
 今日も今日とて相変わらず、此処はゲーマーが集まっているようだ。
 俺はスマフォを通して、その場所を見た。
 すると沢山の勇者たちが、そこに映し出されている。
 その場所は、リアルでは交番なのだが、バーチャルに映し出される看板には、「アイテム屋」と書かれていた。
「なんで交番がアイテム屋なんだよ?」って思うわけだが、全国に必ずあるものでなければ、アイテム屋としては成り立たない。
 他にも郵便ポストなどは、アイテムを預かってもらえる「倉庫」になっていたり、消防署はステータス回復の「教会」になっていたりで無茶苦茶だ。
 まったく可哀相に、警察官は群がる勇者たちに、どうして良いか戸惑うばかりだった。
 そんな警察官を憐みの目で見つつ、俺も集う勇者たちの中に入ってゆく。
 スマフォを操作し、此処までに手に入れたアイテムやモンスターを確認。
 いらないアイテムやモンスターは、ドンドン売ってゆく。
 もうすぐ「ちょっとだけ良い剣」を買う事ができそうだ。
 此処までずっと「ネギ」で戦ってきたから、この剣が手に入れば、きっと俺様は一気に強くなる事間違いなしだ。
 いやね、まめに買い替えて、弱い武器を徐々に強くしていくより、一気に良いアイテム手に入れた方が、良いと思うよね?
 なのにこのゲームは、まめに買い替えて徐々に強くする方が、良かったりするんだよな。
 そんな事を友達に言ったら、バカにされた。
 この剣が手に入ったら、俺はまめに買い替える事にしよう。
 さあ、もう一頑張りだ。
 俺はいらないアイテムたちに別れを告げると、再び、日の沈む町へと、徘徊という名の冒険の旅に出発した。
 夜の十時を過ぎた頃、ようやく「ちょっとだけ良い剣」が買える見込みが立ったので、俺は交番へと赴いた。
 すると残念な事に、警察官に「さっさと帰れ!」と怒られてしまった。
 くそっ!そういう事だったのか。
 アイテム屋を交番にする事で、夜遅くまでゲームができないようにしていたとは。
 恐るべしゲーム制作会社。
1
最終更新日 : 2012-07-28 21:24:52

試し読みできます

うさ耳ゲット

 次の日も当然、俺は通学路でぬっ殺されていた。
 これも昨日の警察官が悪い。
 ちょっとアイテムを買う時間くらいくれっての。
 まあでも、明日こそはあの通学路のヌシを倒してみせる。
 俺は生まれ変わったように強くなるのだから。
 学校から帰宅すると、早速近所の交番へと、「ちょっとだけ良い剣」を買いに行く。
 とか言っていると、なんだかシュールだな。
 交番前に、スマフォを持った奴らが集まっている光景は、最近は見なれたものになってはいるが、どうも交番で、人をも殺せる剣を買うってのは、素直に受け入れられない。
 とち狂っているとしか言いようがない。
 此処は少しでも、現実世界から逃避し、バーチャル世界に入れるように、交番は見ないで、スマフォの画面だけを見ていよう。
「ふぅ~」
 なんとか無事、「ちょっとだけ良い剣」を買う事に成功した。
 今まで持っていた武器は「ネギ」だったから、特に罪悪感は無かったけれど、剣は流石に後ろめたいので、俺は早々に交番を後にした。
 さて、今日の俺は、この後服なんかを買いに行ったりする。
 服を買う為に見て回るだけでも、スマフォの中の勇者「俺」は、「ザコモン」をドンドン倒して強くなっていくだろう。
 だけど今日は、ウロウロするつもりはない。
 と言うか、買う店は決まっているのだ。
 そう、服屋で買うのだ。
 いや、それだと普通なんだけど、俺の言っているのは、ゲーム内での服屋だ。
 実はゲーム内の服屋と、リアルの服屋はリンクしていたりする。
 現実世界で実際に服を買うと、ゲーム内でバーチャルの装備が手に入るという、なんとも無駄っぽい機能が付いているのだ。
 要するに、大人の事情で、店がゲーム制作会社と提携しているという奴だ。
 まったく、こんな見え見えの販売戦略に乗せられる奴なんて、俺以外にどれだけいるっていうのだろうか。
 そう思って指定の店に行くと、スマフォをいじっている老若男女が、所狭しと店の中を占拠していた。
 うそ~ん。
 みんな分かっていても、買ってしまうという事か。
 ナカーマ、なんて少し思って嬉しくなったが、やっぱりなんだか恥ずかしいな。
 俺は適当に必要な服を手に取り、レジへと持っていく。
 お会計は、ゲームが起動されているこのスマフォのお財布機能で支払う。
 するとあら不思議、ぱぱらぱっぱらぁ~!
 アイテムが手に入った。
 支払った金額によってアイテムは変わるらしいが、俺が貰ったのは・・・
 ふざけるなコノヤロー!
「うさ耳」なんて貰っても、全然強くならねぇじゃねぇか!
 それでもとりあえずつけてみる。
 意外に可愛かったので、俺はそのまま「うさ耳」をつけておく事にした。
 その後はまた、町を徘徊してモンスターを倒す。
「ザコモン」の強さは、自分のレベルなど強さによって、自動で変わるようになっている。
 スマフォで覗いて見ると、「ザコモン」は全て、マキグソみたいなビジュアルだ。
 偶にプレイヤがリリースしたモンスターがいたりして、いきなり死んでしまう事もあるが、今のところ、それほど強いモンスターに出会う事は少ない。
 まあ、ゲームが始まって、まだ三カ月くらいだからね。
 毎日町を徘徊できる奴なんて、そうそういないだろう。
 このゲームに強いのは、営業回りをしているサラリーマンあたりだろうか。
 俺はそんな事を考えながら、今日も健康的に町を歩き回った。
 マジで競歩の選手を目指そうかな。
2
最終更新日 : 2012-07-28 21:24:52

試し読みできます

対決イシコローン

 さて、いよいよ通学路のヌシを倒す時が来たようだ。
 俺は行きの電車内で、まずは「AI」を確認する。
「AI」とは、「人工知能」という意味であるが、このゲームでは、戦いが全て自動で行われるので、前もって、AIを設定する事になる。
 たとえば、HP《ヒットポイント》が百を切ったら、回復魔法を発動するとか、武器での攻撃を八割、魔法での攻撃を二割だとか、そういった事を、事細かに設定できるのが、AI設定ってわけだ。
 それをしっかり設定しておく事は、強い敵であればあるほど、重要になってくる。
 俺は念入りに確認して、AI設定画面を閉じた。
 次に、ざっと装備を確認し、戦闘態勢は万全だ。
 もちろん、「うさ耳」もつけている。
 一応、属性付与って効果があって、「うさ耳」は炎属性だそうだ。
「おいおい、なんで炎やねん。このゲームの制作会社おかしいだろ。ウサギなんだから、もっと優しい属性にしようよ」なんて思うわけだが、そう決まっているから仕方がない。
 ちなみに、このゲームの属性には、光、闇、炎、水、風、地とある。
 武器、防具、魔法などには属性がついているものがあり、自分の属性を変化させる事により、アイテムの効果や、魔法の威力が変化する。
 更には敵モンスターやプレイヤに対しても、相性や競合が発生する。
 光と闇は、互いのプレイヤや属性に対して競合するが、相性はなく、それぞれの属性の魔法やアイテムの効果を増大させる。
 他の四つは、光と闇以外の属性と競合し、相性も存在する。
 炎は水に弱く、水は風に弱く、風は地に弱く、地は炎に弱い。
 と言うわけで、通学路をずっとふさいできたヌシは、「イシコローン」とか言う名前の、地属性のモンスターだったから、「うさ耳」付けてりゃ楽勝だろう。
 俺は意気揚々と、いつも死んでいた場所に足を踏み入れた。
 ふはははは!
 予想通り、今まで俺様の行く手を阻んでいたモンスターは、あっさりと倒す事ができた。
 これで学校内でも、ゲーム三昧な毎日が過ごせる。
 と思ったら、校門のところで、俺のスマフォがプルプルと震えていた。
 ポケットからスマフォを取り出して確認すると、どうやら校門前に、水属性のモンスターがいたようで、俺はあっさりとやられていた。
 なんだよこの嫌がらせ。
 この学校には、最低一人は嫌な奴がいるって事だな。
 くそっ、絶対そのうちヒィヒィ言わせてやる。
 俺はそう心に誓って、肩を落として教室へと向かっていった。
3
最終更新日 : 2012-07-28 21:24:52

試し読みできます

校内プレイ

 次の日、校門の所にいた水属性モンスターは、姿を消していた。
 どうやら誰かが、俺の代わりに倒してくれたようだ。
 俺は意気揚々と学校内に入る。
 今日は順調、問題無い。
 それでも、此処まで色々と、嫌な事をしてきたプレイヤが、この学校にいるのだから、注意しまくっても、注意しすぎているって事はないだろう。
 俺はこっそりと、スマフォのカメラ越しに、学校内を見渡した。
 ふむ、特に映る影はなかった。
 ちょっと神経質になりすぎているようで、俺の思いすごしだったようだ。
 俺は校舎内に入ると、我がもの顔で廊下を歩く。
 なんだか無敵の勇者気分で気持ちがいい。
「おはよう!」
 俺は満面のスマイルで、クラスメイト共に挨拶をしてやった。
 しかし次の瞬間、俺の顔は般若のような、怖い顔になっていたに違いない。
 なんせ、クラスメイトがひいていたからな。
 でもそれは仕方がないだろう。
 俺のスマフォが、プルプルと震えていたのだから。
 何故だ!?
 こんな所にまで、モンスターを放し飼いにしている奴がいるのか。
 俺はさりげなく自分の席に着くと、慌ててスマフォを取りだし確認した。
 さりげなくする部分と、慌てる部分が逆になってしまっていた事は秘密だ。
 スマフォのカメラ越しに教壇辺りを見ると、教団にはなんと「ゾンビ」が立っていた。
 おいおい、うちの担任は、美人で生徒からの信頼も厚い、恵子《けいこ》先生だぞ。
「ゾンビ」は可哀相過ぎるだろ。
 せめて名前だけでも可愛い、「マミー」にしてやれよまったく。
 それにしても、こんな所にモンスターがいるって事は、このクラスに勇者がいるって事になるな。
 もしかしたら、校門や通学路の奴も、そいつの仕業かもしれない。
 そう思うと、昨日までのクラスメイトが、みんな敵に見えてくる。
 俺は脂汗を流し、みんなの様子をうかがいながら、今日一日の授業を受け続けた。

 結局、教室の「ゾンビ」を倒すまでには、一週間かかった。
 それは要するに、教室に「ゾンビ」を放ったプレイヤとは、一週間以上の差がついていると言う事かもしれない。
 なんとか早く強くなって、逆にこっちが嫌がらせできるようになる為にも、俺はとにかく「ザコモン」を倒し続けるしかない。
 よし、今日も学校内を歩き回るぞ。
 傍から見たら、「フラフラしているわけの分からない奴」と思われているかもしれないが、そんな事は、レベル上げの前には些細な事。
 ガンガン歩きまわってやるぜ。
 それにしても、こうやってやる気になっている時には、必ず逆境ってのが襲ってくる。
 なんだよこの先生。
 もう授業終了のチャイムが鳴っているのに、まだ授業続けるのかよ。
「ちょっとだけ良い剣」で斬りつけるぞ。
 俺がイライラして貧乏ゆすりをしていると、五分オーバーで、ようやく授業は終わった。
 下手に長く授業をしたから、なんだか小便が漏れそうだ。
 トイレに行けるはずの時間にトイレに行けないと、何故か尿意をもよおすよね。
 俺は走ってトイレに向かった。
 そしてトイレに駆け込んだ時、俺のポケットに入っているスマフォが震えた。
 その振動に、俺の尿意は、少しだけ防波堤を越えた。
「俺」が死んだのと、小便が漏れたショックでダブルパンチだ。
 まあ、少しパンツは濡らしたが、ズボンまでは染み出してはいないので、ギリギリセーフだな。
 これでアウトだったら、俺は一時間は立ち直れなかっただろう。
 俺は滞りなく小便を済ませると、スキップしながら教室へと戻った。
 いやね、少しくらい乾かないかなと思って。
 結局今日も、学校内ではそれほど経験値が稼げなかった。
4
最終更新日 : 2012-07-28 21:24:52

試し読みできます

彼女とリアデート

 今日は日曜日、俺は彼女と一緒に、遊園地に来ていた。
 俺に彼女がいたのが驚きだとか、どう考えてもあり得ないとか、そんな苦情は受け付けない。
 とにかく、俺には彼女がいたのだ。
「直也くん、入ろう」
 そうそう、俺、直也くんだった。
 普段あまり名前を呼ばれる事がないから、すっかり忘れていたよ。
「うん。今日は晴れて良かったね」
 ふぅ~、久しぶりにこんなに沢山喋ったぞ。
 心の中ではバカみたいに喋っているが、俺は普段、寡黙で影のあるいい男で通っているのだ。
 俺たちは、腕なんか組んじゃったりして、遊園地へと足を踏み入れた。
 しかし此処で、俺は何やら嫌な予感がした。
 これだけ人が集まる場所、しかも今日この遊園地では、特別アイテムの配布が行われる事になっている。
 実はそれが目当てで、彼女のチケット代金を出してまでも、此処にきたのだ。
 なんとかこの遊園地の状況を確認したいが、大っぴらに確認すると、俺が勇者である事が、他のプレイヤにばれてしまうし、彼女にも変な目で見られるかもしれない。
 ぶっちゃけ、誰かがスマフォを通して俺を見たら、勇者である事はあっさりとばれるのだけれど、彼女にだけは何故かばれたくない。
 ほら、勇者だって分かったら、ますます惚れられるじゃん?
 とにかく、うまい具合に確認できないだろうか。
 そうだ!
 えーっと・・・彼女の名前忘れた。
 つか、まだ決まっていなかった。
 よし、さっちゃんでいいや、さっちゃんで。
「さっちゃん、そこに立って。写真撮るから」
 うほっ、こんなに喋ったのは、本当にマジで久しぶりだな。
 いつもほら、メールでやり取りするし。
 それにさっちゃんは、俺の考えている事を結構分かってくれるし、話さなくても大丈夫なところあるし。
「うん。此処で良いかなぁ?」
「オッケー」
 俺はスマフォをポケットから取り出し、遊園地を背にする彼女にカメラレンズを向けた。
 こうやって、さっちゃんの背後に、モンスターがいないか確認するのだ。
 ディスプレイを覗くと、なんと驚く事に、さっちゃんも勇者だった。
 名前は、「私」って、こいつバカじゃね?
 つか、俺のキャラ名も、「俺」だけど・・・
 似た者同士で最高のカップル。
 しかし、驚いてばかりもいられない。
 ちゃんと写真も撮らないとだし、背後も確認。
 って、モンスターが所せましと放し飼いにされているじゃねぇか。
 モンスターは、二メートルがアクセス圏だから、それが重ならないように、四メートル以上離して配置しなければならない。
 その距離ギリギリに詰め込まれるように、モンスターがいっぱいだった。
 こんなところを突き進んで大丈夫だろうか。
 そうだ、さっちゃんとパーティを組めば、もしかしたら行けるかもしれない。
 さてどうする?
 話して共に頑張るか、それとも隠しておくべきか。
 そうこう悩んでいたら、さっちゃんがスマフォのカメラをこちらに向けていた。
 これは・・・ばれたな。
 こうなったら、共に頑張るしかあるまい。
「あれぇ~直也くん、リアやってるんだぁ~」
「うん。まあね」
 俺、頑張れ。
 ふだんあまり話せないチキン野郎だけれど、此処は頑張るところだ。
「どうして教えてくれなかったのぉ~だったらパーティ組めるじゃん」
 おっ、これは向こうから、パーティの申し入れか。
 なるほど、もしかしたらさっちゃん弱いから、誰か仲間が欲しかったに違いない。
「じゃあ、パーティの申請するね」
「うん」
 すぐに「私」から「俺」に申請がきた。
 俺はそれを受け入れる。
 すると相手のステータスが表示された。
「えっー!」
 俺様ビックリしました。
「直也くん、まだこんなレベル低いんだぁ~」
 なんとさっちゃん、こんなにもレベルが高いとは。
 俺なんてまだ三十一なのに、さっちゃんのレベル四十三って。
 十レベル以上強いし。
 むしろパーティになっていただいて、ありがとうって感じですがな。
「今日は直也くんにおごってもらっているから、リアでは助けてあげるよ」
「ありがとう・・・」
 くっ、なんだか凄く屈辱だ。
 つか、チケット代金しか出すつもりはなかったのに、これでは全部おごりになりそう。
 思った通り、チキンの俺は、昼食もおやつも、お土産も帰りの電車賃も、出してしまいましたよぉ。
 だけど、配布アイテムは手に入ったし、死ぬ事なく、遊園地を出る事ができました。
 良かった良かった。
5
最終更新日 : 2012-07-28 21:24:52


読者登録

秋華さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について