閉じる


<<最初から読む

4 / 36ページ

試し読みできます

ー 4 ー 残酷な事実


…認めていない?俺が?サラを?

有希子の言う意味がわからなかったが、隆太はそっぽを向いたままの姿勢を崩さなかった。


だが、代わりにカイが聞いてくれた。隆太同様、有希子の真意がわからないようだ。

「認めていない?それはどういう意味だろう?」

有希子が数回、静かに深く呼吸をしたのがわかった。気持ちを鎮めているのだろう。


少し間をおいて、再び話し出した有希子の声は冷静だった。

「隆太君。サラと初めて会う直前に、あの喫茶店で話したこと、憶えてる?」

「え…」

突然の問いに、隆太は思わず視線を有希子に戻した。

少し戸惑ったが、すぐに思い出した。

「ああ。…うん」



『人の心を解放することなんて、本当に出来るんだろうか…』


フオンの前の代のサレンダーが、自分の能力に怯えていたことを知って、
「もし特殊な能力を持つことに怯えている人がいるのなら、その人の力になりたい」
そう思って隆太はブログを始めた。
そのブログに、発火能力者であることに深い苦悩を抱えたサラが接触してきた。

自分で始めたことにも関わらず、隆太は土壇場になって怖じ気づいたのだった。
そんな隆太の弱気を断ち切ったのが、有希子の言葉だった。

『解放するのは、私たちじゃない。瞑想と、彼女自身よ』



「うん。憶えてる…けど」

それだけ答えた隆太に、有希子は頷いた。

「あなたは、あのときと同じ間違いをしてる」

(間違い…?)

「あなたは、サラのことを一人前の大人だと認めていない。自分が守ってやるべきだった弱い者、自分がどうにかしてやらなければいけなかった弱い人間とみなしてる」

有希子が静かな声のまま放った言葉は、今までの人生で隆太が受けたなかで最も残酷なものだった。

「あなたはね…サラを見下している」


隆太は言葉を失った。熱いナイフで心臓を抉られたかのようなショックだった。

(そんな…俺が、どうして……)

反論の言葉は頭の中を渦巻いているが、あまりの衝撃に言葉が出て来ない。


「だから、サラを巻き込んだのは、救えなかったのは、自分のせいだなんて思うのよ」

(違う。なんでだよ。どこがだよ。見下してなんか…)

反論出来ずにいる隆太に構わず、有希子は冷酷にも続ける。

「もちろん、私達自身に責任が無いなんて思ってない。でもね。
 サラは、自分の意思で私たちに接触して、自分の努力で成長して、自分の判断で火災に飛び込んだ。自分の力の使い方を、自分で選んだ。だから私は、それを尊重する」


言葉はまだ、隆太の口に戻って来ない。


「自力で脱出出来ずに、隆太君と長老を危険な目に合わせたけど。そのうえ…」
有希子は言葉を切った。何かを飲み込むようにして、再び口を開く。

「そのうえ、自分の命を落としたけど」

隆太はまだショックの最中に居たが、有希子の言葉にひっかかるものがあった。

「…莫迦なことをしたって言うんですか?サラは余計なことをした、って言いたいんですか?」

「違います」有希子が冷静に否定した。


「私は、どんな結果に終わったとしても、サラの選んだことを尊重するって言ってるの。同じく、隆太君のしたことも」

「……俺の?」

「そうよ。あの時、もし自分に何かあったら、って…少しでも考えた?もし自分が死んだら…って、残されるフオンたちのこと、考えた?」

「……」

隆太はまたも言葉に詰まってしまった。
自分が死ぬなんてことは、あのとき、いや、たった今言われるまで、全く頭に浮かばなかったのだ。

「だって俺…フオンの水が護ってくれるような気がしてたし…」


そう。口に出して初めて気付いた。

隆太は単に「炎に飛び込む前に身体を濡らす」というだけでなく、サレンダーであるフオンが創り出す水に何かしらの護りの効果を期待していたのだ。無意識のうちに。

「フオンがあの時どんな思いで水を創り出したか、大量の水を飛ばしたか、考えた?あんな小さな子供が、失神するほど集中したのよ」


(ああ……)


先ほどからの有希子の言葉への怒りも、ショックも、全て消えてしまった。



今更ながら自分の身勝手さ、軽率さを思い知らされていた。

カイとホアがエネルギーを加勢していたとはいえ、いきなりあんな大きな力を、なかば無理矢理引き出したのだ。サレンダーの力を失うどころか、下手をすれば身体に害があったかもしれないのだ。

それに…

全てが終わった後、俺はフオンの働きに心から感謝した。だが、その気持ちにまで配慮しただろうか…


考えるにつれ、自分がひどい人間のように思えてくる。


「俺…オレ、だって…」

隆太は自分の口調が まるで子供のそれのようになっているのに気付いたが、止めることが出来なかった。



試し読みできます

ー 5 ー 有希子の選択

「オレ、助けなきゃって…それしか考えてなくて……携帯、サラの着信に気付かなくて…だから…」

自分の声がうわずりはじめ、呼吸が浅くなっている。息苦しい。
心臓がビクビクと怯えているように、震える。つられるように、その両手も震えていた。


「そうよ。私は責めてるんじゃないの。隆太君がサラからの着信に気付かなかったのは、消火活動に必死だったから。そして、あの時隆太君が助けに行かなければ、あの親子も亡くなっていた」

すかさずカイが続けた。

「そうだね、ユキコ。リュータがブログを始めたのも、瞑想を広めるためと、悩んでいる人を助ける気持ちだった。私たちがサラの心の解放を助けようとしたのも、同じでしたね。フオンだって、リュータ達を助けることしか考えなかった。自分の限界など、考えなかった」

「そう。みんな、その時最善だと思うことをした。だから、私は誰のことも責めない。自分のことも」

有希子の声が力を帯びてきた。
隆太を励ますというよりは、自分に言い聞かせるかのように。


「天空橋の人たちのことも、責めない。最初から翼を使っていれば、空からの消火活動も早くに出来たし、放置自転車をどかして もっと早く消防車を通すことも出来た。
 でも、それを今言ってもしょうがない。だから、責めない」

天空人たちは、自分たちの苦い歴史を遠ざけるかのように、長い間翼を使うのを避けてきた。
故に、あの火災のときも 隆太と長老が空に飛び立つまで、誰も飛ぼうとしなかったのだ。


「自転車を放置していた人達のことも、今さら責めない。もっと言うなら…」

言葉を継ぐ有希子の声が、微かに震えた。

「サラの猫をひき逃げした犯人のことも。そして…」

有希子が唾を飲み込む音……


「サラのご両親のことも、責めない」

続けた有希子の声は、もう震えていなかった。

「無理矢理にでも、サラの悩みを聞き出してあげてれば…そもそもサラがあんなに悩むこともなかったかもしれない。でも…でも、誰も思ってなかった。…あんなことになるなんて」


沈黙が流れた。


「わかったでしょう?誰かを責めるなんて、時間の無駄なのよ」

そう言って、有希子はふたたび強い視線を隆太に向けた。


隆太の心も頭の中も、今にも壊れそうなほどに張りつめていた。
それにつられるように、部屋の空気も張りつめていた。

ほんの数分のあいだに隆太の中でわき起こった、怒り、ショック、後悔……様々なものが渦巻き、耳鳴りが聞こえ、目の前がチカチカしはじめた。



数秒の沈黙の後、カップを静かにテーブルに置く音と共に ホアが話し始めたとき、何故か皆、少しほっとしたようにソファに沈み込んだ。

ホアの声は、やはり深く穏やかだ。
深刻な内容の話だというのに、まるで世間話でもしているかのように、いつもと変わらずに優しく響く。


「ユキコ。あなたは、あの後何度もサラの家に通っているのよね?」

「え?…ええ。サラの居たアパートと、ご実家のほうに。」

急に話の流れが変わって、有希子は少し驚いたようだった。

「それは、どうして?」

「あの…アパートを引き払うお手伝いと、それから…サラの…」

有希子は言葉を選びながら続けた。
「その…元気だった頃の様子を、ご両親にお話したり…」

「ご両親は、喜んでくれる?」

「…ええ。どんな小さなことでもいいからって、いろいろ訊ねられて…お話しするたびに泣き笑いをされて……いつも、『ありがとう、ありがとう』って…」

切れ切れにそう言った有希子の声は、最後の方には呟きのように小さくなり、有希子も俯いたまま黙ってしまった。


「ユキコ、辛かったわね。サラと一番親しくしていたのは、あなただものね」

ホアは独り言の様にそう言って、いつの間にかギュッと組み合わせていた有希子の両手の上に、自分の小さな手を重ねた。

「サラのご両親のためとはいえ、楽しかったときのことを思い出すのは、まだ辛かったでしょう」

有希子は何も答えなかった。俯いたまま、息をつめているようだった。

泣きたくないのだ。
息をつめて、涙をこらえている。隆太には、それがわかった。
わかったから、隆太も顔を上げることが出来なかった。


そう。ホアの言うとおり、サラとの信頼関係を最も強く築いたのは、有希子だった。
重く凝り固まっていたサラのエネルギーを開いたのは、有希子だった。
しかも、ほんの1ヶ月程の間に。

どれだけ心を砕いたのだろう。親身になったのだろう。

隆太はあのとき 有希子を賞賛したものだったが、有希子のその努力についてはほとんど無関心だったことに、今更ながら気付いた。

自分のことばかりで頭が一杯になってしまっていたことが、いたたまれないほど恥ずかしかった。


「誰も責めないって、とても辛いことかもしれないわね…」

ポツリとそう呟くホアの声が、隆太の心の奥に染み込むように響く。


きっと有希子は、「責めない。責めない…」と頭の中で唱えながら、サラの両親と会っていたのだろう。
そう思うと隆太は、自分の不甲斐なさに頭を掻きむしりたいような心持ちだった。


「リュータも、頑張ったね。ご両親にあの時のことを話しに行ったよね」
カイが励ますように言ったが、その言葉は慰めになるどころか、さらに隆太を落ち込ませるものでしかなかった。

自分がサラの両親に会いに行ったのは、退院した翌日、あの1度きり。
しかも、サラの気配を感じるのが辛くて、早くあの家から離れたいとばかり思っていたのだ。

隆太には、俯いたまま力なく首を振ることしか出来なかった。

俺は、なんて情けない男だ。未熟なガキだ。水沢さんが怒るのも、無理はない…


「リュータはあの火事の現場に飛び込んだ。炎の中のサラを助けた」

続くホアの言葉に、隆太は思わず顔を上げた。

「大変なことだったわね。とても怖かったでしょうね」



試し読みできます

ー 6 ー 隠された恐怖


「大変なことだったわね。とても怖かったでしょうね」



…怖かった?

思いがけない言葉だった。ほとんど愕然としたと言ってもいいほどだ。


「俺は…」

驚きのあまり、隆太は自分でも知らぬうちに呟いていた。


「そうか、俺は…怖かったんだ…」

炎の中で親子を抱えきつく目を閉じているサラの姿が、頻繁に浮かんでくるのも。
そのくせ、サラのことやあの火事のことを考えようとすると、心が麻痺したように止まってしまうのも。
夜中に何事か叫びながら目覚め、それなのに夢の内容を全く憶えていないのも。


あの時は無我夢中だった。
今までに飛んだことのない距離を飛ぶことに対する怖れは無かったし、炎の熱ささえほとんど感じていなかった。

でも、俺は。本当は……そう、とても怖かったんだ……


ホアに言われるまで、隆太はそのことに全く気付いていなかった。
そして、自分の怯えを発見した途端、緊張していた身体中の筋肉がほどけていく気がした。


突然、頭の中にイメージが現われた。

”サレンダーのお守り”のチョーカーが切れ、足元に落ちる。
視点が切り替わり、隆太自身の後ろ姿が見えると、背中の翼がポロリと落ちた。

頭の中に浮かんだイメージは 一瞬でかき消えた。

最後に隆太が見たのは、守人でもない、天空人でもない。
若干心許なげな、ただの隆太だった。



「ちょっと…『そうか』って、隆太君。まさか、自分でわかってなかったの?
 火事の中に飛び込んだのよ?…そんなの、誰だって怖いに決まってるじゃない!」

有希子の声には、驚きと混乱が混じっていた。涙はなんとか飲み込んだらしい。


「いや、ワタシにはわかるような気がするよ。……1度恐怖を押さえ込むと、再びそれに向き合うには時間がかかる。無理矢理押さえ込んだ恐怖は、消えてなくなるわけじゃない。少しの間見えなくなるだけ。
 でも、ちゃんとそこにあって、私たちをずっと苦しめる」

カイの口調は慰めるようなものだったが、口先だけで言っているのではなく、確信をもって話しているのがわかった。


「そうね。だからね、ユキコ」

ホアは、再び有希子に向き直った。

「リュータに、もう少し時間を頂戴ね。急ぐ必要は無いの」


有希子が何か答える前に、隆太は思わず立ち上がった。

様々な感情やショックに、続けざまにぶん殴られもみくちゃにされ、満足に呼吸も出来ない。頭の中がグワングワンと音をたてている。

今は、ここを離れたい。少しだけ…


「すみません。俺、ちょっと……ちょっと、外の風に当たってきます…」

誰も、何も言わなかった。

だが、俯いたままの隆太にも、彼らが頷いた 柔らかな気配を感じられた。


リビングの扉を開けると、フオンが自分の部屋に駆け込むのが見えた。
こっそり隆太達の様子を窺っていたのだろう。


隆太は声をかける事をせず、玄関を出て階段を下りはじめた。

途中、自分の部屋に続く短い廊下を意識し、そのまま部屋に戻ってベッドにもぐりこみたい誘惑に駆られたが、歯を食いしばるようにして それを無視した。

…このまま また閉じこもってしまえば、俺は本当の馬鹿だ。



薄暗い階段を下りきると、隆太は明るい日差しのもとへ踏み出した。



試し読みできます

ー 7 ー 遠く離れた場所で


「チッ…まだかよ」

その男は、スマートフォンの画面を見ながら舌打ちした。


照明を落とした部屋。ベッドや床の上に脱ぎ散らかした服。サイドテーブルには、酒瓶やグラスが転がっている。

腰掛けていたベッドに靴のまま倒れ込み、持っていたスマートフォンを放り出した。



いつも見ていた、あるブログ。

彼が偶然そのブログを見つけたのは、2月の初めだった。

水の力を操る少女と、彼女を見守り共に成長して行くモリビト。
その修行の様子等をブログ風に綴る、という趣向の小説。

彼は引き込まれるようにその小説を読み続けた。


特に、瞑想により修行するところは何度も繰り返し読んだ。

小説なのだから作りごとだとわかってはいたが、呼吸法も真似してやってみたりした。

もちろん何も起こらなかった。
それでもやはり、憑かれたかのように読み続けていた。


だが、ある日突然更新が止まってしまい、それっきりとなった。

最後の記事には、近所で大きな火災が起きたようだと書かれていた。
その後は、更新はおろか、コメントの返信すら止まったまま。



…やはりあのニュースの火事と関係があるのだろうか。


いつだかテレビで見た、日本のテンクウバシという街での火災。

翼を持ったテンクウジン達が空を飛び交い、バケツで水を運び消火活動をする姿を見て、驚愕したものだ。



「小説」といいながら、あのブログにはやはり現実と重なる部分があるのだろうか。

だとすれば、どこまでが作り話で、どこまでが本当なのか。

少なくとも、翼で空を飛ぶ者がいることは確かなのだ。



(水を操る力…)


男は腕枕をして天井を睨み、遠い日本へ思いを馳せた。

日本。テンクウバシ。

サレンダー。

翼を持ったモリビト。



そして…

男は目を閉じて、思い浮かべた。


くるくる回る、赤い風車。




試し読みできます

ー 8 ー 再生への裏道

外へ出たものの、どこへ行くかは全く決めていなかった。

適当に歩きはじめたつもりだったが、気付けば隆太は商店街の裏道を歩いていた。
知っている人に会いたくなくて、無意識のうちにひと気の無い道を選んだのだろう。

チラリと左右を見回し人がいないのを確認すると、一旦立ち止まり、静かに数回 深呼吸をした。

そのままぶらぶらと歩き出す。
考え事をするときのいつもの癖で、両手の親指をポケットに引っ掛けたまま。


(みんなに謝らなきゃな…)

でも、なんと言って謝ろうか。言葉が見つからない。
それに第一、彼らは謝罪の言葉なんて求めていないんじゃないだろうか。

そんなことを考えながら 何度か緩やかな呼吸を繰り返すうち、心臓のイヤな震えは止まり 正常に戻った。気持ちも少し落ち着いたようだ。


呼吸を意識したことで、瞑想を思い出した。

(そうだ。神社に行ってみようか…)

いつも瞑想していた、神社の裏の林。
そこへ行ってみようと、今きた道を戻るべく振り返ると。


数メートル後ろに居たフオンと目が合った。

その瞬間、フオンはビクッとして立ちすくんだ。


隆太が心配でこっそりついてきたのだろう。
逃げ出そうか近寄ろうか決めかねて、固まってしまっている。


隆太はそんなフオンを見て、自分がこれから何をするべきか悟った。

俺が今すべきことは、謝罪じゃない。行動だ。



思わずフッと笑いながら、隆太はフオンの方へ手を伸ばした。

フオンは嬉しそうに駆け寄ると、隆太の手を取った。

2人は仲良く手をつなぎ、再び歩きはじめた。




「ね、リュータ。どこ行くの?」

2人は手を繋いだまま、しばらくぶらぶらと歩いていた。

隆太が何も言わないので、フオンは少し退屈してきているように見える。

「ん~、まだ内緒。でも、もう少しだよ」

裏通りを歩き目的の店の裏手に着くと、商店街へ出る短い路地を曲がった。
途端に街が活気づく。買い物中の主婦や店の主達が、賑やかに声を交わしている。

「はい、着いた」

フオンがキョトンとした顔で隆太を見上げ、鮮やかなピンク色の看板を指差す。
華やかなピンク色に地に白い文字で「宇佐美生花店」と描かれているが、フオンにはまだ読めない。


「おはなやさん?」

「そ。サラに似合うお花を、一緒に選んでくれる?」

「サラのお花……?うん、わかった」

普段荷物を持ち歩くのを嫌う隆太なので、習慣として 財布と携帯はいつでもポケットのに入っている。


2人が店に入ると、顔なじみの花屋の奥さんが笑顔で声を掛けてきた。

「あら、隆ちゃん。久しぶりじゃないの。まあ、ちょっと痩せたんじゃないの?」

以前から隆太は、グエンのレストランで飾る花を「ついでだから」と仕事帰りに取りに寄ったりしていた。

だがあの火事以来、一度も顔を出していなかったのだ。


ふたりは数分かけて花を選び、小さなブーケを作ってもらった。

花の名前は聞いた端から忘れてしまったが、パステルカラーと白でまとめた可愛らしいブーケだ。
サラのイメージにぴったりだった。

会計を済ませると、店の奥さんは「ハイ、これオマケね」と白い花を1輪、フオンの襟に着けてくれた。

礼を言って店を出た2人を、奥さんは「またおいでね~」と元気に手を振って見送ってくれた。





読者登録

霧野あみさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について