閉じる


試し読みできます

はじめに


本書は、POLYVORE の使い方について、2011年2月からブログに書いてきた記事をまとめたものです。書籍化にあたり、ブログ記事アップ後の仕様変更を反映し、内容に加筆修正の上画像もすべて2012年8月現在のものに差し替えました。


*日本語版も英語とほとんど変わらないため、画像は英語版を使用しています。


*自分のアカウント以外の画像を使う時は、アイコンとアカウント名を加工しています。


*使用ブラウザ

   Firefox 13.0.1

   Internet Explorer 8

   

   基本説明は Firefox を使用しています。

   一部機能でブラウザで動きが異なるもののみ、IE による説明も併記しました。





POLYVORE とは

POLYVOREは、元YahooのPasha Sadri氏が2007年に設立したアメリカのサイト、the web's largest fashion community site (POLYVOREサイト説明より)です。

http://www.polyvore.com/

読み方は「ぽりぼああ」




何するサイトかと言いますと、「ファッションコーディネートやアートなどのコラージュを作って発表する」サイトです。

発表された作品にコメントをつけたり投票できるほか、メンバー間のフォロー機能もありますので、作品を軸にしたコミュニティサイトでもあります。


設立当初は、当時Sadri氏が関わっていたインテリアのプロジェクトで、あちこちから集めたアイテムをうまく活用しようという発想から生まれたインテリアデザイン主体のサイトだったそうです。

やがてそれを核にして、日常的に万人にニーズのあるファッションを取りこんだオンライン・ファッション・コミュニティとして確立、現在では、企業とのコラボやNYファッションウィークとのタイアップなど広告媒体として、又はオンラインショッピングのポータルサイトとして、結構大々的なビジネスとして発展してきているようです。


日本ではまだそれほど認知度がないのですが、2012年7月現在、全世界でユーザー登録している人だけで約410万人。

POLYVORE の公式によれば、ブログに記事書きはじめた2011年2月にはサイトを訪れる人が月に 6.5 million、2012年7月では 15 million となっています。

参加者は国籍も様々、年齢も10代から年配までと幅広く、本職のデザイナーやアーティストの方もよくみかけます。


上に書いたように、アメリカではネット内コミュニティだけでなく、リアルにイベントがあったりショッピングができたり、SNS と e-commerce とファッション業界が全部くっついたような世界ですが、日本から参加しているとイベント系は眺めてるだけになるものが多いので、現状ではコラ作ってワイワイやる場ってだけの感じです。


一応言語選択では日本語も選べます。

しかし、一部日本語になっているだけで、深くずぶずぶ入っていくと英語のみになります。

その日本語もやや翻訳クオリティなので、なれてきたら英語版の方がわかりやすかったりします。

そして残念なのはヘルプが英語かつあまり充実していません。(FAQ形式)

2011年当時、日本語の説明がどこかにないかだいぶ探したのですが見つからず、ならば自分で作るか!とはじめたのがこの連載のきっかけです。






本書は、1冊だとかなり長くなってしまうため、前編、後編の2部構成になっています。

前編で基本的な使い方を、後編でさらに応用的な使い方について説明していきます。




それでは、本編へ。

2012.9.1



(参考記事)Polyvore:An Online Fashion Democracy






試し読みできます
目 次(前編)


はじめに

第1章 事前準備
 1-1.アカウント登録

第2章 基本説明
 2-1.主要用語
 2-2.メイン画面

第3章 主要機能説明
 3-1.Activity
 3-2.
Profile
 3-3.Settings
 3-4.TOP
 3-5.♥FOLLOWING
 3-6.ASK
 3-7.SHOP
 3-8.CREATE

第4章 セット作成-基本
 4-1.作成画面説明
 4-2.基本コーディネートを作る
 4-3.背景を入れる
 4-4.文字を入れる
 4-5.音楽を入れる
 4-6.公開する


試し読みできます
目 次(後編)


第5章 セット作成-応用
 5-1.公開セットを編集する
 5-2.公開セットを削除する
 5-3.テンプレートを使う
 5-4.テンプレートを作成する
 5-5.アイテムを検索する
 5-6.アイテムをインポートする
 5-7.アイテムを整理する

第6章 コミュニティ機能
 6-1.フォローする
 6-2.メッセージを送信する
 6-3.メッセージを受信する
 6-4.ブロックする
 6-5.グループに参加する
 6-6.コンテストに参加する
 6-7.タグを利用する

第7章 その他
 7-1.モバイル版を使う
 7-2.著作権とコピーに留意する

 7-3.退会する



試し読みできます

1-1.アカウント登録


まずはアカウントを登録しましょう。(無料)

 ※アカウントを登録しなくてもサイトを見たりショッピング機能を使うことはできます。
  お試しセットを作ってみる事もできるのですが、それを保存する事はできません。



http://www.polyvore.com に行くと、下記の POLYVORE トップ画面が表示されます。




アカウント登録をするには、画面右上の Register をクリックします。


すると、アカウント登録画面がポップアップで出てきます。



Facebook や Twitter のアカウントで登録することもできます。そうじゃない場合は、Email での登録です。
以前はここでユーザーネーム指定ができたのですが、現在は Email の@の前の部分が自動的にユーザーネームとして登録される仕様に変わっています。(後から変更する事は可能)
また、Email は後で承認作業が必要になりますので実在するものである必要があります。

Password 必須。

Let my friends find me~ってとこは、実はこれチェックしとくとどうなるのかよくわかりません。
気にならなければとりあえずチェックしたままにしておきます。
最後に Create account ボタンをクリック。
(これをクリックすることによって、Terms of Service と Privacy Policy を承諾したことになります)


すると Welcome ポップアップが出てきます。



既に登録されている名前があると、suffix 番号付きのユーザーネームを提案してきます。
(ちなみに、上記は私のユーザーネーム glitta のつく Email で登録してみた例です。-1がくっついてきました)

Your username is ~の下の Change をクリックすると、Email から自動生成されたユーザーネームを変更することができます。
後からプロファイル画面で変更することもできますが、ユーザーネームは1回しか変更できません ので、ご注意ください。
そして、「こんなメンバーをセレクトしてフォローしときましたよ for you」なんて言ってきます。
POLYVORE の公式アカウント以外はランダムに選ばれたメンバーになっていますが、これは後でフォローをはずす事が可能です。

Next ボタンをクリックするとこんなのが出てきますが、とりあえず無視して右下の Skip this step をクリック。



そうすると、登録したユーザーネーム入りの自分用ページが早速立ち上がります。
(サイン・イン状態になる)



登録前のページと違う点は下記の2点です。

  ・トップバーのCREATEにプルダウンが現れ、正式なコラージュが作成可能になる。
  ・右上アイコン左側にアカウント専用の Activity へのリンクが表示される。


ここまでで登録はほとんど終わりですが、最後に Email の認証をする必要があります。
以前は、 Email の認証をしないとセットの公開やお気にいりなどほとんどの機能が使えませんでした。
現時点では、認証がないとできないのは他メンバーへメッセージを送る事だけになっているようです。

Email の認証をするには、アイコン横の自分のアカウント名をクリックします。
そうしますと、自分専用のメインページが開きます。



アイコン下にある Verify my email address をクリックします。
そうすると、画面上部に "An email verification message has been sent to 登録したアドレス" というバー表記がするっと現れてすぐ消えます。

メールを確認すると、POLYVORE からこんなメールが届いています。



青字部分のリンクをクリックすると、POLYVORE 画面に切り替わり、画面上部に "Your email address has been verified" というバー表記がするっと現れてすぐ消えます。

これで、アカウント登録作業はすべて完了です。

試し読みできます

3-4.TOP




ここからは、POLYVOREロゴ下の機能バーについて説明していきます。
この機能バーはすべての画面で表示される固定バーになっています。


まずは、TOP画面です。





トップ画面は、上部がトピックエリア、その下にFashionのTop setsが日付の新しい順に表示されます。


トピックエリアは5個のタブにわかれています。



最初の2つはトレンドとかフィーチャーされているもので日替わりです。

Member Spotlightは、登録メンバーが選ばれて紹介されるところです。これも定期的に変わりますが、どういう基準で選ばれてるのかはわかりません。

その隣のInterior Design, Art&ExpressionはPOLYVOREのFashion以外の作品カテゴリーのTop setsの入口になっています。


例えばArt & Expressionタブをクリックすると、Top setsの入口画面が表示されます。




ここでPopular in Art & Expressionまたは、Explore artをクリックすると、ArtのTop sets画面が現れます。







トピックエリアの下からはFashionのTop setsが日付の新しい順に表示されます。
ここではどんどん下にスクロールして、1週間分のセットを遡ってみる事ができます。

トップ画面右側は、広告エリアと現在行われているPOLYVORE主催のコンテスト一覧になっています。

余談ですが、トップ画面はしばしばレイアウトが変わります。
実際、この1ヶ月で1回新しいレイアウトになり、さらにそれが元に戻されたという動きがありました。
ただ、ほとんど体裁のチェンジで機能が大きく変わるという事はめったにありません。




試し読みはここまでです。続きは購入後にお読みいただけます。

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格500円(税込)

読者登録

glittaさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について