閉じる


はじめに

試し読みできます

はじめに


本書は、POLYVORE の使い方について、2011年2月からブログに書いてきた記事をまとめたものです。書籍化にあたり、ブログ記事アップ後の仕様変更を反映し、内容に加筆修正の上画像もすべて2012年8月現在のものに差し替えました。


*日本語版も英語とほとんど変わらないため、画像は英語版を使用しています。


*自分のアカウント以外の画像を使う時は、アイコンとアカウント名を加工しています。


*使用ブラウザ

   Firefox 13.0.1

   Internet Explorer 8

   

   基本説明は Firefox を使用しています。

   一部機能でブラウザで動きが異なるもののみ、IE による説明も併記しました。





POLYVORE とは

POLYVOREは、元YahooのPasha Sadri氏が2007年に設立したアメリカのサイト、the web's largest fashion community site (POLYVOREサイト説明より)です。

http://www.polyvore.com/

読み方は「ぽりぼああ」




何するサイトかと言いますと、「ファッションコーディネートやアートなどのコラージュを作って発表する」サイトです。

発表された作品にコメントをつけたり投票できるほか、メンバー間のフォロー機能もありますので、作品を軸にしたコミュニティサイトでもあります。


設立当初は、当時Sadri氏が関わっていたインテリアのプロジェクトで、あちこちから集めたアイテムをうまく活用しようという発想から生まれたインテリアデザイン主体のサイトだったそうです。

やがてそれを核にして、日常的に万人にニーズのあるファッションを取りこんだオンライン・ファッション・コミュニティとして確立、現在では、企業とのコラボやNYファッションウィークとのタイアップなど広告媒体として、又はオンラインショッピングのポータルサイトとして、結構大々的なビジネスとして発展してきているようです。


日本ではまだそれほど認知度がないのですが、2012年7月現在、全世界でユーザー登録している人だけで約410万人。

POLYVORE の公式によれば、ブログに記事書きはじめた2011年2月にはサイトを訪れる人が月に 6.5 million、2012年7月では 15 million となっています。

参加者は国籍も様々、年齢も10代から年配までと幅広く、本職のデザイナーやアーティストの方もよくみかけます。


上に書いたように、アメリカではネット内コミュニティだけでなく、リアルにイベントがあったりショッピングができたり、SNS と e-commerce とファッション業界が全部くっついたような世界ですが、日本から参加しているとイベント系は眺めてるだけになるものが多いので、現状ではコラ作ってワイワイやる場ってだけの感じです。


一応言語選択では日本語も選べます。

しかし、一部日本語になっているだけで、深くずぶずぶ入っていくと英語のみになります。

その日本語もやや翻訳クオリティなので、なれてきたら英語版の方がわかりやすかったりします。

そして残念なのはヘルプが英語かつあまり充実していません。(FAQ形式)

2011年当時、日本語の説明がどこかにないかだいぶ探したのですが見つからず、ならば自分で作るか!とはじめたのがこの連載のきっかけです。






本書は、1冊だとかなり長くなってしまうため、前編、後編の2部構成になっています。

前編で基本的な使い方を、後編でさらに応用的な使い方について説明していきます。




それでは、本編へ。

2012.9.1



(参考記事)Polyvore:An Online Fashion Democracy






試し読みできます
目 次(前編)


はじめに

第1章 事前準備
 1-1.アカウント登録

第2章 基本説明
 2-1.主要用語
 2-2.メイン画面

第3章 主要機能説明
 3-1.Activity
 3-2.
Profile
 3-3.Settings
 3-4.TOP
 3-5.♥FOLLOWING
 3-6.ASK
 3-7.SHOP
 3-8.CREATE

第4章 セット作成-基本
 4-1.作成画面説明
 4-2.基本コーディネートを作る
 4-3.背景を入れる
 4-4.文字を入れる
 4-5.音楽を入れる
 4-6.公開する


試し読みできます
目 次(後編)


第5章 セット作成-応用
 5-1.公開セットを編集する
 5-2.公開セットを削除する
 5-3.テンプレートを使う
 5-4.テンプレートを作成する
 5-5.アイテムを検索する
 5-6.アイテムをインポートする
 5-7.アイテムを整理する

第6章 コミュニティ機能
 6-1.フォローする
 6-2.メッセージを送信する
 6-3.メッセージを受信する
 6-4.ブロックする
 6-5.グループに参加する
 6-6.コンテストに参加する
 6-7.タグを利用する

第7章 その他
 7-1.モバイル版を使う
 7-2.著作権とコピーに留意する

 7-3.退会する



« 前の章