目次
はじめに・出版社の方へ・目次
<2013.5.7追記、お詫び>
はじめに
出版社の方へ 紙の書籍としての出版先募集してます
目次
第1章 天皇、プロレス、アイドル 共通する特異な点は何か
1 天皇、プロレス、アイドル 共通する特異な点は何か
2 天皇、プロレス、AKBが攻撃される理由
3 「プロレス、AKBのファンは虚像を見ている」と見下す者こそが虚像を見ている。ファンが見ているのは実像
4 アイドル、プロレスファンこそ現実を直視している人間
5 天皇を存続させた日本人のメンタリティが日本のプロレス、アイドル、AKBを生んだ
第2章 アンチには理解できるわけのないAKB総選挙の面白さ
6 AKBの核・劇場公演とは?
7 アンチには理解できるわけのないAKB総選挙の面白さ
8 AKB総選挙批判に対して 遊びに貴賎がつけられている不可解さ
9 AKB総選挙批判は、ジョーシキに染まっている人間が浮き彫りになる
10 なぜAKBがことさら攻撃されるのか、その理由
11 根っからの“ジョーシキ”嫌いにとっては、AKBは「買い」
第3章 プロレス、AKBこそ「リアル」 スポーツこそファンタジー
12 プロレス、AKBこそ「リアル」 スポーツこそファンタジー
13 格闘技のリアリティ
14 リアリティなら、“真剣勝負”の格闘技よりプロレスの方が上
15 アイドルこそは最もリアリティある世界
16 リアルとリアリティの違い
17 人間はみなプロレスラー、アイドル。人生はプロレス
18 虚実が入り混じっているプロレスとアイドル、そして人生
第4章 自分にない“人間”がほしい だからプロレス、AKB、ご皇室
19 ファンが支えているプロレス、AKB。国民が推し戴いている天皇
20 国旗、サイリウム、掛け声…人間を推し戴く表現手段
21 天皇、プロレスラー、アイドルは「上」でなくてはいけない
22 自分にない“人間”がほしい だからプロレス、AKB、ご皇室
23 「人間」を観るジャンル
24 「いかがわしさ」には「いかがわしさ」を
第5章 プロレスとAKBこそ人間の色気が最も見られる
25 AKBの歌のベースは 色即是空 
26 AKBの楽曲の世界
27 “AKB顔”
28 少女達の大人数集団の独特の魅力
29 共同体と個人競争の社会
30 プロレスとAKBこそ人間の色気が最も見られる
31 物語の流れ、歴史、記憶の蓄積があってこその、AKB、プロレス、皇室
32 登場シーンに集約されるプロレス、AKBの魅力
33 サプライズは人間ドラマの花形
34 共同幻想
35 偏見が熱気、パワーを生んでいる
36 「商売」が嫌いなアンチ達
第6章 松本人志の笑いはノンフィクションテイスト=プロレス、AKB
37 松本人志の笑いはノンフィクションテイスト=プロレス、AKB  たけしの笑いはスポーツ
38 ノンフィクションテイスト プロレス=虚数という概念
39 バナナはリンゴか? この世に「嘘」はない
第7章 フワフワしたものが嫌い、だからAKBが好き
40 嘘でも本当……華やかな虚構の世界を成り立たせるために流されている本物の汗
41 AKBの尋常じゃない汗の量
42 アイドル、プロレスラーの「実力」
43 フワフワしたものが嫌い、だからAKBが好き
第8章 AKB握手会とは何か? ファンとメンバーの1回10秒のプロレス
44 参加するという行為  皇居一般参賀、AKB握手会、プロレス地方興行の風景
45 AKB握手会の笑顔を「営業」と見下す者は、人間そのものを見下している
46 推しメンとファンのプロレス
47 乃木坂46
48 「ガチ」か「嘘」でしか捉えられない無粋人間
第9章 プロレスやアイドルの「嘘」にキレる人間は、世の中の本当の嘘に騙される
49 既成概念でしか物事を捉えられない人々
50 ジャンルそのものを見下す愚かさ
51 プロレスやAKBを見下す類の人間は、切り捨て御免の侍
52 軽薄、非実力、キモイの代名詞として使われている「AKB」というデジタル記号
53 アンチプロレス・アンチAKBは、見ている世界と同じ色に染まるカメレオン
54 プロレスやアイドルの「嘘」にキレる人間は、世の中の本当の嘘に騙される
55 真正面から見る目がそのジャンルを育てる~プロレス、アイドルの進化~皇室を学ぶ必要性
56 皇室、プロレス、アイドルを愛する者は物事に意識的な関わりをする文化人
57 指原スキャンダルに見る、理想のファン像
終わりに、参考文献、奥付
終わりに
参考文献
奥付

閉じる


<<最初から読む

61 / 64ページ

57 指原スキャンダルに見る、理想のファン像

 2012年6月、昔からどういうわけか明らかにAKBを目のかたきにして「アンチAKB商法」で小銭を稼いでいる某週刊誌が、「さしこ」こと指原莉乃…自分の推しメンランキング5位(2012年7月現在)…の、過去の男性関係を暴露?する記事を掲載、その週の金曜のラジオ「AKB48のオールナイトニッポン」生放送にて秋元康からさしこに「HKT48(※1)への移籍」という訓令が言い渡された。

 さしこは記事の内容については、嘘は多いがその元彼なる人物とお友達だったことは本当で、誤解を受けることをした、と謝罪した。まあ、その記事の内容がどこまで本当だったかはここでは関係ない。(ちなみに第5章 34<共同幻想>で書いているように、自分は自分の推しメンに過去であれ現在であれ彼氏がいても全然オッケーである。こういう人は多い)

 

 ここで述べたいのは、そのどうでもいい記事のことではなく、それに対する処分への自分の反応のこと。

 

 ラジオ生放送にて、まずはさしこが泣きながらファンに謝罪した。

 それから、秋元氏との会話になったわけだが、まずは、今回の件に対する氏の考えなどをひととおり述べたあと、誰も予想してなかった通告をした。

 

 「明日から指原莉乃は、HKT48に移籍します」

 

 一瞬間があいた後、さしこが、音声にギリギリ拾われるくらいのあっけにとられた声で

 

「……え?……」

 

 これを聴いた瞬間、自分は一人自室で、腹を抱えて大爆笑してしまったのである。

おそらく、自分の人生を振り返った時に、5本の指には入るであろう、実に心からの大爆笑。

 

 ふざけんな!と思われる方も思う。

 しかし、念のため言っておくと、自分も、あいも変わらずAKBをおとしめることに執心する某週刊誌に対しての怒り、それによって傷ついたファン、さしこ本人、関係者の悲しみも十分身にしみている。

 懸命に謝罪の言葉を語るさしこの涙声を、目はうるませながら聴いていたのだ。

しかし、それでもHKTへの移籍通告への、さしこの、本当にあっけにとられた「…え?…」には爆笑した。

 

 この放送を聴いたのは、生放送の数日後。

 つまり、放送を聴く前にHKTへの移籍を知ったのだが、その時にも、「これは面白い展開だな」とニヤリとしてしまった。

 つまり、総選挙4位になってこれからさらに昇り調子でいくかと思われた矢先での左遷(※2)

 さしこのヘタレ、いじられキャラと相まって、「ああ~、やっちまったな、さしこ~」と、失敗してもヘタレでも憎めない彼女を苦笑しながら頭をなでてあげたいような…ここでこういう物語展開になったか、という面白さ。

 

 処分について語った後、

「しかしまさかさ、指原にスキャンダルが出るとは思わなかったね。こりゃ驚いたね~。指原と芦田愛菜ちゃんだけは俺、スキャンダル起きないと思ってたけどね」

と、泣いているさしこも思わず笑わせた秋元氏の、こういう場面でユーモアを放つ感覚も大好きだ。

 何が楽しいのか、好きでもないはずのAKBのスキャンダル情報をせっせと収集し、必死に鬼の首でもとったかのようにネットであれこれ書いているアンチ達とは対照的である。

 

 くどいようだが、今回の件で起きているさしこをはじめ、たくさんの人の大変さ、悲しみを感じたうえで、である。

 いや、悲しみを感じているからこそ、面白いのだ。

 

 これもまた「プロレス」だ。

 エンターテインメントをノンフィクションという建前で提供しているプロレス。

 このさしこの件は、悲しみというノンフィクションを、HKT移籍というドラマ、エンターテインメントに転換させてしまった。見事である。

 

 プロレスが、生身の身体の痛みを伴ってこそ極上のエンターテインメントとなっているのと同じように、この件は、そこに本物の悲しみ、痛みがあるからこそ、本物の人間ドラマ=エンターテインメントになっている。

 

 つまり、本物の痛み(生身の感情)もあり、エンターテインメント(建前、表面)もあり…いや、両者が共に重なり合ってプロレス、AKBは成り立っていて、どちらかが欠ければ、それはもはやプロレス、AKBではない。

 

 そして、それを観る側は、重なり合っている生身と建前を自由自在にカメラのフォーカスを変えて見ることができてこそ、この極上のジャンルを楽しむことができるのだ。

 そのフォーカスをなめらかに操るには、ジョーシキに縛られずに、物事を自由におおらかに見る余裕が必要。

 アンチのように「嘘か本当か」という、リアルな人間社会にはない、人工的で不自由な2つのカメラしか持たず、したがってプロレスもAKBも楽しめない人間と違い、自由自在にフォーカスを変え、建前も楽しみ、その建前の中にある生身の人間の感情も観察し、感動することができるカメラを持っている。

 

 この件に関して言えば、(あくまで自分の尺度での)理想のファンは、さしこの涙の謝罪に目をうるませ、しかし、いや、それだからこそ、さしこの「…え?…」に大爆笑してしまう人。

 そう、自分自身の尺度で見る限り、(当たり前だが)自分は理想のプロレス、AKBファンである。

 表舞台で理想の強さ、若さ、可愛さを見せてくれながら、それを表現するためにめいいっぱい生きている生身の人間達のドラマを楽しんでいる。

 

 

 

※1 HKT48…博多に劇場を持つ、2011年10月に初お披露目された、つまり、この件の時点で1年足らずの新しい、AKBの姉妹グループ。初お披露目された時点での平均年齢が13.8歳(HKTホームページより)であり、2012年7月現在、グループ最年少。

 

 

 

※2 左遷といってはHKTに失礼、この処分はそういう意味ではないと秋元氏は言っていたし、それに異を唱えるものではないが、AKBHKTとどっちが上ということではなく、これまで慣れ親しんできた劇場から遠く離れた、年齢の離れた新人達の劇場への突然の移動命令は本人にとっては大変な環境変化であり、そういう試練という意味では左遷といってしまっても差し支えはないと思う。HKTをバカにしてるのではないので誤解なきよう。

 

 


61
最終更新日 : 2012-09-01 01:15:28

終わりに

まず、タイトルについて。

読んでいただいてわかるとおり、AKBとプロレスについては自分なりの論を書いてきたが、ご皇室については、プロレス、アイドルとリンクする部分について述べただけで、「皇室論」と呼べるようなものは書いてない。当初は「AKB=プロレス論 皇室を戴く日本人の心性がAKB、日本のプロレスを~」というようなタイトルを考えていたが、長すぎる。よって、「AKB=プロレス=皇室論」にした。この「=」は一緒、という意味ではもちろんない。3者に共通するものを軸にした論、という意味で付けた。

ご皇室についての考察、著作は右から左まで山ほど出ているので、そちらを読んでいただければと思う。

 

 本著では、プロレスがエンターテインメントであることを前提に筆を進めた。

 第3章 18<虚実が入り混じっているプロレスとアイドル、そして人生>の文末の注釈で、「自分が言う『プロレスはショー』という言葉の意味には、そこに誇りこそあれ、プロレスを見下している意味は全く含まれていない。」「ショーと呼んでいることでプロレスをなめているように感じるとしたら、それはそう感じる人が『ショー』をなめているのである。」と書いた。

 それはその通りなのだが、一方、プロレスをショーと呼ぶことへの抵抗、というか何か引っかかりも同時に感じる自分もいる。

(「いや、やっぱり真剣勝負かな?」という意味では全然ない)

 

 1つは、伝説の力道山VS木村政彦など、プロレスには暗黙の了解が壊れる試合、完全に壊れるまではいかずとも、プロレスの途中で気に食わない相手に「仕掛けたり」といった、ショーの綻びが時にある、ということ。

 

 そして、それより大きいのが、そのような綻びがない、いわゆる普通のプロレスでも、プロレスラーはリングの上で闘っている、ということだ。

 よくプロレスを形容する時に使われる言葉、「観客との闘い」ってこと?

 それが間違いとは言わないが、ここで自分が言っているのはそういうことではない。

 

 もし、プロレスをただのガチンコだと思っているファンが大好きなプロレスラーに、「お願い!今度の試合勝ってね!」と、綺麗な瞳をまっすぐぶつけて訴えきたとする。

 ファンの言葉に、プロレスラーは

「分かった。全力出して勝つよ。」と約束したとする。

 

 試合の結果は決まっている。

 しかし、この場合、このプロレスラーは嘘をついていないと自分は考える。

 

 もしこの試合の結果が勝ちならば、興行後、ファンに言うべきである。

 「君の応援のおかげで勝てたよ。」

 この言葉にも嘘はない。

 

 もし、最初のお願いの前にファンが

「プロレスって勝敗が決まってるって言われてるけど、違うよね?真剣勝負だよね?」

と聞いてきたとする。

 もし自分がプロレスラーなら、そのファンの瞳をまっすぐに見て、堂々と答えられる。

 全プロレスラーもそうだろう。

 「もちろんだ。真剣勝負だよ。」

 なぜ堂々とそう言えるのか?

 そこに嘘はないからだ。

 

 全く非論理的な話だが。

 しかし、このプロレスラーは嘘をついていない。

 そして、絶対にそう答えるべきであると思う。

  プロレスファンなら分かってくれる人もいるかと思うが、プロレスを全く知らなかった人が、本著を読んでその意味が、というよりその心が、少しでも分かっていただけたら幸いである。

 が、無理だろう。

 表面の部分でなんとなくその「意味」が分かる…という方はいても、プロレスを心から好きになったことがない人には、本著を読んだだけでその心は理解できないと思う。本著をきっかけにプロレスを見始め、10年後、20年後にその心が分かるようになっていただければ嬉しいのだが。

 

 プロレスがショーであるという表層の事実を分かっていて(※1)なおかつプロレスは闘いだということの意味、心が分かる人は、AKBファンになる素質を持っている。

 

 人間誰しも、ファンタジー(各所、各場面で装っている自分)とリアル(素の自分)が重なった存在。

 その人間の在り様を凝縮して見せているプロレス、AKB、アイドルについて、仕事をする傍ら、原稿を書きだしてからなんだかんだと1年近く…長々と、地味にカチャカチャ書いてきた。

 

 

 この本はAKB、プロレスについて自分の思うところを述べたものだが、感情的な動機としては、AKB、プロレスに限らず、ジョーシキの枠からはみ出したものへの世間の偏見への怒りである。まだ書きたいテーマは多々ある。

 

 自分は、物心ついてから、社会に、世間に、「ジョーシキ」にずっとイライラしている…何をイライラしているのか、それをAKB、プロレスについて述べることで吐き出した、それが本著かもしれない。

 

 そんなわけで、お見苦しいところも多々あったとは思うが、ご容赦願いたい。

 

 

2012年8月27日 前田敦子AKB卒業公演のあった日の夜、自宅にて。

                             高橋 慶介

 

 

 

 

(※1)念の為書いておくが、「プロレスはショーだ」と言っている世の中のほとんどの人間、特にプロレスファンではない人間のほとんどは「ショーだ」と言ってはいるものの、何も分かってないまま言っているだけで、この場合の「分かって」いる人間には含まない。



【2013年10月21日追記】

本著を星海社新人賞に応募しました!
新人賞サイトで紹介されていますhttp://ji-sedai.jp/school/application/post_147.html

 

 

 

 


62
最終更新日 : 2013-10-21 23:23:17

参考文献

AKB、アイドル】

 

「AKB48ヒストリー 研究生公式読本」(週刊プレイボーイ編集部・編 集英社)

「AKB48握手会完全攻略ガチマニュアル」(秋葉いくお&チームW  コスミック出版)

QuickJapan vol.87 AKB48永久保存版大特集」(太田出版)
「秋元康の仕事学」(NHK出版)

「AKB48の経済学」(田中秀臣 朝日新聞出版)

「最下層アイドル あきらめなければ明日はある!(大堀 恵 WAVE出版)

「AKB48総選挙に学ぶ心をつかむ技術」(三浦博史  フォレスト出版)

「別冊カドカワ 総力特集 失われた詩人としての秋元康」

「アイドル進化論 南沙織から初音ミク、AKB48まで」(太田省一  筑摩書房)
「アイドル工学」(稲増 龍夫  筑摩書房)
「AKB48ビジネスを大成功させた7つの法則」(溝上幸伸 あっぷる出版社)
「指原莉及1stフォトブック さしこ」(講談社)
「AKB48がヒットした5つの秘密 ブレーク現象をマーケティング戦略から探る」(村山涼一 角川書店)
「泣けるAKB48 メンバーヒストリー」(本城零次  サイゾー)

「48現象」(ワニブックス)

AKB48 神公演クロニクル ~少女たちは劇場で何を叫んだか~」(本城零次  株式会社メディアックス)
「高橋みなみ 1stフォトブック たかみな」(講談社)
「非選抜アイドル」(仲谷明香 小学館)

 

 

【プロレス、スポーツ】

 

プロレス関連の本は小学生の頃から30年以上、膨大な数の本を読んでいるので、ここでは、本著の中で引用させていただいた本を筆頭に、他、本著の内容に関連ある数冊のスポーツ関連の本だけ挙げておきます。

 

「リングサイド プロレスから見えるアメリカ文化の真実」(スコット・M・ビークマン 早川書房)

「私、プロレスの味方です金曜午後八時の論理」(村松友視  情報センター出版局)

「当然プロレスの味方です」 (村松友視 情報センター出版局)

ダーティ・ヒロイズム宣言」 (村松友視 情報センター出版局)

 流血の魔術最強の演技―すべてのプロレスはショーである(ミスター高橋  講談社)

「『大相撲八百長批判』を嗤う 幼稚な正義が伝統を破壊する」(玉木正之 飛鳥新社)

「トップスポーツビジネスの最前線2009」(講談社)
「日本は、サッカーの国になれたか。電通の格闘。」(濱口博行 朝日新聞出版)

 

【皇室】

 

本著では、皇室に関しては、プロレス、アイドルについての考察に関して述べているのみで、特に直接参考にさせていただいたという本はないのですが、読書録を付け始めた2008年以降に自分が読んだ関連本を記しておきます。内容的には右から左まで、さまざまです。

 

「近代知識人の天皇論」(石田圭介  日本教文社)

「歴史のなかの天皇」(吉田 孝  岩波新書)

「皇族の『公』と『私』 思い出の人、思い出の時」(寛仁親王 工藤美代子 PHP研究所)

「日本人として知っておきたい皇室のこと」(中西輝政+日本会議 PHP研究所)
「歴代天皇の実像」(所 功  モラロジー研究所)
「天皇家の歴史」(高瀬広居 河出書房新社)
「物語 英国の王室」(黒岩徹 中公新書)
「イギリス王室物語」(小林章夫 講談社現代新書)
「皇室はなぜ尊いのか 日本人が守るべき『美しい虹』」(渡部昇一 PHP研究所)
「象徴天皇制とは何か」(日本現代史研究会編 大月書店)

「驕れる白人と闘うための日本近代史」(ヒサコ・マツバラ, 田中 敏  文藝春秋)

「これが新しい日本の右翼だ」(鈴木邦男)
「新右翼」(鈴木邦男)

「天皇の起源」(林 房雄)
「マンガ入門シリーズ 皇室入門」
「マンガ 天皇制を知るための近代史入門」
「天皇-その論の変遷と皇室制度」(大原康男  展転社)

「ゴーマニズム宣言SPECIAL 天皇論」(小林よしのり 小学館)

「だから皇室は大切なのです」(篠沢秀夫 草思社)

「『聖断』虚構と昭和天皇」(纐纈 厚  新日本出版社)

「ゴーマニズム宣言SPECIAL 昭和天皇論」(小林よしのり 幻冬舎)

「天皇はなぜ生き残ったか」(本郷和人  新潮新書)

 

【その他】

 

その他、本著の内容に関わりあるかと思われる数冊を挙げておきます。

 

「遺書」(松本人志  朝日新聞社)

「松本」(松本人志  朝日新聞社)

「松本人志 仕事の流儀」(NHK「プロフェッショナル」制作   イースト・プレス

「松本裁判」(松本人志  ロッキング・オン)
「増補版 電通の正体 -マスコミ最大のタブー-」(『週刊金曜日』取材班  株式会社金曜日)

「電通」(田原総一朗  朝日新聞社)


63
最終更新日 : 2012-08-30 21:08:10

奥付



AKB=プロレス=皇室論 ジョーシキに染まったアンチAKBへの宣戦布告


http://p.booklog.jp/book/53632


著者 : 高橋慶介
著者プロフィール:http://p.booklog.jp/users/parufe102/profile


ブクログ本棚へ入れる
http://booklog.jp/item/3/53632



電子書籍プラットフォーム : ブクログのパブー(http://p.booklog.jp/
運営会社:株式会社ブクログ
 

 

この本の、紙の書籍としての出版を検討して下さる方がいましたらご連絡下さい。

 

原稿の主旨に興味を持って検討していただけるならば、原稿の修正、加筆、その他応じられます。加筆する分には、本稿に掲載したもの以外に、ほぼ骨格が固まっている目次タイトルは10以上あります)

 

※当電子書籍パブー利用規約の17条に「本サービスを利用して投稿されたテキスト・画像等の著作権は、当該テキスト・画像等を創作した者に帰属します。」とあり、念のため問い合わせたところ、当サイトで公開した作品を紙の書籍として出版することは問題ありません、という回答をいただいております。

 

連絡先 parufe102@yahoo.co.jp 高橋慶介

 

 





64
最終更新日 : 2012-11-18 13:06:01

この本の内容は以上です。


読者登録

高橋 慶介さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について