目次
はじめに・出版社の方へ・目次
<2013.5.7追記、お詫び>
はじめに
出版社の方へ 紙の書籍としての出版先募集してます
目次
第1章 天皇、プロレス、アイドル 共通する特異な点は何か
1 天皇、プロレス、アイドル 共通する特異な点は何か
2 天皇、プロレス、AKBが攻撃される理由
3 「プロレス、AKBのファンは虚像を見ている」と見下す者こそが虚像を見ている。ファンが見ているのは実像
4 アイドル、プロレスファンこそ現実を直視している人間
5 天皇を存続させた日本人のメンタリティが日本のプロレス、アイドル、AKBを生んだ
第2章 アンチには理解できるわけのないAKB総選挙の面白さ
6 AKBの核・劇場公演とは?
7 アンチには理解できるわけのないAKB総選挙の面白さ
8 AKB総選挙批判に対して 遊びに貴賎がつけられている不可解さ
9 AKB総選挙批判は、ジョーシキに染まっている人間が浮き彫りになる
10 なぜAKBがことさら攻撃されるのか、その理由
11 根っからの“ジョーシキ”嫌いにとっては、AKBは「買い」
第3章 プロレス、AKBこそ「リアル」 スポーツこそファンタジー
12 プロレス、AKBこそ「リアル」 スポーツこそファンタジー
13 格闘技のリアリティ
14 リアリティなら、“真剣勝負”の格闘技よりプロレスの方が上
15 アイドルこそは最もリアリティある世界
16 リアルとリアリティの違い
17 人間はみなプロレスラー、アイドル。人生はプロレス
18 虚実が入り混じっているプロレスとアイドル、そして人生
第4章 自分にない“人間”がほしい だからプロレス、AKB、ご皇室
19 ファンが支えているプロレス、AKB。国民が推し戴いている天皇
20 国旗、サイリウム、掛け声…人間を推し戴く表現手段
21 天皇、プロレスラー、アイドルは「上」でなくてはいけない
22 自分にない“人間”がほしい だからプロレス、AKB、ご皇室
23 「人間」を観るジャンル
24 「いかがわしさ」には「いかがわしさ」を
第5章 プロレスとAKBこそ人間の色気が最も見られる
25 AKBの歌のベースは 色即是空 
26 AKBの楽曲の世界
27 “AKB顔”
28 少女達の大人数集団の独特の魅力
29 共同体と個人競争の社会
30 プロレスとAKBこそ人間の色気が最も見られる
31 物語の流れ、歴史、記憶の蓄積があってこその、AKB、プロレス、皇室
32 登場シーンに集約されるプロレス、AKBの魅力
33 サプライズは人間ドラマの花形
34 共同幻想
35 偏見が熱気、パワーを生んでいる
36 「商売」が嫌いなアンチ達
第6章 松本人志の笑いはノンフィクションテイスト=プロレス、AKB
37 松本人志の笑いはノンフィクションテイスト=プロレス、AKB  たけしの笑いはスポーツ
38 ノンフィクションテイスト プロレス=虚数という概念
39 バナナはリンゴか? この世に「嘘」はない
第7章 フワフワしたものが嫌い、だからAKBが好き
40 嘘でも本当……華やかな虚構の世界を成り立たせるために流されている本物の汗
41 AKBの尋常じゃない汗の量
42 アイドル、プロレスラーの「実力」
43 フワフワしたものが嫌い、だからAKBが好き
第8章 AKB握手会とは何か? ファンとメンバーの1回10秒のプロレス
44 参加するという行為  皇居一般参賀、AKB握手会、プロレス地方興行の風景
45 AKB握手会の笑顔を「営業」と見下す者は、人間そのものを見下している
46 推しメンとファンのプロレス
47 乃木坂46
48 「ガチ」か「嘘」でしか捉えられない無粋人間
第9章 プロレスやアイドルの「嘘」にキレる人間は、世の中の本当の嘘に騙される
49 既成概念でしか物事を捉えられない人々
50 ジャンルそのものを見下す愚かさ
51 プロレスやAKBを見下す類の人間は、切り捨て御免の侍
52 軽薄、非実力、キモイの代名詞として使われている「AKB」というデジタル記号
53 アンチプロレス・アンチAKBは、見ている世界と同じ色に染まるカメレオン
54 プロレスやアイドルの「嘘」にキレる人間は、世の中の本当の嘘に騙される
55 真正面から見る目がそのジャンルを育てる~プロレス、アイドルの進化~皇室を学ぶ必要性
56 皇室、プロレス、アイドルを愛する者は物事に意識的な関わりをする文化人
57 指原スキャンダルに見る、理想のファン像
終わりに、参考文献、奥付
終わりに
参考文献
奥付

閉じる


<<最初から読む

34 / 64ページ

30 プロレスとAKBこそ人間の色気が最も見られる

 スポーツがスポ根漫画なら、プロレス、AKBは文学…。

 

 自分は30年来プロレスを見続け、2011年にAKBにハマったのだが、AKBのステージを見ていて、理屈よりも感覚で「これはプロレスだなあ」ということを強く感じていた。

 そう感じさせるものは一体なんなのか?

 1つには、建前と生身が混然一体となっている、プロレスラーとアイドルという存在の在り方だが、それに連なるもう1つの理由。

 色気、だ。

 人間の色気である。

 

 色気とは何か?

 隠しているもの、秘めているものがチラリと見える、または透けて見える快感である。

 

 建前の世界の中に“素”の人間が見て取れる瞬間。それが人間の“色気”だ。

色気とは、完全に丸裸ではなく、チラリと肌(=素の人間)が見られる瞬間。

 

 映画、ドラマのように建前は建前で完結している世界は、建前という服を着ている世界。

 

 逆にスポーツは、分かりやすく勝ち負けを競う、勝ちに向かって頑張ってます!という姿をそのまんま見せる、丸裸の世界。

 

 生身の人間をそのまま見る世界でもなく、建前でありながら建前とは認めず、リングの外でのリアルな人間関係(縦社会での上下関係やら友人関係やら)とは違う対立関係を、身体と身体をぶつけあって、アドリブで、本物の痛みを伴いながら表現しているプロレスという舞台こそ、建前の中に素の人間が垣間見える、また観る側の想像力の中で素の人間力を観賞できる、この世で最も人間の色気が漂っている場所。

 

 あるレスラーがリング上で敵対し罵倒している相手が、かつて鬼軍曹として道場で新弟子だった彼をしごきあげていたレスラーで、罵倒しながらも腰が引けているのが分かる瞬間。

 先に売れた後輩への攻撃が当たりが強くてきついのが見てとれた時。

 先輩への攻撃の今一歩の踏み込みが足りず、気の弱さが感じられるヒール(悪役)。

 そういったものが見える瞬間。

 また、そういった想像。

 

 芸の世界ゆえにはっきりした評価基準はないが、建前では勝ち負け、タイトルの有無ではっきりした白黒があるため、ジェラシーや様々な思惑が見え隠れする。

 

 AKBもまた、少女達の素の人間としての色気が充満している。

 秋元康の言葉に「K-POPは大リーグ、AKBは高校野球」というものがある。

K-POPは完成されたショー、AKBは一生懸命さ、人間の魅力、という言葉の主旨は分かるので、それに異を唱えるのではないが、あえて言うなら、高校野球は(それに限らずスポーツ全般は)一生懸命さがモロ出しの世界。そこに色気の介在する余地はない。

 AKBは、一生懸命さを見せているが、一生懸命さそのままスポーツのように歯を食いしばって苦悶の表情を浮かべてステージで踊っているわけではない。

 舞台では可愛い衣装を着て笑顔で歌って踊る。

 モロ出しではないのだ。

 しかし、笑顔には汗がしたたり落ち、可愛い衣装は汗でびっしょり…。

 一見華やかでフワフワしたものでありながら、そこに一生懸命さがシ-スルーを通した肌のように見えるのが、愛おしい色気となっている。

 ならば他のアイドルだってそうではないかと言われるかもしれないが、やはりAKBに最も人間の色気を感じる…というか、他にはプロレスに匹敵するような色気は感じたことはない。

 単純に、とりわけ努力の量が半端ではないということ。

 そして、ある種、正規チームへの昇格や選抜、選抜総選挙、個別握手会の券の売れ行きなど、競争がスポーツ的にシステム化されているところがあること。

 スポーツのように一定のルールでの単純な評価基準では色気は感じられないのだが、芸という評価基準がはっきりしない世界に、昇格や順位といった目標を設定した競争のシステムを持ちこんだことが色気を生んだ。

 大人数の中でのはっきりと差がつけられる競争システムがありながらも、芸という評価基準が必ずしもハッキリしない世界で、目標に向かって何をどう頑張ればいいのか、そこから考え、もがき、悩み、頑張る姿が人間社会そのものを映し出していて、色気になるのだ。

 

 プロレスは、格闘技が分かる者が観れば、格闘技ではないことは明白である。

見え見えだ。虚構の世界である。

 しかし、虚構の世界を通して、まぎれもない生身の鍛えられた男の裸身のぶつかりあい、まぎれもない本物の痛みがそのまま見える。まぎれもなく、芸の世界でありながら建前は競技という異質な世界ゆえに、様々な思惑を抱きながらもがいている生身の人間が見える。だから、尋常ではない人間臭さ、色気が充満しているのだ。

 

「プロレスは底が丸見えの底無し沼」(今はなき「週刊ファイト」の故・井上義啓編集長の言葉)…名言中の名言である。

 

 色気という言葉を人間臭さの意味合いで使ってきたが、鍛えられた裸身がぶつかりあい組みあい、スピーディーに躍動するという、セクシャリティという意味での色気もそこにはある。

 

 AKB…アイドルにしても、もちろん、歌い踊る女の、女性としての可愛さ、躍動感を訴えるいう、セクシャリティとしての色気がある。

 

 プロレスは、男の強さ、アイドルは、少女の可愛さをめいいっぱいアピールしている。

 セクシャリティのアピールは、人間がふだん意識的にも無意識的にも常に行っていること…特別なことでなくとも、出かける前の服装、髪型セットや立ち振る舞いなど…であり、それを凝縮しているプロレス、アイドルの世界は、これ以上ないほど人間臭い世界であり、それがまた人間としての色気にもつながっている。

 

 ただ!

 プロレスラーの色気にしても、AKBの色気にしても、モロ出しでないだけに観る側にいくらかの想像力が必要だ。

 昔、プロレスファンには読書家が多いということを言っていた人がいたが、頷ける話だ。

 であるから、プロレスもAKBも、想像力がなく上っ面しか見れない人間によって批判される運命にあり、それがアンチが多い理由の1つである。

 


34
最終更新日 : 2012-08-26 00:06:37

31 物語の流れ、歴史、記憶の蓄積があってこその、AKB、プロレス、皇室

 AKBにハマったきっかけはミュージックビデオであり、最初はその作品そのものを楽しんでいた。その後、AKBの冠バラエティ番組を見始めてそれぞれの個性が分かるようになってきて、さらにAKBに関するドキュメンタリー本や映画なども見て、各チームやメンバー個々の歴史が分かるようになってくると、楽曲もさることながら、そのパーソナリティ、各個人の成長物語も同時に楽しむようになってくる。

 そうなってくると、特に可愛いともなんとも思わないコをテレビや雑誌で見かけたとして、そのコがAKBのまだ知らない研究生だと分かると、そのとたんにチェックしなければと思ってしっかり見てしまう()

 つまり、もうAKBというアイドルが好きというよりは、夢を追う少女達をリアルタイムドキュメンタリーで見るというAKBというジャンルが好きになっているのだ。「好きなアイドルはAKB」というより、「趣味はAKB」といった方がピンとくる。

 だから、特にAKBが好きでない人がよく言う(かつて自分も言っていた)「AKBにはこれと言って可愛いコがいないから興味ない」というのも、普通にアイドルを好き・嫌いで考えているような感覚で言っているのであって、その感覚からはAKBを見ていてもピンとはこないと思う。

 AKBという物語を見る、もっと言えば自分が総選挙の投票その他で応援し人気をあげる、あるいは、そのメンバーに握手会でステージやテレビを見ての感想を直に伝えたり…その物語に参加しているという感覚になってくる事がハマるか否かという別れ目になる。

 そもそもがそういう、成長のドキュメンタリー、ファン参加型アイドル(劇場で毎日…今は高倍率の抽選で毎日は困難になったが…見れる、その他、握手会、総選挙など)というコンセプトでスタートしている。

 

 プロレスも、楽しむためには流れをおさえること。

 小さなことで言えば、各団体のその時展開されているストーリーライン(サイドストーリー…どういう“軍団”があり、どういう“抗争”が展開されているかなど)を知っておくこと。

 もちろん、何の予備知識もなくても楽しめるのがプロレスであり、それぞれの興行には、予備知識なしで初めてプロレスを見る人も必ずいるだろうから、主催者側はそういう客も楽しませて帰れるプロレスをすることは大切。

 だが、やはり知っておいたほうが楽しめることは間違いない。

 余談だが、10年ほど前?団体を旗揚げしたプロレスラーが「うちはサイドストーリーのための放送作家をつける!」と週刊プロレスだったか、プロレスの雑誌のインタビューで話しているのが掲載されいて、いつの頃からかプロレスを提供する側が、建前は守りつつも本音に近い話をするようになってはいたものの、ここまで話すかと驚いたのを憶えている。実際にその団体が放送作家をつけたのかは知らないし、ほとんどの団体は、サイドストーリーはレスラーやフロントが考えているものとは思うが。

 

 話はそれたが、プロレスにおいて流れを押さえるとは、その時々の団体のストーリー展開を知っておくことの他に、それぞれのレスラーのそれまで歩んできた歴史や、団体の人の出入りなどの変遷、歴史、団体の興亡、これらを知っておくことだ。

 AKBと同じく、ドキュメンタリーの人間ドラマを見る愉しみと感動。

 アイドルは、一般的に活動期間は短いので、そのわずかな時間に全てを燃焼させる若さを見て元気をもらうのだが、プロレスラーの活動期間は長い。

 今、レジェンドと呼ばれる大ベテランの藤波、長州、天龍といったレスラー達はキャリア30~40年になる。それぞれ、小さな団体や、大きな団体の前座でリングにあがっているが、普通の人からみたら、そんな全盛期をとっくに過ぎた還暦近いプロレスラーを見て何が楽しいのか、と思うだろう。

 だが、ベテランレスラーの、若い頃から見ていたその身体・容貌に、自分の人生を重ねあわせて堪能するという愉しみは、現役時代の長いプロレスだからこそである。

たとえ、若い頃のようなプロレスができなくても、その人を生で見るだけで金を払う価値があると思わせる存在感(個人的には天龍源一郎がまっさきに頭に浮かぶ)、レスラーの歴史。

 

 天皇も、日本の歴史を何も知らない人に、この人が日本の象徴ですと説明したとて、敬う気持ちにはなりづらいかもしれない。

 日本の歴史の流れを深く知れば知るほど、その悠久の流れの中で絶えず推戴されてきた存在に感じ入るものと思う。

 

 物語の流れ、歴史、記憶の蓄積があってこその、AKB、プロレス、皇室。

 これもまた、我々の人生、そして人間関係そのもの。人間は、その人間の歩んできた歴史、記憶があってこその人間。本人にとっても、彼と関わり、彼を見る人間にとっても。

 

 


35
最終更新日 : 2012-10-06 13:35:53

32 登場シーンに集約されるプロレス、AKBの魅力

 AKBのアリーナでのコンサートは、48グループ全て(2012年7月現在で言うとAKB、SKE、NMB、HKT、JKTの各グループ)のメンバーが出演している。

 それぞれ、AKBならば、チームA、チームK、チームB、チーム4、さらにそれぞれの劇場公演の中のユニットにも分かれており、その他、シングル曲、メジャーデビューしている派生ユニットもある。各シングルの選抜メンバー組、カップリングを歌うアンダーガールズも入れれば膨大な組み合わせだ。

 

 コンサートのセットリストは、それら多数の組み分けで構成される(その他、その日限りのシャッフルや他のユニットの曲を別ユニットが歌うなどもあり)。

 一般の人が耳にするのはシングルで発売された曲だろうけど、48グループには劇場公演曲が膨大にあり、全ての楽曲は400曲を超える(2012年7月現在)

 

 後半はシングルヒット曲が続いて盛り上がるのが定番だが、それまでは、どのグループ、チーム、ユニットがどの曲を歌うのか、想像がつかない。

 

 アリーナコンサートでは、事前にその日のセットリスト(パフォーマンスする曲とその順番)は発表されていない。

 メインステージの他、出島ステージがいくつかあり、1曲終わると、次のイントロと同時に、どこかのステージにスポットライトがバッと当たり、そこに○○チーム、あるいはメンバーの誰々がいてオーッと沸いてそのまま盛り上がっていく…。

 

 この、曲の出だしと人間の登場によって沸くという光景が、テーマ曲と共に場内に入ってくるプロレスラーの姿と重なって見えたのが、プロレスとAKBが一緒だと感じた最初だった。

 

 長年の思い入れが詰まり、そのプロレスラーそのものと言っていいようなテーマ曲の鳴り出しと共に、入場の歩みで高まっていくプロレスファン。

 

 アリーナに現れた一瞬で、グループ、チーム、ユニットのこれまでの歴史、自分なりの思い出、思い入れを彼女達の姿に投影し、その思い入れと共に曲で盛り上がるAKBファン。

 彼女達の歌と踊りで盛り上がってるのか、歌って踊る彼女達を見て盛り上がってるのか。その2つが混然一体となっている。

 建前と生身が一体となったジャンルの興奮。

 

 プロレスラーは現役でいる年数が長いゆえ、思い入れが十分育つ。

 天龍、長州、藤波など、38歳の自分が小学生の時からの思い出、思い入れを持って見れているのだ。

 その思い入れはどう育ったか。

 もし、力道山が急死することなく日本のプロレスがずっと1つの団体で統合されたままで、さらには相撲のようなきっちり決まったシステムで優勝、昇格を決めるシリーズの繰り返し…では、ここまでの思い入れは育たなかったろう。

 団体の集合離散、トラブル、離脱、スキャンダル…それやこれやを観てきたから、厚みのある人間、レスラー像をそこに描けているのだ。

 きちっとしたシステムのもとに勝敗を競うスポーツというジャンルのスターに対する思い入れとはまた違うところだ。決して統合されたコミッション制度のようなものはつくらず、様々なスキャンダルが定期的に起こるという、スポーツであればただのマイナス要素を餌にしてプロレスというタフな化け物、プロレスファンという見巧者は育っていく。

 しかし同時にそこに、テーマ曲とともに入場してきたレスラーが四角いリングに上がり、3カウントで決着がつき…その他、プロレスという宇宙を形づくっている様々な要素に規定されて1つの「プロレス」という世界があり、そのうえでこそ歴史ができているのであって、全く野放図では1つの世界観は成り立たないことも確か。

 つまり、歴史を形作るうえでのステージとしての一定の世界観はありながら、きつく縛られてはいないからこそ、様々な人間ドラマが生まれ、思い入れが育つのだ。

 

 自分にとって、30年の思い入れがあるプロレスに匹敵するほどの人間の色気、思い入れを感じさせるAKBのメンバー達。何がそこまで思い入れを持たせるのか。

 それは何度も書いている通り、研究生から正規チームへの昇格や、選抜、選抜総選挙、それぞれのチームが歩んできた歴史など、短い間にも濃厚に人間ドラマを起こさせる仕掛け。ある程度システム化している世界。

 これも、ある程度のシステム化だからいいのである。

 世の中、競技化させるイコール「ちゃんとしたもの」になるというイメージがあるのかもしれないが、もしも…もしも、AKBの昇格が、審査員の前でダンスをして、競技ダンスのように点数をつけられて、何点以上は昇格。であるとか、選抜メンバーは、歌の点数の上位者が選ばれるとかであったら。

 そんなつまらないもの、誰が見たいだろうか?

 ある意味、それをやってるのがスポーツというジャンルとも言えるのだが…。それはそれでそういう面白さもまたあるだろう。ジャンルに貴賎なし。

 

 プロレスで述べたのと同様、ある程度、AKBという世界を成り立たせているシステムがあり、その世界観にはまっていく快感の一方、世界観を構築する縛りがきつすぎても面白くない。

 

 アリーナコンサートの話に戻す。

 ゆるいながらもある程度構築されている1つの世界、その世界で起こっているいろんな歴史、ドラマを、曲の出だしとスポットライトが当たる瞬間に心に湧きあがらせる。他では類がないほど、人数、グループ(チーム、ユニット)、曲が多いため、曲の出だしと登場の瞬間の「これが来たか!」という感動は大きい。

 

 プロレスもAKB(アイドル)も、その芸と共に人間を見せるジャンルであるから、レスラーorメンバーの登場シーンはある意味ハイライトとも言えるほど重要。

あの興奮と感動にジャンルの本質が集約されていると言ってもいいかもしれない。

 であるから、登場シーンの演出にはとことんこだわってほしいと思う。

 

 

 

 


36
最終更新日 : 2012-10-06 13:50:17

33 サプライズは人間ドラマの花形

 ノンフィクション性、ということでプロレスにもAKBにも欠かせないのが「サプライズ」

 プロレスならば、リング上のストーリーの展開。

 試合結果もその後の流れに続く点であり、新しいスターが誕生する大金星の試合結果などはビッグサプライズになる。

 サプライズの最たるものは、他団体のレスラーが試合後に「殴り込み」をかけてリングに上がってきた時など。

 

 AKBは、選抜総選挙の結果発表は大会場にファンを入れて、お祭りのように盛大にやる。

 また、コンサートの終わりなどに、研究生からの昇格メンバー発表、卒業の発表、次の企画の発表などの「サプライズ」が定番になっている。

 そういったことを事前にメンバーにも知らせず、メンバーとファンが共にその場で驚きを共有し、ドラマの展開の証人となる。

 

 人間ドラマを見せているジャンルにおいて、「サプライズ」はそのドラマ性の面白さが最も凝縮された、花形の瞬間。

 プロレスは昔のような、団体側が上、というファンとの力関係がなくなって久しく、AKBは運営側とファンを従来の芸能の常識よりかなり近いところにおいている(※1)

 だが、団体(AKBで言うなら運営)が前もって決めていた事柄で、何も知らなかったファンをどよめかせる「サプライズ」の瞬間は、圧倒的に団体(運営)が上に立つ瞬間であり、そこに団体(運営)の演者としての色気がある。

 

 サプライズが起こってどよめいた次の瞬間のザワザワ…。

 そう来たか…という感嘆、そしてそれに対して「そりゃないよ…」「面白そう!」「俺だったらこうする…」様々な批評。

 想像力が豊かなプロレス、AKBファンは、1つの仕掛けに対してあれこれと様々なことを考え、想像する。それが楽しいのだ。

 何を想像するのか?

 その仕掛けを行った運営側の意図、裏事情、そこからの展開、それに絡むプロレスラーorメンバー達の気持ちなど。

 スポーツのように実力評価が単純でなく、不確定要素が多いエンターテインメントからこそ、そこにファンが100人いれば100通りの想像、考えが生まれ得るのだが、ストーリー、ノンフィクション性、「人間」を売っているジャンル=プロレス、AKBの場合はさらに無限に想像力をふくらませる余地がある。

 

 プロレス、AKBの人間ドラマ…プロレスはプロレスラーの選手生命が長いので、ファンとレスラーが共有するドラマの時間、歴史が特に長い。

 「サプライズ」は、そのドラマの中の「今」を色濃く感じさせる。それがつながってドラマの歴史となっていく。

 

 

 

(※1)AKBには、ファンから吸い上げた意見を運営にどんどん反映させる、立ち上げ当初からの姿勢がある。初期の頃は秋元康が劇場ロビーで直接ファンの話を聞き、劇場支配人が公演後にファンのたまり場のファミレスに行って、声を吸い上げていた。現在でも握手会会場において劇場支配人と話ができ、意見を伝えられる「支配人の部屋」、48グループメンバー全員、スタッフ、プロデューサーも参加しているSNS「グーグルプラス」でのコメント欄、その他様々な方法でファンの声を聞き反映させる努力がなされている。

 

 

 

 


37
最終更新日 : 2012-10-06 16:00:51

34 共同幻想

 アイドルのファンは、そのアイドルに彼氏がいたということを、自分の情報で…たとえば自分友人の知り合いがその彼氏だったとか…知ったとしても、ああ、そうなのかとわりと冷静だと思う。もちろん人にもよるだろうが、だいたいのファンは。

 しかし、それがマスコミにすっぱ抜かれ、結果、それを認めて…というような流れになったら幻滅するのではないか。

 要は、実際に彼氏がいてもよいが、アイドルとそのファン集団が共に共有している世界での幻想、共同幻想を壊されることがいけないのだ。

 

 昔、とある場所で…プロレスの会場や道場ではない…で、プロレスラーが携帯で

 

「うん、いや、俺がイヤなのは○○に負けることじゃないの。負けるのはいいんだけど、そのまま勝ち逃げされるんじゃないかと思ってさ……1回負けてその後勝って…ならいいんだけど…そうそう、うん…」と普通の声のトーンで話しているのを、たまたま聞いてしまったことがある()

 その時、自分と一緒にいたプロレスファンと2人で顔を見合せて声を殺して笑ったものだ()(詳しくは書けないが、そのプロレスラーはそこに誰もいないと思っていたであろうが、ついたての後ろに我々がいたという状況)

 

 プロレスファンをウブでおバカなものと思っている世間の人は、そういう話を聞いたらファンはショックを受けるものと思っているのだろうが、単におもしろい話が聞けたと喜んでいるのみである。自分は、ここまで直接的にではなくともこの類の裏話は他にも多々聞いている。

 

 この話では、自分個人でレスラーの素の姿を見たから、むしろ喜んでいるのである。

 しかし、もしこれがリングの上で、観客全部にあからさまに、勝敗を競っている、闘っているという建前をこわすようなヘマを見せられたら「おいおい、ダメだよ」と顔をしかめるだろう。

 リング上でのことでも、自分から見て、「あ、これはほんとは違うフィニッシュのはずだったけど、アクシデントで違う結果にしたな」とか「ここからの流れは事前の打ち合わせどおりだな」ということが秘かに分かった時は、問題ない…むしろ、ちょっと嬉しい()(自分は学生プロレスなるものをゆるゆるとではあったが経験していて、見ている年数も長いので、そういうのが分かる時は分かる。)

 

 全体で、思いきり、その建前のほころびが共有されてしまうようなヘマはダメなのだ。

 

 共同幻想が崩れるから。

 

 共同幻想!

 

 以前、会場の自分の席の近くで男が連れの女に、

 

「ああ、レフリー失神したふりしたね…ここからしばらくヒール(悪役)が反則し放題、っていう展開になるよ」

 

だの、

 

大音響で音が響き渡った打撃技の後に

 

「(自分の太腿を自分の掌で叩いて)今のはこれだよ」(※1)

 

と、解説していたことがあった。

 

 解説するのは自由である。

 自分の場合は、一緒に見ているのが、いわゆる純粋なファン(基本的にプロレスは勝敗が決まっていないと思って見ているファン)でなければ、そういうことを小声で話すことはある。

 そう、小声で。

 そういう類の話を、会場でまわりの観客に聞こえるような声で言うべきではない。

 

 その男もそうだったし、時折、まわりの観客に聞こえるようにその類の解説や、建前をとっぱらった話をするやつがいる。

 

 まず1つには、それを聞いている観客の中には、いわゆる純粋なファンもいるかもしれないこと。

 プロレスは「分かって」観たほうが100倍面白いとは思う。

 しかし、競技だと思い見ているファンの夢をわざわざ壊す必要もない。

 しかも、プロレスを見ている最中に。

 

 もう1つは、例え、そのまわりにいるのが全員「分かっている」観客であっても、会場での「共同幻想」を崩すな、ということ。

 全員が分かっていることでも、そういう類のことはお互いの連れどうし小声で話し、大きな声を出すのは、レスラーへのコールや声援、建前を崩さない範囲での野次に限るべき。

 

 自分は、プロレスの会場として横浜アリーナがあまり好きではない。

 リングの向こう側、つまり自分のとこと逆側の観客席が、キャパのわりに遠い感じがする。実際の距離は分からないが、受ける感じがそうなのだ。

 プロレスは、リングの四方に観客がいて、その存在をしっかり感じられればこそ、リングが、そこで展開されているプロレスがたくさんの人間に見られている凄い場所、という共同幻想が成り立つのだ。

 

 一時期、「シアタープロレス」という形式があった。(今でもあるのかな?)

 演劇や映画を観る会場で、舞台上にリングを設置するというもの。つまり、観客は一方からのみ観ることになる。

 実際にその形式での興行は観たことはないのだが、おそらく、重要なものが欠けていてイマイチなのではないかと思う。この場合の重要なもの=リングの向こう側に見える観客席、である。

 

 映画やお芝居は共同幻想?

 いや、それらは、「これは嘘のお話ですよ」という前提を共有しているわけだから、違う。

 プロレス、アイドルは、俺達がこの場所では、この世界観を支えよう、という確信犯的意志に基づく共同幻想がある。

 この場所とは、もちろん興行、イベントの会場であるが、その他にもアイドルであればブログのコメント欄などもそうだろう。

 

 余談だが、プロスポーツは…プロでなくとも4年に1回世間が大騒ぎするオリンピックなども…言うなれば、確信犯的意志なき共同幻想…に自分には見える。

 

 皇室は、国民が、その源流である神話の世界からご皇室という物語をともに支え、推し戴いている。

 

 自分の祖母から聞いた話だが、祖母の母だったか、祖母の祖母だったかが、昭和天皇のことを好かんということを話してたそうである。思想的、政治的なことではなく、生理的なこと…話し方が好きではないとか、単にタイプではない、というようなことだったらしい()

 第1章 2<天皇、プロレス、AKBが攻撃される理由>の中にも書いたが、戦前においても、天皇が1人の人間であることは誰しもが分かっていたこと。

家の中のたわいもない私的な会話であれば、そういう類の話はしていたわけだ。…まあ、自分の祖先は少々失礼かもしれないが(苦笑)…しかし、私的な会話のすべてにまで過剰な敬語を使ったり、やんごとなき方々として話してるより、例えば、若い女の子が、男子のご皇室の方々を、誰が素敵とか誰はタイプじゃないとか話してるような程度のことは、むしろあった方が健全な気がする。

 しかし、公的な場所では、あくまで神話につながる尊き御方として敬う態度をとる。

 

 アイドルのファンになるのは疑似恋愛、といったりする。

 疑似恋愛という言葉でアイドルとの関係を捉えるのならば、それはあくまで“疑似恋愛”を楽しんでいる。

 AKBの握手会に行っているうちに、毎回握手に行っていればいつかメンバーと付き合える、と思っているファンはいない()(※2)

 

 アイドルという世界を見下す手合いは、疑似恋愛ならば、“疑似”のない恋愛の方が上、という単純脳から

「握手会行くならキャバクラ、あるいはリアルな恋愛のほうがいい」

という発想が出てくるのであろうが、リアルな恋愛と疑似恋愛は別腹なのだ。

 

 当たり前だろう()

 

 2011年1月終わりに、AKBのメンバー2人が男性との写真がネット上に流出し、2人がAKBの規則・恋愛禁止を破っていたことを認め、脱退した。

 この時の、2人のファンの反応は、2人のブログへのコメント、その他SNSのコミュニティを見る限り、これまでの2人に対するそれまでの感謝や激励が圧倒的で、復帰を望む声も多く、そして、彼氏がいたことについては気にしていないという思いのほうが多数であるように見受けられた。

 中には違う考えもあったし、あまりに罵声的なコメントは管理者が削除している可能性もあるが、大半は温かい声だろうと思う。

 

 自分は、もし自分の推しメンに彼氏がいたとして、ま~ったく構わない。

 ただ、いないことにはしといてほしい。いや、それかもう一歩譲って、恋愛禁止ルールをなくして、いることを公言してもオッケーで、しかしブログに彼氏とのデートをアップしたり、公演のMCで彼氏自慢を話さないでいてくれればいいかな()くらいに思う。

 

 

アイドルに彼氏がいてもかまわない、しかし公にはいないことにはしておいてほしい。

プロレスラーが実はガチンコ弱くてもかまわない、しかし、強さの幻想は守っていてほしい。

 

 まあ、どちらかといえば、アイドルに彼氏はいない方が、プロレスラーはガチンコで強いほうが嬉しいが()(※3)

 

 

※1 相手に蹴りやパンチなどを放つ際に、自分の掌で自分の体を叩き、大きな音を出す、プロレスの1つのテクニック

 

※2 これだけたくさんのファンがいれば、稀にいるかもしれないが、稀なケースをあげつらうならば、どんなジャンルのファンにもおかしな人間はいる。

 

※3 ()はつけたが、アマレスや柔道などのアマチュア格闘技で実績を持ってプロレス入りしたレスラーや、相撲などプロ格闘技から転向してきたレスラーは、やはり強者のオーラが出ていて、プロレスラーとして魅力的である。そういう意味で、プロレスラーはガチンコで強い方がいいのは間違いない。

 

 

 

 

 


38
最終更新日 : 2012-10-06 16:11:30


読者登録

高橋 慶介さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について