目次
はじめに・出版社の方へ・目次
<2013.5.7追記、お詫び>
はじめに
出版社の方へ 紙の書籍としての出版先募集してます
目次
第1章 天皇、プロレス、アイドル 共通する特異な点は何か
1 天皇、プロレス、アイドル 共通する特異な点は何か
2 天皇、プロレス、AKBが攻撃される理由
3 「プロレス、AKBのファンは虚像を見ている」と見下す者こそが虚像を見ている。ファンが見ているのは実像
4 アイドル、プロレスファンこそ現実を直視している人間
5 天皇を存続させた日本人のメンタリティが日本のプロレス、アイドル、AKBを生んだ
第2章 アンチには理解できるわけのないAKB総選挙の面白さ
6 AKBの核・劇場公演とは?
7 アンチには理解できるわけのないAKB総選挙の面白さ
8 AKB総選挙批判に対して 遊びに貴賎がつけられている不可解さ
9 AKB総選挙批判は、ジョーシキに染まっている人間が浮き彫りになる
10 なぜAKBがことさら攻撃されるのか、その理由
11 根っからの“ジョーシキ”嫌いにとっては、AKBは「買い」
第3章 プロレス、AKBこそ「リアル」 スポーツこそファンタジー
12 プロレス、AKBこそ「リアル」 スポーツこそファンタジー
13 格闘技のリアリティ
14 リアリティなら、“真剣勝負”の格闘技よりプロレスの方が上
15 アイドルこそは最もリアリティある世界
16 リアルとリアリティの違い
17 人間はみなプロレスラー、アイドル。人生はプロレス
18 虚実が入り混じっているプロレスとアイドル、そして人生
第4章 自分にない“人間”がほしい だからプロレス、AKB、ご皇室
19 ファンが支えているプロレス、AKB。国民が推し戴いている天皇
20 国旗、サイリウム、掛け声…人間を推し戴く表現手段
21 天皇、プロレスラー、アイドルは「上」でなくてはいけない
22 自分にない“人間”がほしい だからプロレス、AKB、ご皇室
23 「人間」を観るジャンル
24 「いかがわしさ」には「いかがわしさ」を
第5章 プロレスとAKBこそ人間の色気が最も見られる
25 AKBの歌のベースは 色即是空 
26 AKBの楽曲の世界
27 “AKB顔”
28 少女達の大人数集団の独特の魅力
29 共同体と個人競争の社会
30 プロレスとAKBこそ人間の色気が最も見られる
31 物語の流れ、歴史、記憶の蓄積があってこその、AKB、プロレス、皇室
32 登場シーンに集約されるプロレス、AKBの魅力
33 サプライズは人間ドラマの花形
34 共同幻想
35 偏見が熱気、パワーを生んでいる
36 「商売」が嫌いなアンチ達
第6章 松本人志の笑いはノンフィクションテイスト=プロレス、AKB
37 松本人志の笑いはノンフィクションテイスト=プロレス、AKB  たけしの笑いはスポーツ
38 ノンフィクションテイスト プロレス=虚数という概念
39 バナナはリンゴか? この世に「嘘」はない
第7章 フワフワしたものが嫌い、だからAKBが好き
40 嘘でも本当……華やかな虚構の世界を成り立たせるために流されている本物の汗
41 AKBの尋常じゃない汗の量
42 アイドル、プロレスラーの「実力」
43 フワフワしたものが嫌い、だからAKBが好き
第8章 AKB握手会とは何か? ファンとメンバーの1回10秒のプロレス
44 参加するという行為  皇居一般参賀、AKB握手会、プロレス地方興行の風景
45 AKB握手会の笑顔を「営業」と見下す者は、人間そのものを見下している
46 推しメンとファンのプロレス
47 乃木坂46
48 「ガチ」か「嘘」でしか捉えられない無粋人間
第9章 プロレスやアイドルの「嘘」にキレる人間は、世の中の本当の嘘に騙される
49 既成概念でしか物事を捉えられない人々
50 ジャンルそのものを見下す愚かさ
51 プロレスやAKBを見下す類の人間は、切り捨て御免の侍
52 軽薄、非実力、キモイの代名詞として使われている「AKB」というデジタル記号
53 アンチプロレス・アンチAKBは、見ている世界と同じ色に染まるカメレオン
54 プロレスやアイドルの「嘘」にキレる人間は、世の中の本当の嘘に騙される
55 真正面から見る目がそのジャンルを育てる~プロレス、アイドルの進化~皇室を学ぶ必要性
56 皇室、プロレス、アイドルを愛する者は物事に意識的な関わりをする文化人
57 指原スキャンダルに見る、理想のファン像
終わりに、参考文献、奥付
終わりに
参考文献
奥付

閉じる


<<最初から読む

21 / 64ページ

17 人間はみなプロレスラー、アイドル。人生はプロレス

プロレスラーも、アイドルも、ある種のキャラを演じ、プロレスラーは強さを、アイドルは可愛さを演出していることをもって、それらを「嘘だ」と言うのは、人生、人間そのものを「嘘だ」と言っているのと同じこと。

人間誰しも皆、その場その場で何がしかの自分を演じ分け、自分の良さを演出している。特に異性の前では。

 

プロレスは、プロレスラーどうしの、技の応酬によって試合をつくって盛り上げていく。

一方が攻撃し、相手が受ける。その1つの応酬が、さらにまた次の展開に結びつき、一連の、意味のある試合の流れが形つくられていく。

 

人と人との会話、ひいては人間社会の営みも全てがそう。

  人に対して発せられる言葉は、発した側は相手に、必ずなにがしかの期待を持っている。

 

ボケに対してはツッコミ、笑いが1つ成り立つのはプロレスにおける1つの攻防が成り立つのと同じ。

 

恋人どうしの語らいもそう。

恋人に「愛している」と言う時、人は、それを伝えたいだけでなく、それに対しての反応がおこり、そこに1つのプロレスが成り立つことを期待している。

 

たいして愛していなくとも()、その言葉を発すること(+それへの相手の反応、会話)で、そこに甘い恋人どうし空間をつくり、それに酔いたい気分で言っている場合もあるだろう。

その場合、言われた相手は、そういう気分にひたりたい相手の気持ちを察して、その場所、時間、雰囲気、自分と相手がそこまで至るまでの2人も共通の記憶などを加味しながら、最高の言葉をチョイスして反応しようとするだろう。

言葉でなく、何かの行動でもよい。黙ってうなづく、キスするなど。自分の普段装ってるキャラにあったものを。反応の選択肢は無数にある。

あるいは、何かの反応の選択時にガラッとキャラを変えてみるのもありだろう。それまで大人しかった男が、荒々しく抱きしめるとか。ベビーフェイス(善玉)キャラだったプロレスラーが、ヒール(悪役)キャラに変身する時のようなものだ。

変身…アイドルで言えば、何かのきっかけに路線を変えたりしてブレイクする時など、そういうタイミングの計り方、行動のチョイスの仕方に“プロレス頭”が現れる。

 AKBは握手会の対応の良し悪しが総選挙の順位におおいに反映していることは、多くの人の知るところだが、数か月前から何と声をかけるか考えに考えてきたファンの一言にわずかな時間でどう反応し切り返すか、まさにAKBメンバーは握手会で究極のプロレス力=人間力を試されている。

 

人は、まさに人生でプロレスをやっている。

それぞれの場で自分のキャラを演じていること。

演じているといっても、それは本当の自分と切っても切り離せないものであること。

プロレスやAKBを見下した目で見る者は、人生そのものの虚実入り混じったものを生々しく凝縮して見せられるのがイヤなのだろう。

そういう意味において、人生そのものに疲れている人達のために、ファンタジーの世界=スポーツがあるという見方もできる。

 

「プロレスが人生に似ているのではなく、人生がプロレスに似ているのだ」と言ったのは、村松友視氏だったか。

プロレスが人生に似ていると言っても、人生という獏としてとらえどころのないものに例えてもよく分からない話だが、人生がプロレスに似ていると言えば、獏とした人生が非常に分かりやすくなる。

人はみな、それぞれ本当の自分を持ったうえで、それを核として、人前では、それぞれの場所にふさわしい自分=プロレスラーになればいいのだ。俳優のように丸っきり違う自分になろうとすると無理があり、「本当の自分」を貫こうとしても無理がある。

あるいは、その時目の前にいるのが自分にとって大切な異性であればアイドルになればいい。これも、俳優は無理でも、あくまで生身の自分を核とした「アイドル」にならなれる。

そして、相手との言葉や行動のキャッチボールで、1つの関係性を成り立たせていけばいい。

 

 

男が言う「愛している」は、ガチか、八百長か?(笑)

女が言う「愛してる」は、純愛か、営業か?(笑)

 

 

 


21
最終更新日 : 2012-10-03 21:53:09

18 虚実が入り混じっているプロレスとアイドル、そして人生

 プロレスは虚実入り混じったジャンル、とよく言われる。

 こう聞くと、プロレスが分かってない人は、スポーツの要素もあり、ショーの要素もありってことね、と理解するかもしれないが、そういう意味ではない。

プロレスはショーである。

 もちろん、身体を張っていること、ショーを成り立たせるための肉体をつくる厳しいトレーニングをしていること、受け身や、展開をつくるためのテクニックの習得、それらをスポーツ的要素と言えばそうなのだが、競技、という意味でのスポーツではない。(※1)

 

 では何が虚で何が実なのか。

 

 自分がプロレスを見始めたのは、長州力と藤波辰爾の「名勝負数え唄」(※2)からだ。

 若いうちにジュニアヘビー級で脚光を浴びて、甘いマスクで若きスターとなっていた藤波に、地味なスタイルで中堅に甘んじていた長州力が6人タッグでの仲間割れでケンカを売り、マイクで「俺はおまえの咬ませ犬じゃない」という後々まで語り継がれる名言を放って始まった「抗争」である。

 

 この場合、仲間割れして長州が藤波にケンカを売ったこと、その後2人が「抗争」を始めたことは、あらかじめ決められていたアングルである(※3)この例に限らず、当たり前の話だが。

 そこは「虚」だ。

 

 だが、地味なスタイルで日陰の存在だった長州がスターで華麗なプロレスの藤波に反旗をひるがえし、猛然と攻めまくるという流れの一連の試合に当時のファンが熱狂したのは、普段、上司や上の立場の人間に従うことを強いられている、非エリートのサラリーマンはじめ大衆ファンの、長州へのシンパシーという「実」があったから。

 また、長州が日陰の存在で藤波がスターだったこと(実際は知らないが、おそらくギャラにも差があったと推測)はまぎれもない事実であり、長州自身に本当に藤波に対するジェラシーがあったかもしれないし、なかったとしても、そのまぎれもない立場の差という事実をもとにした「抗争」であったために、ジェラシーを表現することはたやすくできたはず。

 そして、いくら下剋上のアングル(※4)で、そういう流れのプロレスを展開したとしても、長州力に、あのムンムンただよう雑草のような「男」の匂い、硬派な魅力がなければ、あそこまで、雑草がエリートに噛みつく「抗争」が受けることはなかったし、その後の日本のプロレスビジネスも大きく流れを変えられることはなかった。

 あのムンムンの男気は「実」だ。長州、天龍をはじめとしてガチンコの格闘技から来たプロレスラーには、「男」オーラが凄く、何もせずとも怖さを感じさせる人が多い。

 

 そして、それまで地味で日陰の存在だった長州力が、これをきっかけに大ブレークし、その後の人生に大きな影響を与えたこと。そこで得た人気があって、その後長州が新日本プロレスを脱退、復帰を繰り返し日本プロレス界の台風の目となったこと。その「抗争」をきっかけにして生まれた、長州のハイスパートレスリングと呼ばれるそれまでのプロレスの間をつめた早い展開がプロレスというショーのスタイルを大きく変えたこと、それらは全て事実であり、「実」だ。

 

 この「抗争」のアングルを考えたのは誰かは知らないが、大衆のエリートへの鬱積、藤波の順調なレスラー人生、地味な存在だった長州のオーラ、そういう「実」があってこそ、「虚」である抗争が生まれ、その「虚」からまた、新しいプロレスのスタイル、長州の人気、それを背景にした長州の団体の移り変わりという「実」が生まれた。「建前」(虚)と「生身」(実)が混然一体となったジャンルの魅力である。

 

 それを見て支持したファンの中にも、そこにある「抗争」が「虚」であることが分かりながら見ているという「虚」と、そこに投影した、自身の、上司やエリートに対する鬱憤という「実」を抱えながら見ていたわけだ。

 

 また、プロレスという「虚」の中のちょっとした何気ない攻防の中に、ガチンコでやったらどちらが強いという「実」や、リングで肌をあわせている2人の先輩・後輩や、人気の優劣、性格といった「実」の関係性がどこか表情やしぐさに出ていたり、攻防の中のふとした瞬間にそれが垣間見れることも、信頼関係のもとで生身の身体をお互いに預けてぶつけあうプロレスならではである。

 

 これはなかなかレアなケースだが、リング外のリアルな事実=「実」をそのままリング上の対立の構造=「虚」に持ち込んだケースもある。

 ハルク・ホーガンと、所属していた団体WWEの代表・ビンス・マクマホンJrの長年に渡るリアルな確執がリング上のストーリーにそのまま持ち込まれ対決が実現したり、長州力と橋本真也の確執も同様にリング上での対決となって実現した(※5)

 情報化社会の現代において、リング外のリアルな話のあれこれもマニアに共通認識になるほど知られやすくなっているがゆえに生まれる流れだ。

 

 同様にレアなケースだが、プロレス中になんらかのアクシデントや感情のもつれが原因でガチンコのケンカに発展してしまったケースもある。

 

 これは現代では極めて珍しいことだが、昔のアメリカでは意図してガチンコを仕掛けることはよくあり、それでタイトルが移動してしまったケースもあったという。(「リングサイド プロレスから見えるアメリカ文化の真実」(スコット・M・ビークマン 早川書房))それもあり、昔のレスラーはガチンコの技術も習得していた。それを、いざという時に出す「懐のナイフ」という言い方をする。

 これはプロのショーマンとして決して褒められたことではないが、これも生身と建前が一体となったジャンルだからこそ起こることではある。

 

 あくまで勝敗を競う建前を社会にとっている以上、リングの上で相手に何を仕掛けられても、自分の身は自分で守るしかないという恐ろしさも「虚」の世界に潜んでいる「実」。

 

 お互いの協力を前提とした技の攻防を繰り返して成り立たせている「虚」、その相手の技を受けているのは痛みを感じる生身の身体で、一歩間違えれば大怪我や死につながる危険なものであるという「実」。

 

 格上のレスラーが格下を相手にする試合の前、「中途半端なら潰す」というコメントを出すことがあるが、これは試合の煽りで言う場合もあるが、時に格下の新人が自分の技の圧力、当たりの強さに耐えられなかったり、技術的、精神的に攻防の展開についてこれないと判断した場合、早い時間で一方的に叩き潰す展開で試合をフィニッシュにする、というケースもあり、「中途半端なら潰す」は本音=「実」でもある。

 この場合、格下のレスラーが歯を食いしばって立ちあがり必死にくらいついていく姿は、「そういう流れ」のプロレスをやっている面=「虚」と、試合(=ショー)を成り立たせるために必死になっているという「実」でもある。

 

「虚」「実」…これもまた人生そのもの。

 

 他人との会話。

 100%「実」だけで成り立っている会話などそうそうない。

 「実」をもとにしながらも、相手に気を使い、空気、流れを考えて「虚」を用いつつ会話を成り立たせ、その「虚」の流れの中で自分の「実」を相手に伝えようとする。

 

 ふだん、職場や家庭、それぞれの場でそれぞれ違う顔を持ち、その場にふさわしい言動を演じ、「虚」の自分を演じている。

 しかし、まぎれもなくその「虚」は同時に「実」の自分でもあり。

 日本人は特に本音と建前を使い分け、本音を語ってぶつかりあうよりも相手との和を保とうとする民族だ。お互いにそれが分かっているから、お互いの「虚」の向こうに相手の「実」を見ようとし、それに合わせて「虚」を演じる。相手はまたその「虚」の向こうに相手の「実」を見ようとし…。

 日本でアイドルというジャンルが進化し、プロレスが独特の発達の仕方をし栄えたのもそこらあたりに理由があるのかもしれない。

 

 職場などでなくとも、これ以上ないくらい親密な相手とのプライベートな空間…例えば、恋人に言う「愛してる」

 本音なのか、実は他に本命がいるのか、その場でのノリなのか。

 自分では本心…「実」だと思ってても、単に感情が昂ぶっている「虚」かもしれない。

 

 本当に100%の本音で話しているような相手は家族や親友、恋人であっても稀だろう。

 100%本音もあるだろうが、同時にそこに何%かの嘘もある…100%にさらに他に何%が加わることなど数学的にはあり得ないが、人間は数学で割り切れるような単純なものではない。100%の本音と100%の嘘が重なり合って存在していることもある。

 

「プロレスが人生に似ているのではなく、人生がプロレスに似ているのだ。」という言葉は村松友視氏のものだったかと思うが、漠然とした人生というものを捉えようとした時、この項に書いたようなことを踏まえてたうえで「人生はプロレスだ」と考えると、なるほど、人生が分かりやすくなる。

 

 人は、日常生活において、みな、場の空気を読み、その場にふさわしい言動を意識的に演じることによって、共同幻想を守っている。

「会社」という共同幻想。 「飲み会」 「合コン」 「デート」、冠婚葬祭…etc

 

 しかるに、プロレスという共同幻想を支えている人を見下す。

 アイドルという共同幻想を楽しんでいる人を見下す。

 

 ふだん、自分達が日常で演じて支えている共同幻想を端的に見せられるのが不愉快なのだろうか?

 

 プロレスを「嘘」というならば、では、いったい何が「本当」なのか?

 

 アイドルの笑顔を「営業」というならば、いったい何が「本心」なのか?

 

 

 

 

※1 ショーよりもスポーツ、競技の方が上等なもの、というわけの分からない観念が現代社会ではわりとよく見られるため、プロレスファンの中には、「いや、プロレスとは観客との闘いなんだ」、とか、その他いろいろなことを言って、とにかく、「ショー」「エンターテインメント」という言葉でプロレスを呼ぶのをいやがり、最終的に「闘い」「スポーツ」という言葉にしたがる人は多いが、ある意味において「闘い」と呼ぶことを間違いとは言わないが、本質はショーであって、ショーと呼んでいることでプロレスをなめているように感じるとしたら、それはそう感じる人が「ショー」をなめているのである。

別項で書いた「ジャンルに貴賎なし」という言葉にあえて反して言わせてもらえれば、少なくとも自分の中ではスポーツよりショーの方が上等なもの。自分が言う「プロレスはショー」という言葉の意味には、そこに誇りこそあれ、プロレスを見下している意味は全く含まれていない。

 

※2 プロレス実況の天才、古館伊知郎が2人の一連の名勝負の数々につけたキャッチフレーズ。初代タイガーマスクの空中殺法に「四次元殺法」(空中を舞っている様は、普通に考えれば「三次元」なのだが、そこを「四次元」と本来あり得ない表現にした!)、アンドレ・ザ・ジャイアントの入場を「一人民族大移動」(どう考えてもあり得ない表現!)と名付けたり、彼の生み出したキャッチは最高だった。

 

    3 新日本プロレスレフェリーだったミスター高橋氏が出版した「流血の魔術 最強の演技 すべてのプロレスはショーである」に詳細がある。

 

    4 あらかじめ決めたプロレスの流れ、仕掛けなどをそう呼ぶ

 

    5 試合自体は、プロレスの範疇を超えるような危険なものにはならず、プロレスをしっかりやっていた。

 

 

 

 

 

 


22
最終更新日 : 2012-08-25 22:55:35

19 ファンが支えているプロレス、AKB。国民が推し戴いている天皇

 2011年10月7日、ミル・マスカラス来日40周年記念興行がプロレスの聖地・後楽園ホールで行われた。

 

ミル・マスカラス、69歳。

 

 世間一般のその歳の人の身体と比べれば素晴らしい肉体をしているが、若いレスラー達のそれと比べて見劣りすることは一目瞭然。

動きももちろん、全盛期とは程遠いし、現役バリバリ世代がやる試合とは雲泥の差である。

 

 それでも試合は入場の時点から大盛況。

昔見ていたマスカラスの今の姿に、自分の昔を、今を、想いを重ねる。

 その69歳とは思えないほど鍛えられてはいるものの、昔に比べれば衰えた身体に時の経過、想いを馳せ、まぎれもなくあのスーパースターがそこにいるという事実に酔う。

 40年来の、マスカラスが出す1つ1つのお馴染みの技にあがる歓声。

 伝統芸能とも言える心地よさ。この日の会場の空気は、聖なる祭りというプロレスの本質を最もよく現わしていた。

 

試合後、出場全レスラーがリングにあがり記念撮影をしている風景と場内の空気を見ていてまた浮かんできた、プロレスの良い興行を見た後によく心に浮かびあがってくる言葉。

 

プロレスって最高だな。

 

 そう思わせるものは何なのか、いろいろ考えてみた。

 

 最初に思ったのは、すでに書いたが、マスカラスの姿に自分自身の人生を重ねあわせて見ている、というもの。

 こんなに選手(演者)の息が長く続くジャンルはなかなかない。

 役者や歌手はどうかと思われるかもしれないが、彼らはその時々のドラマの役割を演じ、その時々の歌を歌っている。

 プロレスラーは、言わば、マスカラスならマスカラスという役、キャラクターをずっと演じ続けているのだ。

 しかも、前述したように、役者と違って、建前としてプロレスラーは24時間365日プロレスラー。

 

 演者に対するファンの思い入れは他のジャンルより強烈だ。

(アイドルもプロレスラーと同様だが、アイドルがアイドルとしていられる時間は短い。)

 

 たしかに、これも「最高」の気持ちの一因には違いない。

 

 しかし、この空間の温かさを見て、もっと素晴らしい事実を発見した。

 

 それは、プロレスとは、見ている側がそれを支えているものだ、ということ。

 衰えた肉体、迫力のなくなった技に対する歓声、それはたしかに、歴史を見、聖なるお祭りへの歓声であるが、もう1つ、自らの熱い視線と歓声とで、その技の1つ1つを彩り、マスカラスを聖者にしているのだ。

 

 建前を積極的に支持し、言わば自らがジャンルの共犯者となることで、そのジャンルの幻想を成り立たせているプロレスファンの特性。(同時にそれはそのままアイドルファンの特性でもある)

 それがこの日、69歳のマスカラスと、そう変わらない歳の弟のドス・カラスが、現役バリバリの相手タッグに勝ってしまうという究極の「建前の世界」で露わになり、ファンの温かさがその空間を支配したのだ。

 

「自分達が支えている」

 この想いを、ファン達が最も自覚しているのがアイドル、そしてAKBではないだろうか。

 野球やサッカーのような、1つの出来上がったスポーツの世界は、大マスコミが常に大きく取り上げ、ジャンル自体はもはや安泰だろうし、個々の選手は、ファンが増えようが減ろうが、ルールに沿って実力をあげ、成績を残せば上にいける。

 普通のショーの世界でも、歌や演技は、もちろんファンが増えてCDなりチケットなり視聴率なりがとれるかどうかで成功不成功が決まるが、それには良い芸を提供できるかがカギである。その歌(あるいはその芝居ごとに)、評価や売上は大きく変わる。

 アイドルは、芸の力はもちろん重要だが、その芸を通して、その人間そのものを応援してくれる人が増えるかが問題である。

 もちろん、その歌やイベントごとに売上は変わるが、アイドルファンは、人間の魅力を売るアイドルの特性から、そのアイドルそのもののファンになるのであって、どんな歌やイベントでも継続して買う傾向が強い。コアなファンの存在もある。

 何より、その人間そのものを好きになり、応援するのだ。「支えられている」「支えている」感は強い。

 

 AKBは、なお支え、支えられている感が強い。

 というより、それがコンセプトの1つだろう。

 小さな劇場からスタートし、そこに通う少数のファンが支えていた初期の時代、そして、握手会等のファンとの直接のコンタクト、総選挙というファンの評価がダイレクトに反映する、参加型の企画。

 秋元康は、AKBとは「コンピューターでいうとOSはWindowsではなくLinux(※1)」「みんながそのOSをバージョンアップして、お互い共有しあうというのが理想」と語り、様々な企画や決定を、ファンの反応を見て決めるという。初期の頃は、秋元康自身が劇場ロビーで観客に感想を聞いていた。(QuickJapan vol.87 AKB48永久保存版大特集」)その後もスタッフを通じてファンの声を吸い上げ、現在はグーグルプラス(通称ぐぐたす)という、メンバー全員、スタッフ、ファンが自由に参加できるSNSの存在も大きい。

 

 各メンバーが研究生からスタートし、昇格し、劇場公演に出ながら様々な媒体に出て、シングル選抜入りしたり、総選挙があったりという、人間ドラマを見れるグル―プ。

 その独特のシステムゆえ、ファンでない者には分かりづらく、その分、ファンになっていろいろな事を憶えていくと、単純にAKBファンになったというよりは、AKBという世界に入ったんだという感覚が得られる。

 ある時、ある人がAKB仲間の1人を「自分の同期で…」というふうに自分に紹介した。その後、それは「会社の同期」という意味で話してたことが判明したのだが、自分ははじめそれを「AKBのファンになった時期が同じ者」という意味でとった。

 会社なり部活なりの組織で「同期」という言い方はあるが、アイドルグループのファンになった時期で先輩とか後輩とか同期という言い方はあまりしないだろうから、そう解釈するのはおかしいだろうが、AKBに関してはそれがしっくりくる感があるのだ()

 現に、「同期」という言い方はその時以外聞いたことはないにしても、ファンになった時期により、ドラマ「マジすか学園」を見てのファンを「マジすか新規」と呼んだことに始まり、同じようにどの曲からファンになったかで自らを「ヘビロテ新規です」と自己紹介したりする。そして、最もよく聞くのが初期からのファンを「古参」、わりと新しいファンを「新規」という言い方。

 それらは、AKB1つのアイドルグループというよりは、1つのコンセプト、さらには1つのジャンルという捉え方から来ている。ジャンルに対する思い入れの強さとも言えるだろう。

 

 自分達が支えている、という想いの表現が、ライヴ会場で各曲の決まり事で発生する客席からのコールやmix(※2)、ヲタ芸。

 そして、AKBでは、メンバーの○○のファン、とは言わずに、○○を「推してる」と言う。

 

 

 天皇は国民が推し戴いている、という言い方をする。

 推し戴く…物を恭しく顔の全面の上方にささげ持つ。その人を敬って組織の長として迎える。(goo辞書 http://dictionary.goo.ne.jp/

 敬って…ということは大前提としてあるのだが、同時に、国民がささげ持つ、象徴としていただく、という意志がその言葉には込められている。

 一般の国民大衆が天皇の存在を意識するようになったのは、歴史の中ではわりと最近なのかもしれない。が、摂関家や武士、時代の実権を握る者が天皇を推し戴ていた。(※3)

 

そして、現代。

 

 皇居の一般参賀でのお出ましに国旗を振る国民と、それに笑顔で手を振って応えられるご皇族。

 それは、こちらとあちらという対峙する2つの存在でありながら、こちらがなければあちらもなく、あちらがなければこちらもない、1つの風景。

 国旗を振る国民は、ご皇族に対峙し国旗を振っていると同時に、自分達がその1つの風景を構成している、欠くべからざる要素であることを認識している。

 自らの熱い視線と歓声とで、その技の1つ1つを彩り、マスカラスを聖者にしていたプロレスファンのように。

 

 アイドルのコンサートでサイリウムを振って、その世界で認知されているお決まりのコールを叫ぶファンも、自分達が観る対象を崇拝していると同時に、自分達が応援している風景があってこその観られる側であることを認識し、歓声をあげることで積極的にその風景をつくっている。

 

 客席をかきわけ、観客に襲いかからんと暴れながら入場してくる悪役レスラーから、殴られるわけはないことを分かりながら逃げ回る観客のように。(こういうタイプの悪役は最近あまりいないが)(※4)

 

 他のジャンルではどうか。

 スポーツ。本質的に、それを観る者がいなくても成り立つ世界である。

(金を払う客がいなければ経営が成り立たないじゃないかという実際的な問題ではない。ジャンルの本質的な話として)

 

 芸能…歌や演劇も観る者あってではないか。確かに、観る者がいなければ成り立たない。

 しかし、天皇、プロレスラー、アイドルに対する、推し戴くという感覚、熱烈に応援する存在がなくても、ジャンルとしては成り立つ。

 それらのような、観る側・推し戴く側と、観られる側・推し戴く側にある、独特な熱気のある関係性ではない。

 表現したい思いあまって1人で夜空に歌う歌手、または、誰見るわけでもない紙に書かれた自己完結の芸術として描かれた絵画…あり得る風景だが、1人で夜空にアイドルキャッチフレーズを披露し、アイドルソングを歌い踊るのは、練習でない限りあり得ない…あったらちょっとアレな風景だろう()

 

 同様に、誰も見てないプロレスはあり得ず(※5)、推し戴く国民不在の天皇というのもあり得ない。

 

 その理由は「建前」と「生身」が混然一体となった「人間」が主役というところがキーポイント。

「人間」を観るジャンルは、それを観る側も「人間」であることが必要であり、両方が主役なのだ。

 

 国旗を振り、天皇陛下万歳を叫ぶ国民と、穏やかににこやかにそれに応えて手をふられる天皇陛下。

 

 未完成ながら一生懸命歌って踊る少女の汗と、これもまたサイリウムを力一杯ふり、大声で応援する観客の汗。

 

 プロレスラーを強さの象徴として尊敬し、それが建前の世界であると知りつつ、そのファンとしての振る舞いを自らも演じながら応援するファンと、それに鍛えられた肉体と技で応えるプロレスラーが支配する空間。

 

サイコーだな、と思う。

 

 

 

※1 Linux 個々のユーザーが開発者となって、全世界で改良&バージョンアップが続けられているオープンソースのソフトウェア 、とのこと。自分はパソコン関係にうといので全く知らない。

 

※2 ミックスと読む。AKBの歌のイントロ、間奏でファンが叫ぶ掛け声。「タイガー、ファイヤー、サイバー、ダイバー、バイバー、ジャージャー」さらにこれの日本語(2連mix)、アイヌ語(3連mix)がある。AKB以前の地下アイドルからあったようだが、AKBのライヴで爆発的に広まった。

 

 ※3 摂関家や中世からの武士が天皇家を廃し、自らが新しい王朝を開かなかったのは天皇を敬う精神ではなく、その権威をそのまま利用した方が時どきの権力に好都合だったからという側面があったにせよ、とにもかくにも、実権を握る者が天皇を推し戴く、という形をとることにより天皇が存在していたことは間違いない。

 

※4 小学生の時、観客を襲いにきたストロングマシンから逃げた後、客席に戻ってきた自分に、そこに微動せず待ち「あの人達は殴ったら警察に捕まるんやから、襲われるわけないから逃げなくていいんや」と自分に言った父親(プロレスファンではなく、自分の引率で来てた)に、その頃は基本的にプロレスはガチンコだと思っていた子供ながらに「これは逃げて楽しむものなんや。この人は分かっとらんなあ」と心の中で言った自分は、プロレス、そして長じて、その頃生まれてもいなかったメンバーによって構成されるAKBのファンになる素質は持っていたわけだ。

 

 

※5 巌流島で猪木とマサ斉藤が観衆なしで闘ったり、大仁田厚がターザン後藤、タイガー・ジェット・シンとそれぞれシングルで行った「ノーピープルマッチ」などがあるが、当然、プロレスマスコミからファンに報道されて、ストーリーの点となることを前提としたプロレスである。

 


23
最終更新日 : 2012-10-03 23:13:18

20 国旗、サイリウム、掛け声…人間を推し戴く表現手段

 2011年1月29日、Not yet(※1)3rdシングル「ペラペラペラオ」発売記念イベントは、自分のAKBヲタク活動史上最悪のイベントだった。

 

なぜ?

 

 メンバーの出来が悪かった?

 いや、曲の最高のパフォーマンス、それぞれの個性がよく出てたトーク、おもしろかったです。

 イベントの構成が悪かった?

 いや、派手でかわいい舞台美術、歌とトーク、笑いを混ぜた構成、お見事でした。

お見送りでの指定メンバー、自分の場合はさしこ(※2)からの手渡し時の会話も、いつも通り元気いっぱいの笑顔を見せてくれました。

 

 では、何で最悪だったのか?

 

 自分、サイリウムを持っていくのを忘れてしまったのです…。

 つまり、極めて個人的なミス。

 サイリウムとは、アイドルのイベントに行く人ならお馴染み、光り輝く棒…昔で言うペンライト。

 曲のテンポにあわせてリズムを取って、時に激しく、おだやかなテンポの時には滑らかに振って、その曲と自分自身のテンションを同調させる。

 メンバーが出てきた時、歓迎の気持ちそのままに手を振るようにそれを横に振る。

曲の終り、「どうでしたか~!」と客席に聞くメンバーにも、よかったよ~!という意味で、また、ステージから手を振りながら去っていくメンバーにそれに応えてバイバーイ!の意味で、激しく横に振る。

 

 このアイテムの持つ魔力がいかに大きいか、これは振ったものでないと分からない。

 持って参加するのと持たないのとでは、同じ空間にいて同じものを見ていながら、その体験は全く違うと言っていい。あの、使い捨てなら150円ほど、電池式なら1000~2000円ほどの棒で、100倍は楽しめる。

 

 まず、さきに書いたが、曲のリズムへの同調。

 身体を揺らしたり手拍子したり、何も持たずに手を振ったりしてもいいのだが、手の先で軽い遠心力を持って揺れる感触で、それらより同調感が勝っている。

 明るく楽しく光る棒が手元で揺れているのを感じながら、視覚的にもリズムにのれる。ライヴの照明効果が、自分自身ののりたいリズムで手元でとれるのだ。

 

 それから、他の観客との一体感。

 これまで書いたとおり、アイドルファンは、芸を見るのと同時に“人間”そのものを応援しているので、思い入れが強い。そのぶん、同じアイドルを応援する他のファンとの連帯感も強い。(AKBは特に人間成長ドキュメンタリーだから、さらにその思い入れは強い。)

 各自がそれぞれで他人には分かりにくいやり方でリズムをとっているよりも、会場全体で視覚的に共有できる優れた方法、それがサイリウム。

 

 そして、何より、ステージ上へのメンバーへ、応援の気持ちを伝えられること!

メンバーが見ているのは、客席全体のサイリウムの波であるが、その中の1つに自分がなれるのだ。メンバーがその1本1本を識別しているわけではないにしても、その視界のどこかに自分の気持ちにのせて振っている光も入っている!

 大声でメンバーの名前を叫んだり、MCの時にいいタイミングでメンバーに拾われるような大声でのメッセージを言うのは勇気がいるが、棒を1本振るだけなら誰でもできる。そして、その棒はこれでもか!と光り輝いていて、振り方で十分に自分の気持ちを表現することができる。リズムに乗り、他の観客と一体となり、メンバーに自分の気持ちを精一杯表現できるのだ!

 

 あの楽しさ…嘘だと思ったら、アイドルのライヴに来て振ってもらえば1番分かってもらえるのだが、アイドルに興味ない人は、1度、カラオケで使ってみるといい。

リズムをとる楽しさ、そして歌っている人へ「聴いてるよ!楽しんでるよ!」ということを送ることができ、振ってる方も、振られて歌っている方も気持ちいいことこのうえない。

 歌っているのが、あなたが想いを寄せる異性なら、アップテンポの曲調時は狂おしい恋心を時に激しく振るリズムにのせ、スローの時は、優しく抱きしめたい気持ちを穏やかで優しいリズムで振るといい。

 とびきりの笑顔でかわいいあなたが(それほどでもないあなたも)視線を送りながらピンク色のサイリウムを振れば、愛しい彼の中であなたの点数は急上昇するはず。

 歌い手が気に入られたい上司やお得意さんならば、最高のごきげん取りができる。

 また、人が歌っている時に自分の歌を選ぶ間…特に2人カラオケの場合…は、相手の歌から意識が離れていて、長くかかる場合は若干の申し訳なさがあるが、検索機械をいじってない方の片手でサイリウムを小刻みに振ってあげていれば、その申し訳なさはほとんどなくなる。

 カラオケルーム内全体の一体感もバッチリ。

 アイドルのライヴで振る楽しさが少しは分かるはずだ。

 

 アイドルに特に興味あるわけではない人達とのカラオケで人数分持ちこんで、適度に盛り上がってきたところで全員に渡したことが数回あるが、めちゃくちゃ好評である。(※3)

 

 ほんとうに、アイドルのライヴでサイリウム…ペンライトを振ることを始めた人には、アイドル界のノーベル賞を贈るべきだ。

 

 話は冒頭の部分から続く…。この日、“丸腰”でライヴに臨んだ自分。

 

 失って初めて分かる、大切なもの。

 

 振った経験なしでこのライヴに挑んでいれば、楽しめたかもしれない。

 しかし、いったんあれを知ってしまった自分には、その喪失感、忘れてきた自分を責める気持ちでまるで気持ちが高まらなかった。人指し指を立てて振ってみたりしたものの、やはりサイリウムがないとアカン。

 ライヴ終了後、帰宅してからもなかなか立ち直れず。

 光る棒1本忘れたことで38歳の中年男がここまで落ち込むかというほど落ち込んだ。そして、その気持ちがこの原稿を書かせた。

 

 アイドルのライヴに行く時は、財布、携帯、サイリウム。

 

 このサイリウムの例でも痛感したが、本著の命題、プロレス、AKB(アイドル)~、皇室…。“人間”に何かを求めて、その人間を推し戴く、幻想を支える、応援する世界では、その気持ちを伝え、表現する手段が必要だ。

 

 プロレスには、「イ~ノ~キ~!イ~ノ~キ~!…」と観客が一体となって選手の名前を呼ぶ、○○コール。野次、ブーイング。

最近は減ってるが、リングアナの選手紹介時にとばす紙テープ。女子プロでは、コスチュームの色などから、このレスラーならこの色、というお決まりの色で統一されていたりもする。

 

 プロレス、AKBには、その日その場で起こる「サプライズ」が重要な要素になっているが(第5章 33<サプライズは人間ドラマの花形>参照)、その一方で、「いつもの~」という安心感も重要である。

 

 プロレスでは各団体でお決まりのオープニング曲がかかり、それへの会場一体の手拍子で、その団体のつくる世界観に入っていく安心感と高揚感がたまらない。

 

 レスラーがある決まった技をかける前やかける時などのお決まりの掛け声もある。

鈴木みのるがリングインでロープをくぐる際には、テーマ曲の歌詞と共に「かっぜに~なれ~」と叫ぶ。小島聡がコーナーにぶつけた相手を倒してトップロープに登る前に人差指を突きたてた後は一緒に「いっちゃうぞ、バカヤロー!」。神田浩之が正面飛びのドロップキックを放つ前には「ジョン・ウー!」

 

 48グループの劇場公演、ライヴではオープニングで劇場オープン開始時から続くovertureが流れ、ファンが3連mix(※4)を打つ。お決まりのリズムに乗っての高揚、一体感…。ふだん、AKBを理解できない人間だらけの社会と違い、この場はファンだけの空間だということを、馴染んだリズムを身体に受けて感じると共に、自分もまわりの観客に「俺もAKBの味方だ!」という思いをのせて打つのだ!同時にこれから登場してくるメンバーに「この場所は味方だらけだよ!」と知らせる。

 

 公演の自己紹介では、メンバーの多くがオリジナルのキャッチフレーズを持っていて、ファンとの掛け合いで成立しているものも多い。

 

「ド、レミ、ド、ミ~ド~」、観客「みゃお~(^O^)/」 

「緑茶?麦茶?ウーロン茶?でもやっぱり~?」観客「あきちゃ~(^O^)/」

「あなたが欲しいのは金の斧? 銀の斧? それともハルカオノ?」観客「ハルカオノー(^O^)/」。

 

順に、宮崎美穂、高城亜樹、小野晴香(SKE48・2012年3月卒業)の自己紹介である。

 キャッチフレーズ、見てるだけでも非常に楽しい。ツイッターやっている方は、48グループメンバーのキャッチフレーズをひたすら紹介しているアカウントがあるので、ぜひ(@AKB_SKE_Catch

 

 

 皇居の一般参賀や、御婚礼パレードの沿道に集まった国民が国旗を振る風景はお馴染みのものだが、あの風景に国旗がなくて皆手を振っているだけだったら、皇室を推し戴く国民、という風景として物足りないだろう。

 あれはお出ましになられた皇室の方々への、誰にでも、確実に出来る気持ちの伝え方で、さらには、そこに集う自分以外の国民達との一体感を感じることができる。その先に、この日本の社会とそこに生きる国民全体との一体感も感じられるに違いない。

 一般参賀の際はボランティアの方々が国旗を配って下さるらしいが、もしもらい損ねたりで、あの中で国旗を持たずにいたらなかなか寂しいのではないか。少なくとも、自分は国旗をめいいっぱい振って参加したい。

 

 

 

※1 AKBの派生ユニットの1つ。メンバーは大島優子、指原莉乃、北原里恵、横山由依の4人。

 

※2 指原莉乃の愛称。

 

※3 しかし、アイドルファンでない人達の振り方はやはりあまり上手ではない。1本調子で、変化がないのだ。どういう変化の付け方があるか、アイドルのライヴで勉強しよう!

 

※4 mix…曲のイントロや間奏でファンが叫ぶ「タイガー、ファイヤー、サイバー、ファイバー、ダイバー、バイバー、ジャージャー」という掛け声。これは見てのとおり英語だが、それの日本語訳バージョン、アイヌ語訳バージョンもあり、英語→日本語までいくのが2連mix、英語→日本語→アイヌ語までいくのが3連mix。ちなみに、SKE劇場公演のovertureではmixを打たないらしい。

ixについて詳しくは、シングル「GIVE ME FIVE!」通常版typeA付属DVDに収録されている「美しいMIX講座」を見て下さい。

 

 


24
最終更新日 : 2012-09-01 00:47:02

21 天皇、プロレスラー、アイドルは「上」でなくてはいけない

 タワーレコードの社長がアイドルヲタクで、「タモリ倶楽部」に出演してアイドル愛を語っていた。

 そのような立場であれば、CDの入手や、ライヴの入場なども関係者として、なんならバックステージにも入れそうなものだが、彼は基本的には自腹でCDを買い、ライヴに行き(たまに招待で行くこともあるとのこと)、生写真を買ってるという。

 本人はそれを「僕らが支えないと(ファンがお金を出さないと)彼女達が長続きしないから」と話してたが、それももちろんあるだろうが、それ以上に、全てを「関係者」「偉いさん」の立場で見れるようになったら、自分とアイドルとの関係性が崩れてしまう、自分の「アイドル」が「アイドル」でなくなってしまうのを分かっているからではないだろうか。

 

 客席から舞台を、または自室からテレビ画面を通して見てこそ、アイドルはアイドル足りえるのだ。

 握手会などの、ほんの短い時間、目の前に降りてくるからこそ「アイドルと握手している、話している」興奮と喜びがある。

 「会いに行けるアイドル」というコンセプトと共にスタートし、「握手会が1番重要な仕事」(秋元康)なAKBにおいても、あくまで「アイドル」と会えるから楽しいのだ。

 握手会がエスカレートし、例えば「お酒の接待をしてくれる会」などになったら、もはや自分にとってのアイドルではなくなってしまう。

 身近に感じる「アイドル」だからいいのであって、ほんとに自分達と同じところまでおりてきては「アイドル」足りえない。

 

 プロレスラーもそう。

 昔のプロレスは、完全にプロレス側が上、観客は下、だった。

 その日の興行に至るまでの流れは、自分で雑誌等を見ていかなければ分からない。

現在は、ちょっとした規模の会場、とくに東京なら小さな会場でもスクリーンを設置し、開始前に“あおり映像”で、それまでの流れだったりインタビューを流すことで、初めての観客にもストーリーが理解できるようになっていることが多い。(昔より今の方がストーリーが複雑な場合が多いせいもあるだろうが)

 昔は、何の前触れもなく、18時半になって、カンカンカンカンカン…と無機質なゴングの音が鳴らされると同時に若手が静かに走ってリングにあがり第1試合が始まり(昔は前座レスラーの入場にはテーマ曲は鳴らされなかった)、メインが終了すれば、メインイベンターは勝ち名乗りを受けた後、黙ってリングを降りて花道を引き揚げていき、リングアナの「本日の試合は全て終了致しました。またのご来場を」という言葉と供に、観客は、特に言葉を発するでなく引き上げていくメインイベンターの背中を見ながら帰途についたのである。
 今は、試合前にはリングアナ、もしくはレスラー自身による、“前説”があり、興業の最後には、誰かが〆のマイクをして終わる。(その団体、興行によっても違うので必ずとは言えないが)
 「1、2、3、ダー」や、「3、2、1、ハッスルハッスル!」みたいに観客にも参加させてその団体お決まりの〆の唱和をして終わりという団体も多々。
 昔は、マイクアピールなんか1つの興業で1つもない時の方が多かったなんて、最近見始めたファンには信じられないだろう。

 

 今のプロレスは開始時間にちゃんと始まる。
何を当たり前のことをと思うなかれ、昔は殿様商売、試合開始時間が遅れるのは当たり前、インディーによっては…思い出すのはWING()(※1)、平気で30分くらい遅れてたりしてた。
 今はそうそうお客様を待たせるようなことはあまりありません。

 

 たしかに、今のプロレスはエンターテイメントとして成熟し、試合内容もものすごい進化をしている。

 昔と今と、試合内容どちらが面白いかと聞かれれば、断然今だろう。

 興行の進行にも無駄なく、観客を満足させて帰そうという努力も素晴らしい。

 

 しかし、難癖つけるわけではないが、観客を「お客様」にしてしまっている感がなきにしもあらず。

 いや、団体側の心としてはそれでいいのだろう。

 しかし、現場、会場、プロレスラーの醸し出す雰囲気は、いくばくでも、泥臭さや、昔のような殿様商売的な、粗野な感じがあると嬉しい…具体的にここをこう、とは言えないのだが。

 長州力や天龍源一郎が、入場だけ、その存在だけで何故あれほど会場を沸かすことができるのか、そこを少し考えてみる価値はあるかもしれない。

 雰囲気として観客より「上」という殿様商売的雰囲気を出しつつ、実際はかゆいところに手が届くように気を配り、必ずお客を満足させて帰す興行をやる…というのが理想か。

 具体的にどうすればいいのかと聞かれても自分も分からない…芸の世界は奥深く、難しい。だから、面白い。

 

 ご皇室も。

 尊い方々だから仰ぎ見る、というのと同時に仰ぎ見るからこそ尊い方々になる。

 その方々が、慰問その他の短い時間、我々に直にお声をかけていただくかたこそ感激する。

「開かれた皇室」というのは素晴らしいこととは思うが、無制限に開けば開くほどいい、ということではない。ご皇室がご皇室でなくなってしまう。どこらへんまで開くか、その加減が大切だ。

 

 プロレスラーも、「人間」を見せるのが極上の愉しみで、その意味でリングの外でマスコミを通して、プライベートなところでの言葉や表情を見せるのもありだが、何をどこまで見せるのか、そこにもプロレスラーは「プロレス頭」を働かせなくてはならない。

 

 昔、ある若手レスラーがいた。

 そのプロレスラーが自分は大嫌いだった。何故か?

 そのプロレスラーは、元々熱烈なプロレスファンだった。それが高じてプロレスラーになった。

 よくある話ではある。

 そして、その事を知っていたからというわけではなく、もう、彼のプロレスには、「自分が今、かつて憧れていたプロレスラーである事が嬉しくてしょうがない、プロレスが出来ることが嬉しくてしょうがない」という思いが溢れ出ていた。

 

 それのどこがいけないのか?と思われるかもしれない。

 いけないのだ。

 プロレスには、人間の匂いがすることが最大の魅力だと言ってきたが、嗅ぎたい匂いは、「大人の男」であり、自分達が子供になったかのように見上げることができる存在なのだ。

 ちょっと言い過ぎな表現をすれば、プロレスは仕事でやっているだけだ、というくらいの、大人の匂い。

 事実、カリスマ、と呼ばれる、また、超のつく大物レスラーは、プロレスファン出身でないレスラー。プロレスはあくまで自分が光るための道具として考えている。プロレスにしがみついてない。

 力道山、アントニオ猪木、前田日明、ハルク・ホーガン…。

(そういう意味では、前述の条件にはあてはまるのに、ジャンボ鶴田が「カリスマ」という言葉からは最も遠いレスラーだったのは謎だが(())何事にも例外はある)

 

 話を戻して…その若手のようなプロレスラーを見ていると、プロレス少年がそのまま大人になってリングにあがってる錯覚をおぼえてしまって、大人の男の匂いとは程遠く、憧れることができないのだ。自分達と同じ地平線上に見えてしまってはダメなのだ。

 もちろん、実際、血のにじむ努力をして強靭な肉体を持ったプロレスラーの、どこがおまえと同じ地平だ、という反論が出そうだが、そういう理屈…スクワット何千回できるとか、ケンカをすればこっちは何もできないとか…を頭で知識として理解して初めて憧れられるようなことを求めているのではない。

 理屈抜きに、いやがうえにも匂ってくる、プンプン強烈な大人の男、プロレスラーの匂いを求めているのだ。

 

 ちなみに、その若手レスラーは現在はかなり好きになった。

 若手の頃は「自分が憧れていたあのプロレス」をやっている満足感でいっぱいに見えたが、今は「自分のプロレス」を見つけて、そこに全身先霊をかけてやっている。

 クールな佇まいを持った、大人の男の匂いプンプン…というのとは違うが、魅力的なプロレスラーになった。

 

 一方、これをアイドルにあてはめるとどうか。

 プロレスラーへの憧れむきだしのプロレスラーは下だが、アイドルへの憧れむきだしで、今、自分が憧れていたアイドルになった喜び全開でステージに立っている少女は…。

 めちゃくちゃ魅力的である!!

 同じ人間臭さを見たいのでも、プロレスラーには、大人の男が観たいという願望があるが、アイドルの少女たちには、自分の同じ地平に立っている少女が観たい。両方とも「人間」が観たいというのは共通しているが、施されるデコレーションが違う。アイドルが等身大の可愛さという幻想でデコレーションした人間臭さを売ってるとしたら、プロレスは強い大人の男という幻想でデコレーションした人間臭さを売っいてる。

 プロレスラーには「大人の男」「強さ」

 アイドルには「可愛さ」「身近さ」

 

 では、天皇陛下、ご皇族には、日本人は何を求めているか。

「親」を求めているのではないか。

 国民の親になっていただきたい、ということではないか。

 理想の親像。権威があり、尊敬し慕う存在でありながら、何よりも子の幸せを考え、それでいて干渉してくるのではなく、遠くから見守り祈っていてくれる。

 

 であるから、最近の皇室報道…中でも興味本位のものを見てて危惧を覚える。皇室が開かれて親しみが増すのはいい。

 が、なんでも暴露して親の権威が失われてはいけない。

 無制限に「開いて」はいけない。

 親には親の権威が必要。

「お友達」「自分達と同じ地平」ではご皇族の意義がなくなってしまう。

 

 「上」になにがしかの人間を仰ぎ見たいというのは、人間の本能のようなものかもしれない(※2)

 

 アイドルには、自分の理想の異性像を。母性的な優しさを。(※3)

 

 プロレスラーには、強い、大人の、父性的な理想像を。

 

 ご皇室には、母性、父性両方を兼ね備えた親としての理想像を。国の象徴としての権威を。

 

 

 

※1 90年代前半に存在したインディーのプロレス団体。いろんな意味でインディーらしい、90年代インディープロレスファンの記憶に残る団体。

 

    2 「上」を求める、言い換えればボスを認める本能…。

アイドルを求めるのも、皇室を敬愛しているのも男女の差はないし、プロレスファンも男性の方が多いとはいえ、女性ファンも大勢いる。しかし、1つの参考として、以前、テレビで放送されたアメリカの小学校での男女別の教育方法の試みを紹介する。

 

男女の持つ性質にあった教育。

男の子クラスでは、先生がボスであることをはっきりさせる。そのために、1人1人が順番に先生と拳をタッチしながら教室に入る。

授業では、お互いに競争したがる男の性質を利用し、勉強への意欲と集中力を高めるため、先生が問題を出す。

「これが分かる人!」とあおると、男の子は「はい!」「はい!」と競って手を挙げる。

正解した子はボス=先生が褒める。

これで男の子達は勉学に勤しむ、というわけである。

 

女の子クラスでは、先生はボスらしさは出さない。

男の子クラスのように手を挙げさせ競わせるのではなく、グル―プに分け、問題をグル―プごとに考えさせ、発表させる。(これを男の子にやらせると、グループの中で誰の答えが正しいかの競争意識が出てうまくいかない傾向があるとのこと)

 

※3 昔のアイドルはどちらかというと遠いスターの理想像、現代、AKBの場合は、人間として汗をかいている姿を見せ、自分も頑張ろうという気にさせてくれる身近な理想像、という違いはあるものの、理想像という意味では違いはない。

 

 

 


25
最終更新日 : 2012-08-26 00:00:51


読者登録

高橋 慶介さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について