目次
はじめに・出版社の方へ・目次
<2013.5.7追記、お詫び>
はじめに
出版社の方へ 紙の書籍としての出版先募集してます
目次
第1章 天皇、プロレス、アイドル 共通する特異な点は何か
1 天皇、プロレス、アイドル 共通する特異な点は何か
2 天皇、プロレス、AKBが攻撃される理由
3 「プロレス、AKBのファンは虚像を見ている」と見下す者こそが虚像を見ている。ファンが見ているのは実像
4 アイドル、プロレスファンこそ現実を直視している人間
5 天皇を存続させた日本人のメンタリティが日本のプロレス、アイドル、AKBを生んだ
第2章 アンチには理解できるわけのないAKB総選挙の面白さ
6 AKBの核・劇場公演とは?
7 アンチには理解できるわけのないAKB総選挙の面白さ
8 AKB総選挙批判に対して 遊びに貴賎がつけられている不可解さ
9 AKB総選挙批判は、ジョーシキに染まっている人間が浮き彫りになる
10 なぜAKBがことさら攻撃されるのか、その理由
11 根っからの“ジョーシキ”嫌いにとっては、AKBは「買い」
第3章 プロレス、AKBこそ「リアル」 スポーツこそファンタジー
12 プロレス、AKBこそ「リアル」 スポーツこそファンタジー
13 格闘技のリアリティ
14 リアリティなら、“真剣勝負”の格闘技よりプロレスの方が上
15 アイドルこそは最もリアリティある世界
16 リアルとリアリティの違い
17 人間はみなプロレスラー、アイドル。人生はプロレス
18 虚実が入り混じっているプロレスとアイドル、そして人生
第4章 自分にない“人間”がほしい だからプロレス、AKB、ご皇室
19 ファンが支えているプロレス、AKB。国民が推し戴いている天皇
20 国旗、サイリウム、掛け声…人間を推し戴く表現手段
21 天皇、プロレスラー、アイドルは「上」でなくてはいけない
22 自分にない“人間”がほしい だからプロレス、AKB、ご皇室
23 「人間」を観るジャンル
24 「いかがわしさ」には「いかがわしさ」を
第5章 プロレスとAKBこそ人間の色気が最も見られる
25 AKBの歌のベースは 色即是空 
26 AKBの楽曲の世界
27 “AKB顔”
28 少女達の大人数集団の独特の魅力
29 共同体と個人競争の社会
30 プロレスとAKBこそ人間の色気が最も見られる
31 物語の流れ、歴史、記憶の蓄積があってこその、AKB、プロレス、皇室
32 登場シーンに集約されるプロレス、AKBの魅力
33 サプライズは人間ドラマの花形
34 共同幻想
35 偏見が熱気、パワーを生んでいる
36 「商売」が嫌いなアンチ達
第6章 松本人志の笑いはノンフィクションテイスト=プロレス、AKB
37 松本人志の笑いはノンフィクションテイスト=プロレス、AKB  たけしの笑いはスポーツ
38 ノンフィクションテイスト プロレス=虚数という概念
39 バナナはリンゴか? この世に「嘘」はない
第7章 フワフワしたものが嫌い、だからAKBが好き
40 嘘でも本当……華やかな虚構の世界を成り立たせるために流されている本物の汗
41 AKBの尋常じゃない汗の量
42 アイドル、プロレスラーの「実力」
43 フワフワしたものが嫌い、だからAKBが好き
第8章 AKB握手会とは何か? ファンとメンバーの1回10秒のプロレス
44 参加するという行為  皇居一般参賀、AKB握手会、プロレス地方興行の風景
45 AKB握手会の笑顔を「営業」と見下す者は、人間そのものを見下している
46 推しメンとファンのプロレス
47 乃木坂46
48 「ガチ」か「嘘」でしか捉えられない無粋人間
第9章 プロレスやアイドルの「嘘」にキレる人間は、世の中の本当の嘘に騙される
49 既成概念でしか物事を捉えられない人々
50 ジャンルそのものを見下す愚かさ
51 プロレスやAKBを見下す類の人間は、切り捨て御免の侍
52 軽薄、非実力、キモイの代名詞として使われている「AKB」というデジタル記号
53 アンチプロレス・アンチAKBは、見ている世界と同じ色に染まるカメレオン
54 プロレスやアイドルの「嘘」にキレる人間は、世の中の本当の嘘に騙される
55 真正面から見る目がそのジャンルを育てる~プロレス、アイドルの進化~皇室を学ぶ必要性
56 皇室、プロレス、アイドルを愛する者は物事に意識的な関わりをする文化人
57 指原スキャンダルに見る、理想のファン像
終わりに、参考文献、奥付
終わりに
参考文献
奥付

閉じる


はじめに・出版社の方へ・目次

<2013.5.7追記、お詫び>

<2013.5.7追記>

 

<はじめに>の次の頁<出版社の方へ 紙の書籍としての出版先募集してます>に記載していた筆者への連絡先メールアドレスparufe102@yahoo.co.jpが、2012年11月10日頃より無効となっていたことが分かりました。

(私のミスです。parufe102@yahoo.co.jpから携帯メールアドレスに転送の設定にしていましたが、転送先の携帯は迷惑メール対策で指定したアドレスからの受信しかできないようになっていました。送られたメールはparufe102@yahoo.co.jpにも残りません。)

 

さきほど、有効になるようにしました。

 

よって、11201月6parufe102@yahoo.co.jpにメールを送っていただいた方がいましたら、大変申し訳ないですが、届いておりません。大変申し訳ありません。恐縮ですが、parufe102@yahoo.co.jpは現在有効ですので、再度ご連絡をお願い致します。

 

引き続き、紙の書籍としての出版先を募集しております。

詳しくは<出版社の方へ 紙の書籍としての出版先募集してます>の頁に記載しておりますので、よろしくお願い致します。


最終更新日 : 2013-05-07 00:39:06

はじめに

AKBとかって全然興味ない。AKBみたいな小娘達に比べたら、元おにゃんこのおばさん達のほうが全然いいわ!()

 

かつて、自分が何人もの友人に吹聴していたセリフである。

 

こんなことを言いながら、この頃自分はAKBのメンバーなど誰1人として知らなかった。

 

ここでは、単に「自分は年端もいかないアイドルに興味はない」ということを言いたいがための、そのようなアイドルの代表として使っていただけ。

 

と、同時に、この頃(AKBにハマる前の自分)の自分も含め、「AKB?誰が誰か全然分からん。興味ない。」と多くの人が言う言葉には、

 

    俺は流行にひっかかからない人間だ

 

    俺は少なくとも気持ち悪いオタクとは違う。

 

    俺は少なくとも軽薄なアイドル集団を好きというような軽薄な男ではない。

 

 

自分はアンチ、ということでもなく、本当に前田敦子すら知らなかった全くの無関心層だったし、ろくに知らない物事を世間のイメージに沿って、自分なりに知ろうともせずに批判するのは嫌いなので、批判を口にしてことはなかったが、気持ちの中…無意識的には、そんな気持ちも込められていたと思う。

 

世間が抱いているAKBへのイメージは

 

    誰が誰だかも分からない、実力もない、人数が多くいるだけのアイドル集団。

    秋葉原発の、気持ち悪いオタクのアイドル

    「会いにいけるアイドル」=きもいオタクへのファンサービス

 

(こういうイメージがいかにただのイメージであったかということが、AKBのことを知れば知るほど分かるが、大衆とはいかにろくに知らずにイメージだけで物事を判断するものかということも、今ではよく分かる。)

 

そんな自分がAKBにハマりだして、このような本を書くにまで至ったきっかけは、AKBがすでに1年以上前から「国民的アイドル」と言われるようになっていた2011年1月の引越しで、CS放送が見られるようになり、音楽専門チャンネルをつけっ放しにすることが多くなったこと。

 

そこから流れるAKBの楽曲の良さ、そしてミュージックビデオの完成度の高さに徐々に惹きつけられるようになり、あとは、元来の「興味を持ちだしたらとことん」という性格によって、頭の中がAKB一色という時期を迎えるまであっという間だった。

 

それまでの37年間の人生でアイドルにハマったことはなかったため、アイドル道楽というものがこんなに楽しいものと初めて知った。

 

そして、すぐに気付いた。

 

「アイドルって…特にAKBって、プロレスじゃん!」

 

自分は小学生のころからプロレスヲタク歴30年以上。

学生の頃は週1のペースで生観戦し、学生プロレスなるものまでやっていた。

 

そんな自分が、まず感覚的にAKB=プロレスと感じ、なぜそう感じるのか考えていくうちに、そこに=天皇、皇室の存在も浮かび上がってきた。

 

そして、AKB好きを公言していくうち、プロレスと同じ目にあうことにすぐ気付いた。

 

軽蔑、蔑視。

 

通常、人の趣味嗜好を聞いてそれを面と向かってバカにするということは、まともな大人のすることではないと思うし、実際にそうしている人間は少ないと思うのだが、プロレス、そしてAKBに関しては、そのような大人の良識は適用解除され、バカにしていいことという免罪符を得ているようだ。(※1)

 

とにかく、世間のAKBへの偏見は、バッシングはひどい。

 劇場公演を映像ですらまともに見たこともないような人間から、AKBとそのファンは軽薄、きもい…という事が前提として全てが語られている。

 そのイメージを世間の大多数が共有していてくれるはずだから大丈夫!という安心感を拠り所に、自分の感性でものを見ない、自分の頭でものを考えない人間でも、いっぱしの「流行りもの批判」ができて、自分は流行に流されない、物事を批判的・本質的に見てんだ、という気分に浸れる格好の材料として、「AKB」という記号が存在している。

 AKBの芸は未熟で、プロデューサーの秋元康は、若い女の子を使って、阿呆なファンを騙して金儲けしてる極悪人…ろくに実態を見てもいない誰も彼もがこのイメージに沿って、ほとんど判で押したように同じような言葉でAKBを見下している。彼らは、AKBを応援しているファンは、流行、イメージに流されやすい阿呆で、自分達はそれより上に立つ人間、と思っているのだろうが、真逆で、そういう人間こそが昔ながらのアイドルイメージのままAKBを見て、世間で言われているAKBイメージをそのままオウムのように唱えて、批判とすら呼べないような品性、知性のカケラもないバッシングをしている…彼らアンチこそが「イメージ」に、「世間」に流されやすい人間。

 

 

子供の頃から、世間で八百長だクソだと言われるプロレスを1番好きな趣味に持ったことで、「世間」を「闘わなければいけないもの」という感覚で捉え、「ジョーシキ」に執着する人間を軽蔑し、「フツー」という生き方を否定するようになるなど、プロレス…というより、「世間がプロレスを見る目」に人格形成に多大な影響を受けて育った自分。

 

以降、長じてはベジタリアン(かなりゆるいが)になり、ボディビルに興味があり、2011年、37歳にしてAKBヲタになり…どれもこれも世間からの偏見の目が強いものばかりで()(格闘技観戦と練習、読書という「まともな」趣味もあるが)もはや世間からの偏見がないジャンルなど物足りない感じさえする今日この頃() 

 

この本は、そのような世間への、自分からの宣戦布告書であり、同時にAKBとプロレスへのラブレターでもある。

 

 

    1プロレスに関しては、そのような偏見は減ってきているように思うが、2つ理由があると思う。

1つは時代が変わって、現代では、1つの成熟したエンターテインメントという見方をされてきていること。

もう1つは、個人的なことだが、自分が地方(金沢)から上京してきたこと。これは地方と東京の違いなのか、単に金沢という土地柄なのか分からないが、プロレスと聞いてあからさまにバカにするのは圧倒的に金沢の人間であった、東京はプロレス云々ではなく、対人関係がスマート。心中はともかく、面と向かってどうこう言う人間が少ない。そんな東京でもAKBに関してはゴチャゴチャ言ってくるのが多いのだから、その偏見の根は相当根深い。

 


最終更新日 : 2013-03-26 23:46:11

出版社の方へ 紙の書籍としての出版先募集してます

 この本の、紙の書籍としての出版を検討して下さる方がいましたらご連絡下さい。

 

原稿の主旨に興味を持って検討していただけるならば、原稿の修正、加筆、その他応じられます。加筆する分には、本稿に掲載したもの以外に、ほぼ骨格が固まっている目次タイトルは10以上あります)

 

※当電子書籍パブー利用規約の17条に「本サービスを利用して投稿されたテキスト・画像等の著作権は、当該テキスト・画像等を創作した者に帰属します。」とあり、念のため問い合わせたところ、当サイトで公開した作品を紙の書籍として出版することは問題ありません、という回答をいただいております。

 

連絡先 parufe102@yahoo.co.jp 高橋慶介


【追記】

上記メールアドレスparufe102@yahoo.co.jpが、2012年11月10日頃より無効となっていたことが分かりました。

(私のミスです。parufe102@yahoo.co.jpから携帯メールアドレスに転送の設定にしていましたが、転送先の携帯は迷惑メール対策で指定したアドレスからの受信しかできないようになっていました。送られたメールはparufe102@yahoo.co.jpにも残りません。)

 

 

 

現在は有効になるようにしました。

 

 

よって、2012年11月10日頃から2013年5月6日までにparufe102@yahoo.co.jpにメールを送っていただいた方がいましたら、大変申し訳ないですが、届いておりません。大変申し訳ありません。恐縮ですが、parufe102@yahoo.co.jpは現在有効ですので、再度ご連絡をお願い致します。

 

 


最終更新日 : 2013-10-21 23:36:22

目次

上に「目次」がありますが、目次タイトルが多くて、小見出しの全てを1度には表示できなくなっているので、ここで小見出しに通し番号をつけて、一覧できる目次を載せておきます。

ちなみに、上の「目次」は、章名の右の矢印をクリックすると、小見出しが引っ込んだり出てきたりします。あと、「目次」全体をスクロールさせることもできますので、こちらとあわせてご利用下さい。

 

はじめに・出版社の方へ・目次

 

<はじめに>

 

<出版社の方へ>

 

<目次>

 

 

第1章 天皇、プロレス、アイドル 共通する特異な点は何か

 

1<天皇、プロレス、アイドル 共通する特異な点は何か>

 

2<天皇、プロレス、AKBを攻撃する人間が多いことの理由>

 

<「プロレス、AKBのファンは虚像を見ている」と見下す者こそが虚像を見ている。ファンが見ているのは実像>

 

4<アイドル、プロレスファンこそ現実を直視している人間>

 

<天皇を存続させた日本人のメンタリティが日本のプロレス、アイドル、AKBを生んだ>

 

第2章 アンチには理解できるわけのないAKB総選挙の面白さ

 

AKBの核・劇場公演とは?>

 

7<アンチには理解できるわけのないAKB総選挙の面白さ>

 

8<AKB総選挙批判に対して  遊びに貴賎がつけられている不可解さ>

 

9<AKB総選挙批判は、ジョーシキに染まっている人間が浮き彫りになる>

 

10<なぜAKBがことさら攻撃されるのか、その理由>

 

11<根っからの“ジョーシキ”嫌いにとっては、AKBは「買い」>

 

第3章 プロレス、AKBこそ「リアル」 スポーツこそファンタジー

 

12<プロレス、AKBこそ「リアル」 スポーツこそファンタジー>

 

13<格闘技のリアリティ>

 

14<リアリティなら、“真剣勝負”の格闘技よりプロレスの方が上>

 

15<アイドルこそは最もリアリティある世界>

 

16<リアルとリアリティの違い

 

17<人間はみなプロレスラー、アイドル。人生はプロレス>

 

18<虚実が入り混じっているプロレスとアイドル、そして人生>

 

 

第4章 自分にない人間がほしい だからプロレス、AKB、ご皇室

 

 19<ファンが支えているプロレス、AKB。国民が推し戴いている天皇>

 

20<国旗、サイリウム、掛け声…人間を推し戴く表現手段>

 

21<天皇、プロレスラー、アイドルは「上」でなくてはいけない>

 

22<自分にない“人間”がほしい だからプロレス、AKB、ご皇室>

 

23<「人間」を観るジャンル>

 

24<「いかがわしさ」には「いかがわしさ」を>

 

第5章 プロレスとAKBこそ人間の色気が最も見られる

 

25<AKBの歌のベースは 色即是空 >

 

26<AKBの楽曲の世界>

 

27<“AKB顔”>

 

28<少女達の大人数集団の独特の魅力>

 

29<共同体と個人競争の社会>

 

30<プロレスとAKBこそ人間の色気が最も見られる>

 

31<物語の流れ、歴史、記憶の蓄積があってこその、AKB、プロレス、皇室>

 

32<登場シーンに集約されるプロレス、AKBの魅力>

 

33<サプライズは人間ドラマの花形>

 

34<共同幻想>

 

35〈偏見が熱気、パワーを生んでいる〉

 

36<「商売」が嫌いなアンチ達>

 

第6章 松本人志の笑いはノンフィクションテイスト=プロレス、AKB

 

 

37<松本人志の笑いはノンフィクションテイスト=プロレス、AKB  たけしの笑いはスポーツ>

 

38<ノンフィクションテイスト プロレス=虚数という概念>

 

39<バナナはリンゴか? この世に「嘘」はない>

 

第7章 フワフワしたものが嫌い、だからAKBが好き

 

40<嘘でも本当……華やかな虚構の世界を成り立たせるために流されている本物の汗>

 

41<AKBの尋常じゃない汗の量>

 

42<アイドル、プロレスラーの「実力」>

 

43<フワフワしたものが嫌い、だからAKBが好き>

 

第8章 AKB握手会とは何か? ファンとメンバーの1回10秒のプロレス

 

44<参加するという行為  皇居一般参賀、AKB握手会、プロレス地方興行の風景>

 

45AKB握手会の笑顔を「営業」と見下す者は、人間そのものを見下している>

 

46<推しメンとファンのプロレス>

 

47<乃木坂46>

 

48<「ガチ」か「嘘」でしか捉えられない無粋人間>

 

第9章 プロレスやアイドルの「嘘」にキレる人間は、世の中の本当の嘘に騙される

 

49<既成概念でしか物事を捉えられない人々>

 

50<ジャンルそのものを見下す愚かさ>

 

51<プロレスやAKBを見下す類の人間は、切り捨て御免の侍>

 

52<軽薄、非実力、キモイの代名詞として使われている「AKB」というデジタル記号>

 

53<アンチプロレス・アンチAKBは、見ている世界と同じ色に染まるカメレオン>

 

54<プロレスやアイドルの「嘘」にキレる人間は、世の中の本当の嘘に騙される>

 

55<真正面から見る目がそのジャンルを育てる プロレス、アイドルの進化 皇室を学ぶ必要性>

 

56<皇室、プロレス、アイドルを愛する者は物事に意識的な関わりをする文化人>

 

57<指原スキャンダルに見る、理想のファン像>

 

終わりに・参考文献・奥付

 

<終わりに>

 

<参考文献>

 

<奥付>

 

 

 


最終更新日 : 2012-10-11 23:04:06

« 前の章