twitterアカウントでログイン

カテゴリー 趣味・生活・芸術 その他 作者 高橋 慶介
価格 無料
タグ AKBプロレス皇室天皇
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

128 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 64ページ (Web閲覧)
233ページ (PDF)
評判
  • 5(平均5 / 1人)
ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
今や1つのジャンル、文化の名前と言ったほうがいい「AKB」 その現象を不思議に思っている多くの国民に向けたAKB論であり、プロレス論。
主な目次タイトル:
「天皇、プロレス、アイドル 共通する特異な点は何か」
「アイドル、プロレスファンこそ現実を直視している人間」
「なぜAKBがことさら攻撃されるのか、その理由」
「プロレス、AKBこそ『リアル』 スポーツこそファンタジー」
「『人間』を観るジャンル」
「プロレスとAKBこそ人間の色気が最も見られる」
「ノンフィクションテイスト プロレス=虚数という概念」
「アイドル、プロレスラーの『実力』」
「フワフワしたものが嫌い、だからAKBが好き」
「指原スキャンダルに見る、理想のファン像」 

この本は無料です

この本を開く

旧バージョンで読みたい方はこちら 

パブーのおすすめ

この本を開く

平成時代に台湾に住んでいたからこそ縁があって知り合えた人たちによる文集です。皆さんから台湾に対する思...

この本を開く

青年海外協力隊、モザンビークボランティア隊員による機関紙3号です。

この本を開く

tovo が発行するポストカードサイズの小さなフリーペーパーです。311以降の青森県に住むごくごく普...
200円
絶景に出会える道の駅!“全国50選”

この本を開く

全国の道の駅巡りをしています。既に1000か所以上を訪問し、2014年5月に一応全国制覇を果たしたの...

この本を開く

方子さんはどうしようもない方向音痴です。名前が悪かったのでしょうか。当人は至ってお気楽なのですが、周...

もっとみる