閉じる


あの瞳が忘れられない  

試し読みできます

 


 あの瞳が忘れられない




 きららは横須賀のクラブに来ていた。

 そこは、深い洞窟みたいに薄暗くて…。

 レンガの壁に、古いポスターがいくつも貼ってあって…。

 狭い板張りのフロアに、大勢の大人たちが、ひしめきあっている。

 熱気と、タバコや汗の匂いで息がつまりそうになる。

 彩菜に連れて来られた『ガラージュ』は、ハンパじゃなくって……。

 きららは、そこに立ちつくしてしまった。

 コワくて金縛りにあったみたいに。

 もし、その時。彼をみつけていなければ、絶対逃げ出していた。

 

 赤いスポットライトが、一人の男の子を捕えた。

 ドキン 

 きららのハートが感電する。


彼のダンスに、瞳が釘づけになる。

 その男の子は、18ぐらいで、あの中では明らかに少年で。

 ロングスリーブTシャツに、ひざのやぶれたジーンズ。

 パトリック・ユーイングのスニーカーで。

 多国籍の大人の波の中で、逆らって泳いでる。

 エグザイルをコピーしてる男の子たちとは、まるでダンスの次元がちがう。

 きららのハートが、ジンジン、熱くなってく。

 リミックスの一瞬のブレイク。

 彼がきららのほうを振り向いた。

 瞳が交わる。

 キュン 

 きららのハートが、悲鳴をあげる。

 ずっと迷子のハートが、そのワンシーンにピンナップされる。


   その瞬間、わたし、なぜか思ったの。

   『やっと出会えた』って……。

   運命を感じたの。

   同じ瞳の、この世でたった一人の男の子

   そんな予感。そんな宿命。


 ギュッ、突然腕をつかまれて、きららは振り返った。彩菜が立ってた。

「踊らないの?」

「えっ……。あ…そのうち」

「ねー、あたしの友達なの。紹介するわ」

 二人の大学生っぽい男の子が、彩菜のそばに立っている。勝手に自己紹介する。

 でも、きららには、よく聞き取れなかった。ラップにもみ消されて。

「この子が、星野きららよ。あの星野昴の娘」

 彩菜が、きららのことを紹介する。

「へえ、かわいいじゃん。あのパパから想像もつかないね。まだまっさらってタイプで」

「きららって名前がまたいいよな。いかにも少女って感じだぜ。同じ16でも彩菜とはエライちがいじゃん」

「大きなお世話よ」

 三人は好き勝手なことを話す。

 男の子たちの視線は、ねちっこくきららにまとわりつく。

 キャラクターのトレーナーに、チェックのプリーツスカート。



試し読みできます

その場違いなスタイルに、ニヤニヤしながら耳打ちしあって。

 けど、きららには、言葉の切れ端しか聞こえてこなかった。聞きたくもなかった。

 きららは、フロアを振り返る。

 でもそこには、もう彼の姿はみつからなくて。


   ウソッ!!もう、いない。

    いやっ、いやよ。わたし、彼のこと何も知らないのに。

   もう一度会える保証なんて、どこにもないのに。


「きららちゃん、はいっ」

 男の子の一人が、動揺するきららにグラスを差し出す。ピンクの液体がその中で揺れる。 ゾクッて、きららの背筋をなにかが走る。


   もう、これ以上、ここにいることはないはずよ。

   ここに来たのは、きっと彼と出会うためだったのよ…。


 きららが、とまどっていると、

「きらら、飲みなよ。せっかく持って来てくれたのに」

 彩菜は、有無を言わさない感じで、きららの腕をつかむ。

 仕方ない、きららは口をつける。

 甘いピーチのフレーバー。オイシーけど、少しだけ口の中に苦味が残った。

促されて、またグッと飲まされる。

 今度は、のどの奥が熱くなる。ナニカがマヒしていくみたいに。

「いい子ね、きららって。あたし、ずっと友達になりたかったのよ。あんたと」

 きららはちょっぴり意外な気がして、彩菜をみつめた。

 彩菜の瞳がイタズラっぽく光る。

「ねー。ずっと、あたしといてくれるでしょ」