閉じる


破れたハートは空を飛ぶ 

試し読みできます



破れたハートは空を飛ぶ



それは、小さな事件だった。

 

 彩菜は、きららの腕をぐいとつかんで、こう言った。

『なんだ、きららって、まだ横須賀のクラブに行ったことないんだ』

 このクラブって、外人ばっかりの大人のクラブのことだ。

 彩菜はまるで、きららのユラユラする行き場のない気持ちを、見透かすみたいに。

 挑発するみたいに、キラっとした視線を、きららに向けた。

 彩菜は、ヤンキーでクラスの問題児だ。 

 放課後の教室。

 ぴりりとした空気が、あたりを包む。

 クラスのみんなが、きららたちを息を飲んで見ていた。

 由梨ちゃんは、不安げにきららの横顔をみつめた。


「ねえ、きらら。今晩、本当に行くつもりなの?」

 由梨ちゃんは、突然思い出したみたいに、ポツンと言った。

 二人で駅へ向かう帰り道。

「うん、約束しちゃったし…」

「コワくないの?」

「少しコワイ。けど、彩菜にあー言われちゃったら、引っ込みがつかないし…」

 由梨ちゃんが心配してくれる気持ち、きららはよくわかってた。

 だから、ウソをついた。

 二人は、中等部からずっと親友で、今はクラスメートで。

 いつも、学校帰りはつるんでミチクサ。元町、横浜、自由が丘、二子玉。

 乗り換えのたびに、雑貨屋さんでかわいいグッツを探す。

 いつも、一緒だった。まるでツインズみたいに。

 でも、あの日を境にきららは変わり始めた。

 腰まで伸びたストレートヘアを、切ろうとしない。

 そして、いつも大きな瞳を潤みがちにし、小さな唇を怒ったようにツンとさせてる。

由梨ちゃんは昔のまま。

 くせっ毛でゆるいウェーブのセミロング。砂糖菓子のような優しい笑顔で。

 きららは、そんな由梨ちゃんを見ると、胸の奥が苦くなる。


    由梨ちゃんは、わたしが変わってしまうのがイヤだと思うんだ。

   でも、そんなことを言うコじゃない。

   いつだって、わたしのそばにいてくれる。心配してくれる。

   ごめんね。由梨ちゃん。

   自分でもどうしようもないの。ハートが落ち着かない。

   どこにいても、何をしても。由梨ちゃんといても。

   だから、反発したフリして行くんじゃないの。

   わたしの中で、何かが行きたいって、ささやいたから。

   何かが起こるって、そそのかしたから。

                                         

 きららは、広いエントランスを通り抜け、マンションの階段をコンコン上がる。

 ドアの前で一呼吸。そっと開けてみる。

   ……やっぱりあった。

 赤いハイヒール。その片っぽは、倒れたまま。


 きららはそっと、抜き足差し足。パパの仕事部屋の前を通り抜ける。

 クスクス……  笑い声が、ドアの向こうから聞こえて来る。

 パパの年下の恋人。で、きららの年上のアカのオバサン。

「オイオイ、そろそろ…きららが帰って来るから……」

 ちょっと困ったパパの声。

「もう、昴ったら。私とあのコとどっちが大切なのよ」

「もちろん君だよ。君より大切なものが、この世にある訳ないだろ」

 ビリッ ちぎれる。きららの中で、また音をたてて……。

 痛い。ヒリヒリする。久々にこたえる。

 きららは、今のパパを別人28号と思うことにしてる。

 きっとパパは、エイリアンと合体したんだ。あの日から……。

 きららは、ダッと自分の部屋に逃げ込んだ。

 ドレッサーの上の写真立てを振り返る。

 その中で、きららのママが優しく微笑んでいた。


                                         



試し読みできます

    わたしのママ、去年死んじゃったの。

   残ったパパとわたしは、捨てられちゃった子猫みたいにピーピー泣いてて…。

   情けないくらい、くちゃくちゃになってた。

   だってうちは、ママが全てだったから。

   ママは、雑誌の編集長をやって、働きに行ってた。

   6つ年下のパパは、売れないイラストレーターで。ずっと家でゴロゴロしてた。

   で、突然…ママが……。

   それで、パパは、仕事に燃え出したの。

   イキナリ、売れっコになって。テレビに出る人になって。

   深夜番組のトークショーなんかに、コンセプターとか、空間プロデューサーとかの、   カタカナに混じるようになって。

   何が本業だか、わかんないほど。

   あのジーンズに、ヘインズのTシャツに、Gジャンしか着なかったパパが…。

   今はブキミ。

   センスはイイんだろうけど、派手なデザインのインポートものを着だしたの。

   口を開けば、『最近は……』の5段活用。

   まるでテレビのアンテナでも、頭にはやしてるみたいよ。

   一番大切なものを、どっかに忘れちゃってる。

   有名になるってそーゆーことなの?

   業界人らしくしないと、自分が守れないの?

   わたしとパパの関係って、あの日を境に、

   『K』のタテボウ、『I()』を取ったみたいに、バランスを失ったの。

   わたしのハートも、行き先不明の迷子になった。


 ふー きららは、大きく深呼吸。

 いっぱいたまった想いを、一瞬だけスーとさせる。

 そして、フローリングの床に、

 ストンと濡れたスカートを脱ぎ捨てた。

  


« 前の章