閉じる


<<最初から読む

27 / 28ページ

電子書籍サイト乱立

2013/07/04

 

 電子書籍サイト乱立という記事を見た。ある意味、案の定といえば、案の定の結果である。では、何処が良いのか?という結論に至るならば、本来ならば、出版社サイトとなるのだろう。

 現在の日本の電子書籍の発展は、非常に現在の出版社に気を遣った方向で、進んでいる。

 これが良いのか悪いのか?というベクトルだけを考えると、正直あまり好ましいとは言えない。言えないとは、制作サイドにとって、あまり明るい材料ではないからだが……。

 青空文庫などを見れば、何れ著作権の切れた読み物は無料になっているし、そうした「職人」と呼ばれる人達の活動は非常に貴重である。

 青空文庫は、内容は様々であるが、一つの方向として、もう確立されているが、書籍販売をしている多くのサイトは、未だに混迷から抜け出せないでいる。

 最終的には、どのサイトにも、書籍の内容に対する決定打は無くなるのは、当たり前の話で、結局一番見やすいサイトが販売網を広げることにある。

 だとしたら、間違い無くアマゾンである。

 今後、欲しい系統の書籍を探すことになる。今では、ジャンルはもとより出版先や、作家別に探すことが多かったが、そう言った者とは、全く違う検索方向が、よりデジタルに、より直結して検索出来るようになる。

 EPUBの制作ツールもより、レベルの高いものも出てくるだろうし、同人レベル(決して低いという意味では無く、大手では内という意味)ならば、百円程度で販売する事も当たり前になってくる。

 こう言った作品は、洗練された編集が入らない分非常に自由度の高い作品が多く、縛られない発想で製作されるため、売るために作られたものではなく、よりコアなファンを引きつけやすくなるのではないか?と思う。

 よく、出版社のカラーというが、恐らくそういう流れは今後通用しなくなる。

 出版社サイトでは、探せない作品があり、贔屓無く検索出来るポータルサイトの方が、より高い自由度で検索出来る。

 何度も書くが検索しやすい、サイトが尤も、顧客を引きつける構図は、媒体が何であろうと変わりが無いということである。結局一番売れると思われるアマゾンに、幾分かマージンを払う形で、出版物が成り立つ形になる。

 物理的な書店が潰れるとは言わないが、街の書店の殆どは、虫の息である。

 点数が多くなると、物理的にでなくとも、こういった結果は間違い無く発生擦る。何が何だか解らない。

 なので、欲しい商品以上に、無関係な情報が出てくるサイトや、やたらけばけばしい広告が乱立するサイトは、今後電子出版において(いや、ほぼ大体の共通点か?)は、結局蔵書点数が多くても、立ち寄らなくなる。

 日本の書籍であるにもかかわらず、日本の販売網は負ける。もうほぼその流れになりつつある。

 日本語で書かれた書籍で、日本人が購入するのにもかかわらず、販売網は日本人が運営していないという、何とも悲惨な結果だ。

 

 ただでさえ、個人的な見解ばかりを並べているが、アマゾンの対抗馬として楽天が上げられているが、筆者はそうではなく、どちらかというと価格comが、尤も包括的に有利では無いのか?と思う。

 なにせ、このサイトは、アマゾンさえ、価格比較の対象として絞り込んでいるので、非常に便利なのである。

 乱立する電子書籍サイトの纏め上げとしては、恐らく良いヒントになるのではないかな?などと思っていたりします。

 

 其れと思う事。

 アマゾンにレビューを書く人が多い。これは仕方が無い。

 ただ、現在のレビューというのは、無償で書き込んでいる。そして、皆が貴重な情報を持ち寄っている。良いシステムなのだが、一般レビュワーも、レビューを書くことで、収入を得ても良いのでは?と思うのである。

 勿論、レビューを書くために、書籍を購入しなければ成らないが、購入者はレビュワーとし、また個人書店のように、電子書籍を販売できるようにすれば、一つの活路となるのではないか?と思う。

 今のアフィリエイトという形は、優秀であるが、購入経験も無く、利益のために情報をばらまいている無責任感がないでもない。

 こういうものとSNSが組み合わさることで、停滞しがちなSNS業界にも一つ目的が出来るし、一つの新しいジャンルになるのではないかなーと、思ったりしています。

 こういうのは、インディーズバンドが、ライブハウスで活動しているのと、近い感覚が無いでもないです。

 

 クリエイターは只で貢献しろ!みたいな、クールジャパンよりも、如何に多くの作家が、少しでも収入を得るための手段を生み出し、購入サイドが如何に沢山の作品に触れるための機会を作るか?ということの方が、より濃密なものを作り出せるような気がしないでもないですが……。

 

 今日はこのあたりで。

 


奥付

 

デジタルコンテンツとしての、文庫

ツイッター kyouya999
 
感想はこちらのコメントへ
http://p.booklog.jp/book/53289

ブクログ本棚へ入れる
http://booklog.jp/item/3/53289
   

著書

俺イズム http://p.booklog.jp/book/47080/read

デジタルコンテンツとしての文庫 http://p.booklog.jp/book/53289/read


電子書籍プラットフォーム : ブクログのパブー(http://p.booklog.jp/
運営会社:株式会社ブクログ

 


28
最終更新日 : 2012-08-11 15:06:17

この本の内容は以上です。


読者登録

京矢さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について