目次
霧にかすむ夏のシラカバ林とオオハンゴンソウ
富良野の熱気球とヒマワリの花写真
色とりどり夏のルピナスの花
朝霧の立ち込める夏の海岸
夏の三浦半島荒崎海岸
みなとみらい駅前ヒトツバタゴの花
くりはま花の国の100万本のポピーの花
ネモフィラの青い花の絨毯
初夏のバラと横須賀ベイスクエア
十和田湖の青い湖水と遊覧船
夏の奥入瀬渓流とノコンギクの花
夏の弘前ねぷた祭
シャコタンブルー夏の積丹半島青い海
夏のキヌガサキクとシジミチョウ
夕闇が迫る夏の十和田湖畔
夏の朝のワイキキビーチ
横浜三渓園燈明寺三重塔と赤いハスの花写真
横浜山手外交官の家とキンシバイの花
夏に情熱的なザクロの花
横浜中華街関帝廟夏の西日と龍
夏の志賀高原大沼池
志賀高原長池湖畔のコオニユリの花
夏の贈り物ツバメオモトの青い実
志賀高原に咲くヤナギランの花
夏の旅人アサギマダラ蝶
鎌倉長谷寺の仏様と夏の青カエデ
鎌倉妙本寺のノウゼンカズラの花
初夏の楽しみ鎌倉東慶寺のイワタバコの花
タイワンリス夏のかわいい悪戯者
鎌倉の夕日とウインドサーファー
夏の青カエデと奈良春日大社
初夏の赤いカエデの実
祇園白川の流れとオシロイバナの花
夕闇迫る下田白浜の青い海
夏の横浜港の夕暮れ

閉じる


<<最初から読む

29 / 35ページ

タイワンリス夏のかわいい悪戯者

夏の強い日差しの中、カエデの木でタイワンリスが餌を食べていました。鎌倉は1年中温暖な気候です。そのためタイワンリスも大繁殖しています。時には電話線をかじるなどの悪戯をします。でもこうしてみるとかわいいですね。参照鎌倉動物アルバム


鎌倉の夕日とウインドサーファー

夏の鎌倉、浜辺からの夕日もきれいです。夏の鎌倉の海は賑わいます。夏の鎌倉は他の季節と雰囲気が変わります。夏以外の季節は「古都鎌倉」といわれますが、夏は「湘南の街」へとかわります。街の雰囲気も一変します。夏の湘南の海で夕日を浴びながら、ウインドサーファーが海面を走ります。


夏の青カエデと奈良春日大社

今年の奈良は賑わっています。今年は平城遷都1300年の年にあたります。奈良春日大社を訪れてみました。初夏の日差しの中、青カエデが美しいです。春日大社の門柱の朱色と緑が映えます。奈良の色はどんな色?奈良時代から「あおによし、ならのみやこは・・・」と唄われていますが。あお=緑色、に=朱色だったと言われています。この美しい色の組み合わせを、古の人々は楽しんだのでしょうね。参照春日大社花散歩

奈良春日大社周辺地図


初夏の赤いカエデの実

初夏法隆寺の境内を歩いていると、カエデの赤いかわいい実がありました。周囲のカエデの緑色に赤い実が映えます。この赤い色素はアントシアニン系の色素です。カエデの実の成長に送り込まれた糖分と、この赤い実の発色は関係しているようです。こんなかわいい実に逢えると、初夏の散策とてもうれしいです。参照斑鳩法隆寺花散歩

法隆寺周辺地図


祇園白川の流れとオシロイバナの花

夕方京都祇園白川を散歩していると、オシロイバナの花が咲き出していました。オシロイバナの英名はFour o'clock(4時から咲く花)です。日本でも昔はこのオシロイバナは「夕化粧」と呼ばれたそうです。祇園白川の散策のお供には最適な花です。そろそろ祇園の明かりも燈りそうです・・・参照祇園白川花散歩

祇園新橋周辺地図

 



読者登録

のんさんさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について