目次
この本は
この本は
2012 7月 #twnovel
ひつじ雲
雨宿り
花火
恋心
花子
漬け物婆ちゃん
砂の城
雨の理由
宇宙人の卵
活字料理
便所飯(改)
花火大会
夏の庭
探し人
シロ
七夕
VSパンダ
流れる
逢瀬
一年一度
ガタンゴトン
もうそう
飛ばない羊
透明人間
演出家
どん
しっぽ
屋敷
あおいとり
納豆
お茶
ぱんだこぱんだ
ついーと
どっち
トンボの眼鏡
センチメンタルマウス
キス
世界
花火
ブンメイ
かえる
行列のできる
虫除ける
スマホ
青空市場
真夏
掃除するゾウ
みんみん
遊び
活字中毒
お誕生日
いろとせかい
蝋燭の炎
金魚
ついのべ
自動販売機
ことりうた
ネバーランドGOGO
かくれんぼ
かき氷
責任問題
壁画
しゅうまつ
視聴者参加型
丑の日
羽化
蝉の声
魔王党
西の海
おことわり
本読み
オリンピックロンドン
2012 7月 書き出し
パンツはいてない
フラグクラッシャー
バイト
夕日
蘇る
雪女
ドーナッツ
逆転
鏡よ鏡
まんじゅうふかし
画竜点睛
魔法
盗まれた
爆弾
秘密クラブ
白雪姫
恋心
井戸の底
針刺し
小指
ソース
ホタル
量産品の恋人
扇風機
入道雲
被害者加害者
蒸発の夏
サンタ女子
特効薬
暑さ休み
ビー玉
名前
フルーツの国
溶ける
あやかし
コウノトリの苦悩
影売り
ほどく
ヒゲセンサー
左手
別れ
運命の乗換駅
尻尾の反乱
からから
銀河旅行
戦いが終わったら
眠れぬ森の美女
32日
はとぽっぽ
蛇足
ヒップホップじゃ眠れない
待つ
2012 7月 うたのべ
星の首飾り
制服
繋いだ手
草場の陰
太陽の彼女
すききらい
たこ焼き
浴衣ガール
天の川
暗闇
空想の街【氷涼祭編】
空想の街(仕立屋)
空想の街(仕立屋レス)
空想の街(にゃん娘)
空想の街(ウサギ宅配便)
空想の街(ウサギ宅配便レス)

閉じる


<<最初から読む

58 / 148ページ

蝋燭の炎

お誕生日おめでとう。
大きな苺ケーキに蝋燭をたてる。
火を灯したなら電気を消そう。
暗闇の中に浮かびあがる君の笑顔。
ありがとう。
君の祝福が一番の贈り物だ。
蝋燭の世界は秘密めいて、なんだか僕らを親密にさせる。
消したくない。でも。
 
吹き消した炎。
電気をつけると君はいない。

金魚

ママがいない、と少女は泣いた。
金魚水槽のこちら側。僕は少女を座らせる。
ひらひら兵児帯。
おじさんしらない?
僕に尋ねる潤んだ眼。横に首を振ったなら、
少女はじっと水面を見つめてぽつり、
かえる、
と呟いた。
 
ちゃぽん。
残されたのは赤い帯。
少女が消え、水槽の金魚が一匹増えた。

ついのべ

 には、loveがある。


自動販売機

自動販売機を始めた。
百円投入される。カーテンが開く。
居間で繰り広げられる僕らの日常を外からご覧頂く。
お客は意外に多かった。
常連もいる。
ホームレス が有り金をはたいて涙することもある。
今日も販売中のランプを灯す。
僕は、自分が売っている物の正体が、未だよく解らずにいる。


百円入れるとカーテンが開く。
家の中で繰り広げられる家族の日常を自販機で買うのだ。
今日は先客がいる。
「ジョウレンさん!」
この家の子。
「どうした」
「パパもママもカーテン開けば笑ってるから」
舞台裏は大変らしい。
「戻りな。金いれるぞ」
 
居間で笑う三人。
俺は有り金をはたく。

ことりうた

小鳥は優しい歌を歌う。
チチチ。
そんなに夢見がちでは僕らの心を癒せない。
小鳥は悲しい歌を歌う。
チチチ。
そんなに現実的では僕らの心を慰めない。
小鳥は愛を憎しみを喜びを孤独を。
チチチ。
歌えども、人の心には届かなくて。
小鳥は彼方へ飛びたった。
歌を殺したのはどなたでしょう。


読者登録

なほさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について