目次
この本は
この本は
2012 7月 #twnovel
ひつじ雲
雨宿り
花火
恋心
花子
漬け物婆ちゃん
砂の城
雨の理由
宇宙人の卵
活字料理
便所飯(改)
花火大会
夏の庭
探し人
シロ
七夕
VSパンダ
流れる
逢瀬
一年一度
ガタンゴトン
もうそう
飛ばない羊
透明人間
演出家
どん
しっぽ
屋敷
あおいとり
納豆
お茶
ぱんだこぱんだ
ついーと
どっち
トンボの眼鏡
センチメンタルマウス
キス
世界
花火
ブンメイ
かえる
行列のできる
虫除ける
スマホ
青空市場
真夏
掃除するゾウ
みんみん
遊び
活字中毒
お誕生日
いろとせかい
蝋燭の炎
金魚
ついのべ
自動販売機
ことりうた
ネバーランドGOGO
かくれんぼ
かき氷
責任問題
壁画
しゅうまつ
視聴者参加型
丑の日
羽化
蝉の声
魔王党
西の海
おことわり
本読み
オリンピックロンドン
2012 7月 書き出し
パンツはいてない
フラグクラッシャー
バイト
夕日
蘇る
雪女
ドーナッツ
逆転
鏡よ鏡
まんじゅうふかし
画竜点睛
魔法
盗まれた
爆弾
秘密クラブ
白雪姫
恋心
井戸の底
針刺し
小指
ソース
ホタル
量産品の恋人
扇風機
入道雲
被害者加害者
蒸発の夏
サンタ女子
特効薬
暑さ休み
ビー玉
名前
フルーツの国
溶ける
あやかし
コウノトリの苦悩
影売り
ほどく
ヒゲセンサー
左手
別れ
運命の乗換駅
尻尾の反乱
からから
銀河旅行
戦いが終わったら
眠れぬ森の美女
32日
はとぽっぽ
蛇足
ヒップホップじゃ眠れない
待つ
2012 7月 うたのべ
星の首飾り
制服
繋いだ手
草場の陰
太陽の彼女
すききらい
たこ焼き
浴衣ガール
天の川
暗闇
空想の街【氷涼祭編】
空想の街(仕立屋)
空想の街(仕立屋レス)
空想の街(にゃん娘)
空想の街(ウサギ宅配便)
空想の街(ウサギ宅配便レス)

閉じる


<<最初から読む

37 / 148ページ

センチメンタルマウス

壊れたマウスは暴走する。
そこはクリックしたくない。拒んで逃げて、なのに無理矢理ダブルクリック。
マウスの心は傷ついた。なんて陵辱。
センチメンタルマウスは旅にでる。
各地でマウスがクリックすると、デスクトップの地図に現位置が記される。
今、青森か。雪降る前に帰ってこいよ。

キス

好き。だからキスしてあげる。
眠ってる貴方に残す私の愛の印。
貴方が私を嫌いなことは知ってる。
私が誰か分からないように、けれど余韻は残るように、あとが残るくらいの激しいキス。
そうして私は消えていく。
 
唇に残る感触。手を当てる。痛み?
鏡をみると腫れていた。
蚊め。ブーン。

世界

最近、世界は壊されてばかり。
神は嘆く。
世界の数は決まっていて、壊されたなら作らねばならない。
作るのはとても大変だ。
困った神は「世界を壊したら必ず作る。作ったら必ず壊す」法を作った。
嫌がる地球人。面倒くさい。神様は手っ取り早く、地球の消去ボタンに手をかける。

花火

歓声が上がる。花火の下、今までの闇が嘘のように人々の笑顔。
みんな一緒に花火を見上げる。
こんな風に同じ方向を向く事が出来たなら彼らは滅びずにす済んだのに。
宇宙人は花火を投下する。
花火は死者の霊を慰める。
嘗ての幻を映された地球は、やがて再び闇へ還る。
 

花火が美しいので、空に花火が常設された。
星の瞬きも月の光も全てを消して。
太陽の輝きとも張りあって。永遠の花火。
人は、花火を見なくなった。人は空を見なくなった。
見ない空などいらない空だ。空は黒幕で覆われる。
一体これで何度目だ。
どこまでも低くなる空。
 

花火大会は生憎の雨。
人で埋め尽くされるはずの河川敷には僕ら二人きり。
傘をさしてさ、空を見上げる。
残念だね。君は言う。
あがらない花火。
残念かな。僕は言う。
 
本当は僕ら、二人きりなんかなれなかった。
本当は僕ら、相合傘なんてさ。
手と手が触れる。
花火が、あがった気がした。


「待ってた」物静かなこいつとは夜しか会わない。
太陽の下で会いたいのは「どこいってたの!」元気なこいつ。
女は簡単だが面倒だ。
すり寄ってぺろっと唇を舐めれば簡単に餌をくれるがすぐに束縛したがる。
都合良く使わないとな。
俺にはあと7人女がいる。モテ猫は忙しいにゃ。
 

読者登録

なほさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について