目次
この本は
この本は
2012 7月 #twnovel
ひつじ雲
雨宿り
花火
恋心
花子
漬け物婆ちゃん
砂の城
雨の理由
宇宙人の卵
活字料理
便所飯(改)
花火大会
夏の庭
探し人
シロ
七夕
VSパンダ
流れる
逢瀬
一年一度
ガタンゴトン
もうそう
飛ばない羊
透明人間
演出家
どん
しっぽ
屋敷
あおいとり
納豆
お茶
ぱんだこぱんだ
ついーと
どっち
トンボの眼鏡
センチメンタルマウス
キス
世界
花火
ブンメイ
かえる
行列のできる
虫除ける
スマホ
青空市場
真夏
掃除するゾウ
みんみん
遊び
活字中毒
お誕生日
いろとせかい
蝋燭の炎
金魚
ついのべ
自動販売機
ことりうた
ネバーランドGOGO
かくれんぼ
かき氷
責任問題
壁画
しゅうまつ
視聴者参加型
丑の日
羽化
蝉の声
魔王党
西の海
おことわり
本読み
オリンピックロンドン
2012 7月 書き出し
パンツはいてない
フラグクラッシャー
バイト
夕日
蘇る
雪女
ドーナッツ
逆転
鏡よ鏡
まんじゅうふかし
画竜点睛
魔法
盗まれた
爆弾
秘密クラブ
白雪姫
恋心
井戸の底
針刺し
小指
ソース
ホタル
量産品の恋人
扇風機
入道雲
被害者加害者
蒸発の夏
サンタ女子
特効薬
暑さ休み
ビー玉
名前
フルーツの国
溶ける
あやかし
コウノトリの苦悩
影売り
ほどく
ヒゲセンサー
左手
別れ
運命の乗換駅
尻尾の反乱
からから
銀河旅行
戦いが終わったら
眠れぬ森の美女
32日
はとぽっぽ
蛇足
ヒップホップじゃ眠れない
待つ
2012 7月 うたのべ
星の首飾り
制服
繋いだ手
草場の陰
太陽の彼女
すききらい
たこ焼き
浴衣ガール
天の川
暗闇
空想の街【氷涼祭編】
空想の街(仕立屋)
空想の街(仕立屋レス)
空想の街(にゃん娘)
空想の街(ウサギ宅配便)
空想の街(ウサギ宅配便レス)

閉じる


2012 7月 書き出し

パンツはいてない

まずはパンツをはく。全てはそこからだ。
この言葉はアダムとイブの前に現れた第三の人類が発したと言われています。
パンツをはいた二人は隠して初めて恥じらいを知るのです。
そのことからこの言葉には
「全部だせばいいってもんじゃない」
という意味があります。
はい、ここテストでますよ。
#書き出し

第一志望の欄に魚の絵を描いた。
先生は渋い顔。
「君の気持ちは解る。先生もいい職業だと思う。稼ぎも良さそうだし魚好きなら一度は憧れるだろう。
だけど難 しいぞ?彼は人と魚を結ぶ唯一の架け橋だ」
「先生、僕さかなクンになりたいわけじゃ」
「貴様!さんをつけろ、さんを!」
先生が恐い。

フラグクラッシャー

先輩はプロのフラグクラッシャー。
専門は死亡フラグだ。
今回挑戦するフラグは最高難易度。
そう、「この戦いが終わったら結婚しよう」。
戦地に赴く先輩。
銃弾を避け、爆発寸前に脱出。
さすがの見事な生還。愛する人の元へと帰る。
「また逃げられた」
13回目の失敗。先輩は女を見る目がない。
#書き出し

バイト

世界を救うのが忙しいんで今日のバイト休ませて下さい 。
それ何するの?
仲間作って敵倒して装備揃えて強くなってボスを打ち倒します。
このバイトと一緒じゃん。
水商売と?
うん。派閥作って好敵手蹴落として露出 アップして魅力アップしてNO1。
同じことならこっちにします。
うんそうしな。

夕日

夕日は悲しい気がするじゃん。だから好きじゃないな。
綺麗だけど闇を連れてくるから朝日の方が好き。
そう言う貴方の彼女はいつも艶っぽい夕日のような美人よね。
嘘つきな貴方。
大嫌い、嫌い、すき、大好き。
朝日みたいな私の事を好きになってはくれないの?
まだ7歳。昇るしかない朝日な私。

蘇る

不意に記憶が戻ってしまった。
俺は生まれ変わったらしい。
そうかあの時死んだのだ。
家族の顔がよぎる。
妻よすまない。忙しい時に。娘よすまない。入院中に悲しませて。
父さんはこれから、生まれる。
 
おぎゃあ。俺は生まれた。
目の前に娘の顔。まさか。
「さ、母乳を」って、NOOOOO。

雪女

急募!雪女、の広告が入ってきた。
私は不思議に思う。
急募ってことは辞めた雪女がいるのよね。
おかしいじゃない。
季節はもう夏。冷凍倉庫から出るっていうのは、雪女には命取り。
事件のにおいがする。
するんだけど、倉庫から出たなら私だって溶けちゃうから。だから。
謎解きは初雪の後で。

ドーナッツ

ドーナッツで首を吊って死んでしまえ!
悲しかった。けれど何より君の願いを叶えたい。
僕のサイズを考えたなら、この強度と大きさで完成。
 
君の願いを叶えるよ。首を吊ろうとする僕を殴り、泣きながらドーナッツを食べる君。
「でかーいかたーい」
僕は何かに失敗し、そして正解したようだ。

逆転

昨日の夢、僕が女で、君は男になってたんだ。
男らしい君。俺が女々しく人間関係愚痴ったら頭を撫でて、楽しいことをしようって。
遊園地ですっごいコース ターに誘われ、観覧車ではキスされた。
その後イタリアン食べて飲んで沢山笑う。
ってねえこれいつもと同じじゃない?それってそれって。

鏡よ鏡

鏡をのぞき込むと確かに見えるのに、振り返っても誰もいない 。
誰だこのイケメン。格好いい。ねえ君はどう思う?このイケメン誰だと思う?
 
「鬱陶しい貴方でしょ?」
「え、俺?あーイケメン過ぎて自覚できなかった」
「ダイエット成功して嬉しいの解るけど、痩せただけで顔は同じだから!」

まんじゅうふかし

蒸しまんじゅうの気持ちがわかるなー。
そう言って君は腰掛けた。
僕ら、酸ヶ湯をドライブ中。
ここにあるまんじゅうふかしはまんじゅう気分を満喫できる。
「美味しそう」「おひとついかが」「食べたい」「甘党ですか」「君が、食べたい」
その赤い頬は蒸気のせいじゃないよね。
「…召し上がれ」

画竜点睛

画竜点睛を書く仕事をしている。
とはいえあれは昔話。
最近では竜以外の依頼も多い。
今日は綺麗な女の絵。
持ち主は女に恋してる。
さてと。この女が生きる為に必要なものは。
 
欲望を書き足す。
「これが主?えーイケメンがいいー。こうなったら、自力ゲットよ!」
女は夜の街へと消えて行った。

魔法

魔法の解ける音がした…
彼女は硝子の靴に望みをかける。
ドレスも馬車も魔法だけれど、あれだけが真実。あれだけが証。
彼女は祈る。幸せになりたい。
 
数日後靴が届く。
「危ない靴はやめた方がいいですよ」
王子は親切な男だった。
彼は近隣の姫と結婚する。
それじゃ、毒林檎でも贈りましょう。

盗まれた

こんなの、盗むほどのものでもないけどさ 。
盗んだことにしないときっと、貴方が貴方を守れないから、盗んだことにしてあげる。
貴方の頃にはグーグル先生はいなかった。
見て盗め。それが貴方の唯 一の道。
アイデンティティーは尊重したい。
貴方の技を盗んだふりで、上手に模倣し料理する。


こんなの、盗むほどのものでもないけどさ。
だってきっと盗まなくとも君が僕にくれるから。
けれども、あえて盗みたい。そしたらやっと価値ある物だと君が認 めてくれるでしょ。
君の僕への恋心。それがどれだけ価値ある物か、君は知ってた方がいい。
僕の覚悟が決まるまで、少し高嶺の花でいて。


爆弾

少女は爆弾を抱えて眠る。
この爆弾で吹っ飛んじゃうのは、あなたかもしれないし、あたしかもしれない。
爆弾チチチ。
明日あなたに差し出すつもり。だから今日は優しく抱くの。
爆弾チチチ。
明日爆発したならば、壊れちゃうのは何かしら。
あなたかあたしか一人の世界か。
夢見て眠る、決戦前夜。

秘密クラブ

生々しいのはお嫌いですか。
いいえむしろご褒美です。
これが秘密の合い言葉。ようこそ秘密クラブへ。
 
全ての生ものが禁止された。
魚も鶏も馬も貝も。生もの全てが禁止対象。
そこで登場秘密クラブ。
お金次第で全ての生もの食べ放題。
大盛況のそれが実は政府直轄ということもまた秘密である。

白雪姫

白雪姫は薄く微笑み、両手を差し出す。
貴女の林檎食べてあげる。
生きることにも美しさにも、私は全然興味がないの。
愛の記憶のない私。小人も王子も愛せな い。
貴女が殺めてくれたなら、生まれ変わって愛され直す。
母親の愛を知りたいの。
できれば貴女の子供がいいわ。
だから必ず愛してね。

恋心

ホルマリン漬けにされた恋心が見つかった。
大発見である。
「美しい」「完全体が残っているなんて」「2000年前半のものですね」「ということは滅びる直前の」
 
恋が滅びて何年も経つ。
感情も合理化が進み、矛盾だらけで不可解で燃費の悪い恋心は滅ぼされた。
昔は良かった。老人達は言う。

井戸の底

内緒話は、井戸の底でしましょ?
夏祭り、浴衣の君に誘われ井戸端へ。
エロいことばかり考えてほいほいついてきたのは迂闊だった。
カラカラと釣瓶が落ちる。
 
「ちゃんと数えるのよ」
お化け屋敷の井戸の底。
お盆帰りする幽霊の君の代役を務めることになった僕。
「いちま~い」
しかも女装で。

針刺し

針さしの中には妖精が住んでいる。
彼らは針さしの中に潜み日々訓練する。
壁の向こうから突然くる針を避ける。
精神を研ぎ澄ませる。
種も仕掛けもあるわけがない。
数多の妖精達が命を散らす。
苦難をこえ、選ばれし妖精達が夢の舞台に立てるのだ。
音楽スタート!(BGM:オリーブの首飾り)

小指

右足小指をもぎ取ってしまえたら。
なんて幸せだろう。
つまりそれってタンスの角に小指をぶつけるあの恐怖との決別だ。
何という自由。何という解放。
痛みは少なめの人生がいい。
 
「1回タンスにぶつける痛みが1なら、もぎ取る痛みは50です」
えーと、どっちが得?考えただけで痛くて無理。

ソース

僕には恋など必要ない。僕は愛しか欲しくない。
恋はさらさら八方美人で時には辛く舌を刺す。
苦手なウスターソースのよう。
愛はねっとり僕の熱い魂に、トンカツソースのように甘く絡む。
ねえ君、やめてくれないか。
君は愛など知らないね。そんなの恋だ。
魂にウスターソースをかけるような行為だ。

ホタル

「思い出を燃やしたら、きっとホタルになるよ」
そんなこと言ってたね。
その台詞さえも全て思い出になった。
これを燃やせばホタルになって綺麗に光って飛ぶかしら。
思い出ひとつ、またひとつ。
 
涙が出た。なかぬ蛍が身を焦がす。
ないてしまう私には、思い出を、綺麗なホタルに出来なくて。

量産品の恋人

買い物かごに恋人を詰め込んで大量ゲット。
まとめ買いがお得なの。
家の冷蔵庫に恋人達を詰めて今日の分を取り出した。
「君は僕、の?太陽系だろうね」
「小 笼包青椒肉丝」
日本製も中国製もどっちもどっち。
しばらくすると、私の酒を奪って飲んで暴れて殴って眠る。
安物なんかこんなものよね。

扇風機

扇風機を回せば、プロペラが飛んでいく。
ドライヤーをつければ、火をふいて止まる。
「もうやだっ」
僕は知っている。彼女に宿る強い魔力が電気と相性悪いっ て。
だけどそんなの教えない。
落ち込む彼女を慰め続けていつかきっと。
「きゃっやだー」
それに何より、僕、ドジッ娘が好きなんだよね。

入道雲

青空に沸き立つ入道雲がソフトクリームみたいだって君は笑った 。
一体何を言っているのか。あの大きなモクモク雲はそんな軟弱なもんじゃない。
あれは。
「竜の巣だ」
誇らしげな僕。溜息をつく君。
ラピュタは本当に、ある、のだ。君は僕の手を取った。
「バルス」
 
壊されたのは、何だったか。

被害者加害者

被害者面はやめてくれと言われたから加害者面をしてみた。
「奪ってやる。全て奪い尽くしてやる。心も体も全部あたしのものにして、
あたしなしでは息すら出 来ないようにしてやる」
まくし立てる。しばしの沈黙。
彼は目を伏せて「…好きにして下さい」って。
私達の恋愛、まだまだ楽しめそうね。

蒸発の夏

こんなに暑いと蒸発しちゃいそう、が口癖だった母が、この夏本当に蒸発した。
父は泣いた。弟は呆然とした。私は驚かなかった。予感はしていたんだ。雪の様 に美しく白い肌。
母とよく似た私を屋敷の奥へと閉じこめる父。
「お前は守る」うちは代々女は雪女の家系。恋くらいしてから消えたいな。

サンタ女子

「え!?サンタさんってほんとはいないの!?」
心底驚いた顔で言いましょう。
「そういうの疎くて」と続け、更に「今までサンタさん以外恋人にしちゃいけないと思ってた」
と悲しげな顔で言いましょう。
そして一変いい笑顔。
「私、解禁です♡」
その瞬間に女子力アップ。オムライス女子に続け!

特効薬

浮気性の貴女へ、特効薬が御座います。
彼がさしだしたのはダイヤのリング。これで私達、永遠なのね。
 
そんな風に思っていた時代が私にもありました。
けれども愛に永遠はない。
特効薬もそろそろ効き目が切れそうね。
追加処方が必要みたい。
素敵なバックがあるんだけれど、
見に行かない?

暑さ休み

暑いので店は休みにします 。
怒号がとぶ。
暑いから来とるんよ。
そんなこと言われても命あっての物種ですから。
はぁお前死んどるんやないのか?
客に責められながらも「氷」と書かれた旗をしまう。
それでも商売人か!
罵られて涙する。その温度で雪女は少し縮んだ。
天然かき氷、真夏日は閉店。

ビー玉

半透明のビー玉に似ていると思った。
向こう側の景色はぼんやりとしか見えなくて。
それなのに、青く、赤く。ビー玉を変えただけで、世界は簡単に色を変える。
恋する気持ちに似ているのだ。
向こう側の貴方はいつも曖昧で、気の持ちようで未来は変わる。
変えたい。
転がっておちて、今、割れる。

名前

あの人の名前を抱いて、わたしは死ぬのだ。
あの人と結婚したのは、愛するあの娘を守るため。
女癖の悪いあの人。あの娘を狙っていたでしょう?
私、あの娘を 守りたかった。
不幸せな人生からあの娘を。
あの人を誘惑して結婚して。私はまんまと不幸になった。
汚らわしいこの名前こそ、私の勲章。



あの人の名前を抱いて、わたしは死ぬのだ。
本望だ。あの人を守ることがわたしの使命。
スパイとしてこの国に来た時から、覚悟は出来ていた。
執拗な拷問。
主の名前を聞き出そうとする。
言うものか。意識が薄れる。
美しきかの名前。
一度も呼ぶことのなかった愛しい名前を抱きしめてわたし、は 

封を剥がすと手のひらに乗るくらいの小さな侍が飛び出してきた。
侍らしからぬその様相。けれど侍だと言い張る。
じゃがじゃがじゃが。ギターなんか鳴らし始めた。
記憶が蘇る。ギター…侍?名前思い出せないけど。
「ざんねーん」
賞味期限切れのお菓子の付録は同じく賞味期限切れってことか。

フルーツの国

フルーツの国で初めての野菜大統領が誕生したことに気がつく者はいなかった。
フルーツじゃん。糖度も高い。名前だって。
 
フルーツトマト大統領はほくそ笑む。こ
の日の為に品種改良を重ね甘くなった。
フルーツの方が価値がある、そんな時代終わらせてやる。
彼は野菜の国からの刺客だった。

溶ける

そのくらいの温度では溶けませんのでもっとあげて下さい。
焦げるのを心配して弱火過ぎた。
男の料理教室、最終日の課題はトリュフ。
先生は僕の手に手を添え る。
溶けるチョコ。
甘い香りはチョコのせいだけじゃない。
ねえ先生、あなたを溶かすには、何度くらい必要ですか?
答えは甘い方がいい。

あやかし

あやかしを相手の商売である。
「お願いします」深々と頭を垂れるあやかし。
約束の時間を確認し、僕らは別れた。
 
「あやかし発見なう」
画像と位置情報を貼ってツイート。
次々RTされる。
「いたぞー」探しに来た人も。
あやかしは僕を見て笑った。
信じられて怖がられてなんぼの存在だものね。

コウノトリの苦悩

コウノトリに手をひかれてここまできた。
だけどいきたくない。生きるとか無理。
赤ちゃんに誕生を拒絶される。
鳥が人を説得とかって難しいし、あーもう仕方ないな。
違うもの、届ければいっか。
 
「最近、人間からコウノトリが生まれる現象が多発しており…」
プレゼントは、あ・た・し♡

影売り

影を売って暮らしております。
幽霊の嗜みでございます。
足元に影。
これで殆ど、人とは区別がつかないのでございます。
不思議なものでございますね。人は自分の影なる部分を嫌いますのに。
再び影を纏った霊達は、嬉しそうに笑うのでございます。
おや、貴方の影、少しほつれてやいませんか?

ほどく

星をほどいてみた。
どんどんほどけていく。気持ちいい。
やがて星をほどき終えると、続いて暗闇がほどけはじめる。
沢山の星達を巻き込みながら闇をほどいていくと、
ほつれが地球の方へ向かっているのがわかる。
あと1㎝。
もうすぐ地球がほどけるというのに、
僕はこの快楽から逃れられない。

ヒゲセンサー

「ひげセンサーに引っ掛かったにゃ!」
「邪悪だにゃ!」「逃げるにゃ!」「どこににゃ!」「逃げられないにゃ!」
「それじゃ寝るにゃ!」「寝るにゃ!」「幸運を祈るにゃ!」
 
猫たちが眠っている。
理由は分からない、あれ、なにこの大きな影。うわああああ…

左手

左手が殺し屋を始めた。
眠っている間に仕事するようで、目覚めると手が赤い。
やめてと頼むと「私だって働きたいの」と話にならない。
 
ある夜目が覚めると左手が動いてる。
赤い。
ケチャップを自分にかける。血じゃない?
声をかけると
「右手ばかり構うから…」
僕は左手の孤独を抱きしめた。

別れ

彼は泣きながらさようならと言って笑った。
笑ったのは後ろを向いたあとだけれど鏡に映って見えてる。
私彼女でもなんでもないし、劇的なお別れいらないのに。
結婚しようとか言ってたのだって嘘って知ってる。
 
「先生さよなら」
また一人。
神妙な顔でお別れして、ママを見た途端笑う。
園児め。

運命の乗換駅

運命の乗り換え駅に着いた。
「乗り換えますか?」
ホームには二つの列車。
一つは今まで乗ってきた列車。古いけれど愛着はある。
もう一つは新しい列車。とにかく美しい。
俺は、俺は。
 
「そこで目が覚めた」
「暗示的な夢ね。どっちにしたの?」
「そりゃ勿論綺れ、えっと愛着のある方」
「合格」

尻尾の反乱

尻尾が反乱を起こした。
後方で甘んじてきたがもう我慢ならない。
怒りのあまりぶちっと切れて、尻尾は頭に飛び乗った。
嬉しくて揺れる尻尾。
「やめてよね」
頬を連打し本体に注意される。
「垂れないで」
しょんぼりすらできないのか。
ここには居場所なんかない。尻尾をまいて逃げ出した。
  

からから

からっからの身体 。
恥ずかしい。隠す衣もないというのに、今にも扉は破られそう。
私、昔は美人だったの。瑞々しい肌に流れる髪。
けれども今は。
折角隠れているというのに私のことを暴かないで。
ああ、光。
扉が、開かれた。
 
「いたぞ!」「新たなミイラだ!」
女ミイラはない頬を染める。

銀河旅行

瞼を閉じると銀河が見える。
意識を集中させ銀河の奥へ。
青い惑星を見つけたならば地を目指す。
雲を抜けると見慣れた街。
10階建てのマンションの一室をのぞくとそこには僕がいた。
瞼を閉じる僕に近寄る。そして肩にそっと手を…
 
肩に手を置かれた感触に振り向く。そこには誰もいない。

戦いが終わったら

「俺、この戦いが終わったら結婚するんだ」
「相手がいたらな」
「この前紹介したろ?」
「いや戦う相手」
「へ?」
「お前はフラグをたてた。つまり戦わずして結婚できない」
「まじか」
「敵、頑張って探せよ」
 
実はさ、本当の敵は俺なんだ。
彼女、俺とも付き合ってんの。
ま、いただきますね。

眠れぬ森の美女

眠れないわ、王子様が来てくれそうにないもの。
百年眠る呪い?そんなの知らないわ。
私、ライバルだらけなの。
毒林檎食べて賭けにでた子、声を失い捨て身の あの子、ガラスの靴で誘う子もいる。
ぐーすか眠ってらんないわ。
王子様には限りがあるの。
お洒落をしたなら茨を抜けて。
さあ、行こう。

32日

「今日は8月32日だ」「え?」
「8月31日宿題に追われる子らの祈りにも似た願いを聞き届け親切に新設致しました」「甘いな」
「いいのだ私は子供に甘い神なのだ」
 
「もう8月32日!宿題やってない!」「俺も!」「33日まであればいいのにね」
神は泣いた。
だから甘いって言ったのに。

はとぽっぽ

飛びたくないと鳩が駄々をこねている。
「平和の象徴、なんだそれは。俺たちゃ自由だ。人の為に飛ぶ義理なんか持っちゃいない」
確かにそうだ。なら仕方な い。諦めよう。
ところで豆はいらないか?欲しい?
それなら平和のために少し飛んではくれまいか。
喜んで?
君が話の分かる鳩で良かったよ。

蛇足

靴が欲しいと蛇にねだられた 。
足がないと気づかないか。
僕は靴を買う。どうかこの靴が君を慰めますように。君に捧げる美しい靴。
見るなり蛇はとぐろを巻いた。
「履けもしない靴を贈るなんて私をバカにしてるのね」
同情は蛇足だった。
僕は責任をとって蛇と結婚することになりましたとさ。

ヒップホップじゃ眠れない

ヒップホップじゃ眠れない。
だって私は知ってるの。これは不良の音楽よ。毎日毎日ああ五月蠅い。
今日こそハッキリ拒絶する。
 
「蹴った」
声がする。蹴り飛ばしてやったの。
不良親の元になんか生まれてやらないって抗議よ。
「パパだぞ」「ママよ」
優しい声。
生まれてなんか。生まれてなんか。

待つ

君を待つだけの簡単なお仕事。最初の頃は視界の限り。
どんどん離れて、今では目も手も届かない。
それでも待ってる。待ってるわ。
 
「母さん、ただいま」
私の好きなお菓子とお花、供えて君は手を合わす。お
盆は毎年待ってるの。
待っているけど天国にはね、まだまだゆっくりいらっしゃい。