閉じる


試し読みできます

限界効用逓減の法則(The Law of Diminishing Marginal Ulitity)

「やっぱり3回目はきついの?」



試し読みできます

限界効用逓減の法則(The Law of Diminishing Marginal Utility)

 

 経済学でよく知られた法則に「限界効用逓減の法則」があります。"限界"marginalの訳語で、limitの訳語ではありません。「少しだけ追加すると...」という意味です。"効用"Utilityの訳語で、おいしいや気持ちいいという、いわゆる"幸せ度"のことです。

 ですから、"限界効用(marginal utility)"とはその時点から一単位消費量を増やしたとき、どれくらい追加的に効用を得られるか、ということになります。最後に"逓減"ですが、これは diminishingの訳語で、だんだん減っていくということです。要するに、限界効用逓減の法則とは、『消費を追加的に増やした時に得られる追加的な幸せ度はだんだん減っていく』という法則のことです。これは、多くの観察から得られる人間の経験則です。

 


回数よりも一回に深い悦びを




 


試し読みできます

シグナリング(Signaling)

 

   「そんなに激しくしたら 

        跡ついちゃうよ」







試し読みできます

シグナリング(Signaling)

 

 相手のことが分からなくて不安になることもありますよね。取引する者どうしで持っている情報に偏りがあることを情報の非対称性といいます。たとえば、中古車市場では、売り手と買い手の間に自動車の品質の情報についての大きな格差があります。売り手はその車の状態や品質などの情報をよく知ってますが、買い手はその車の情報を十分に持っていません。そのような状況では、買い手は良いものか悪いものか分からない車を、高い値段で買おうとしません。ですから、高い値段であれば売ってもよいと思っている品質の高い車の売り手は困ってしまいます。

 このようなとき、高品質であることを示す行為がシグナリングです。たとえば、中古車の売り手が「2年間の無料修理」という品質保証をつけるならば、調子が悪くてそうした保証のできない売り手(質の悪い中古車を売ろうとしている売り手)とは違うことを示せます。区別したい相手には送れないシグナルを送ることで情報の非対称を解消しているのです。



 ♥ちょっと恥ずかしいけど…、キスマークは愛の証


試し読みはここまでです。続きは購入後にお読みいただけます。

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格200円(税込)

読者登録

UZプロダクションさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について