twitterアカウントでログイン

カテゴリー 小説・ノンフィクション 文芸 , アンソロジー 作者 夕住ほなみ
価格 無料
タグ 階段ファンタジー一般アンソロジー短編集少年少女学校抽象青春男性短編
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

259 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 7ページ (Web閲覧)
63ページ (PDF)
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
 それぞれの世界に、それぞれの主人公たち。
 彼らは階段と向き合っている。
 それが意味するものとは?  そして、どこに続いているのか……?

 上がればよいのか、下ればよいのかも自分次第。
 主人公たちは階段に足をかけ、物語の結末を目指す。

――――――

 『階段』という共通するモチーフを使った、複数人の書き手によるアンソロジーです。書き手は夕住ほなみ・熊猫二郎笹助・デンルグ・ムラカミ・akuhoshiとなっております。それぞれの色がよく出た短編集となりました。どうぞよろしくお願いします! 表紙:piyo (以上、敬称略)

コメント一覧

この本へのコメントはまだありません。

facebook コメント一覧