閉じる


<<最初から読む

9 / 26ページ

15-1

 
「んんっ……」
カーテンの狭い隙間から差し込む一筋の明るい日の光に、ベッドの上の翼の目は覚めた。

「朝か…」
そこを睨みながら右手で目をこすると、彼の左胸部にピタリと頭を埋め眠りこける人物の姿があった。



『愛菜。そうだ、確か俺たちは-』



翼は、しわくちゃに乱れた白い布団の中に全裸で横たわる自分たちの姿を見ては、昨夜のことを思い返していた。

「そうか……そうだったんだよな」
翼はすっかりくしゃくしゃになった愛菜の髪の毛を軽く撫でる。

「う……ん……」
愛菜が色めいた甘い吐息とともに声を漏らしながら、その瞳を徐々に開ける。

「翼……」
「愛菜、おはよう」
「おはよう……。あれっ?あたしたち……」
「うん」
愛菜は、今の自分たちの状態に改めて気付くと、ほんのり顔を赤らめる。

「はずかしい」
「ステキだったよ」
「ばかっ」
頬を膨らます愛菜は、その弾力と張りのある白い胸をギュッと押し付けながら翼に抱き着いた。

「翼も……よかったよ」
「そうなんだ」
「うん」
翼と愛菜は、再び互いの背中に手を回し、固くロープを結ぶかのように舌を絡め合った。


「翼、
ありがとう」
「えっ?」
「翼のおかげで、少し元気になれたかも」
「そうか……よかったよ」
翼は愛菜の乱れた髪の毛を直すように軽く撫でる。
その際に、彼に抱き着き甘える彼女の姿は、普段の愛菜からは想像はできない、純粋無垢な少女そのものだった。
翼は、それが意外でならなかった。

「起きようかな」
そう言って、ムクリと起き上がる愛菜。
美しいラインで描いたようなその華奢な身体は、全裸になっていることで、ますますその繊細な白さを表していた。
しかし、その時だった。



『ん?あれは何だ??』


翼は、起き上がった愛菜の背中の下に、ある小さな模様のようなものを見つける。
薄暗い部屋の中をぼんやりと浮かび上がっている銀色のそれは、一本の縄のような細い物に絡められた鳥の羽根を形どっていた。

「……??」
翼はそれに目がくぎづけになったまま動かなかった。

「さてっ、カーテン開けようか」
片手に持ったバスタオルで前を隠した愛菜がカーテンを開けると、眩しいばかりの光が一瞬にして部屋全体に行き渡る。

「わっ」
翼は眩しさのあまり目を閉じた。
その際に、光に照らされた愛菜のボディラインが輝きによって浮き出ていく。

「いい天気……」
愛菜は、窓から映る晴れた景色を見つめながら身体を伸ばした。
「……」
翼は目を擦りながら愛菜の後ろ姿を凝視したが、さっきの模様のようなものは、幻だったかのように痕跡のかけらもなかった。
確認できたのは、いつもの彼女の白い素肌そのものだった。



『おかしいな、確かにさっき-』



「翼?」
「あっ」
いつの間にかバスタオルで身体を覆っていた愛菜の声で、翼はハッとする。
「どうしたの?ぼーっとしちゃって」
「あ、いや……」
「?」
「やっぱり、スタイルいいなぁ~と思って」
「もうエッチ!どこ見てるのよバカ!」
愛菜は赤くなりながらも、どこか嬉しそうに顔を背けた。
しかし、一方の翼は何とかごまかせたとホッとしていた。



『あんな模様、昨日シャワー浴びてた時にはなかったはず……』



自分の寝ぼけによる見間違いか-
翼は気にかかっていたものの、これ以上考え込むのはやめることにした。
愛菜本人に詮索することもできるが、昨日の病院での一件もあることを踏まえると、今は聞くべきでないと判断した。



「翼っ」
「何だ?」
「ありがとうね。昨日はホント寂しくて潰れそうだったから」
「愛菜、俺は何も-」
「翼が、いてくれてよかった……」
愛菜は涙ぐみ、一筋の涙を零す。

「愛菜、大丈夫か?」
「うん……。今日、もう一度おばあちゃんがいる病院行ってくるわ。翼は今日から仕事でしょ?だから帰って少し休んで」
「あぁ……」
翼と愛菜は、その後別々にシャワーと着替えを済ませると、部屋を出ることにした。


「ありがとう……」
愛菜は再び翼に抱きつき、顔を埋めた。
ホテルを出て愛菜と別れた翼は、一人タクシーに乗り自宅への帰路についた。

「ふぅ」
シートにもたれ掛かれ深いため息をつく彼の脳裏には、愛菜のことが強くあった。



『天馬さんが前に言っていた、愛菜が悩んでることって……このことだったんだな』



それと同時に、翼の中には愛菜を抱いた感触が未だ鮮明に残っていた。



『最後に紗恵を抱いて以来、かな』



複雑に絡まる思いを抱きつつ、翼はタクシーから見える輝く青い空を見つめていた。





1時間後-

翼は、自宅のベッドにてドサリと倒れるように横になった。
「ふぅ……」
ふと彼の口から出るため息が、昨日のからのことを思い返させる。
「……」
部屋の天井をを見上げる彼のまぶたは、次第に重さを増していった。



『どこかで……どこかで見たことがある……あの、縛られた羽根のような印』


心の中でそう呟いているうちに、翼は深い眠りへと入っていった。
何か不思議なものに吸い込まれていくように-。










翼は一つの夢を見た。










『ん?』










『それは……』











『セ……イバ……カ……イ』









『そんな……』










『そんなはずは!』











「そんなはずはっ……!」

翼はそう叫びながら、目をカッと開けた。
「ハァ……ハァ……」
上半身を起こした彼の額や首は、拭い切れないほどの汗で滲んでいる。

「何だったんだ、さっきの夢は……」
そうつぶやきながら、彼は右手をこめかみに当てる。
ハッキリと記憶には残らない不気味さだけが残る夢……。
翼の脳裏には、それだけが強く刻まれていた。

「一体何だったんだ」

そう言いながら、翼は時計を見ようと部屋の中を見渡した。
時刻は午後2時半。
昼下がりになり、店への出勤時間である午後4時へと近づこうとしていた。

「店、行かなきゃな」
翼は重い体を起こして、出勤への準備を始めた。

「……」
翼はスーツに袖を通しながらも、さっきの夢のことが気になっていた。
「時間だ、行くか」
どこか蟠りは残りつつも、翼はそのまま家を出た。

たかが夢だ、気にしててもしょうがない-

そう思うことにした。





30分後-

翼は【Club Pegasus】のあるビルのエレベーターの中に入ろうとしていた。

「翼くん」
背後から翼に声をかけてきたのは、由宇だった。

「由宇さん、おはようございます」
「おはよう」
挨拶を交わした二人は、そのままエレベーターにて4Fへと移動する。

「今更だけどさ」
「えっ?」
「翼くん、変わったよな」
「急にどうしたんですか?由宇さん」
「入店のときは、正直何だコイツって思ってたけど。今はすっかりホストらしくなってさ。新人からも優しい先輩だって評判だよ」
「そんな」
「これも、愛菜さんのおかげなのかな」



『愛菜-』



由宇の口から出た彼女の名前で、翼は昨夜の出来事を思い出す。

「そうかもしれないですね。俺も彼女にはすごく感謝しています」
「言ってくれるね」
エレベーターのドアが開くとほぼ同時に、由宇はフッと笑みを零す。

「俺は別にいいけど、うかうかしてられないな。光星さんは……。じゃあ、今日もがんばろうか」
そう言うと、由宇は足速に店の中へと入っていった。


「おはようございますっ!」
翼はエントランスから大きい声で言った。

「おはよう翼っ!」
「翼さん、おはようございます!」
周囲のホスト達が、笑顔で迎えるように翼に挨拶を返していく。
入店当初と比べて徐々に変わってきた周囲の反応が、彼の中の仕事の手応えをさらに実感させる。

「翼くんっ!おはよう!」
今日も元気いっぱいの羽月が、張り上げるような大きな声で挨拶をする。

「おはよう」
「翼くん、こないだはゴメンな」
「えっ?」
「俺、めっちゃ酔ってもうて……」
羽月は、恥ずかしそうに頭を掻きながら言った。

「気にするな。でも、これから飲み方気をつけろよ」
「うんっ、おおきにっ!さぁ、今日もがんばろな!」
羽月は翼にそう言いながら、ニカッと笑った。


「あっ!」
翼は何かを思い出したように叫んだ。
「翼くん、急にどないしたん?」
「実はさ、これ」
首を傾げる羽月を前に、翼はジャケットの胸ポケットにゴソゴソと手を入れる。
すると、そこからスッと一枚の写真を取り出した。

「あっ!」
羽月は思わず声を上げる。
「この間愛菜と三人で飲んだ後タクシーで送ったときに、俺の足元に落ちてたんだ」
翼がそう言うと、目を大きく広げた羽月はその写真を彼の手から強引に奪い取る。

「わっ」
「これ、よかったわぁ……翼くんが持っとってくれたんやぁ!」
「やっぱり、君のだったのか」
「うん、めっちゃ大切なものやから……。ホンマどこに落としたかって心配で心配で」
羽月は泣きそうになりながら、手に取った写真を見つめる。
すると彼は、突然目の前の翼にガバッと抱き着く。

「わっ、おいっ!」
「翼くんおおきに、ありがとう!これ拾ってくれて、めっちゃ嬉しいわぁ~☆」
自らの頬を翼に擦り付ける羽月。

「おっ、おい!やめろって!気色悪いな……!」
「あっ、ゴメンな翼くん。つい嬉しゅうて」
羽月は翼から離れ、僅かに乱した彼の服をササッと整える。
翼は、そんな嬉しそうな羽月の手にある写真を改まるように見つめる。

「なぁ、そんなに大切なものなのか?それ」
「え?うん」
羽月はフッと寂しげな表情を浮かべる。

「あのさ、確認のためにちょっと見させてもらったんだけど……もしかしてそれ」
翼が尋ねると、羽月は切なげな笑みを浮かべながら口を開いた。

「あぁ、これはガキの頃の俺やねん。わりとかわいいやろ?んで……」
羽月は写真に写る少女を指差す。

「こっちは、俺のお姉ちゃんや」
「お姉さん?」
翼は笑う写真の中の姉弟を改めて見つめた。
とても楽しげに姉と手を繋ぐ少年"直人"には、思っていた通り羽月の面影を感じていた。
そして弟の横でかわいらしい笑顔を見せる、姉"茜"。

あどけない無邪気さを感じさせるその古い写真を大切そうに手に持つ羽月を、翼は神妙に見つめる。

「ホンマ、よかった……」
その時、羽月の頬に一筋の涙が零れる。
「ホントに、君にとって大切なんだな」
「うん」

しかし、その時翼は胸の中でハッとした。



『たしか彼の家族は……』



「なぁ、答えたくないならいいんだけど一つ聞いてもいいかな?」
「何や翼くん、改まって?」
翼は一度息を呑んでから、再び口を開いた。

「前一緒に飲んだとき、君の家族はバラバラにって言ってたけど、もしかして……?」
突然の翼からの質問に一瞬目を丸くするものの、羽月はすぐに答えた。

「うん。前酔ったときにどこまで言ったかわからへんけど……俺、1月に東京来るまで10年間京都の親戚んとこにいてな。その前はこっちにいたんや」
「東京に?」
「うん。詳しく言えへんこともわからへんこともあるけど、どこに引き取られたかもわからずに離ればなれになったアネキが、東京の新宿歌舞伎町で働いとるって話をつい半年くらい前に聞いたんや」
羽月の瞳が次第に遠くを見つめる。
彼は続けた。

「ホンマか嘘かわからへん話やけど……俺、いてもたってもいれへんようなって。俺を預かってくれてたじいちゃんに言って東京に来たんや。"いつか絶対、姉ちゃん捜してくる"って」
羽月の口調が少しずつだが強くなっていくのを翼は感じた。
羽月はさらに続けた。

15-2

 
「もちろん何のあてもないで。けどな、もしホンマに姉ちゃ……アネキが歌舞伎町で元気に生きておるとしたら、と思ったら……。俺、前からやりたかったホストでいっぱい稼いで、アネキに楽して欲しいんやて。俺、ガキの頃アネキに迷惑ばっかかけとったから。他にも色々できることあるかもしれへんけど、アホの俺にはこんなことしかできんのや……」
いつの間にか涙声になっている羽月を、翼はただじっと見つめた。

「だから、これ失くしたときはどうしようかと思うたわ。俺にとっては、もうたった一人かもしれん肉親やから」
羽月は泣いていた。
泣き顔を隠すように、その手にある写真を顔の前につけた。



『たった一人の肉親……』



翼は複雑な想いを抱いていた。

「あっ、ゴメン翼くん……シラフなのにこんなみっともないとこ見せてもうて」
羽月は目をゴシゴシ拭いながら言った。
「あ、いや……」
「ホンマに写真おおきにな。あ、そろそろミーティングや」
羽月がそそくさとフロアに行こうとした時だった。



「羽月!」
翼がそう口にしたとき、羽月の動きが背中越しにピタリと止まった。











「お姉さん、見つかるといいな」
翼がそう言うと、羽月はコクッと頷き、少しずつ肩で笑い始めた。

「どうしたんだ?急に笑ったりして」
すると、羽月はくるりと振り返る。
「初めてやな~と思って。翼くんが俺のこと名前で呼んでくれたの!」


翼と羽月は、互いに見合うとフッと笑みを零した。
「さっ、今日からまた仕事がんばろう!」
羽月は、そう言いながらフロアの方に元気に向かっていった。











翼は言えなかった。






どんな事実があったか不明とはいえ、






自分が、その例の事情に関わったかもしれない"浅川"の血を引いていることなど、






彼の口からは口が裂けても言えなかった。






そう心に抱きながら、






翼も仕事と言う名の戦場へと向かっていった。

「よし、今日もやるぞっ!!」
天馬の掛け声を狼煙に、今日の【Club Pegasus】の営業は幕を開けた。
翼たちホストも、それぞれのいつも通りの仕事に入っていく。

「翼、ちょっといいか?」
天馬が翼に話し掛ける。
「社長、何ですか?」
「もう聞かなくても知っていると思うが、愛菜の例のおばあさんのこと-」
「えぇ…」
「さっきあいつからメールが来たよ。翼がいてくれて助かったってな。これから葬儀やら何やらで辛い時期だろうからな。何かあったらお前が支えてやれ」
「はい」
「もちろん、他のお客のことも忘れるなよ!」
天馬は、そう言うと翼の肩をポンと叩きキャッシャーの方へと向かっていった。

「よしっ!」
翼は、気を改めるように今日の仕事へと入っていった。




PM 6:00-

【Club Pegasus】への客足は途絶えることはなく、席は次々と女性客の姿で埋めつくされていった。
もちろん、翼の指名客も来店し始めていた。

「翼っ!」
明るい巻き髪に、今にも見えそうなミニスカート姿のサングラスをかけた一人の客が翼の名前を呼んだ。
「梨麻!」
「へへ~来ちゃった☆」
以前とはさらに比べものにならないほどさらに派手になった梨麻の姿に、翼も驚きを見せる。

「いらっしゃい!また露出が増えたね~」
「えへっ☆だって翼に見てほしかったんだもん!」
「またまた」
翼と梨麻は、そう話しながらソファに座る。

「ねぇねぇ翼聞いて!私ね、店でついにNo.1になったのぉ!」
「ホントに?すごいじゃん梨麻!」
「あはっ!果穂ちゃんにもついに勝ったしね、これも翼がいつも励ましてくれたおかげだよ☆いつもありがとね」
梨麻はそう言いながら、翼の腕に胸を押し付けるようにギュッとしがみつく。

「梨麻ちゃんはもう酔ったんですか~?」
「はーい♪」
翼と梨麻は、とても楽しげにその場の雰囲気を作っていた。

「すげぇよな~翼さん、愛菜さん以外にあんな可愛い女の子が太客にいるんだもんな~」
「あぁ。ダメホストなんて言われてたらしいけど、そんな面影なんて全くねぇよ」
二人の新人ホストがそう話していたときだった。

「お前ら何言ってんだ?」
ギロリと二人を睨み据えながら言ったのは光星だった。

「光星さん…」
「お前らよぉ、あんなカスを褒めてる暇があったらてめぇの指名でも取りやがれ!」
「……はい」
光星は「チッ」と口を鳴らすと、ヅカヅカとその場から消えていった。

「何だよあいつ……翼さんに今にも抜かされそうなくせによ」
「なぁ」
二人がそう話しているのを、翔悟は離れたところでじっと見ていた。
そこに天馬がやってくる。

「光星のやつ、かなり焦ってるな」
「社長にもそう見えますか?」
「あからさまだ。自分の客になるかもしれないはずだったあの梨麻って子を翼に取られ、しかも太い客に育ったんだからな」
「ですかね……あいつももうちょっと骨のある奴だと思うんですが-」
翔悟はため息をつくように言うと、天馬は彼の肩に手を置きながら口を開く。

「翔悟、お前も気をつけた方がいいぞ」
「えっ?」
「翼には他にも客が……特に愛菜がいることを忘れるな。うかうかしてると、お前まで食われかねないぞ」
「社長……社長は俺と翼とどっちが上だと思ってるんですか?俺があいつに負けるなんて-」
「どれだけ実力があろうが客がいようが、ホストは結果がすべてだ。お前も十分すぎるほどわかっているだろう?」

そう言葉を交わすと、天馬と翔悟は接客している翼を見つめた。



『翼……か』



「翼、B卓に千春さんだ!」
「はいっ!梨麻、ちょっと待ってて」
佐伯に言われ、翼は梨麻といたテーブルを後にし、新しく来店した女性客の方へと向かった。

二人だけではなく、光星も由宇も、佐伯や他のホストも、そして羽月も……皆が認めていた。
入店当初からホストとして凄まじいほどに成長した翼の姿は、まさに光り輝いていく磨かれた原石そのものだったことを-。



数時間後-

【Pegasus】の営業は終わった。
「ちょっと楓さんのとこで食べてこうかな」
翼は、やや疲れを見せながら、一人ふらりとネオンの中を歩いていた。
歩くこと数分、看板の明かりのついていない"楓"の前に着くと、そこには柴犬のチョコと戯れている羽月の姿があった。

「あれ、羽月?」
「え?あ、翼くん!呼ばれ慣れんからびっくりしたわ!」
「ここでどうしたんだ?」
「あぁ、見てやこれ」
羽月が指差す先には、引き戸に接着された一枚の貼り紙があった。
翼はそこに書いてある内容を口にし始めた。

「"申し訳ありませんが、都合により休ませていただきます……楓"。休みなのか今日、定休日でもないのに?」
「そうみたいなんや。俺腹減ったからソッコー来たんやけど…残念やな」



『どうしたんだろう?』


翼は不思議に思いつつも、今日の"楓"での食事は諦めることにした。

「ラーメンでも食べてくか」
「おっ、えぇなそれ!チョコ、またな」
翼と羽月は、どこか切なそうなチョコの頭を撫でると、その場を後にした。



2時間後-

帰宅していた翼のケータイが鳴った。
彼は、直ぐさま着信を確認する。

「愛菜」
着信は愛菜からのものだった。
翼はその後の彼女のことが気になってか、すぐにそれに応答した。


「もしもし、愛菜?」





                                                  第16章へ

16-1


愛菜との電話を交わしてから一週間が経過-



翼は愛菜に呼ばれ、とある墓地・"聖ミカエル霊園"へと来ていた。

「愛菜、一体何でこんなところに俺を?」
翼は辺りを見回した。
所々ステンドグラスに彩られた、白を基調にした入口からすぐの小綺麗な教会・そして見渡す限りの十字架の墓標は、神話のような神々しさを醸し出している。
大地に無数に突き刺さるように広がる白き十字架たちは、翼に不思議な緊張感を与えていた。

「一体ここは?」
敷地内に足を踏み入れた翼がそう呟きながら歩いていると、教会の扉から一人の外国人神父が姿を現す。
すると神父は翼のもとへとゆっくり歩いてくる。
翼も神父の存在に気付き、彼に聞いてみることにした。

「えっと……Japanese speaking OK?」
翼が慣れない英語で問い掛けると、神父はにこりと微笑み口を開く。

「ツバサさん、ですネ?」
神父が片言の日本語を口にしたことで、翼の中の妙な緊張がするりと解ける。

「はい、僕が翼ですが……ここで女の子と待ち合わせなんですが」
「彼女でしたラ、アチラの教会の礼拝堂にいまス。さぁドウゾ」
神父は、翼を警戒することなく簡単に教会の中へと招き入れる。
翼は神父に一礼すると、彼の後についていった。


入っていった教会の中の礼拝堂は、ステンドグラスから差し込む光と、ユラユラと動く陽炎のような蝋燭の炎が薄暗い中を照らしていた。
その幻想的な中を、響き渡るパイプオルガンの音が切なく儚いメロディを奏でている。



『何なんだここは……』



ゆっくり、ゆっくりと奥行きのある道を神父の後に沿って歩く翼は、アロマキャンドルの匂いが鼻を突く別世界のようなその空間に胸が締め付けられるような感覚を覚える。

「アチラです」
ピタリと立ち止まった神父は、礼拝堂の奥の方へ手をかざした。


そこには、祭壇前で膝をついて祈っている一人の女性の華奢な後ろ姿があった。
握った両手を合わせている彼女の向いている方には、子供をその手に抱く聖母の像の存在があった。

「愛菜?」
翼が声をかけた瞬間、オルガンのメロディがピタッと止まる。
すると、彼女はスッと後ろを振り向いた。

「翼、来てくれたのね」
「愛菜、ここは一体?」
「お祈りも済んだから……場所を移して、そこで話しましょう。神父さま、ありがとう」

愛菜は一礼すると、神父はにこやかに頷く。
そして、彼女は翼の手を取り入口へとゆっくり歩き始めた。

「……」
翼は、ただ無言で自らの手を取る愛菜についていった。
教会の外の日差しがが、二人を暖かく包み込む。


「ビックリしたでしょう?いきなりこんなところに呼び出して」
「まあ。でも、どうしたんだ?」
「うん」
愛菜は、ゆっくり歩いていた足をピタリと止めた。
翼もそれにならう。
すると、彼女は白い十字架に埋め尽くされた墓地をまっすぐ見つめていた。

「今日はね、翼に見せたい場所があるの」
「俺に?」
「そう。前から一度、あなたを連れてきたかった場所よ。さぁ、行きましょう」
「あ、あぁ」
愛菜は再び翼の手を取り、歩いていく。


「愛菜」
「なぁに?」
「大丈夫なのか?おばあさんのこと……」
愛菜は歩きながら数秒ほど黙ったが、翼の瞳を見つめながら口を開いた。

「うん、もう何とか大丈夫。ありがとう、心配してくれて」
にこやかさを見せるものの、やつれた感を漂わせる彼女の表情に、翼はどこか違和感を覚えていた。


さかのぼること一週間前の夜-



「愛菜、どうした?」
「……」
翼はケータイごしに、愛菜と話していた。



ただ黙って、彼女の言葉に耳を傾け、頷いていた。



「わかった……」



翼は、直ぐさま部屋を飛び出し、愛菜に告げられたある場所へと向かっていった。





1時間後-

タクシーをおりた翼は、外観が白黒の旗で被われた一軒家の目の前にいた。
所々には、きれいにまとめられた菊の花たちがスタンドで飾られている。
それらを目にした翼は、そこのあまりにも静かな雰囲気に息を呑んだ。

「行くか」
翼はそう呟きながら、ゆっくりとその中へと足を運んでいく。
飾られた外観からはわからなかったせいか、そこは木造の古い一階建ての一軒家だった。
辺りを見回すと、ドアが一つ翼の前に現れる。
インターフォンがないその木造のドアを、彼はノックすることにした。

「愛菜?いるのか?」
ノックしながらドアごしに声をかける翼。
すると、意外にも早くそのドアは開かれた。

「翼……」
中から現れたのは、黒い喪服に身を包んだ愛菜だった。
髪の毛もストレートにおろしているせいか、いつものきらびやかな雰囲気を感じさせている彼女とは明らかに違っていることに、翼も違和感を覚えていた。

「愛菜……」
「ありがとう……仕事後で疲れてるのに来てくれて」
その時、愛菜はその場でフラッと身体をよろけさせる。
「愛菜っ!」
翼は彼女の身体を両手で支えた。
「大丈夫か?」
「うん大丈夫、ちょっと疲れたのかな」
「とにかく、中へ入ろう……って、俺が入ってもいいのかな?」
「うん、入って翼……」
いつもとも、半ば元気な今朝とも違う彼女の言葉は、とても弱々しかった。
「では、失礼します……っと」
翼は彼女を心配しながらも、家の中へと入ることにした。



中へ歩いて奥の部屋に着くと、そこには木魚や火のついた蝋燭・棺など通夜の形跡を残していた。
中央には、あの時病院で亡くなった老婆の遺影が飾られている。

「他の人は?」
翼が問い掛けると、愛菜は首を横に振った。
「おばあちゃん、基本的に他に身寄りがなかったから。明日には遠い親戚の人が来てくれるらしいんだけどね。だから、今日は施設の人やおばあちゃんのお友達とお通夜あげたの」
愛菜は俯きながら言った。

「そうか」
線香の煙が昇るそこには、優しい笑顔の老婆の遺影があった。
どこと無く、愛菜と翼を見つめているかのようなその雰囲気は、重苦しい中に不思議な柔らかさを感じさせている。

「お線香、つけてあげて」
「あぁ」
愛菜に促され、翼は遺影の前の座布団に座り、一本の線香に火を燈した。
その線香を添えると、彼は静かに揃えた掌を合わせる。

数秒間ほど閉じた瞳を開けると、翼は改めて遺影を見つめた。
病院で見た老婆が亡くなる瞬間の記憶が、頭の中で甦っていく。

「優しそうなおばあさんだな…」
翼は突然そう呟いた。

「うん…」
愛菜は、静かにそれに相槌を打つ。
そして、彼女は手で隠すように顔を覆った。

「愛菜」
「うん大丈夫……大丈夫だから……」
「気張るなよ」
翼は顔を隠し背けたままの愛菜の肩に軽く手を置いた。

「うん……翼、やっぱりあたし……!」
愛菜は翼に抱き着つくと、泣いた顔を見せないように胸に顔を埋めた。

「うぅ……えっ……」
ホテルの部屋にいたときと同じように、愛菜は甘える子供ように泣いていた。
必死で泣き声を抑えながらも、その頬を伝う涙は次々と限りなく溢れ出していく。
翼は何も言わず、ただ泣きじゃくる愛菜の頭を撫でながら彼女の肩を抱いていた。


「翼ゴメン。あたし、もう絶対泣かないって決めたのにさぁ……」
「いいじゃないか泣いたってさ」
「うん……でも、でもさ……」
「愛菜」
「うん、わかってるよ、今は無理しちゃいけないってのはさ。でも-」
「でも?」
「……」

愛菜はそれ以上は何も言わなかった。
それ以上何も言えず、ただ啜り泣くだけで精一杯だった。


"弱いところを見せたくない"
きっと彼女の中にそんなプライドがあるんだということを、翼はどこと無く気付いていた。


しかし彼は何も言わず、力無く自分に寄り添う愛菜を、その重い沈黙の闇夜の中で支えるように抱きしめていた。


1時間か2時間か、二人にはわからないくらい、翼と愛菜はじっとそのまま動かなかった。
気がつくと、ずっと流れ続くと思われた愛菜の涙も止まり、彼女の頬には流しただろう溢れた涙の痕がくっきりと残っている。
今はじっと瞳を閉じている愛菜は、眠ったようにピクリとも動くことはなかった。

「……」

自分に寄り添うそんな彼女を、翼は子供をあやすように撫でていた。


「翼」
「ん?」
「疲れたでしょ……」
「いや、大丈夫だよ」
「ゴメンね……疲れてるのにたかが一人の客の事情に巻き込んじゃって」
愛菜は目を虚ろにしながら呟いた。

「気にしなくていいっていったろ?」
翼はそう言いながら、愛菜の肩をポンと叩いた。

「うん、ありがとう」
すると愛菜はスッと立ち上がり、老婆の遺影の前にヨロヨロと歩み寄る。

「おばあちゃんね」
「えっ?」
「すっごい優しかったんだよ、こんな汚れたあたしにも」
遺影を前に話し出す愛菜の横に、翼も座り疲れた体を起こすように立つ。

「おばあちゃん、優しかったな……。ホントに優しかった……」
「……愛菜」
「ねぇ翼」
「何だ?」
「人の命ってさ、ホントに意外と呆気ないんだよね。ついこないだまで元気だったかもしれない人がさ、もうしゃべらないし、自分のことを気にかけてくれることもないんだよ」
「……そうだな」

愛菜の瞳が再び潤み始める。

「あたしもね、昔は誰も人を信じてなかったからさ。誰が生きようが死のうが別に関係ないって思ってた……。でも-」
「でも?」
翼が聞き返すと、愛菜は息をスウッと吸い込んで再び口を開いた。

「やっぱりさ……自分に優しくしてくれたり、愛情を注いでくれた人が突然いなくなるってさ。やっぱり……こたえるもんね……」
「……」
「状況は違うけど、翼があの時泣きながら話してくれた自分の過去の辛さが、今は身に染みてわかるわ」
愛菜は取り出したハンカチで、スッと自分の目を拭った。
翼は、常に愛菜の視線の先にある老婆の遺影を黙って見つめる。

「おばあちゃんね、もう体も弱ってたのに、最後まで一生懸命生きてた。痴呆も少し進んでたから、あたし時間あるときはずっと病院行っておばあちゃんのこと看てた。でも……」
愛菜は一旦言葉を止めひと呼吸おくと、すぐに続けた。

「あたし、おばあちゃんのために何もできなかった……あんなに助けられたのにさ……痴呆になっても、亡くなるときまであたしのことは忘れないでいてくれたのに……」



『愛菜……』



翼は、ただ黙って愛菜の横顔を見つめていた。


「ごめんね、おばあちゃん……ごめんなさい……」


遺影に向かって謝る愛菜の瞳からは、


その夜涙は止まることはなかった。





………………………。



時は戻り、翼と愛菜は白い十字架だらけの霊園の中の通り道を歩いていた。


翼は時折愛菜の顔を横目で見てみるが、あの通夜のときからは想像できないほど、彼女の表情はスッキリとしていた。

「なぁに翼、さっきから見つめちゃって」
翼からの視線に、愛菜は気付いていた。
「あ、いや……思ったより元気だなぁと思ってさ」
「そりゃあれだけ泣けばね」
愛菜が軽く笑いながらウインクしてみせると、翼はどこかホッと胸を撫で下ろしたようだった。


「愛菜、これから行くのって誰かの墓参りかい?」
「そうよ」
「おばあさん……の?」
「まさか。こんな場所はおばあちゃん好まないし」
「じゃあ、誰の?」

翼が最後にそう問い掛けると、愛菜はピタリと立ち止まった。
「ついてくればわかるわ。どうしてもあなたに逢わせたいの」
そう口にすると、愛菜は再び歩きだした。
翼はどういうことか理解しがたかったものの、それ以上は何も言わず彼女についていくことにした。

16-2

 
また少し歩いていくと、愛菜はとある一角にある墓碑の前で立ち止まった。
「ここよっ」

翼と愛菜が立つ前には、一つの墓碑の姿があった。
「愛菜、ここが俺を連れてきたかった場所なの?」
「えぇ……」
すると愛菜は、墓碑の前に近づいて腰をおろし、持っていた花をその前にそっと差し出す。

「あなたのところに来るのも久しぶりね」
愛菜は墓碑に向かって語りだした。
すると、翼の方を振り向き彼にも傍にくるように手で招く。
翼は、無言で愛菜の真横に揃うように立ち、墓碑を見つめた。

そこには、とある女性らしき人物の名前が筆記体のローマ字で刻まれていた。
彼はそれを、ゆっくりと心の中で音読みした。



『…Mei……Fujisaki……』




翼が"彼女"の名前を読み終えると、横にいる愛菜がタイミングを計ったように口を開いた。
「翼は、この人物が誰か気になる?」
「そりゃあ……ね。誰なんだい?この名前の人は」
愛菜は視線を翼から再び墓碑に移すと、再び口を開いた。

「この子の名前は"藤崎明衣"。亡くなった私の後輩なの」
「??」
「意味わからないのは当たり前よね、翼とは全く面識のない子なんだから」
「あぁ。でも、その人と俺が一体何で?」



「あなたには全てを話すね」



愛菜は翼の手をギュッと握ると、語り始めた。



「私がホストに行き始めたこと、私があなたを指名したのも、全てはこの子とのことから始まったの」


「この人との?」


「えぇ……。3年も前に、彼女は私と同じ店のキャストとして働いてたの。飛び抜けて容姿も良くて、女なら誰もが羨むくらいの子だった……私も含めてね」


「……」


「彼女には、大きな心の傷痕があった。愛した人たちに裏切られて大切なものも奪われて」


「……」


「そんな彼女をねじふせて支配したのは"お金"の存在だった。それらのせいで、優しかった彼女は……自分自身とお金しか信じられない人間になったの」


「……!」


その時吹き抜けた風のせいもあるのか、翼は身に覚えのある事実に、身体を僅かに震わせた。
愛菜は続けた。


「でも彼女には、新しい愛する存在ができたの。もう傷つきたくないからって理由で愛することを恐れて拒否していた彼女は、もう一度愛することに素直に向き合おうとしたわ……」


「……」


「でも-」


「……」


ひと息落ち着けると、愛菜はさらに続けた。


「その愛する存在を、お金や力ではどうにもならない"死"というカタチで失った彼女にやってきたのは……」



そこから先の部分はどうしても言いたくなかったのか、愛菜は言葉を詰まらせていた。



「愛菜、無理するなよ」



「……彼女は……自分の無力感や愛するものを再び失った極度の恐怖や絶望に耐え切れなくなって……」



愛菜は顔を背けたまま、それ以上は話さなかった。
手を握る彼女の力が翼の手を圧迫し、つけ爪の先がそれにグッと突き刺さる。





それからわずか約1分の間だが、二人の間に恐ろしく永く感じるような沈黙の時が流れた。



しかし、その沈黙が終わる頃には、愛菜は再び意を決したように話し始めた。

「彼女は最期に、天使のように微笑んで消えていったわ……。まるで、魂のひとかけらになるまで生き抜いたみたいに」


愛菜は遠くを見つめていた。
緩やかになった風が、彼女の髪の毛をふんわりと揺らしていく。
今も愛菜の中では、3年前の雪の舞い落ちる中に消えた"彼女"の姿が、鮮明に映し出されていた。


「そんな人がいたのか……」
翼は、その"明衣"という人物のことを心の中で思い描いていた。
愛菜は翼に対し頷くと、さらに続けた。


「それから変な喪失感にかられた私は、寂しさもあってかそれまで絶対に行かないと思っていたホストクラブに行ってみたの。その時行った【Unicornis(ユニコーン)】ってお店のとあるホストに心を救われたの」
「あるホスト?」
「そうよ。翼も知ってる人だけど」



『まさか』
翼はハッとしながら愛菜の顔を見た。

「その通り。当時まだ【Unicornis】で、あなたと同じく新人ホストだった当時24歳の天馬のことよ。前も言ったと思うけど、天馬も昔は新人の頃の翼みたいにダサくて貧相なホストだったわ」
「ダサくて貧相で悪かったね」
「フフッ、ごめんね。天馬は当時持ち前のガッツやら気合いやらで、不器用だけど少しずつホストとして成長していったわ。私はあの時、天馬のそんながむしゃらな姿にどれだけ元気をもらったかわからない」
すると愛菜は、翼の肩にピタリと頭をくっつける。

「それに天馬はただカッコつけてるだけのチャラい男じゃない。きっとたくさんの女の人を元気付けるホストになるって思った。だから私は、天馬のことをNo.1にしようと思ったの」
「そうだったのか……社長と愛菜の関係にはそんな。それが今は-」
「そう、翼のことよ。ただ-」
「ただ?」
「翼には天馬とは決定的に違っていたものが一つあった」
愛菜は再び墓碑の方に視線を向けた。

「あの子……初めて会ったころの明衣とあなたの瞳の雰囲気がすごい似てたってこと」
「俺と明衣さんの瞳が?」
愛菜はコクリと頷いた。

「この世の何も信じていない……金と力に理不尽にねじふせられて、憎しみでしか自分の心を支えきれない。初めて翼と会ったとき、見事なほどにあなたとあの子がオーバーラップしたわ。だから私思ったの、天馬と似てるようで実は全く異なるタイプのホストを育ててみようって。それに-」
「それに?」
「あの子と同じ瞳をした人間が、必ずしもあんな結末になるんじゃないってことを証明したいの。不器用に傷ついてく人間がバカじゃないってことを証明したいの……!」

そう強く囁く愛菜の瞳は、翼から見たいつもの彼女のそれとは違っていた。
それを感じ取った翼は、愛菜に一つの質問をしてみることにした。

「愛菜、一つ聞いてもいいかな?」
「なに?」
「俺にはよくわからないけど、俺とその人にあるその接点にやたらこだわってるけど、何でなんだ?」
「それは……」

愛菜は一瞬回答をためらったが、すぐに答えた。

「私も……昔おばあちゃんに出会うまで同じだったからよ」
「えっ?」
「おばあちゃんと出会うあの時までは、同じ瞳だったと思う……」
その瞬間、翼は愛菜の瞳が恐ろしいほどに黒く濁っていったのを見てしまった。
それは、いつもの彼女ではなく全くの『別人』のような。

「愛菜……?」
「私も昔は翼や明衣と同じだった……すべては、あんな事件があったせいで!」



『あんな……事件……?』



不思議に徐々に強く変わっていく愛菜の口調が、翼の中に戦慄すら覚えさせた。

「どうゆうことだ?」
翼は愛菜の手を握りながら尋ねた。
すると、愛菜はすぐに答えた。

「もう十年も前の話だけど。私にはね、家族がいたの」
「家族が?」
「えぇ。仲良い家族だった……」

愛菜は言葉を詰まらせるも、すぐに続きを話し始めた。
その際に、彼女の頬を涙が伝う。



「たった一人生き別れた弟を残して、みんな死んじゃったの……」


「そんな……。でも、弟さんが?」


「うん。今はどこにいるか、生きてるかすらわからないけど……」



その時、愛菜は一枚の写真をバッグから取り出した。










しかし、

何気なく覗いたその写真を見て、翼は驚愕した。



『羽月が持っていたのと同じ……!?』



翼が以前見たように、愛菜の手にあるそれには羽月が持っていたあの写真同様の仲よさ気な幼い姉弟の姿がほほ笑みながら写っていた。
その時、翼は羽月の言葉を思い出していた。



『俺、十年前に生き別れたアネキを捜しとるんや-』



翼は、横にいる愛菜のことを目を大きく開けて見つめた。
そして、愛菜は呟いた。


「もし生きているなら……元気にしているのかな、直人……」





その瞬間、翼は気付いてしまった。





今、自分の目の前にいる愛菜こそが





羽月が捜しているという





十年前に生き別れになった《彼》の実の姉だということを-





そしてその後、愛菜から語られたのは……





一人ノ少女ガ歩ムニハ堪エガタイ





凄惨ナ道程ダッタ。







                                                 第17章へ

17-1


今から十年前の199X年6月。
東京某所のとある住宅街-



そこに平和に暮らしていたと思われる一家4人の姿があった。

一家の名は"星宮家"。
そこに暮らす15歳の長女・茜は、両親と10歳の弟・直人とともに、明るく健やかに育っていた。



「ただいまっ!」
午後5時過ぎ-
学校から帰ってきた制服姿の茜は、元気よく靴を脱ぎ家の中へと上がる。

「茜っ、中学三年生の女の子なんだから、もうちょっとおしとやかにしなさいっ!」
そんな彼女に、母が注意するように声をかける。

「はぁ~い。あ、お母さん、今日の晩御飯はぁ?」
「カレーよ。早く着替えて茜も手伝ってちょうだい」
「はーい」
茜はそう言って、着替えるために2Fにある自分の部屋に行くことにした。

「あっ、それと茜」
「お母さん今度はなぁにー?」
「あんた制服のスカートちょっと短いわよ?」
「えーっ?だって学校のみんなもっと短い女の子いるもん」
「変な男でもついてきたらどうするのよ」
「こんくらいいいでしょー?彼氏いる子なんて、もっと短いんだから」
「彼氏っ?茜あんた今いるの?」
「いーなーい!じゃあ着替えるね」

茜はため息をつきながら、部屋へと上がる。


「はぁ」
部屋の中の茜は、スタンドミラーに映る自分の姿を見つめる。
「もう中三なんだし、あたしだって彼氏の一人くらい欲しいわよ」
茜は、ふくれながら制服からミニスカートの私服に着替えた。

すでにこの時点で167センチという高い身長と抜群のスタイルを持っていた茜。
中学三年とは思えない大人びた体型とかわいらしいルックスは、クラスでも近所でも評判だった。
しかし、男勝りなところもあるテキパキした性格のせいか、今のところ男子との付き合いなどは無いというのが現状だった。
だからせめて服装だけでも…と言った具合で、思春期真っ只中の彼女は、自分の中の女らしさを出そうと半ば必死になっていた。

「さて、母上様を手伝うかな」
茜はそう言うと、再び1Fのリビングへと戻ることにした。

階段を降りると、リビングの方から一人の子供の泣き声が聞こえてきた。


「あれっ?また直人かな」
リビングのドアを開けると、部屋の中のソファには背の小さい一人の男の子が座って泣いていた。

「えっ……うぇ……」
それを見た茜は、スタスタと歩いて近づき男の子の隣に腰をおろす。
「直人っ、どうしたの?」
「おねえちゃん」
直人は、弱々しい声を出しながら姉の顔を見上げた。
顔中は涙で濡れ、腫れ上がったように真っ赤になっている。
服や顔に付いた砂や埃が、彼に何があったのか茜には察しがついていた。

「また誰かにいじめられたの?」
「うん、みんな僕がチビだからって……うぅっ」
「直人、背が小さいのはしょうがないけど、直人がそうやっておどおどするから、そうゆう子達はいじめるんだよ」
「うん……でも、ケンカするの悪いことだしこわい……」
ヒックヒックと声を漏らしながら俯く直人。
すると茜は、スッと直人の頭を抱いた。

「そうだよね。直人は優しい子だもんね」
「お姉ちゃん……」
「でもね直人、ケンカは嫌いでも、どんなに泣きたくても、男の子はどんなにつらいことがあっても負けちゃダメなんだよ」
「負けちゃダメなの?」
「そうよ。ケンカに勝つとか強いとかじゃなくてね、絶対に負けないぞってずっと思うことが大事なんだよ」
茜はそう言いながら、直人の頭を優しく撫でていた。
すると、次第に直人も泣き止み、顔も綻んでいく。


「お姉ちゃん、大好き!」
直人はそう言いながら、茜の胸にギュッと抱き着いた。
「もう、直人のエッチ!」
茜は、恥ずかしがりながら笑った。


「茜ー、ちょっと手伝ってー」
キッチンからの母の声が茜たちのところに届く。

「はーい!直人、今日カレーだって!お姉ちゃんも手伝ってくるから、たくさん食べようね」
「うん!僕、カレー大好き!」

茜はピンク色のエプロンを取り出し、ササッと身につけた。

「茜あんた、またそんなミニスカート履いて!」
「別にいいでしょ、家の中なんだから!」



何事もない平和な一日の終わりが星宮家にも訪れる。


しかし、










その日の夜を境に、










茜たちの人生は一変することになる。










そんなことを、茜と直人の姉弟は知るよしもなく-。


そして、その深夜0時-



喉が渇いた茜は、飲み物を取りに1Fのリビングへと降りようとしていた。

「あれっ?」
階段を降りかけていた茜は、リビングで両親が何かを話していることに気付く。
彼女はそこで立ち止まり、耳を澄ませることにした。

「本当なの、あなた……?」
「あぁ。大変なことになってしまった」
「そんな……」
「"星羽会(セイバカイ)"をアサカワカンパニーが潰しにかかろうとしていたのは聞いていたが……まさかここまで…」



『アサカワカンパニー?何のこと……?』


隠れてその会話を聞いていた茜には、全くと言って良いほど理解できない内容だった。
しかし、両親の深刻に話している様子に、15の彼女でもただ事ではないのは読めていた。
すると、茜はたまらずその場に飛び出していった。


「お父さん!」
「茜、お前」
「今の話、何?アサカワカンパニーとか、それが星羽会を潰そうとしてるとか」
「いや、何でもないんだ……」
「何でもないわけないでしょ!?何かお父さんとお母さん変よ!私たちに何を隠してるの!?今の星羽会に何があるの!?」

茜が大きい声で問いただすが、父は何も言わず彼女の肩に手をかける。

「茜、ホントに何でもないんだ。決してお前たちや私たちに何かあるわけじゃない。仮にそうだとしても、必ず星母様が守って下さる」
父にそう言われてか、茜は落ち着きを取り戻し、ゆっくりと頷いた。

「わかったわ……私は星母様を信じる」
茜は、すんなりと納得した態度を見せると、再び自らの部屋へと戻っていった。



『星母様が私たちを守ってくれる』



茜は、ずっとそう信じていた。


星の母"マザー・ミカエル"の教えを仰ぐ信教"星羽会"-

茜たち星宮の家系は、生来その教えを請う直系の信徒として生きていた。
しかし、正体の知れない謎の信教という世間での偏見や差別を受けてきたため、彼らは公では正体を隠しつつも、信徒としての信仰をひそやかに続けていたのだった。


当時、世間で"宗教テロ"が騒がれた中か、茜たち星羽会も一般人からの差別的迫害を少なからず受けていたが、何とかごく日常の生活を送っていた。










しかし、茜が一抹の不安を抱いて過ごしたその翌日-









事件は起こった。

「♪♪♪~♪♪♪~」

午後6時過ぎ-
家の電話が鳴ったことに気付き、 茜はすぐに受話器を手に取った。

「もしもし、星宮ですが」


………………………。



「えっ」

受話器の向こうから聞こえた一言に、茜は絶句した。
すると、すぐにその場に力が抜けたように座り込む。


「茜、どうしたの?」
様子を見に来た母が話し掛けるも、茜は茫然としながら動かなかった。

「茜?」
受話器を持ったまま動かない茜は、次第に小刻みに震え始め、ゆっくりと母の顔を見上げた。


「お父さんが……事故で亡くなったって……。病院から……」


「えっ……?」


それを聞いた母も、時が止まったかのように固まった。


「もしもし、もしもし」と受話器の向こうから応答を求める声が聞こえるも、二人とも反応できる余裕すら失っていた。
突然耳にした現実を、直ぐさま受け入れるには時間がかかっていた。











約1時間後-


病院に着いた茜達三人を待っていたのは、病室のベッドで永眠している父の姿だった。

「お父さん……?」
茜が声をかけるも、もちろん白い布に覆われ横になる父がピクリとも反応するわけもないのはわかっていたことだった。

「あなた……」
「お父さん……どうして……?」

母と直人が声をかけても、床に臥せる父から言葉が返ってくることはなく、静寂だけがその場を包んでいた。
そこにしずかに響く三人の啜り泣く声が、徐々に大きくなっていく。

「何で、どうしてよお父さん……」
茜がそう囁いたとき、後ろにいた一人の医師が彼らに話し掛けた。

「死因は、自動車整備不良による事故死だそうです。発見された現場で、自動車のタイヤが外れているのが警察に確認されたそうです…」


「そんな……お父さんが……今朝まであんなに元気だったのに」
「お父さぁぁん!!いやだぁぁあ!!」

泣きじゃくる直人の泣き声が響き始めたのが示す通り、茜たち家族の悲しみは、その夜とどまることを知らなかった。

茜は、もう永久に起きることのない父の遺体に顔を伏せ、弟の前で大声を出したいのを我慢しながら涙を流していた。




しかし




それだけでは終わらなかった。


事故死した夫の葬儀の翌日に、





今度は母が自宅で首を吊って死んでいるのを発見された。





怪死事件のように立て続けに両親が亡くなっていった現実を目の前に、





泣き崩れる直人をなだめていた茜は、死んだ魚のように動かず憔悴しきっていた。





そして、両親を亡くし孤児となった茜と直人は、





わけのわからないまま、それぞれが別の親戚に引き取られ、離ればなれに暮らしていくことを余儀なくされた。



「お姉ちゃん……」
泣き顔の直人は乗り込んだ車から、茜のことをじっと見つめた。
瞳から流れる多量の涙が、姉の彼女には見るにたえないほど愛しく、辛かった。

「直人……ちゃんとみんなの言うこと聞くんだよ。元気でね……直人」
「お姉ちゃん……お姉ちゃ~ん!!」
直人の叫びも虚しく、彼を乗せた自動車は無情にも茜のもとから走り去っていった。

「直人……」
茜は涙を流しながら、走り去る自動車から手を振る直人の姿が見えなくなるまで見続けた。



『さようなら、直人……。どんなつらいことがあっても負けちゃダメだよ…』



茜は、涙を零しながら心の中で呟いた。



「茜、何してんだい!さっさと行くよ」
「あっ、はい、すいません」
自分を引き取る叔母に促され、茜はその場から離れることにした。
15年間暮らしていた、その家の前から……





それから半年間の茜に待っていたのは、





叔母たち一家に過剰にこき使われていく、奴隷のような日々だった。


読者登録

Kaiさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について