目次
はじめに
本書について
本書について
もくじ
ご挨拶
ご挨拶
ご挨拶
無料プレゼント
無料プレゼント
無料プレゼント
無料プレゼント
無料プレゼント
無料プレゼント
無料プレゼント
無料プレゼント
無料プレゼント
無料公開の理由
無料公開の理由
無料公開の理由
無料公開の理由
無料公開の理由
斉藤和也(さいとうかずや)の過去
斉藤和也(さいとうかずや)の過去
幼少時代:斉藤和也(さいとうかずや)の過去
幼少時代:斉藤和也(さいとうかずや)の過去
中学時代:斉藤和也(さいとうかずや)の過去
中学時代:斉藤和也(さいとうかずや)の過去
中学時代:斉藤和也(さいとうかずや)の過去
高校時代:斉藤和也(さいとうかずや)の過去
高校時代:斉藤和也(さいとうかずや)の過去
大学時代:斉藤和也(さいとうかずや)の過去
大学時代:斉藤和也(さいとうかずや)の過去
社会人:斉藤和也(さいとうかずや)の過去
社会人:斉藤和也(さいとうかずや)の過去
起業:斉藤和也(さいとうかずや)の過去
起業:斉藤和也(さいとうかずや)の過去
起業:斉藤和也(さいとうかずや)の過去
起業:斉藤和也(さいとうかずや)の過去
起業:斉藤和也(さいとうかずや)の過去
起業:斉藤和也(さいとうかずや)の過去
起業:斉藤和也(さいとうかずや)の過去
起業:斉藤和也(さいとうかずや)の過去
たった1つの出会い
たった1つの出会い
たった1つの出会い
たった1つの出会い
成功法則を知る
成功法則を知る
成功法則を知る
おわりに・・・
おわりに・・・
会社概要

閉じる


<<最初から読む

36 / 52ページ

起業:斉藤和也(さいとうかずや)の過去

あとは、僕は飽きっぽい性格なので、
毎日同じ仕事の繰り返しもきつかった、
というのもありました。

お客様から、問い合わせがきて接客をして、
要望を聞いて、条件にあう物件を紹介して、

また次の日も、

お客様から、問い合わせがきて接客をして、
要望を聞いて、条件にあう物件を紹介して、

その繰り返しの日々に、
やりがいを感じられなくなっていました。

そして、その頃から、
毎月のノルマや毎日同じことを繰り返す状況の中から、

逃げ出たいがために
“起業をしてみようかな”と考えるようになっていました。

今考えてみれば、
僕の起業をしたいと思った初めのきっかけは、
仕事がつらいから逃げ出したいという、情けない気持ちでした。

 とにかく起業さえすれば、
自分の好きなライフスタイルを手に入れられるとか、
起業をすれば、自分の思い通りにできると、
勝手に妄想していました。

・・・今思うと、本当に恥ずかしい話です。

起業:斉藤和也(さいとうかずや)の過去

そして、1年ぐらい不動産の営業会社で働き
その後、2009年の5月に、
今の会社、株式会社ラストランプを設立しました。



これで、自分勝手に、自由に仕事ができる、
と学生のノリで、夢見ていたのですが
完全に甘かったです。

まぁ当たり前といえば、当たり前ですが、
イメージしていたのとは、真逆の結果になりました。

不動産で営業をしていた時とくらべ、
更に、きつい状況になってしまいました。


今では、IT主軸のサービスを提供できるようになりましたが、
当時は本当に大変でした。


起業する前に、色々とインターネットビジネスや、

ITについて勉強はしたんですけど、

やはり実践だと全然違って、毎日冷や汗かいて、焦ってばかりいました。


起業:斉藤和也(さいとうかずや)の過去

インターネットでビジネスをすると、
大枠は決めてましたが、

勢いだけで起業したようなものなので、 
具体的に、やる事業内容もしっかり決めてなくて、
準備も全然できてなく、起業した当初は、失敗の連続です。


 当たり前ですけど、全くうまくいきませんでした。


あとは、営業などでお客様と会うたび、
当時23歳だったので、

「何?まだ23歳なの?」とか、
「本当にお前で大丈夫かよ」

など色々言われて、笑われる事なんか、しょっちゅうでした。

そんな感じなので、仕事は全然とれずに、
たまにとれた仕事も、足元を見られ、
条件の悪い仕事ばかりで、全く利益になりませんでした。

起業:斉藤和也(さいとうかずや)の過去

毎日、飛び込み営業とかもしてたのですが、
全然、仕事をとってこれませんでした。

売上は上がらないけど、経費はかかる・・

そんな状態だったので、すぐに資金が底をついてしまいました。

本来、インターネットの事業であれば、
他のリアル店舗などと比べて、
初期投資や経費などは、カナリ抑えられるんですが、

何も考えずに、数十万するソフトを買ってみたり、
無駄に広告費をかけてしまったり、お金を無駄に使っていました。

また、人も雇っていたので、
最終的に、働いてくれてるみんなに、
給料を払うのが厳しくなってきました。

来月には必ず払うから、といって引き延ばしたり、
給料を減らしたりして、なんとかギリギリ経営をしてましたが、

それでもドンドンきつくなってきて、
最終的には、給料を払える状況じゃなくなってしまいました。

起業:斉藤和也(さいとうかずや)の過去

それでも、どこからか、お金を用意しなくちゃいけないんですが、

もちろん、こんなビジネスがうまく行ってない僕に、

銀行が資金を貸してくれるわけがないので、

社員にばれないように、こっそり、
自分の個人名義で消費者金融などから借金をして、
それを給料として払ってました。


かっこ悪くて社員に言えなかったですし、
誰にも相談できずにとても苦しかったです。


もちろん、僕自身の給料は長い間、ずっと0円でした。
タダ働きです。

途中でスパッと辞めればよかったんですけど、
「このビジネスをやれば、なんとかなるんじゃないか?」
と、思っては、毎回失敗してさらに苦しくなる、

という繰り返しでした。


また、起業する為に
友人から借りてきたお金を
返さなくちゃいけないので、

逃げたくても、逃げれない状況で、経済的にも精神的にも、
本当に辛かったです。


読者登録

斉藤和也(さいとうかずや)26歳経営者さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について