閉じる


<<最初から読む

4 / 5ページ

おまけ:黒い雨を読んでないけど感想文かいてみようw(3)

例文 本編

 ストーリはヒロシマの原爆について書かれたものでした。
被爆の惨状を閑間重松とその家族についてのお話です。
ヒロシマで被爆した閑間重松。重松は姪の矢須子が原爆病患者だと思われて、縁談がまとまらないことを気にし、矢須子と自分の日記を清書して村人の誤解をとこうとしました。清書作業で写される日記によって,悲惨な原爆体験が再現されていきます。
 そして清書も完了に近づいたある日、矢須子が原爆病を発病していることがわかりました。なんと街に降った放射能が含まれている黒い雨を浴びたのが原因らしかったのです。重松もいろいろと努力をするが矢須子の病状はよくならなりませんでした。清書がおわったとき、矢須子の病状は既に奇蹟に頼るしかないほど悪化してました。
 大量破壊的な爆風や熱線に加えて、後々、障害を引き起こす放射能線は残酷だと思いました。放射能を大量に浴びた病人を看護していた人が先に死んでしまったり、矢須子のように後から原爆症を発病する人もいる。生き残っても、常に発病の恐怖と世間からの偏見に苦しめられる。戦後に生まれた自分でも原爆の本当の怖さが本当に伝わってきました。
 また、私はこの作品を読み、命の尊さ、力強さを感じずにはいられませんでした。そして原爆の悲惨さを感じました。このようなことは二度とあってはならない事だと思います。 
 この本は戦争と言う何の意味もないことを二度と繰り返さない為にも、一度は読むべきだと思いました。

※ここまでで478+608文字。原稿用紙2.7枚程度、(タイトルと氏名含まず。)
参考は

以上しゅーりょーw
結論、読まなくてもさいあくなんとかなるw

奥付



「フリー読書感想文」:黒い雨を読んで


http://p.booklog.jp/book/51770


著者 : snaker
著者プロフィール:http://p.booklog.jp/users/snaker/profile

期末や夏休み明け直前の学生向けの読書感想文・小論文 作文・レポート 他  の無料閲覧 
青欧: http://seiou.gozaru.jp/ 


感想はこちらのコメントへ
http://p.booklog.jp/book/51770

ブクログ本棚へ入れる
http://booklog.jp/item/3/51770



電子書籍プラットフォーム : ブクログのパブー(http://p.booklog.jp/
運営会社:株式会社ブクログ



この本の内容は以上です。


読者登録

snakerさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について