目次
目次
人物紹介
人間関係図
用語解説
杉の木は残った 前編
杉の木は残った 前編 1
杉の木は残った 前編 2
杉の木は残った 前編 3
杉の木は残った 前編 4
杉の木は残った 前編 5
杉の木は残った 前編 6
杉の木は残った 前編 7
杉の木は残った 前編 8
杉の木は残った 前編 9
杉の木は残った 前編 10
杉の木は残った 前編 11
杉の木は残った 前編 12
杉の木は残った 前編 13
杉の木は残った 前編 14
杉の木は残った 前編 15
杉の木は残った 前編 16
杉の木は残った 前編 17
杉の木は残った 前編 18
杉の木は残った 後編
杉の木は残った 後編 1
杉の木は残った 後編 2
杉の木は残った 後編 3
杉の木は残った 後編 4
杉の木は残った 後編 5
杉の木は残った 後編 6
杉の木は残った 後編 7
杉の木は残った 後編 8
杉の木は残った 後編 9
杉の木は残った 後編 10
杉の木は残った 後編 11
杉の木は残った 後編 12
杉の木は残った 後編 13
杉の木は残った 後編 14
杉の木は残った 後編 15
杉の木は残った 後編 16
佐伯惟教の帰還
佐伯惟教の帰還 1
佐伯惟教の帰還 2
佐伯惟教の帰還 3
佐伯惟教の帰還 4
佐伯惟教の帰還 5
佐伯惟教の帰還 6
佐伯惟教の帰還 7
佐伯惟教の帰還 8
佐伯惟教の帰還 9
佐伯惟教の帰還 10
佐伯惟教の帰還 11
佐伯惟教の帰還 12
佐伯惟教の帰還 13
佐伯惟教の帰還 14
佐伯惟教の帰還 15
佐伯惟教の帰還 16
佐伯惟教の帰還 17
佐伯惟教の帰還 18
佐伯惟教の帰還 19
佐伯惟教の帰還 20
佐伯惟教の帰還 21
佐伯惟教の帰還 22
佐伯惟教の帰還 23
佐伯惟教の帰還 24
佐伯惟教の帰還 25
佐伯惟教の帰還 26
佐伯惟教の帰還 27
佐伯惟教の帰還 28
佐伯惟教の帰還 29
南予侵攻 慶徳寺合戦
南予侵攻 慶徳寺合戦 1
南予侵攻 慶徳寺合戦 2
南予侵攻 慶徳寺合戦 3
南予侵攻 慶徳寺合戦 4
南予侵攻 慶徳寺合戦 5
南予侵攻 慶徳寺合戦 6
南予侵攻 慶徳寺合戦 7
南予侵攻 慶徳寺合戦 8
南予侵攻 慶徳寺合戦 9
南予侵攻 慶徳寺合戦 10
南予侵攻 慶徳寺合戦 11
南予侵攻 慶徳寺合戦 12
南予侵攻 慶徳寺合戦 13
南予侵攻 慶徳寺合戦 14
南予侵攻 慶徳寺合戦 15
南予侵攻 慶徳寺合戦 15
南予侵攻 慶徳寺合戦 17
南予侵攻 慶徳寺合戦 18
南予侵攻 慶徳寺合戦 19
南予侵攻 慶徳寺合戦 20
南予侵攻 慶徳寺合戦 21
南予侵攻 壷神山の一夜
南予侵攻 壷神山の一夜 1
南予侵攻 壷神山の一夜 2
南予侵攻 壷神山の一夜 3
南予侵攻 壷神山の一夜 4
南予侵攻 壷神山の一夜 5
南予侵攻 壷神山の一夜 6
南予侵攻 壷神山の一夜 7
南予侵攻 壷神山の一夜 8
南予侵攻 壷神山の一夜 9
南予侵攻 壷神山の一夜 10
南予侵攻 壷神山の一夜 11
南予侵攻 壷神山の一夜 12
南予侵攻 壷神山の一夜 13
南予侵攻 壷神山の一夜 14
南予侵攻 壷神山の一夜 15
南予侵攻 壷神山の一夜 16
南予侵攻 壷神山の一夜 17
南予侵攻 壷神山の一夜 18
南予侵攻 壷神山の一夜 19
南予侵攻 壷神山の一夜 20
南予侵攻 鳥坂峠合戦
南予侵攻 鳥坂峠合戦 1
南予侵攻 鳥坂峠合戦 2
南予侵攻 鳥坂峠合戦 3
南予侵攻 鳥坂峠合戦 4
南予侵攻 鳥坂峠合戦 5
南予侵攻 鳥坂峠合戦 6
南予侵攻 鳥坂峠合戦 7
南予侵攻 鳥坂峠合戦 8
南予侵攻 鳥坂峠合戦 9
南予侵攻 鳥坂峠合戦 10
南予侵攻 鳥坂峠合戦 11
南予侵攻 鳥坂峠合戦 12
南予侵攻 鳥坂峠合戦 13
南予侵攻 鳥坂峠合戦 14
南予侵攻 鳥坂峠合戦 15
南予侵攻 鳥坂峠合戦 16
南予侵攻 鳥坂峠合戦 17
南予侵攻 鳥坂峠合戦 18
南予侵攻 姫若子対姫巫女
南予侵攻 姫若子対姫巫女 1
南予侵攻 姫若子対姫巫女 2
南予侵攻 姫若子対姫巫女 3
南予侵攻 姫若子対姫巫女 4
南予侵攻 姫若子対姫巫女 5
南予侵攻 姫若子対姫巫女 6
南予侵攻 姫若子対姫巫女 7
南予侵攻 姫若子対姫巫女 8
南予侵攻 姫若子対姫巫女 9
南予侵攻 姫若子対姫巫女 10
南予侵攻 姫若子対姫巫女 11
南予侵攻 姫若子対姫巫女 12
南予侵攻 姫若子対姫巫女 13
南予侵攻 姫若子対姫巫女 14
南予侵攻 姫若子対姫巫女 15
南予侵攻 姫若子対姫巫女 16
南予侵攻 姫若子対姫巫女 17
南予侵攻 姫若子対姫巫女 18
米津幻影譚
米津幻影譚 1
米津幻影譚 2
米津幻影譚 3
米津幻影譚 4
米津幻影譚 5
米津幻影譚 6
米津幻影譚 7
あとがき
あとがき 1
あとがき 2
あとがき 3
あとがき 4
奥付
奥付

閉じる


試し読みできます

目次

はじめに

 

 この物語は、SS創作・投稿掲示板アルカディア http://www.mai-net.net/ に投稿されていたそる氏の大傑作『腕白関白』にいたく創作意欲を刺激されて筆をとり、完結させたものの加筆修正版になります。

 

 この物語は歴史改変憑依オリ主でTS物です。

 そして、物語のほとんどが北部九州限定というマニアックさです。

 

 では、天下など気にする事もできない、小さな戦国異聞を語らせてもらいます。

 

 

目次

 

人物紹介

杉の木は残った 前編

杉の木は残った 後編

佐伯惟教の帰還

南予侵攻 慶徳寺合戦

南伊侵攻 壷神山の一夜

南予侵攻 鳥坂峠合戦

南予侵攻 姫若子対姫巫女

米津幻影譚

あとがき


試し読みできます

人物紹介

人物紹介

 

 大友珠       (おおとも たま)   この物語の主人公。

 大友義鎮   (おおとも よししげ)  豊後国の戦国大名。珠の父親。

 比売大神    (ひめの おおかみ)  宇佐八幡宮の主神。珠の母。宇佐八幡宮を守る為に珠を産む。

 奈多夫人    (なだ ふじん)      大友義鎮の正室。珠の養母。

 佐田隆居    (さだ たかおき)     宇佐衆筆頭。珠の爺。

 佐田鎮綱    (さだ しげつな)     佐田隆居の息子。珠の執事。

 林麟          (はやし りん)      珠の護衛。珠が『麟姉』と呼んでなついている。

 由良          (ゆら)           遊女。姉御肌で同性からの人気が高い。白貴の友人。

 白貴          (しらたか)        遊女。下腹部に彫物あり『二杏葉の白貴』と呼ばれる。白菊と呼ばれていた。

 島井茂勝    (しまい しげかつ)   珠の御用商人。博多遊郭を差配する。

 大神惟教    (おおが これのり)   大神系佐伯家一門。現在は珠の勘定方として働いている。

 田原親賢    (たばる ちかかた)   大友義鎮の寵臣。それゆえに他の家臣と軋轢がある。

 吉弘鎮理    (よしひろ しげただ)  香春岳城城代。珠がスカウトした武闘派吉弘家の次男。

 安宅冬康    (あたぎ ふゆやす)   三好家元宿老。粛清寸前で珠にスカウトされる。水軍の将。

 舞・霞・綾音 (まい・かすみ・あやね) 元甲賀くノ一。畿内にて珠にスカウトされる。

 吉岡長増  (よしおか ながます)  大友家の長老。大友家の謀将。

 毛利元就  (もうり もとなり)     西国六カ国を支配する戦国大名。大友義鎮や珠と激しく争う。

 毛利元鎮  (もうり もとしげ)     四郎。毛利より出奔した大友のへの人質兼珠の愛人。


試し読みできます

人間関係図

大友の姫巫女 人間関係図

 

 

         比売大神

          ├─────大友珠 (主人公)

          │

          │

         大友義鎮

          │

          ├─────長寿丸 (後の大友義統)

          │

          ├─────新九郎 (後の大友親家)

          │

        ┌奈多婦人 

奈多鑑基──│

        └田原親賢 (田原家分家養子 奈多婦人の兄 次男)

        │

        └奈多鎮基 (奈多家後継者 長男)

 

 奈多家は他紋衆だが、奈多八幡宮宮司として豊後内宇佐八幡荘園を管理しており、国東半島を中心に強大な勢力を築いていた。

 

 

大友家家臣団の色分け

 

 一門  大友一族で宗家のみが使用。

      当主以外の兄弟は分家するか養子によって大友姓から外れて同紋衆となる。

 

 同紋衆 大友一族を祖に持つ譜代衆。

       義鎮の代では最高意思決定機関である加判衆は彼らからしか選ばれなかった。

 

 他紋衆 一門・同紋衆以外全ての国人衆の総称。

       それゆえ、内部が一枚にまとまっていない。

       豊後国には佐伯家を頂点とする大神系国人衆がおり、大友家と対立していた。

       また、豊後国には大神系以外の国人衆も勢力を持っていた。


試し読みできます

用語解説

大友三大支族

 

田原家

 国東半島を拠点に勢力を持つ。

 幾度と無く独立を望み、大友宗家より常に警戒される家。

 その分断策に吉弘家など田原分家が優遇された。

 

志賀家

 豊後南部に勢力を持ち、北志賀家と南志賀家(双方とも志賀と名乗っている)に本家が分裂しているがその地盤は強大。

 南部衆と言えば、この志賀家とその一族を指す事が多い。

 

託摩家

 肥後を拠点に菊池家の血と混ざり土着化。肥後の名族菊池家をついに乗っ取る。

 だが、菊池義武の大友からの独立とその戦乱で衰退。

 

 

大友家以外の国人衆

 

宇佐衆

 宇佐八幡宮の荘園領主を母体とした国人衆の集合体。

 現在の筆頭は佐田隆居で、宇佐衆は勢場ヶ原合戦にて大内家の方につき、現在でも大友家中ではその怨恨を引きずっている所が多い。

 

大神系国人衆

 鎌倉時代前から豊後に土着し、緒方惟栄などを輩出して豊後を支配していた一族。

 それゆえ、豊後の支配をめぐり鎌倉時代に下向した大友家と長い闘争を続けていた。

 小原鑑元の乱によって、一族宗家を束ねる家が滅亡・逃亡・引退に追い込まれた事で、一族としての統一行動を取る事はほぼなくなっている。

 

城井宇都宮家

 元は関東の名家で豊前国に根付いた一族。

 とはいえ、大友・大内にはさまれた結果勢力は衰え、分家の多くが大友・大内(毛利)へと独自の判断にてついている。

 宇佐衆筆頭の佐田家は城井宇都宮家の有力分家の一つ。

 

大蔵党一族

 筑前国に根を張る国人衆の集合体。

 藤原純友の乱鎮圧に功績のあった大蔵春実を祖に代々大宰府府官を務め、子孫は九州の原田氏・秋月氏・波多江氏・三原氏・田尻氏・高橋氏の祖となって繁茂。

 筑前国人衆に大蔵の血が入っていない所はないと言われるが、大内家や少武家などの守護勢力の下で弱体化。

 大蔵党は原田・秋月・高橋の三家の格が高いのだが、高橋家は断絶。一万田家より養子をもらう事で家を存続させた。

 それが高橋鑑種である。

 

 

永禄八年(1565年)二月時点の大友家加判衆

 

大友義鎮  (おおとも よししげ) 大友家当主。

 

戸次鑑連 (べっき あきつら)   大友義鎮の陣代として大友軍を率いる。

臼杵鑑速 (うすき あきはや)   博多奉行として大友の外交を担当。

吉岡長増 (よしおか ながます) 大友家の長老で引退を表明している。

田北鑑生 (たきた あきなり)   玖珠郡の旗頭で長い戦歴を持つ。引退を表明。

吉弘鑑理 (よしひろ あきまさ) 大友家の武闘派で国東半島の旗頭。

志賀親守 (しが ちかもり)    豊後南部北志賀家当主で豊後の内政を担当。

大友珠           大友義鎮の娘。右筆ゆえ発言権はないが、大友義鎮の加判を管理。

                         実質的参加者として発言権が与えられる。

 


試し読みできます

杉の木は残った 前編 1

杉の木は残った 前編

 

 永禄八年(1565年)一月 別府

 

 杉乃井御殿の朝は早い。

「ふぁ……

 よいしょっと」

 櫓門になっている杉乃井大手門から、唐風衣装を着た姫巫女衆が降りてくる。

 姫巫女衆は、常に三人一組で動く事を義務付けられており、その手には薙刀か弩を持っている。

 なお、彼女達は鉄砲を持っていない。

 反動に女の体が耐えられないのと、火薬の火花で火傷をするからだ。

 だから、鉄砲を撃つ為に御社衆もこの大手門に詰めている。

 なお、この服の事を「中国服」と珠姫が呼んだのだが、その実この服は元が満州系だから唐国である所の明商人もこんな服は見た事が無いらしい。

 太もも丸見えの深いスリットで男達をメロメロにしているのだが、警護としてどうなのかという意見は当初から言われていた。

 とはいえ、この門を守る彼女達しかこの扇情的な服をつけられないのでそれなりに花形部署になっていたりする。

「かいもーんっと」

 姫巫女衆の声にあわせて御社衆の男達が門を開けてゆく。

 遊郭であるので朝日と共に開門し、夜には門を閉める。

 それ以後の出入りは禁止であり、客はお泊りという形で遊郭の中で遊ぶのだが、当然顔を知られたらまずい人もいるので、門番である彼女達に話せば門は開けてくれる。

 そして開門と同時にわらわらと入る人達。

 客な訳もなく、その殆どが珠姫への陳情者だったりする。

 これも、博多と繋がりが深い彼女への陳情とご機嫌とりだったりするのだが。

 おかげで、彼女は本拠である宇佐に中々帰れておらず、多くの者もこの別府の御殿が本拠と勘違いしていたり。

 この遊郭の門前町はそんな陳情者の宿も多くあり、当然その宿でも遊女達が商売をしていたりする。

 一つの公共施設が町を形成する良い見本といえよう。

 杉乃井遊郭は断崖絶壁に立てられた遊郭なので、この門の先からは階段が続く。



読者登録

北部九州在住さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について