twitterアカウントでログイン

カテゴリー 小説・ノンフィクション ファンタジー , 恋愛 作者 ihura
価格 無料
タグ 神話っぽいもの
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

4 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 6ページ (Web閲覧)
23ページ (PDF)
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
イーデルト・クローデリア。
それは神子の目を持つ異形の娘に与えられた名前。
目が覚めると待っていたのは、とこしえの夜だった。


これは、忌み嫌われ愛される娘と、夜の現身の邂逅の一幕。
【本編4頁+おまけ】

コメント一覧

そうです。見事にあててくださってありがとうございます。 欠けていく月と新月です。 たぶん、三神のところにイーデルト・クローデリアがお出かけしてる日には、三神ににやにやされているだろう自分を思ってグラーチェが頭抱えていると思います。
ihura : 2015-01-13 15:33:56

わーーーーーーー!イーデルト・クローデリアとグラーチェのその後。 グラーチェ可愛い。そして、もしやもしや、月に一度イーデルト・グラーチェの姿が見えなくなる、ということは新月になぞらえているのでしょうか。(勝手&間違っていたら推測すみません。汗) とても素敵な物語を、ありがとうございました^^
はるゆき : 2014-12-16 08:55:04

い、いえ!こちらこそ挙動不審になって申し訳ないです! 全四話でなく、全四ページでした…!出してた分で本編終了です。 そういえばもう少し書いてたの思いだしたので、おまけ追加してみました。せっかくなので。気が向いたら読んであげてください~。
ihura : 2014-12-12 11:11:17

私「すすす、すげーな!」って思うと、先生呼びしちゃう癖がありましてな(笑) 気を付けるんですけど、ついついやっちまいましたらお目こぼしをおげー致します! 全四話ということで、続きがとても楽しみでございます! ^∀^
はるゆき : 2014-12-09 16:43:16

はるゆきさん。 こちらからは、はじめまして。いつもお世話になっております。 先生は、先生ではないので、やめてくだされー(笑)挙動不審になります…! 読んでくださったばかりでなく、コメントまで…!ありがとうございます…!好きといっていただけて、うれしいです! グラーチェは、たぶんイーデルト・クローデリアに振り回されつつ(笑)二人で長い時を超えていくのかと思われます(´∀`)彼女は彼女で、グラーチェをぎゅうぎゅうしとけばいいと思います!
ihura : 2014-12-08 09:49:50

うっとりするような、ファンタジー。ifura先生の文章、本当に好きです。物語にどんどん引き込まれていってしまう。朝昼夜を併せた姿を持ちながら、夜を選んだイーデルト・グローリア。与えられたもののなかから、自分で選択する、というのが凄く好き。この後どうなっていくのでしょうか。願わくば二人が幸せになれますように。 個人的にキーリの花がイーデルト・クローデリアを中心に撒かれていたシーンがとても印象的でした。きっときっと、彼女がグラーチェに一層親しみを持てた時だったのでしょう。とても嬉しかっただろうと思います(涙)
はるゆき : 2014-12-06 12:08:58

facebook コメント一覧