目次
第一章「アル晴レタ、昼下ガリ」
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
34
35
36
37
38
39
40
41
42
43
44
45
46
47
48
49
50
51
52
53
54
55
56
57
58
59
60
61
62
63
64
65
66
67
68
69
70
71
72
73
第二章「精霊と青年」
2-1
2-2
2-3
2-4
2-5
2-6
2-7
2-8
2-9
2-10
2-11
2-12
2-13
2-14
2-15
2-16
2-17
2-18
2-19
2-20
2-21
2-22
2-23
2‐24
2-25
2‐26
2‐27
2‐28
2‐29
2‐30
2‐31
2‐32
2‐33
2‐34
2‐35
2‐36
2‐37
2‐38
2‐39
2‐40
2‐41
2‐42
2‐43
2‐44
2‐45
2‐46
2‐47
2‐48
2‐49
2‐50
2‐51
2‐52
2‐53
2‐54
2‐55
2‐56
2‐57
2‐58
2‐59
2‐60
2‐61
2‐62
2‐63
2‐64
2‐65
2‐66
2‐67
2‐68
2‐69
2‐70
2‐71
2‐72
2‐73
2‐74
2‐75
2‐76
2‐77
2‐78
2‐79
2‐80
2‐81
2‐82
2‐83
2‐84
2‐85
2‐86
2‐87
2‐88
2‐89
2‐90
2‐91
2‐92
第三章「決戦、妖怪都市」
3‐1
3‐2
3‐3
3‐4
3‐5
3‐6
3‐7
3‐8
3‐9
3‐10
3-11
3‐12
3‐13
3‐14
3‐15
3‐16
3‐17
3‐18
3‐19
3‐20
3‐21
3‐22
3‐23
3‐24
3‐25
3‐26
3‐27
3‐28
3‐29
3‐30
3‐31
3‐32
3‐33
3‐34
3‐35
3‐36
3‐37
3‐38
3‐39
3‐40
第四章「夏の想い出」
4‐1
4‐2
4‐3
4‐4
4‐5
4‐6
4‐7
4‐8
4‐9
4‐10
4‐11
4‐12
4‐13
4‐14
4‐15
4‐16
4‐17
4‐18
4‐19
4‐20
4‐21
4‐22
4‐23
4‐24
4‐25
4‐26
4‐27
4‐28
4‐29
4‐30
4‐31
4‐32
4‐33
4‐34
第五章「堕天使の囁き」
5‐1
5‐2
5‐3
5‐4
5‐5
5‐6
5‐7
5‐8
5‐9
5-10
5‐11
5‐12
5‐13
5‐14
5‐15
5‐16
5‐17
5‐18
5‐19
5‐20
5‐21
5‐22
2‐23
5‐24
5‐25
5‐26
5‐27
5‐28
5‐29
5‐30
5‐31
5‐32
5‐33
5‐34
5‐35
5‐36
5‐37
5‐38
5‐39
第六章「世界ノ終ワリ……」
6‐1
6‐2
6‐3
6‐4
6‐5
6‐6
6‐7
6‐8
6‐9
6‐10
6‐11
6‐12
6‐13
6‐14
6‐15
6‐16
6‐17
6‐18
6‐19
6‐20
6‐21
6‐22
6‐23
6‐24
6‐25
6‐26
6‐27
6‐28
6‐29
6‐30
6‐31
6‐32
6‐33
6‐34
6‐35
6‐36
6‐37
6‐38
6‐39
最終章「永久に醒めぬ夢」
7‐1
7‐2
7‐3
7‐4
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

66 / 317ページ

試し読みできます

71

 まあ、朝からハプニングで、かなり落ち込みながらもやることはやらねばならんのでさっさと撮影に出た。瑠璃の出るシーンは昨日の取り残しだけなので、十時には撮影終了。出演シーンが終わったので、今日の残り撮影部分は俺と赤夏で撮り、瑠璃は先に帰ることに。

「ごめんねぇ、ほんとは最後まで付き合いたいんだけど、今日バイトでさ」

 申し訳なさそうに手を合わせる瑠璃。

「いやいや。こっちこそ、いつも来てもらってさ」

 ほんと、感謝こそすれ謝られるようなことは何もないのに。

……むしろ、俺としてはそれより、朝のことを謝ってほしいのだが、こっちの方は自分が何をしでかしたかすらも自覚していないらしい。まったく、この天然娘は……。

 電車から手を振る瑠璃を見送り、撮影に向かう俺たち。今日も日差しが強い。今度は倒れたりしないように、飲み物を持参している。しかし、昨日の日射病には本当にまいった、何の前兆もなくいきなりバッタリだったからな。

……あのとき一瞬、祟りという言葉が脳裏を過った。無論、それは直前まで祟りの話をしていたのと、墓場という立地条件だったからというだけで、俺が倒れたのはただの日射病に他ならないが。何にしても、気持ちの悪い話だ。

 まあ、前日の教訓が生かされたのか午後からも撮影は順調に進み、誰も倒れることなく終了した。俺の不安は杞憂に終わったわけだ。それは良いことだ。

「えっと、これで今日の撮影予定は終わりか……あ、そうだ。昨日撮れなかった祠、撮りに行こう。鎮守の森に」

 そう、日射病騒動で放置になってたインサート撮影。短いカットだから、思い立ったときに行っておかないとまた忘れてしまう。

 鎮守の森に近い孤篠津神社は、地区内で一番大きな神社だ。鳥居の前には、天にそびえるような二本の巨大な木が立っている。まるで何か異世界への門みたいだ。この神社の石畳を進むと道の両サイドに、小屋に入った笑い顔と怒り顔の人形が座っている。子供の頃はこれがえらく怖かった。今見るとそうでもないが、やはりあまり気持ちの良いものではない。

 神社を通り抜けた裏には線路が走っており小さな踏切がある。踏み切りと言っても遮断機もなく、あの黄色と黒の×印が小さく立ててあるだけのへんぴなところ。一時期、年寄りがよくここで電車で轢かれたと聞く。今では通る人はほとんどおらず、錆びた標識だけがもの悲しげに佇んでいる。

ここを超えると一面に畑が広がっているのだが、その中で一か所だけ木々が茂った場所がある。それが鎮守の森だ。

「おー、いい感じに薄気味悪いじゃないですか」

 赤夏が言う。狭い範囲とはいえ木々が生い茂り、さらに身の丈ほどある草が鬱蒼とした中にある古い鳥居というのはなんとも禍々しい雰囲気を醸し出している。外観からして、普通は中に入るのを躊躇われるが、かつて好奇心旺盛だった鵲少年は鳥居をくぐって奥まで入ったことがある。そこには、草と木に埋もれるようにして小さな石の祠が立ててあった。何を祀っているかはわからない、赤夏の言うことが本当ならここも間引きで殺された子供の可能性が高いが……いや、変なことを考えるのはやめよう。

 鳥居を中心にこの不気味な外観を撮影し、森の中に足を踏み入れる。一歩進んだだけで、藪蚊が一斉に飛びかかってきた。赤夏が、うおっと、すっとんきょうな声を上げる。

 外部の倒れるような熱さが嘘のように、森の中はひんやりとしていた。ギラギラした日の光も遮られ、枝の間からわずかな木漏れ日が射し込むのみ。薄暗くて、冷たい天然の冷蔵庫……立地やいわくのことを考えると、超自然的な何かが働いているのではないかと妄想してしまう。無論、そんなことあるはずないが。社だから神秘的なのではなく、それっぽい場所があったからそこに神を祀ったと考えるのが自然だろう。

 さて、肝心の祠だが……どこにあったかな? 記憶では入って数メートルしたらもうあった気がするのだが。そもそも、森そのものがそう大きな物ではないし。しかし、ざっと見渡しても祠は見当たらない。


試し読みできます

72

「祠ってどれだ?」

「いや、ここにあったはずなんだが……」

「ほんとか? 俺はこんなとこ入ったことないから、お前の記憶だけが頼りだぞ」

「そう言われても……あっ」

 見つけた。背の低い俺たちからすると、身の丈ほどもある草が密生しているせいで見落としていた。祠は俺の記憶通り、たしかにここにあった。あったのだが……。

 祠の形は、俺がかつて見たものとは違っていた。いや、最早、形を成していなかった。かつてそこにあった石の祠は、無残に砕けてただの石屑に。わずかに残った台座部分と、破片の形状だけが祠が存在したという事実を物語っている。

「これは酷いな」

「ああ……」

 俺も赤夏も言葉を失った。いくら神仏を拝まぬ俺とて、これはあまりにも……それこそ祟りや呪いがありそうだ。一体どこの誰がこんなことをしたのだろうか? 悪戯にしては手が込んでいる。石で出来た祠を破壊するのだ、並大抵の労力ではない。それに……。

 破片の一つを手に取る。かつて神聖なものを形成していた物の断面は、まるで刃物で切ったように真っ平だ。こんなことをするには、工事現場で使うコンクリートを切断するような器具でも持ってこないと無理だろう。それだけの手間暇と労力を使ってまでの行為……つまりこれを破壊した何者かは、そうとう強い意志に基づいてそれを実行したということだ。

「どうするよ、これ……撮る?」

「いや、辞めとこう。鳥居撮ったからいいだろ……」

 それ以上言葉を交すことなく俺たちは鎮守の森を後にした。正直、一刻も早くここから離れたかった。壊された祠はあまりにも不吉で、そこにいるだけで俺たちまで呪われそうな気がする。

鳥居を抜けると、真っ白な真夏の太陽が輝いていた。目の前に広がる青い空、一面の畑、代わり映えしない平常な空間……その全てが愛おしかった。背後を振り返りる。神の宿るはずの森は、先ほどまでと違って邪気を放つ忌まわしい場所に見えた。


試し読みできます

73

「祠ってどれだ?」

「いや、ここにあったはずなんだが……」

「ほんとか? 俺はこんなとこ入ったことないから、お前の記憶だけが頼りだぞ」

「そう言われても……あっ」

 見つけた。背の低い俺たちからすると、身の丈ほどもある草が密生しているせいで見落としていた。祠は俺の記憶通り、たしかにここにあった。あったのだが……。

 祠の形は、俺がかつて見たものとは違っていた。いや、最早、形を成していなかった。かつてそこにあった石の祠は、無残に砕けてただの石屑に。わずかに残った台座部分と、破片の形状だけが祠が存在したという事実を物語っている。

「これは酷いな」

「ああ……」

 俺も赤夏も言葉を失った。いくら神仏を拝まぬ俺とて、これはあまりにも……それこそ祟りや呪いがありそうだ。一体どこの誰がこんなことをしたのだろうか? 悪戯にしては手が込んでいる。石で出来た祠を破壊するのだ、並大抵の労力ではない。それに……。

 破片の一つを手に取る。かつて神聖なものを形成していた物の断面は、まるで刃物で切ったように真っ平だ。こんなことをするには、工事現場で使うコンクリートを切断するような器具でも持ってこないと無理だろう。それだけの手間暇と労力を使ってまでの行為……つまりこれを破壊した何者かは、そうとう強い意志に基づいてそれを実行したということだ。

「どうするよ、これ……撮る?」

「いや、辞めとこう。鳥居撮ったからいいだろ……」

 それ以上言葉を交すことなく俺たちは鎮守の森を後にした。正直、一刻も早くここから離れたかった。壊された祠はあまりにも不吉で、そこにいるだけで俺たちまで呪われそうな気がする。

 鳥居を抜けると、真っ白な真夏の太陽が輝いていた。目の前に広がる青い空、一面の畑、代わり映えしない平常な空間……その全てが愛おしかった。背後を振り返りる。神の宿るはずの森は、先ほどまでと違って邪気を放つ忌まわしい場所に見えた。


試し読みできます

2-1

第二章「精霊と青年」

 

 

 暗い闇の中にそれはいる。一切の明かりがないので姿を見ることはできない。だが、その異形のものは確実に俺の後ろに存在し、少しずつ少しずつこちらに歩み寄ってくる。俺の体はまるで全身をタールで塗りで固められたみたいに動かない。背後の気配はもうすぐ後ろまで来ている。息遣いや、動いたときの空気の淀みまで感じられるほどに……。

 俺の肩にそいつは触れた。続いて胴体、足、首と全身にそれは絡み付く。それでも俺は抵抗できない。暗い暗い、真っ暗闇の中に、俺は引きずり込まれていった……。

 

 

 寝間着の背中が汗でぐっしょりと濡れて冷たい。真夏の夜中にも関わらず、全身が肌寒く身を震わせる。時刻は深夜二時を回ったところだ。

 ……嫌な夢だった。体に触れた、なんとも言えない感触はまだリアルに残っている。痛いとか、気持ち悪いとかではない、触られたところから腐食し、体が死んでいくような……。 肩に手を触れ、マッサージするように動かす。続いて足、首……一ヶ所ずつ、体の無事を確認し、ほっと溜めをつく。悪夢にうなされた後は、必ず安堵感と脱力に襲われる。どんなに恐ろしいことでも、それは夢の中のことであって、現実には無縁なものだから。

 多量の汗で水分を失ったからか、それとも濡れたせいで夏風邪でもひいたのか、喉がカラカラに乾いて痛い。だるい体を起こし、布団から這い出る。

 暗い廊下を通り、誰もいない居間を抜ける。普段ならまだ友希英が起きているであろう時間なのだが、今日は寝てしまったらしい。さっきの夢のせいだろう、暗く誰もいない中にいると、見慣れた家が何か違うものに感じられた。

 コップに茶を注ぎ、三分の二ほど一気に飲み干す。ねとついた汗とは違う、心地よい冷たさが体内へと伝う。一息ついて口元を拭う。窓の隙間より流れ込む風が気持ちいい。干からびた喉は正気を取り戻し、もっともっと、とさらなる水分を要求する。コップに茶を継ぎ足すため、流し台横に置いたペットボトルに手を伸ばす……。

 そのとき、ふとちょっとした違和感を感じた。暗さに目が慣れてきたからだろう。

 ペットボトルを置いた流し台の向こうにはすりガラスの窓がある。風通しを良くするためと、離し飼いのポン太がいつでも入れるように常に十センチほど開けてあるのだが……。

 俺は目が悪い。普段はコンタクトをしていて、裸眼視力は〇. 一だ。近眼な上、夜でかなり視界が悪い。その違和感の正体を確かめるため、目を細めじっと凝視する。

 ……俺は後悔した。気付かない方が良かった、見ない方が良かった……。

 

 

 すりガラス越しに見える黒い影、そして窓の隙間からは、白い顔が覗いていた。長い髪が皮膚にまとわり着き、口元の両端を引き上げ笑っている。黒く淀んだ瞳で、まっすぐこちらを見据えるそれと目が合った。

 ……そこで俺の意識は途絶えた。


試し読みできます

2-2

 気が付いたとき、俺は布団の中にいた。もうとっくに日が登り、眩しい光が目にしみる。

「……夢?」

 昨日の出来事を思い出す。たしかに俺はここから起き上がり、台所に行った。そして…………。

 夢にしてはやけにリアルだ。全ての情景がこと細かに思い出せる。だが、あの後どうなったかはどうしても思い出せない。そして気が付いたら元の和室にいた。常識的に考えるなら、あれも夢だったと考えるのが妥当だろう。悪夢から覚めた先もまた悪夢だった、よくあることだが……。

 考えていても仕方がないので起き上がって居間に行く。親父が座椅子に座り込み、母親が朝食を運んでいた。親がまだいるとは珍しい。掛け時計を見上げると、まだ七時前だった。

「おはよ……」

「おお、やけに早いのお」

「うん、目が覚めてね」

 親父の後ろを通り抜け、台所の方に行く。窓の方に目をやるが、当然のことながら何もない。母親が怪訝な目でこちらを見た。

「どうしたん?」

「いや、なんでもない……」

「来たついでだからお父さんにお茶持っていって」

 母親が流台の上からペットボトルをとり、こっちに差し出す。

「ぬるいな、この茶」

「仕方ないでしょ、誰か出しっぱなしにしてたんだから」

 文句を垂れる親父に対して、母親が言う。まったく、贅沢な親父だ。

 ……ん?  お茶がぬるい、誰かが出しっぱなしにしてた……昨日の晩…………。

俺の中で、さっと血の気が引いていった。やはり俺は昨晩ここに来た、その後お茶を飲んだ、そして…………ここから先も現実なのか、それともただの夢だったのか……わからない。



読者登録

谷山龍さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について