twitterアカウントでログイン

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格150円(税込)
カテゴリー 小説・ノンフィクション ホラー・オカルト , アクション 作者 谷山龍
価格 150円(税込)
タグ 妖怪鳥取境港バトル
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

0 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 317ページ (Web閲覧)
619ページ (PDF)
試し読み:76ページ
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
妖怪の聖地、鳥取県境港市をモデルにした怪奇バトルロマン小説!

日本海に面したT県にある小さな港町、S市。
そこはとある妖怪漫画家の出身地で、妖怪を使って地域振興を図っている。
S市出身で、大阪の映画学校に通う鵲迅と山岸赤夏は、夏休みにS市に帰郷してきた。
卒業制作でS市の妖怪を題材にした怪奇映画を作ることにする。
都会の喧騒から離れた田舎町で、久しぶりに会った地元の仲間、鈴木瑠璃や御手洗真尋、
そして最愛の妹、友希英と一緒に、映画作りの青春に勤しむ。

……しかし、楽しい毎日の裏には、黒い影が近づきつつあった。

主人公の周囲で起こり始める、怪奇現象。
地域伝わる不気味な伝承。
見え隠れする、謎の外国人。
正体不明の気配……。

主人公達は土地の妖怪の怒りに触れてしまったのか?
S市に隠された秘密とは?
襲い来る妖怪たちとの戦い、その結末は!?

この本には試し読みが 76 ページあります

試し読みを開く

旧バージョンで読みたい方はこちら 

パブーのおすすめ

この本を開く

熟年夫婦の危機が巷では深刻に……彼らも例外ではありません以前書いたものを落語仕立てにしてみましたお心...

この本を開く

平成時代に台湾に住んでいたからこそ縁があって知り合えた人たちによる文集です。皆さんから台湾に対する思...

この本を開く

方子さんはどうしようもない方向音痴です。名前が悪かったのでしょうか。当人は至ってお気楽なのですが、周...

この本を開く

青年海外協力隊、モザンビークボランティア隊員による機関紙3号です。

この本を開く

人工知能は大量のデータ処理能力と速度において既に人間を超えているが・・・機械的ロボットは人の作ったプ...

もっとみる