twitterアカウントでログイン

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格76円(税込)
カテゴリー 小説・ノンフィクション 文芸 , ファンタジー 作者 白水銀雪
価格 76円(税込)
タグ 泉鏡花いずみきょうか竜潭譚りゅうたんだん現代語訳
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

103 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 12ページ (Web閲覧)
24ページ (PDF)
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
【あらすじ】

紅色の雪が一面に降り積もったような躑躅の丘に上り、きらきらとした羽虫を追いかけて道を見失った私が、遠くに聞こえた「もういいよ」という声の方へ進むと、よく知っているお堂の裏へ出た。

そこで出会ったうつくしい人に、小さな稲荷の前へ導かれると間もなく、何ものかが坂の下から上って来る気配がしたため、私は社の中に逃げ込んだ。

しばらくして、姉が自分を探しに来てくれたが、その後を追いかけてひたすら走っているうち、恐ろしい森に四方を囲まれた水際、生い茂る蘆の中に倒れて気を失ってしまう。

やがて、目の縁に清々しさを感じ、さわやかな薫りが強く鼻を打って気がつくと、私の身体は柔らかい蒲団の上に横たわっていた。

そして外では、あのうつくしい人が、一糸まとわぬ姿で、筧から水を落とした盥に浸っていたのである。

コメント一覧

この本へのコメントはまだありません。

facebook コメント一覧