閉じる


<<最初から読む

6 / 12ページ

試し読みできます

大沼

「いないッて、わたしゃあどうしたらいいだろう、じいや。」
「ほんとにいらっしゃらないことはございませんでしょうが、もう日は暮れまするし、何にせよ、御心配なことでござります。遊びに出します時、お前様まえさまが帯の結び目を『とん』とたたいておやりなさればよろしかったのに。」
「ああ、いつもはそうして出してやるのだけれど、今日はお前、私にかくれてそッと出て行ってしまったものだからねえ。」
「それはなんとも不注意なこった。帯の結び目さえ叩いときゃ、ただそれだけで姉様なり、母様おふくろさまなりのたましいが入るもんだから、エテやつはどうすることもできないのでござんすが。」
「そうねえ。」と物悲しそうに語らいながら、その声はやしろの前を横切りなさった。
 私は走り出たが、あまりに遅過ぎた。
 すぐ出て行かなかったのは、姉上のことさえあやしんだからである。
 やんでもどうにもならず、向こうの境内けいだいの鳥居のあたりまで追いかけたけれど、すでにその姿は見えなかった。
 涙ぐんで立ち止まった時、ふと見た暗い夜の空のもと、大きなまるい影をなして茂っている銀杏いちょうの木の下に、女の後ろ姿があって私の目をさえぎった。
 あまりによく似ていたので、思わず『姉上』と呼びそうになったが、正体のわからないものに声をかけて、自分からここにいるのを知らせるのは、うまくないことだと思ってめた。
 ちょっとをおいて、その姿はまたどこかへ去った。見えなくなるといっそうなつかしく、『たとえ恐ろしいものだとしても、かりにも優しい姉上の姿にけたからには、私をらえてもむごい事はしないだろう。さっきの声は姉上のものではなくて、いま幻に見えたのが本当の姉上かもしれないのに、どうして言葉をかけなかったのだろう』と、泣きじゃくったが、どうにもならない。
『ああ情けない。これまでのいろいろなあやしいものは、すべて自分の目がどうかした錯覚に違いない。そうでなければ涙にくもったのだ。向こうの御手洗みたらしきよめたら、きっとよくなるだろう』と、私はそちらへ近寄った。
 そこには、すすけた横に長い行燈あんどうが一つ上にかかり、ほととぎすのと俳句などが書かれていた。ともったに照らされ、水はよくんで、青いこけのむした石鉢いしばちの底もはっきり見える。その水を手にすくおうとしてうつむいた時、私はまったく思いもかけない自分の顔がそこにうつっているのを見て、思わず叫んだ。心をめて、気をしずめて、両方の目をぬぐい拭い、もう一度水をのぞき込む。
 二度と再び見るに耐えないその顔を目にして、私は呆然ぼうぜんと『絶対にこれが自分であるはずはない、きっと心が迷っているのだ、今度こそ、今度こそ』とわななきながら見直した。その時、私の肩をつかんで声をふるわせ、
「おお、おお、千里ちさと。ええもう、お前は。」と仰おっしゃるのは姉上である。すぐにすがりつこうと振り返ったが、姉上は私の顔をご覧になると、
「あれ!」
 と言って一足退すさって、
「人違いだったよ、坊や。」とだけ言い残して、つッと駆け去ってしまわれた。
あやしい神はなぜこんなにいろいろなことをして自分をいじめ苦しめるのだろう』と、そのあまりのひどさに腹が立ち、じだんだを踏んで泣きに泣きながら、私はひたすら走って追いかけた。姉上を捕まえてどうしようとしたのか、それは自分でもわからない。ただもうまったく口惜くやしくて、とにかく捕まえてやろうと思ったのであろう。
 坂も下りたし、上りもした。大路おおみちと思われる町にも出たし、暗いこみち辿たどったし、野原も横切った。あぜも越えた。後ろも見ることなく駆けたのだった。
 どのくらい走っただろう。広々と果てしない水面がやみの中に銀河のように横たわって、黒く、恐ろしい森に四方を囲まれた、大沼おおぬまとも思われるものが、く手をふさいでいるようだった。そのあしの葉のしげみの中に私の身体からだは倒れた。あとは覚えていない。


試し読みはここまでです。続きは購入後にお読みいただけます。

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格76円(税込)

読者登録

白水銀雪さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について