閉じる


<<最初から読む

3 / 12ページ

試し読みできます

鎮守の社

 坂は急ではなく長くもないが、一つ終わるとまたあらたに現れる。その起伏はまるで大波のように打ち続いて、いつ平坦になるか見当もつかなかった。
 そのうちひどくいやになったので、一ツおりてのぼる坂のくぼみにしゃがみ込んで、手のいているまま、何ということもなく指で土に書きはじめた。『さ』という字もできた。『く』という字も書いた。曲がったもの、真っぐなもの、気の向くままに落書らくがきした。そうしている間にも、先ほど毒虫がれたのだろうと思うが、ほほのあたりがひどくかゆく、着物のそででずっとこすっていた。擦ってはまた落書きをする、その繰り返しのなかで、難しい字がひとつ形よくできたのを、『姉に見せたい』と思うと、急にその顔が見たくなった。
 立ち上がってく手を見れば、左右から小枝を組み合わせて隙間すきまもなく躑躅つつじが咲いていた。日の光はよりいっそう赤みを増しており、手を見るとその上で光り輝いた。
 一直線にのぼって、『これでどうだ』と見ると、やはりおなじ躑躅の咲いたゆるやかな長いくだり坂である。そこを走りおりていま一度走りのぼった。いつまでこのような状態が続くのか、『今度こそは』という思いとは違い、道はまたうねった坂をなしている。いつの間にか足の踏み心地ごこちやわらかく、小石ひとつ見えなくなった。
『まだ家までは遠いに違いない』と思うと、我慢できないほど姉の顔がなつかしくなり、もはや少しも耐えられなくなった。
 再び駆けのぼり、また駆け下りた時、私は自分でも知らずに泣いていた。泣きながらひたすら走りに走ったけれど、それでもまだ家のあるところにはたどり着かず、坂も躑躅も少しも前と違わない。日の傾くのが心細こころぼそかった。肩や、背中のあたりが寒くなった。夕日があざやかにぱッとあかね色に照りえて、目にまぶしいほどの躑躅の花は、まるでくれないの雪が降り積もったかのように見える。
 私は涙声なみだごえを張り上げ、できる限り声をふりしぼって姉を呼んだ。一度二度三度そうして、答えがあったような気がして耳をますと、はるか遠くに滝の音が聞こえた。どうどうと響くその音の中に、とても高くえた声で、かすかに、
「もういいよ、もういいよ。」
 と呼ぶのが聞こえた。これはおさない私の仲間が、『かくれ遊び』というものをする時の合図であることに気付いた。一声ひとこえり返しただけで、それはすぐに聞こえなくなったが、私はようやく気持ちがしっかりして、その声のした方へ進み、また坂をひとつおりて一つのぼり、小高こだかい所に立って見下ろした。するとどうだろう、それほど心配することもなかったのだ、お堂の瓦屋根かわらやねが、杉の木立こだちのなかに見えた。こうして私は、まよい込んだくれないの雪の中からのがれることができた。背後には躑躅つつじの花が飛び飛びに咲き、その間を青い草がまばらに埋めるようになり、やがてお堂のうらに着いた時には、一株ひとかぶも赤い花はなくなって、黄昏たそがれの色が、境内けいだい手洗水みたらしのあたりにこもっていた。さくかこった井戸がひとつと、銀杏いちょうの古びた樹が見え、そのうしろに人家の土塀どべいがある。そこは裏木戸のき地で、反対側に小さな稲荷いなりのお堂がある。石の鳥居とりいがある。木の鳥居もある。この木の鳥居の左の柱には割れ目があって、太い鉄の輪がはめられているのさえ、確かに見覚えがある。ここからはもう家はすぐ近くだと思うと、私はさっきの恐ろしさを全く忘れ果てた。そしてただひたすら、自分の背丈せたけよりも高いところ、夕日に照り染められて前後左右を咲きうずめたつつじの花の、あかい色の中に、緑と、くれないと、紫と、青白せいはくの光を羽色はいろに帯びた毒虫がキラキラと飛んでいる広大な景色だけを、のように小さな胸に描き出していた。


試し読みできます

かくれあそび

 さきほど泣きだして助けを姉に求めたことを、彼女に知られずに済んでよかった。言うことをかずに一人で出てきた上、心細くなって泣いたと知られたら、『それみなさい』と笑われるに違いない。やさしい人はなつかしいけれど、顔を合わせて言い負かされるのはやはり口惜くやしかった。
 うれしくよろこばしい気持ちで胸がいっぱいになると、わざわざ急いで家に帰ろうとは思わない。それで境内けいだいに一人たたずんでいると、わッという声と、笑う声が、木の陰、井戸の裏、お堂の奥、回廊の下から起こって、いつツからやっツまでの子が五、六人、相次いで走り出てきた。かくれ遊びしている子の、誰か一人が鬼に見つかったのである。その中の二人三人ふたりみたりが走って来て、私がそこに立っているのを見た。彼らはみなで集まって相談していたが、すぐに
「遊びましょう、一緒に遊びましょう。」としきりにすすめた。小さな家があちこちに点在する、このあたりに住んでいるのは、物乞ものごいという者だと聞かされていた。彼らの身なりや生活のならわしは、私たちと少し異なっていた。たとえ親たちが裕福ゆうふくであっても、いい着物を着ている子はおらず、ほとんどみな裸足はだしである。三味線さみせんいて時々私の家のかどに来る者、汚い川でどじょうる者、燐寸マッチ草履ぞうりなどを売りに来る者たちは、みなこの子たちの母、父、祖母などなのだ。『そのような子たちとは一緒に遊ぶな、』と私の友はいつも言っていた。私が町に住んでいるというだけで、物乞いの子は尊敬して、少しの間だけでも一緒に遊びたいと強く願い、親切に、優しく誘ってくる。けれど、いつもは友の忠告にしたがい、こちらから遠慮して距離をおいていたのだが、その時はちょっと前まであまりにさびしく、友だちが欲しいという思いが耐えられないほど強く心に残っていたのと、恐ろしかったあとの楽しさとから、私は誘いをこばまずにうなずいた。
 物乞いの子たちは喜んでざわめいた。『じゃあもう一度かくれあそびをしよう』と、じゃんけんをして鬼を決めたところ、私がその役にあたった。『見ないように手で顔をおおいなよ』と言われるまま、私はそうした。するとすぐにひッそりとなって、お堂の裏のがけをさかさに落ちる滝の音がどうどうと、松や杉のこずえを渡る夕風とともに鳴り渡る。その時かすかに、
「もういいよ、もういよ。」
 と呼ぶ声が、こだまして響いた。目をあけるとあたりは静まり返って、黄昏たそがれの色がまた一段と深くせまって来ていた。すくすくと並び立った大きな樹が、朦朧もうろうとして薄暗うすぐらい闇の中に隠れようとしている。
 声がしたと思われるところには誰もいない。あちこちさがしたが人らしきものはいなかった。
 私はまた元の境内けいだいの中央に立って、もの寂しい気持ちであたりを見回した。山の奥にも響きそうな、お堂の扉をざすすさまじい音がした後、ひっそりとして何の物音も聞こえなくなった。
 彼らは親しい友ではない。それどころか、これまでいつも避けてきた子たちなので、このような機会を得て私を苦しめてやろうとたくらんだのかもしれない。身を隠したままひそかに逃げ去ったとしたら、たとえ探しても見つけられるはずはない。『そんな無駄なことをしてもしょうがない』と、ふと思い浮かんだので、『そのままにして帰ろう』と私は引き返した。けれども、『もし万一私が見つけるのを待っているとしたら、いつまでも出てくることができない。それもまたかわいそうだ、どうしよう』と、心が迷って、あれこれと、むなしく立ったまま困っていたちょうどその時、暗くなった境内の、きれいにかれた広々ひろびろとした土の灰色との対照でいっそう目立つ、顔の色の白い、うつくしい人が、どこから来たかもわからず、いつのにかかたわらにいて、うつむいて私を見た。
 きわめて背の高いひとで、その手をふところに入れて肩を垂れていた。そしてやさしい声で、
「こちらへおいで。こちら。」
 と言って先に立って私を導いた。見知っているひとではないが、うつくしい顔にみを浮かべていたことから、いい人に違いないと思ったので、私はあやしまず、隠れた子の居場所を教えてくれるのだろうと理解して、いそいそと従った。


試し読みできます

逢う魔が時

 私の思った通り、お堂の前を左に回って少し先へ行ったきあたりに、小さな稲荷いなりやしろがあった。青い旗、白い旗が、二、三本その前に立ち、うしろはすぐ山のすそで、そこに斜めにえた雑樹ぞうきが社の上をおおっている。その下の薄暗いところ、あなのように見える空き地を、うつくしい人はそッとめくばせした。そのひとみは私の顔を見たまま、水のしたたるように斜めに動いたので、はっきりとその意図いとが読めたのである。
 それゆえ少しもためらわずに、私がつかつかと近寄ってやしろの裏をのぞき込むと、冷たい風が鼻を打った。そこには落ち葉、ち葉が積み重なってり上がり、水臭みずくさい土のにおいがするだけで、人の気配はなく、襟元えりもと冷気れいきを感じ、ぞッとして振り返ると、またたと思われるうちに、あのひとの姿はすでに見えなくなっていた。どこへ去ってしまったのであろう。辺りは暗くなっていた。
 私は身の毛が逆立さかだって、思わず『ああ』と叫んだ。
『人の顔がはっきり見えないような、暗いすみに行ってはいけません。黄昏時たそがれどきの片隅には、あやしいものがいて人をまどわすのですよ』と、姉上に教えられたことがある。
 私は茫然ぼうぜんとして目をみはった。足が震えて動くこともできず、固くなって立ちすくんだ。その左手ゆんでに坂があり、穴のような、その底から風が吹き出てくると思われる真っくらな下の方から、何ものかがのぼって来るようだったので、『ここにいたらつかまってしまう』と恐ろしくなり、私はあれこれ考えることもなく、やしろの裏から狭いその中に逃げ込んだ。目をふさぎ、息をころしてそこにひそんでいると、四つ足のものの歩く気配がして、社の前を横切った。
 私は生きた心地ここちもなく、ただ『見つかりませんように』とだけいのりながらひたすら手足を縮めていた。その間も、さきほどのひとのうつくしかった顔、やさしかった目を忘れはしなかった。今にして思えば、ここを私に教えたのは、かくれた子どもの居場所を示したのではなく、私をらえようとする何か恐ろしいものから、『ここに静かに隠れていなさい、そうすれば助かりますよ』と、導き救ってくれたのではないかとなど、とりとめもないことを考えた。しばらくして、小提灯こぢょうちんのあかい火影ほかげが坂の下から急ぎ足にのぼってきて向こうへ走り去るのを見た。それが間もなく引き返して私のひそんでいるやしろの前に近づいた時は、一人ではなく二人三人ふたりみたり連れ立って来た感じがした。
 ちょうど彼らが立ち止まったその時、別の足音が、また坂を上って来て先にいたものと一緒になった。
「おいおい、まだ見つからないか。」
「ふしぎだな、なんでもこの辺で見たという者があるんだが。」
 と、このあとから言ったのは私の家で使っている下男の声に似ていたので、あやうく出ていきそうになったが、『恐ろしいものがそう私をだまして、おびき出そうとしているのだろう』と思い、恐ろしさがいっそう増した。外の声は、
「もう一度念のためだ、田圃たんぼの方でも回って見よう、お前も頼む。」
「それでは。」と言って上と下にばらばらと分かれてく。
 再びしんとしたので、そッと身動きして、足を伸ばし、板目いために手をかけて『目だけなら平気だろう』と思いながら顔を少し差し出して、外の方をうかがうと、何ごともなかったため、私は少し気持ちが落ち着いた。『あやしいものたちは、どうやっても私を見つけられはしないだろう、馬鹿め、』と冷ややかに笑ったが、その時思いがけず、誰だろう、びっくりしたような声がして、あわてふためいて逃げるものがいた。私は驚いてまた身をひそめた。
千里ちさとや、ちさとや。」と坂の下あたりで、悲しそうに私を呼ぶのは、姉上の声だった。


試し読みできます

大沼

「いないッて、わたしゃあどうしたらいいだろう、じいや。」
「ほんとにいらっしゃらないことはございませんでしょうが、もう日は暮れまするし、何にせよ、御心配なことでござります。遊びに出します時、お前様まえさまが帯の結び目を『とん』とたたいておやりなさればよろしかったのに。」
「ああ、いつもはそうして出してやるのだけれど、今日はお前、私にかくれてそッと出て行ってしまったものだからねえ。」
「それはなんとも不注意なこった。帯の結び目さえ叩いときゃ、ただそれだけで姉様なり、母様おふくろさまなりのたましいが入るもんだから、エテやつはどうすることもできないのでござんすが。」
「そうねえ。」と物悲しそうに語らいながら、その声はやしろの前を横切りなさった。
 私は走り出たが、あまりに遅過ぎた。
 すぐ出て行かなかったのは、姉上のことさえあやしんだからである。
 やんでもどうにもならず、向こうの境内けいだいの鳥居のあたりまで追いかけたけれど、すでにその姿は見えなかった。
 涙ぐんで立ち止まった時、ふと見た暗い夜の空のもと、大きなまるい影をなして茂っている銀杏いちょうの木の下に、女の後ろ姿があって私の目をさえぎった。
 あまりによく似ていたので、思わず『姉上』と呼びそうになったが、正体のわからないものに声をかけて、自分からここにいるのを知らせるのは、うまくないことだと思ってめた。
 ちょっとをおいて、その姿はまたどこかへ去った。見えなくなるといっそうなつかしく、『たとえ恐ろしいものだとしても、かりにも優しい姉上の姿にけたからには、私をらえてもむごい事はしないだろう。さっきの声は姉上のものではなくて、いま幻に見えたのが本当の姉上かもしれないのに、どうして言葉をかけなかったのだろう』と、泣きじゃくったが、どうにもならない。
『ああ情けない。これまでのいろいろなあやしいものは、すべて自分の目がどうかした錯覚に違いない。そうでなければ涙にくもったのだ。向こうの御手洗みたらしきよめたら、きっとよくなるだろう』と、私はそちらへ近寄った。
 そこには、すすけた横に長い行燈あんどうが一つ上にかかり、ほととぎすのと俳句などが書かれていた。ともったに照らされ、水はよくんで、青いこけのむした石鉢いしばちの底もはっきり見える。その水を手にすくおうとしてうつむいた時、私はまったく思いもかけない自分の顔がそこにうつっているのを見て、思わず叫んだ。心をめて、気をしずめて、両方の目をぬぐい拭い、もう一度水をのぞき込む。
 二度と再び見るに耐えないその顔を目にして、私は呆然ぼうぜんと『絶対にこれが自分であるはずはない、きっと心が迷っているのだ、今度こそ、今度こそ』とわななきながら見直した。その時、私の肩をつかんで声をふるわせ、
「おお、おお、千里ちさと。ええもう、お前は。」と仰おっしゃるのは姉上である。すぐにすがりつこうと振り返ったが、姉上は私の顔をご覧になると、
「あれ!」
 と言って一足退すさって、
「人違いだったよ、坊や。」とだけ言い残して、つッと駆け去ってしまわれた。
あやしい神はなぜこんなにいろいろなことをして自分をいじめ苦しめるのだろう』と、そのあまりのひどさに腹が立ち、じだんだを踏んで泣きに泣きながら、私はひたすら走って追いかけた。姉上を捕まえてどうしようとしたのか、それは自分でもわからない。ただもうまったく口惜くやしくて、とにかく捕まえてやろうと思ったのであろう。
 坂も下りたし、上りもした。大路おおみちと思われる町にも出たし、暗いこみち辿たどったし、野原も横切った。あぜも越えた。後ろも見ることなく駆けたのだった。
 どのくらい走っただろう。広々と果てしない水面がやみの中に銀河のように横たわって、黒く、恐ろしい森に四方を囲まれた、大沼おおぬまとも思われるものが、く手をふさいでいるようだった。そのあしの葉のしげみの中に私の身体からだは倒れた。あとは覚えていない。


試し読みはここまでです。続きは購入後にお読みいただけます。

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格76円(税込)

読者登録

白水銀雪さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について