閉じる


<<最初から読む

1 / 12ページ

試し読みできます

 

 

 

竜潭譚(りゅうたんだん) 現代語訳

 

※以下の各電子書籍ストアなどでは、縦書き版をご提供しています。

Amazon Kindleストア

楽天ブックス(kobo)

BOOK☆WALKER

紀伊国屋ウェブストア

Sony Reader Store


試し読みできます

躑躅か丘

 日は南の空に高い。野蒜のびるえた、ゆるやかに長く続く坂にはかげもない。坂の下をはさんで、寺の門、植木屋の庭、花屋の店などの並ぶ、町の入り口に当たってはいるが、のぼるに従って、ただ畑ばかりとなった。見張り小屋のようなものが小高こだかいところに見える。谷にはの花が咲き残っていた。みちの右左には、くれない躑躅つつじの花が、見渡す先も、振り返ったうしろも、いまをさかりと咲いていた。歩くにつれてあせが少し出た。
 空はよく晴れて一点の雲もなく、風があたたかに野原を吹いている。
『一人では行ってはいけません』と、やさしい姉上あねうえの言うことを、かず、私はこっそり出て来た。それにしても何とおもしろいながめだろう。山の上の方から、一束ひとたばたきぎをかついだ男がやって来た。まゆが太く、目の細い顔に鉢巻はちまきをした、そのひたいのあたりに汗をかいて、のしのしと近づきながら、細い道の一方に身を寄せて私を通してくれたが、そのあとで振り返り、
あぶないぞ危ないぞ。」
 とぶつぶつ言い残し、目じりにしわを寄せてさッさッとき過ぎた。
 私が振り向いて見ると、男は早くもゆるやかな坂の下で、その肩は躑躅つつじの花にかくれて、かみった頭だけがその上に出ていたが、それも間もなく山陰やまかげに見えなくなった。遠くの草の陰の小道こみち、小川の流れる谷間たにあい畦道あぜみちを、すげの葉でんだかさかむった女が、裸足はだしすきを肩に背負しょい、小さな女の子の手を引いて向こうへうしろ姿があったが、それも杉の木立こだちに入ってしまった。
 く前方も躑躅だ。来た後方も躑躅だ。山肌の土の色も花に染まってあかく見えた。あまりのうつくしさにおそろしくなって、家へ帰ろうと思った時、私の横の一株ひとかぶの躑躅の中から、羽音はおと高く、虫がつッと飛び立ってほほかすめ、向こうへ飛んで、およそ五、六尺離れた、小石のある場所のわきにとまった。羽をふるわす様子も見えた。私が手をあげて走りかかると、虫はぱッとまた飛び立って、おなじく距離五、六尺ほどのところにとまった。私はその場で小石をひろいあげてねらい打ちしたが、石はれた。虫はくるりと一ツ回って、またもとのところにとまる。追いかけるとすぐにまた逃げた。逃げることは逃げるが遠くには去らず、いつも私からおなじくらいのあいだを置いては、キラキラとわずかに羽ばたきして、ゆったりと落ち着いてその二本の細いひげ上下うえしたに円を描くように動かすのが、ひどく憎らしく感じられた。
 私は気持ちが苛立いらだって足で何度も地面をみつけた。その虫のいたあとを踏みにじって、
畜生ちくしょう、畜生。」
 とつぶやくと同時に、おどりかかってハタとこぶしを打ちつけたものの、手はむなしく土によごれただけだった。
 虫は一足先ひとあしさきに別の場所へ移り、悠々ゆうゆう羽繕はづくろいしている。憎いと思う気持ちをめて私が見つめると、虫は動かなくなった。じっくり見ると、それは羽蟻はねありの形をして、それよりもやや大きく、身は文字通り五彩ごさいの色をびて青みがかった輝きを放っている。そのうつくしさは言いようもない。
『色がきれいできらきら光る虫には毒がありますよ』と、姉上に教えられたことをふと思い出したので、私は虫をそのままにしてすごすごと引き返したが、足元にさきほどの石が二ツにくだけて落ちていたことから急に気が変わり、それを拾いあげて取って返し、しっかり毒虫にねらいをつけた。
 今度ははずさず、見事みごと打ち当てて殺した。私はうれしくなって走り寄り、もう一度石でじかに虫をたたきのめしてからそれを蹴飛けとばした。小砂利こじゃりと一緒に、躑躅つつじの中をくぐってばらばらと谷深くへ落ちて行く石の音がした。
 たもとちりを打ちはらって空をあおぐと、日は少しななめに傾いていた。ほかほかと熱い日の光が顔に当たって唇が乾き、目のふちから頬のあたりにかけて、むずがゆいこと限りなかった。
 気が付くと、もと来た方とは違うと思われる、別の坂道の方へ、私はいつの間にかりかけていた。丘をひとつ越えたのであろう、戻るみちはまたさっきとおなじのぼりになった。見渡せば、見回せば、赤土の幅の狭い道が、うねりうねりてしなく続き、その両側に広がる躑躅の花に、ずっと遠くは前後もふさがれ、日の光を吸ってあかく咲き乱れるその花の中、真っさおな空の下に、たたずんでいるのは私だけである。


試し読みできます

鎮守の社

 坂は急ではなく長くもないが、一つ終わるとまたあらたに現れる。その起伏はまるで大波のように打ち続いて、いつ平坦になるか見当もつかなかった。
 そのうちひどくいやになったので、一ツおりてのぼる坂のくぼみにしゃがみ込んで、手のいているまま、何ということもなく指で土に書きはじめた。『さ』という字もできた。『く』という字も書いた。曲がったもの、真っぐなもの、気の向くままに落書らくがきした。そうしている間にも、先ほど毒虫がれたのだろうと思うが、ほほのあたりがひどくかゆく、着物のそででずっとこすっていた。擦ってはまた落書きをする、その繰り返しのなかで、難しい字がひとつ形よくできたのを、『姉に見せたい』と思うと、急にその顔が見たくなった。
 立ち上がってく手を見れば、左右から小枝を組み合わせて隙間すきまもなく躑躅つつじが咲いていた。日の光はよりいっそう赤みを増しており、手を見るとその上で光り輝いた。
 一直線にのぼって、『これでどうだ』と見ると、やはりおなじ躑躅の咲いたゆるやかな長いくだり坂である。そこを走りおりていま一度走りのぼった。いつまでこのような状態が続くのか、『今度こそは』という思いとは違い、道はまたうねった坂をなしている。いつの間にか足の踏み心地ごこちやわらかく、小石ひとつ見えなくなった。
『まだ家までは遠いに違いない』と思うと、我慢できないほど姉の顔がなつかしくなり、もはや少しも耐えられなくなった。
 再び駆けのぼり、また駆け下りた時、私は自分でも知らずに泣いていた。泣きながらひたすら走りに走ったけれど、それでもまだ家のあるところにはたどり着かず、坂も躑躅も少しも前と違わない。日の傾くのが心細こころぼそかった。肩や、背中のあたりが寒くなった。夕日があざやかにぱッとあかね色に照りえて、目にまぶしいほどの躑躅の花は、まるでくれないの雪が降り積もったかのように見える。
 私は涙声なみだごえを張り上げ、できる限り声をふりしぼって姉を呼んだ。一度二度三度そうして、答えがあったような気がして耳をますと、はるか遠くに滝の音が聞こえた。どうどうと響くその音の中に、とても高くえた声で、かすかに、
「もういいよ、もういいよ。」
 と呼ぶのが聞こえた。これはおさない私の仲間が、『かくれ遊び』というものをする時の合図であることに気付いた。一声ひとこえり返しただけで、それはすぐに聞こえなくなったが、私はようやく気持ちがしっかりして、その声のした方へ進み、また坂をひとつおりて一つのぼり、小高こだかい所に立って見下ろした。するとどうだろう、それほど心配することもなかったのだ、お堂の瓦屋根かわらやねが、杉の木立こだちのなかに見えた。こうして私は、まよい込んだくれないの雪の中からのがれることができた。背後には躑躅つつじの花が飛び飛びに咲き、その間を青い草がまばらに埋めるようになり、やがてお堂のうらに着いた時には、一株ひとかぶも赤い花はなくなって、黄昏たそがれの色が、境内けいだい手洗水みたらしのあたりにこもっていた。さくかこった井戸がひとつと、銀杏いちょうの古びた樹が見え、そのうしろに人家の土塀どべいがある。そこは裏木戸のき地で、反対側に小さな稲荷いなりのお堂がある。石の鳥居とりいがある。木の鳥居もある。この木の鳥居の左の柱には割れ目があって、太い鉄の輪がはめられているのさえ、確かに見覚えがある。ここからはもう家はすぐ近くだと思うと、私はさっきの恐ろしさを全く忘れ果てた。そしてただひたすら、自分の背丈せたけよりも高いところ、夕日に照り染められて前後左右を咲きうずめたつつじの花の、あかい色の中に、緑と、くれないと、紫と、青白せいはくの光を羽色はいろに帯びた毒虫がキラキラと飛んでいる広大な景色だけを、のように小さな胸に描き出していた。


試し読みできます

かくれあそび

 さきほど泣きだして助けを姉に求めたことを、彼女に知られずに済んでよかった。言うことをかずに一人で出てきた上、心細くなって泣いたと知られたら、『それみなさい』と笑われるに違いない。やさしい人はなつかしいけれど、顔を合わせて言い負かされるのはやはり口惜くやしかった。
 うれしくよろこばしい気持ちで胸がいっぱいになると、わざわざ急いで家に帰ろうとは思わない。それで境内けいだいに一人たたずんでいると、わッという声と、笑う声が、木の陰、井戸の裏、お堂の奥、回廊の下から起こって、いつツからやっツまでの子が五、六人、相次いで走り出てきた。かくれ遊びしている子の、誰か一人が鬼に見つかったのである。その中の二人三人ふたりみたりが走って来て、私がそこに立っているのを見た。彼らはみなで集まって相談していたが、すぐに
「遊びましょう、一緒に遊びましょう。」としきりにすすめた。小さな家があちこちに点在する、このあたりに住んでいるのは、物乞ものごいという者だと聞かされていた。彼らの身なりや生活のならわしは、私たちと少し異なっていた。たとえ親たちが裕福ゆうふくであっても、いい着物を着ている子はおらず、ほとんどみな裸足はだしである。三味線さみせんいて時々私の家のかどに来る者、汚い川でどじょうる者、燐寸マッチ草履ぞうりなどを売りに来る者たちは、みなこの子たちの母、父、祖母などなのだ。『そのような子たちとは一緒に遊ぶな、』と私の友はいつも言っていた。私が町に住んでいるというだけで、物乞いの子は尊敬して、少しの間だけでも一緒に遊びたいと強く願い、親切に、優しく誘ってくる。けれど、いつもは友の忠告にしたがい、こちらから遠慮して距離をおいていたのだが、その時はちょっと前まであまりにさびしく、友だちが欲しいという思いが耐えられないほど強く心に残っていたのと、恐ろしかったあとの楽しさとから、私は誘いをこばまずにうなずいた。
 物乞いの子たちは喜んでざわめいた。『じゃあもう一度かくれあそびをしよう』と、じゃんけんをして鬼を決めたところ、私がその役にあたった。『見ないように手で顔をおおいなよ』と言われるまま、私はそうした。するとすぐにひッそりとなって、お堂の裏のがけをさかさに落ちる滝の音がどうどうと、松や杉のこずえを渡る夕風とともに鳴り渡る。その時かすかに、
「もういいよ、もういよ。」
 と呼ぶ声が、こだまして響いた。目をあけるとあたりは静まり返って、黄昏たそがれの色がまた一段と深くせまって来ていた。すくすくと並び立った大きな樹が、朦朧もうろうとして薄暗うすぐらい闇の中に隠れようとしている。
 声がしたと思われるところには誰もいない。あちこちさがしたが人らしきものはいなかった。
 私はまた元の境内けいだいの中央に立って、もの寂しい気持ちであたりを見回した。山の奥にも響きそうな、お堂の扉をざすすさまじい音がした後、ひっそりとして何の物音も聞こえなくなった。
 彼らは親しい友ではない。それどころか、これまでいつも避けてきた子たちなので、このような機会を得て私を苦しめてやろうとたくらんだのかもしれない。身を隠したままひそかに逃げ去ったとしたら、たとえ探しても見つけられるはずはない。『そんな無駄なことをしてもしょうがない』と、ふと思い浮かんだので、『そのままにして帰ろう』と私は引き返した。けれども、『もし万一私が見つけるのを待っているとしたら、いつまでも出てくることができない。それもまたかわいそうだ、どうしよう』と、心が迷って、あれこれと、むなしく立ったまま困っていたちょうどその時、暗くなった境内の、きれいにかれた広々ひろびろとした土の灰色との対照でいっそう目立つ、顔の色の白い、うつくしい人が、どこから来たかもわからず、いつのにかかたわらにいて、うつむいて私を見た。
 きわめて背の高いひとで、その手をふところに入れて肩を垂れていた。そしてやさしい声で、
「こちらへおいで。こちら。」
 と言って先に立って私を導いた。見知っているひとではないが、うつくしい顔にみを浮かべていたことから、いい人に違いないと思ったので、私はあやしまず、隠れた子の居場所を教えてくれるのだろうと理解して、いそいそと従った。


試し読みできます

逢う魔が時

 私の思った通り、お堂の前を左に回って少し先へ行ったきあたりに、小さな稲荷いなりやしろがあった。青い旗、白い旗が、二、三本その前に立ち、うしろはすぐ山のすそで、そこに斜めにえた雑樹ぞうきが社の上をおおっている。その下の薄暗いところ、あなのように見える空き地を、うつくしい人はそッとめくばせした。そのひとみは私の顔を見たまま、水のしたたるように斜めに動いたので、はっきりとその意図いとが読めたのである。
 それゆえ少しもためらわずに、私がつかつかと近寄ってやしろの裏をのぞき込むと、冷たい風が鼻を打った。そこには落ち葉、ち葉が積み重なってり上がり、水臭みずくさい土のにおいがするだけで、人の気配はなく、襟元えりもと冷気れいきを感じ、ぞッとして振り返ると、またたと思われるうちに、あのひとの姿はすでに見えなくなっていた。どこへ去ってしまったのであろう。辺りは暗くなっていた。
 私は身の毛が逆立さかだって、思わず『ああ』と叫んだ。
『人の顔がはっきり見えないような、暗いすみに行ってはいけません。黄昏時たそがれどきの片隅には、あやしいものがいて人をまどわすのですよ』と、姉上に教えられたことがある。
 私は茫然ぼうぜんとして目をみはった。足が震えて動くこともできず、固くなって立ちすくんだ。その左手ゆんでに坂があり、穴のような、その底から風が吹き出てくると思われる真っくらな下の方から、何ものかがのぼって来るようだったので、『ここにいたらつかまってしまう』と恐ろしくなり、私はあれこれ考えることもなく、やしろの裏から狭いその中に逃げ込んだ。目をふさぎ、息をころしてそこにひそんでいると、四つ足のものの歩く気配がして、社の前を横切った。
 私は生きた心地ここちもなく、ただ『見つかりませんように』とだけいのりながらひたすら手足を縮めていた。その間も、さきほどのひとのうつくしかった顔、やさしかった目を忘れはしなかった。今にして思えば、ここを私に教えたのは、かくれた子どもの居場所を示したのではなく、私をらえようとする何か恐ろしいものから、『ここに静かに隠れていなさい、そうすれば助かりますよ』と、導き救ってくれたのではないかとなど、とりとめもないことを考えた。しばらくして、小提灯こぢょうちんのあかい火影ほかげが坂の下から急ぎ足にのぼってきて向こうへ走り去るのを見た。それが間もなく引き返して私のひそんでいるやしろの前に近づいた時は、一人ではなく二人三人ふたりみたり連れ立って来た感じがした。
 ちょうど彼らが立ち止まったその時、別の足音が、また坂を上って来て先にいたものと一緒になった。
「おいおい、まだ見つからないか。」
「ふしぎだな、なんでもこの辺で見たという者があるんだが。」
 と、このあとから言ったのは私の家で使っている下男の声に似ていたので、あやうく出ていきそうになったが、『恐ろしいものがそう私をだまして、おびき出そうとしているのだろう』と思い、恐ろしさがいっそう増した。外の声は、
「もう一度念のためだ、田圃たんぼの方でも回って見よう、お前も頼む。」
「それでは。」と言って上と下にばらばらと分かれてく。
 再びしんとしたので、そッと身動きして、足を伸ばし、板目いために手をかけて『目だけなら平気だろう』と思いながら顔を少し差し出して、外の方をうかがうと、何ごともなかったため、私は少し気持ちが落ち着いた。『あやしいものたちは、どうやっても私を見つけられはしないだろう、馬鹿め、』と冷ややかに笑ったが、その時思いがけず、誰だろう、びっくりしたような声がして、あわてふためいて逃げるものがいた。私は驚いてまた身をひそめた。
千里ちさとや、ちさとや。」と坂の下あたりで、悲しそうに私を呼ぶのは、姉上の声だった。



読者登録

白水銀雪さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について