目次
広告
page 1
page 2
目次
CONTENTS
テーマ「First Step 旅に出よう!」
page 1
一歩踏み出す勇気
未知なる道
リアルRPGの冒険
今日が人生最後の日なら、今日することは自分がしたいことだろうか?
旅先の変な日本語
page 1
page 2
私がフィリピン英語留学をする理由
私がフィリピン英語留学をする理由  ~世界一周で感じた後悔を次に生かす~
Brali Biz 「旅」×「ビジネス」 たびえもん
Brali Biz 「旅」×「ビジネス」 
旅で使えるスマホアプリ
旅で使えるスマホアプリ
Chibirockの旅はくせもの
Chibirockの旅はくせもの
HANGOVER in the WORLD 
HANGOVER in the WORLD
旅人からの伝言 「特集 インド」
page 1
インド旅行到着初日*
体験をもって理解すること
広告
page 1
旅ときどき・・・
旅トキドキ・・・
トホホな話
トホホな話
一本の糸で世界をつなぐチャリの旅
一本の糸で世界をつなぐチャリの旅
page 2
自炊派の手料理
自炊派の手料理
エッセイたびたべ
たびたべ(食のエッセイ)
アジア漂流日記
アジア漂流日記(創刊号の特集アジアからのスピンアウト企画)
アジア漂流日記(創刊号の特集アジアからのスピンアウト企画)
アジア漂流日記(創刊号の特集アジアからのスピンアウト企画)
Brali Photo(誌上写真展)
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
作者・情報提供者一覧
作者・情報提供者一覧
編集後記
編集後記
次号予告
次号予告(2012年8月25日発行予定)
記事募集
記事と情報および写真の募集要項
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

28 / 46ページ

アジア漂流日記(創刊号の特集アジアからのスピンアウト企画)

【旅日記】チベットぶっちぎり日記 vol.3《チベット・エベレストBC~ジャンムー編》

 あんまり日頃の行いがいいとは言えない我々に、なぜか天は味方して翌日は見事な晴天。

 チベットで麺て言ったらいつもモソモソしか出て来なかったのに、こんな美味しい麺があるなんて知らなかった早く言ってよって程、美味しいトゥクパという麺を食べたのち、更に先にあるベースキャンプへ。
 バスで10分上がって、いつもの中国検問を受けたのち、丘へ。丘を越えて。その先に。
 ヤバイ。見えた、世界最高峰。
 何となく流れで来てしまったチベットにて、今、生エベレストを拝んでいるよ。生エベレストって高級デザートのような響きだよ。

 テンション上がりまくりの写真撮りまくり。4人それぞれソロでの写真は、エベレストバックでマニ車をスナップしたり寝てみたり放○してみたり読書してみたり。
「早く早く~!」
 タイマー設定時間を間違えて間に合わないという、80年代の漫画のオチみたいな一コマも撮れて大満足。うちら以外に誰もいなかったってのもこれ幸い。この景色、貸し切りってすごい贅沢。だが、念のため確認してみると、こんな僻地でも、携帯の電波はガッツリ入る! さすが喋ってなきゃ死ぬ中国人! ああ、高額な請求を恐れず、「チョモランマなう」しときゃよかったな。

 ベースキャンプのど真ん中に、偉そうにそびえてる中国国旗、引っこ抜いてチベットの旗さしてやろうかなんて言ってたけども、我々がこうして(比較的)快適に旅ができているのは、漢民族さまさまな訳で。ま、ん、複雑ですけど来れてよかった。

 テントのママとパパに別れを告げ、ネパール国境の街へ。

 他の惑星か!
 人工物がどこにも見えない大地の悪路を、日本車(と、ドライバーの腕)の性能の素晴らしさで乗り切る。いつの間にか周囲の風景は鬱蒼とした山ん中、雲ん中。さっきまでのカラッカラの大地は夢だったのか?
 なつかしい丹巴みたいな渓谷をしばらく行きますと、入りました国境の街、樟木(ジャンムー? ダム?)。国境の街らしく、辺境のくせしてピンクなネオンがちらほら。まずは健全にアウトドアショップで毛布など物色したのち、宿隣のDJ's Barと銘打った店に勢いで突撃。

 大方の予想どおり、DJなぞやっぱりいない!
 1瓶10元という、良心的な料金設定なのを良いことに、チベットと西洋の四つ打ちディスコソング(CD)でノリたいのにノリきれない中国人をニヤニヤしながら眺める我々。一瞬フロアでドリフダンスを試みるも、お姉ちゃんに苦笑いされたためやがて撤収。えきぞちっくな顔立ちのお姉ちゃんも増えて、おお、もうすぐそこはネパールなんだなとじんわり。
 久々に夜遊びしたが、なぜか夜遊びした気がしなかった、中国ラストナイト。この微妙さが、また中国らしい。さよなら長らくお世話になった中国。

※翌朝国境越え荷物検査の際、中国側の係官があたしの地球の歩き方の地図部分を破り取りやがった。理由は、「中国の地図なのに台湾が描かれていないから」。中国南西部のガイドブックに台湾が描かれるわけないじゃん、アホ!



読者登録

kurinobuさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について