目次
広告
page 1
page 2
目次
CONTENTS
テーマ「First Step 旅に出よう!」
page 1
一歩踏み出す勇気
未知なる道
リアルRPGの冒険
今日が人生最後の日なら、今日することは自分がしたいことだろうか?
旅先の変な日本語
page 1
page 2
私がフィリピン英語留学をする理由
私がフィリピン英語留学をする理由  ~世界一周で感じた後悔を次に生かす~
Brali Biz 「旅」×「ビジネス」 たびえもん
Brali Biz 「旅」×「ビジネス」 
旅で使えるスマホアプリ
旅で使えるスマホアプリ
Chibirockの旅はくせもの
Chibirockの旅はくせもの
HANGOVER in the WORLD 
HANGOVER in the WORLD
旅人からの伝言 「特集 インド」
page 1
インド旅行到着初日*
体験をもって理解すること
広告
page 1
旅ときどき・・・
旅トキドキ・・・
トホホな話
トホホな話
一本の糸で世界をつなぐチャリの旅
一本の糸で世界をつなぐチャリの旅
page 2
自炊派の手料理
自炊派の手料理
エッセイたびたべ
たびたべ(食のエッセイ)
アジア漂流日記
アジア漂流日記(創刊号の特集アジアからのスピンアウト企画)
アジア漂流日記(創刊号の特集アジアからのスピンアウト企画)
アジア漂流日記(創刊号の特集アジアからのスピンアウト企画)
Brali Photo(誌上写真展)
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
作者・情報提供者一覧
作者・情報提供者一覧
編集後記
編集後記
次号予告
次号予告(2012年8月25日発行予定)
記事募集
記事と情報および写真の募集要項
奥付
奥付

閉じる


私がフィリピン英語留学をする理由

私がフィリピン英語留学をする理由  ~世界一周で感じた後悔を次に生かす~

私がフィリピン英語留学をする理由  ~世界一周で感じた後悔を次に生かす~
■Writer&Photographer
大谷 浩則
■Age
29歳
■Profile
猪突猛進のトイレットパッカー。現在世界2周目! 
フィリピン留学からスタート。
旅のPodcast配信しています!
Podcast:ウィーリーのバックパッカーラジオ 世界一周アワー
Blog:ウィーリー 海外放浪×地球一周×フィリピン留学 ~実況!旅人アワー~
Twitter:@taniwheelie

 皆さんこんにちは! フィリピン留学連載2回目になります。 
 2012年4月15日からフィリピン留学をしています。そのなかで感じたことをお伝えしようと思います。今回は勉強の成果についてお話しします。
多くの方は「成功ストーリー」に耳を傾けたいと思いますが、「成功していない?ストーリー」もたまにはいいでしょう。

 
 留学して2か月弱になります。学校の雰囲気にも慣れて生活のリズムとしては最高です。朝6時過ぎに起きて7時からの授業に出る。そして18時半までの授業を終え、24時の就寝まで自由時間を過ごすという生活です。 
 肝心の英語力についてですが、一向に伸びていません。よく「英語に対して耳だけはすぐ慣れるよ」というコメントを聞きますが、私にとってそれは適応外でした。ぜんぜん聞き取れません。どのくらいの聞き取りレベルかといいますと、先生が私のためにゆっくり話してくれる時は聞き取れます。しかし、いったん雑談ベースになると何を言っているのか全く分かりません。苦し紛れに「笑顔でかわす」という最悪のリアクションをしているのが現実です。
 先生に何が問題か? と尋ねると「君は文法的には問題ないけど発音が悪すぎる。発音ができていないから聞き取れないのだよ」という回答をいただきます。全ての先生が同じことをおっしゃるので事実でしょう。典型的な日本人です。

 唯一英語能力で伸びたと思うのは「多少発音が良くなったこと」でしょうか。「R」と「L」、「F」と「V」、「TH」、「P」と「B」の発音は多少良くなりましたし、どうやって発音したらよいのか分かった気がします。 
 マンツーマン授業の1コマを発音の授業に変えて練習しています。先生から発音の動画をいただいて勉強しています。そして、鏡の前で自分の口の動きを見ながらトレーニングです。地道な作業ですが、「発音」がこんなにも重要とは知りませんでした。
※街中で私が英語で話しかけても相手は全く反応してくれませんでした。というのも「私の発音」が悪すぎて理解ができないようです。そして、先生方も私のフリートークはほぼ何を言っているのか分からないようです(笑)。 日本のカタカナ英語教育の弊害ですね(苦笑)。 
 読者の皆様が一番関心あるのは「フィリピン英語留学で果して本当に自分の英語が伸びるのか」というところだと思います。
 私は恥ずかしながらほとんど伸びていません。そして、ほとんど英語能力が伸びずに帰国する人も多々見ています。でも彼らは自分の留学が失敗とは言いたくないので「耳だけは慣れたよ」というのです。

 フィリピン留学のメリットは英語に触れる機会が確実に増えることです。毎日6~9コマの授業は英語ですし、同室の方と話すのも英語です。あとは自分でいかにこの英語環境を能力向上に生かすか、に限ると思います。
 土日祝日は英語を使う機会が減ります。そこでカウチサーフィンなどのサービスを使って現地人と友達になったり、バー等でフィリピン人の友人を作るのも良いのではないでしょうか。一度現地で友達ができればほぼ毎週彼らと遊べます。
 よく聞かれる以下の心配はほぼ無用だと思います。
①マンツーマンの先生と相性が合わなかったらどうしよう。
②フィリピン人の英語は訛があってクセになりそう。

→①相性が合わなかったら毎週先生を変えることができます。そのため心配はいりません。※ただ、毎日変更した先生と顔を合わすので気まずいでしょう。そこらへんは韓国人の方達は気にしないようで平気でどんどん変更しています。
→②確かに訛は多少ありますが、訛を気にしている場合じゃないと思います。訛を気にするレベルになったらとっくに英会話できているのではないでしょうか。留学先の先生は一定の基準を経て採用されています。訛のひどすぎる先生はほぼいないと思います。※基本はアメリカ英語ですが、多少タガログ訛が入っているのが現状です。

 こんな感じのフィリピン英語留学です。来月には卒業です。あと1か月でどのくらい進歩できるのか楽しみです。「英会話ができるようになって外国の友人をたくさん作る」というのが世界2周目の目標の1つです。どこまで実現できるか楽しみながら留学を続けます。