閉じる


目次

第1冊
第1課 文字と発音
第2課 名詞・形容詞・副詞
第3課 人称代名詞
詩 Lorelej' ローレライ

第2冊 本書
第4課 一般疑問文
第5課 定冠詞 
第6課 形容詞
第7課 動詞

第3冊
第8課 疑問詞
第9課 不定詞
第10課 数詞
第4冊
第11課 相関詞
第12課 反実仮想
第13課 比較
第5冊
第14課 分詞
第15課 関係詞
第16課 副詞
第6冊
第17課 前置詞
第18課 造語法
第19課 詩


第4課 一般疑問文

4-1 平叙文の最初にĈuをつければ、疑問文になります。文末には疑問符をつけましょう。Ĉu = 「か」です。答えの語はJesまたはNeで、打ち消しにもneを使います。
 Li estas brava policano.
     リ エスタス ブラーヴァ ポリツァーノ
  彼は勇敢な警官です。
 Ĉu li estas brava policano?  Jes, li estas brava policano.
    チュ リ  エスタス ブラーヴァ ポリツァーノ    イェス  リ エスタス ブラーヴァ ポリツァーノ
  彼は勇敢な警官ですか。         そうです、彼は勇敢な警官です。
 Ĉu banano estas nigra?
    チュ バナーノ    エスタス ニグラ
  バナナは黒いですか。
  Ne! Banano ne estas nigra.  Ĝi estas flava.
         ネ     バナーノ     ネ  エスタス  ニグラ      ジ  エスタス フラーヴァ
  いいえ。バナナは黒くありません。 それは黄色です。
 Sed, tiu banano estas ja nigra!
     セド  ティーウ バナーノ  エスタス ヤー ニグラ
  でも、あのバナナはほんとに黒いですよ!
 Ĉu Esperanto estas facila?   Jes, ĝi estas facila.
    チュ エスペラント     エスタス  ファツィーラ   イェス  ジ エスタス  ファツィーラ
  エスペラントは易しいですか。   ええ,それは易しいです。
 Ĉu la angla estas facila?   Ne, ĝi estas malfacila al mi.
    チュ  ラ  アングラ エスタス  ファツィーラ    ネ  ジ エスタス マルファツィーラ アル ミ
  英語は易しいですか。         いやあ、わたしには難しいです。

4-4 その他の疑問文の作り方
 平叙文の語尾を上げて話すと、疑問文になります。書くときは?をつけましょう。
 Li estas bona flegisto?
     リ  エスタス ボーナ  フレギスト
  あの人はいい看護師かい?

 ĉu ne?を最後につけても疑問文になります。省略してĉu?とだけ使うことも多いです。疑問文の形を取っていますが、実は確認の意味で使います。
 Ŝi estas bona flegistino, ĉu ne?
    シ  エスタス ボーナ  フレギスティーノ  チュ ネ
  あの人はいい看護師だろ?



第5課 定冠詞

5-1 エスペラントにはまったく変化しない定冠詞laがあります。不定冠詞はありません。
  pomo リンゴ  la pomo そのリンゴ
   ポーモ                    ラ ポーモ
  kara 大事な la kara その大事な(人・もの)。名詞が省略されている。
   カーラ                   ラ カーラ
5-2 詩などにおいては、laの母音が省略され、アポストロフで代用されて、l'となることがあります。                                      【16条文法16】
  l' amiko mia わが友よ  de l' homaro 人類の
           ラミーコ ミーア                                 デル    ホマーロ

第6課 形容詞

6-1 もうすでに形容詞を含む例文をたくさん見てきました。ここで形容詞についてまとめてみましょう。
 a 形容詞はかならず-a語尾をとります。                          【16条文法3】
 b 「~である」を表すときはestas ~-aの形になります。
Li estas brava. あの人は勇敢です。
 c 名詞を修飾するときは~-a ~-o、または~-o ~aとなります。
Esperanto estas la internacia lingvo.
Esperanto estas la lingvo internacia.
     エスペラントは国際語である。
 d 複数や目的格になる場合は、形容詞と名詞の接辞をそろえます。
   Li amas belan floron.    Li amas belajn florojn.
Li amas floron belan.    Li amas florojn belajn.
      彼はきれいな花を愛しています。
 e dの規則があるため、わかりきった名詞の省略がよく行われます。
   Ĉu vi parolas la anglan (lingvon)?
     あなたは英語を話しますか。「lingvon=言語を」を省略。
   Mi konas lian domon, sed ne ŝian (domon).
     彼のうちは知っているけど、彼女の家は知らない。「domon=家を」を省略。
 f またdの規則により、語順が自由になります。たとえば
   Li belan floron amas.(日本語と同語順)
    Floron belan amas li.
  詩などでは、語調をそろえたりするため、極端に入れ替えることがあります。
   Belan li floron amas.
    Floron amas belan li.
   Do kantas de l' tero ni filoj (= Do kantas ni, filoj de l' tero)
          だから地球の子われらは歌う
   ĝi la homan tiras familion (= ĝi tiras la homan familion)
     それは人類家族を引っ張ってゆく

6-2 造語法
 エスペラントでは、語尾を取り替えることにより、品詞を変えることができます。
blu-o青 bel-o美 flor-o花 mar-o海
blu-a青い bel-a美しい flor-a花のような mar-a海の
blu-e青く bel-e美しく flor-e花のように mar-e海のように
他の言語では、たいがい別の単語になっています。それを規則的に作ることができるのです。
blumaro青い海   marbluo海の青さ  florbele花のごとく美しく
のように、単語を創出することができます。これで詩人の豊かな情感も表現できそうです。 


第7課 動詞

7-1 動詞は、性・数・人称にかかわらず、すべて同じ形です。          【16条文法6】

7-2 現在形には-asを使います。                                    【16条文法6a】
  「~する」と「している」の進行形の意味にとることができます。esti -antaの形式で現在進行を表現できますが、特に強調するとき意外は使われません。
 La hundo estas tre ĉarma.
  そのイヌはとてもかわいいです。
 Vi estas honesta studento.
  君は正直な生徒ですね。
 Ili lernas lingvon internacian Esperanto.
  あの人たちは国際語エスペラントを学びます/学んでいます。
 Ĉu vi iras al la lernejo nun?
  あなたは今学校に行きますか/行くところですか。
 Ĉu vi amas vian malamikon?
  あなたは敵を愛しますか/愛していますか。

7-3 過去形には-isを使います。                                         【16条文法6b】
  「~した」と「していた」の進行形の意味にとることができます。esti -intaの形で完了形を作ることもできますが、普通はこの単純な過去形を用いて表現します。
 Mi studis en la universitato hieraŭ.
  わたしは昨日大学で勉強しました/していました。
 Ĉu vi ambaŭ manĝis multe en la restoracio?
  あなたたち2人はレストランでたらふく食べたのですか/食べていましたか。
 Pluvis antaŭhieraŭ torente.
  おとといは滝のように雨が降りました/降っていました。

7-4 未来形・意志形には-osを使います。                               【16条文法6c】
  主語が1人称なら「~するつもりだ」という意志、その他なら「~するだろう」という推測・未来の意味で使います。
 Mi plenumos tion sola.
  わたしはそれを1人でやり遂げるつもりです。
 Mi certe venkos.
  わたしは必ず勝ちます。
 Ĉu vi vizitos Vjetnamion?
  あなたはベトナムを訪問するつもりですか/訪問しますか。
 Li iros al Mongolio morgaŭ.
  彼は明日モンゴルに行く予定です/行きます。
 Ŝia filino sukcesos en la ekzameno.
  彼女の娘は試験で成功するだろう。

7-5 命令形・勧誘形・使役形には-uを使います。                      【16条文法6d】
 主語によって意味が異なります。
  1人称なら 「~しよう」という勧誘・決心
  2人称なら 「~せよ」という命令
  3人称なら 「~させよ」という使役
 Venu morgaŭ. = Vi venu morgaŭ.
  あした来なさい。= あなたはあした来なさい。
 Mi iru al banejo.
  俺は風呂に行こう。
 Li laboru.
  きゃつを働かせろ。


この本の内容は以上です。


読者登録

hariymさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について