閉じる


目次

本書
第1課 文字と発音
第2課 名詞・形容詞・副詞
第3課 人称代名詞
詩 Lorelej' ローレライ

第2冊
第4課 一般疑問文
第5課 定冠詞 
第6課 形容詞
第7課 動詞
第3冊
第8課 疑問詞
第9課 不定詞
第10課 数詞
第4冊
第11課 相関詞
第12課 反実仮想
第13課 比較
第5冊
第14課 分詞
第15課 関係詞
第16課 副詞
第6冊
第17課 前置詞
第18課 造語法
第19課 詩



第1課 文字と発音

1-1 エスペラントで使う文字alfabeto28字です。子音には-oをつけて文字の名称とします。単語中のアクセントは終わりから2番目の母音にあります。色つき・下線で示します。

A a アー amoアーモ 愛 donacoドナーツォ 贈り物
B b ボー bonaボーナ 良い tabloターブロ テーブル
C c ツォー celoツェーロ 目的 cunamoツナーモ 津波
Ĉ ĉチョー ĉarmaチャルマ 魅力的な dolĉaドルチャ 甘い
D d ドー domoドーモ 家 odoroオドーロ 香り
E e エー egalaエガーラ 平等な elementoエレメント 要素
F f フォー fortaフォルタ 強い finoフィーノ おわり
G g ゴー gajaガーヤ 楽しい gardistoガルディスト 警備員
Ĝ ĝ ジョー ĝardenoジャルデーノ 庭 manĝoマンジョ 食事
H h ホー honestaホネスタ 正直な lipharojリプハーロイ 口ひげ
Ĥ ĥ ホー ĥoroホーロ 合唱 eĥoエーホ こだま
I i イー interesaインテレーサ 面白い ligoリーゴ 連帯・きづな
J j ヨー jahurtoヤフルト ヤクルト ĝojaジョーヤ うれしい
Ĵ ĵ ジョー ĵusジュス たった今 manĝaĵoマンジャージョ 食べ物
K k コー koroコーロ 心 kuraĝoクラージョ 勇気
L l ロー longaロンガ 長い koleroコレーロ 怒り
M m モー momentoモメント 瞬間 samaサーマ 同じ
N n ノー nordaノルダ 北の sonoソーノ 音
O o オー ordonoオルドーノ 命令 operacioオペラツィーオ 手術
P p ポー pomoポーモ りんご supozebleスポゼブレ おそらく
R r ロー radioラディーオ ラジオ rokoローコ 岩・ロック
S s ソー semoセーモ 種 kusenoクセーノ クッション
Ŝ ŝ ショー ŝokoショーコ ショック ŝanĝiシャンジ 変える
T t トー turoトゥーロ 塔 bataloバターロ 戦い
U u ウー urboウルボ 町 kursoクルソ コース
Ŭ ŭ ウォー hieraŭヒエーラウ きのう toアウト 自動車
V v ヴォー vestoヴェスト 服 avaraアヴァーラ けちな
Z z ゾー zonoゾーノ 帯・ゾーン rozoローゾ バラ

 c ĉ ĝ cはツァ行の音です。ĉはチャ行の音です。ĝはĉが濁った音でジャ行になります。
 ŝ ĵ ŝはシャ行の音です。ĵはŝが濁った音でジャ行になります。
 ĝ ĵ ĝは破裂音です。ĵは摩擦音です。
 f v 上の歯を舌のくちびるに当てて出す音です。vはその濁音です。
 h ĥ どちらものどの奥から出す音です。ĥはのどを振り絞るように出します。
 j ĵ jはヤ行の音です。ĵは上で説明した摩擦音です。
 l r lは舌の先を上の歯の根元につけて発音します。rは舌先を振るわせて発音します。
 ŭ ŭはウの音の半母音です。次の形で母音の後にしか現れません。-aŭアウ eŭエウ


第2課 名詞・形容詞・副詞

2-1 語末の母音が意味を持つ

名詞は-oで終わる 形容詞-aで終わる 【16条文法2, 3】
副詞は-eで終わる 動詞は-iで終わる 【16条文法7, 6e】

  名詞は amoアーモ donacoドナーツォ 贈り物
domoドーモ odoroオドーロ 香り
        ĝardenoジャルデーノ 庭     koroコーロ
  形容詞は ĉarmaチャルマ 魅力的な egalaエガーラ 平等な
                gajaガーヤ 楽しい        honestaホネスタ 正直な
                ĝojaジョーヤ うれしい nordaノルダ 北の
  副詞は supozebleスポゼブレ おそらく

 ĉarmoチャルモ 魅力 →ĉarmaチャルマ 魅力的な →ĉarmeチャルメ 魅力的に

2-2 対格(目的格)語尾-n

 名詞語尾-oにさらに対格語尾-nをつけて-onとすると、「~を」という目的語になります。
   amonアーモン 愛を donaconドナーツォン 贈り物を
 聞いただけで、見ただけで対格とわかるので、語順が自由になります。

2-3 挨拶によく使う-on

 Saluton!サルートン やあ。 (← あいさつを)
 Bonan tagon.ボーナン ターゴン こんにちは。(← よい日を)
 Bonan matenon.ボーナン マテーノン おはようございます。(← よい朝を)
 Bonan vesperon.ボーナン ヴェスペーロン こんばんは。(← よい夕べを)
 Bonan nokton.ボーナン ノクトン こんばんは。さようなら。(← よい夜を)
 Koran dankon.コーラン ダンコン どうもありがとう。


第3課 人称代名詞

3-1 エスペラントは次のような人称代名詞を持っています。

1人称 mi ni(複数) 
2人称 vi vi (単数・複数同じ)
3人称 li(男) ili(複数)
ŝi(女) ili(複数)
ĝi(物) ili(複数)
si(自分自身) si(単数・複数同じ)
oni(世間) (複数なし)

3-2 所有・目的語にするには、人称代名詞に次の接尾辞をつけます。 【16条文法5】

 -aをつけると→ 所有格になる miaわたしの viaあなたの ŝia彼女の
 -nをつけると→ 目的語になる minわたしを vinあなたを sin自分を
 -jをつけると→ 複数になる miajわたしの viajあなたの ŝiaj彼女の
 -ajn 所有・複数・目的になる miajnわたしの~を viajnあなたの~を ŝiajn彼女の~を

3-3 1人称の例文

 Mi estas diligenta oficisto. わたしはまじめな事務員です。
     ミ   エスタス  ディリゲンタ  オフィツィスト
 Mi laboras diligente. わたしはまじめに働きます。
     ミ   ラボーラス   ディリゲンテ
 Do, donu al mi salajron. ですから、わたしに給料をください。
     ドー ドーヌ  アル  ミ  サライロン
 Ni estas japanaj esperantistoj. わたしたちは日本のエスペランティストです。
     ニ  エスタス ヤパーナイ エスペランティストイ
 Ni laboras diligente. わたしたちははまじめに働きます。
     ニ  ラボーラス  ディリゲンテ
 Donu al ni akvon. わたしたちに水をください。
     ドーヌ  アル ニ  アクヴォン

3-4 2人称の例文

 Vi estas tre saĝa. あなたはとても賢いです。
    ヴィ エスタス  トレ サージャ
 Vi estas bona kuracisto. あなたは良いお医者様です。
    ヴィ エスタス  ボーナ  クラツィスト
 Mi dankas al vi. わたしはあなたに感謝します。
     ミ   ダンカス  アル ヴィ
 Vi estas koreaj esperantistoj. あなたは韓国のエスペランティストです。
    ヴィ エスタス コレーアイ  エスペランティストイ
 Vi ĉiuj laboras diligente. あなた方はみなまじめに働きます。
    ヴィ チーウイ ラボーラス  ディリゲンテ
 Ni donas leterojn al vi. わたしたちはあなた方に手紙をあげます。
    ニ   ドーナス  レテーロイン アル ヴィ

3-4 3人称の例文

 Li estas aktiva knabo. 彼は活発な男の子です。
    リ  エスタス アクティーヴァ クナーボ
 Ŝi estas saĝa knabino. 彼女は賢い女の子です。
    シ  エスタス サージャ クナビーノ
 Ĝi estas tre rapida trajno. それはとても速い列車です。
    ジ  エスタス  トレ  ラピーダ   トライノ
 Ili estas bonaj homoj. あの人たちはよい人たちです。
   イーリ エスタス ボーナイ ホーモイ
 Ili ludas tenison. あの人たちはテニスをしています。
   イーリ ルーダス テニーソン
 Li havas sian domon. 彼は自分の家を持っています。
    リ  ハーヴァス スィーアン ドーモン
 Ŝi havas sian komputilon.  彼女は自分のコンピュータを持っています。
    シ ハーヴァス スィーアン コンプティーロン
 Ili havas  siajn  aŭtojn. あの人たちは自分の車を持っています。
  イーリ ハーヴァス スィーアイン アウトイン
 Oni parolas en Esperanto. 人々はエスペラントで話しています。
   オーニ パローラス   エン エスペラント
 Oni ŝatas belajn florojn. 人々は美しい花が好きです。
   オーニ シャータス ベーライン フローロイン


詩 Lorelej' ローレライ

詩 Herinrich Heine ハインリッヒ・ハイネ 1824
曲 Friedrich Silcher フリードリヒ・ジルヒャー 1837
 tradukita de Leopold Elb (mortinta 1912), kun postaj modifoj
ドイツ語よりレオポルド・エルプ訳(1912死去)、後に修正

Ne scias mi, kial mi estas なぜ心悲しいか
Malgaja en la kor'. わたしにはわからない
Antikva fabelo restas 昔の物語がいつまでも
Por ĉiam en mia memor'. 心に残っている
Vespero jam ekmalheliĝas, 夕刻すでに薄暗く
Fluadas la Rejn' en trankvil', ラインは静かに流れゆく
La supro de l' monto lumiĝas 山頂は夕日に染まり
En vespersuna bril'. 照り映えている

Belega knabino jen tronas 美しい少女が金の飾りを
Kun ora juvelar', 身につけて座っている
La belan vizaĝon kronas 見事な金色の髪の毛が
Mirinde la ora harar', その美しい顔を飾る
Ŝi uzas kombilon el oro 彼女は金のくしを使い
Kaj dume kantas ŝi. その間ずっと歌っている
Mirige tuŝas al koro その魔法をかけるようなメロディーは
Sorĉiga la melodi'. 驚くほど心を打つのだ

Kaj sopiregon eksentas 船人は船を操りながら
Ŝipisto dum sia vetur'; 懐かしさを感じ始める
Rifaron li ne priatentas,           岩礁にも目をくれず
Al monto rigardas li nur.         彼は山だけを見つめるのだ
Mi kredas, ke dronos finfine ついに船人は船とともに
Ŝipisto kun sia boat', おぼれてしまうのだ
Kaj tion kaŭzis feine それをおこしたのは妖精の
La Loreleja kantad'. ローレライの歌なのだ

*エスペラントからの日本語訳は著者によります。



読者登録

hariymさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について