twitterアカウントでログイン

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格300円(税込)
カテゴリー 小説・ノンフィクション 文芸 , ヒューマンドラマ 作者 めぐきち
価格 300円(税込)
タグ 泣ける笑えるヤクザ音楽ソウルフラワーユニオン
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

19 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 15ページ (Web閲覧)
100ページ (PDF)
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
小説すばる新人賞二次選考までいった作品です。ヤクザに生まれてヤクザに生きるしかなかった靖男がある日組長から愛人の一人、ハルミを殺せと命じられ拳銃ひとつと金を持たされて旅に出る。ハルミがクラブ歌手として歌っていた店の店員、見るからに知恵が遅れているがピアノだけは天才的なうすばかのリョウをおまけに連れて。ハルミは何も知らず旅先に愛する組長が待つと信じている。さっさと仕事を終えて山にハルミを埋めるつもりだった靖男は、うっかり逃走に使う予定の車を崖下に落としてしまう。そこからバカだがヤクザにしかむいてなかった男とデブでブスだが歌だけはうまかった女、そしてろくにしゃべることもできないがピアノだけは天才肌な男、いかれた3人のゆくあてのない旅が始まった。やがて旅先でおこる事件が3人を徐々に近づけていく。家族の愛を知らない3人が、いびつな家族の形をとるようになったそのとき、ハルミがまだ生きていると知り組長から追手が…。愛というには悲しくて人生というのは意外と可笑しくて、愚かな大人たちの旅の終わりは…。

コメント一覧

面白かったです。ラストの二行が、物語のすべてを肯定し、昇華していたと思います。
makoto1983 : 2013-04-20 23:45:04

facebook コメント一覧