目次
お断り
目次
前書きと後書きに代えて
序章
本文 第1章 社会の現状
本文 第1章 社会の現状
本文 第1章 社会の現状
本文 第2章 裁判を取り巻く現状
本文 第2章 裁判を取り巻く現状
本文 第3章 マスコミの現状
本文 第3章 マスコミの現状
本文 第3章 マスコミの現状
本文 第3章 マスコミの現状
本文 第3章 マスコミの現状
本文 第3章 マスコミの現状
本文 第4章 社会との関係
本文 第4章 社会との関係
本文 第4章 社会との関係
本文 第4章 社会との関係
本文 第4章 社会との関係
本文 第5章 民主主義
本文 第5章 民主主義
本文 第5章 民主主義
本文 第5章 民主主義
本文 第5章 民主主義
本文 第5章 民主主義
本文 第5章 民主主義
本文 第5章 民主主義
本文 第5章 民主主義
本文 第6章 問題の原点
本文 第6章 問題の原点
本文 第6章 問題の原点
本文 第6章 問題の原点
本文 第6章 問題の原点
本文 第6章 問題の原点
本文 第6章 問題の原点
本文 第6章 問題の原点
本文 第7章 洗脳支配
本文 第7章 洗脳支配
本文 第7章 洗脳支配
本文 第7章 洗脳支配
本文 第7章 洗脳支配
本文 第7章 洗脳支配
本文 第7章 洗脳支配
本文 第7章 洗脳支配
本文 第7章 洗脳支配
本文 第8章 支配の実態
本文 第8章 支配の実態
本文 第8章 支配の実態
本文 第8章 支配の実態
本文 第9章 真相
本文 第9章 真相
本文 第9章 真相
本文 第9章 真相
本文 第9章 真相
本文 第9章 真相
本文 第9章 真相
本文 第9章 真相
本文 第9章 真相
本文 第9章 真相
本文 第9章 真相
本文 第9章 真相
本文 第10章 そこにある危機
本文 第10章 そこにある危機
本文 第10章 そこにある危機
本文 第10章 そこにある危機
本文 第10章 そこにある危機
本文 第10章 そこにある危機
本文 第10章 そこにある危機
本文 第10章 そこにある危機
本文 第10章 そこにある危機
本文 第11章 日本を洗濯
本文 第11章 日本を洗濯
本文 第11章 日本を洗濯
本文 第11章 日本を洗濯
本文 第11章 日本を洗濯
本文 第11章 日本を洗濯
本文 第11章 日本を洗濯
本文 第11章 日本を洗濯
本文 第11章 日本を洗濯
本文 第11章 日本を洗濯
本文 第11章 日本を洗濯
本文 第11章 日本を洗濯
本文 第11章 日本を洗濯
本文 第11章 日本を洗濯
本文 第11章 日本を洗濯
本文 第11章 日本を洗濯
本文 第11章 日本を洗濯
本文 第11章 日本を洗濯
本文 第11章 日本を洗濯
本文 第11章 日本を洗濯
本文 第11章 日本を洗濯
本文 第11章 日本を洗濯
本文 第11章 日本を洗濯
本文 第11章 日本を洗濯
本文 第11章 日本を洗濯
本文 第11章 日本を洗濯

閉じる


試し読みできます

お断り

お断り

  この作品の内容は、全て、著者の個人的見解に基づくものであり、何ら、客観性を保証するものではありません。  特に数値データを含め、正確性という点に於いて、必ずしも全てが事実とは限りません。  そして、どれが真実か虚実かを 特定したり確定させたりするものでもありません。 

 

  また、この作品の文中には、読者の皆様にとって、不快な表現や、気分を著しく害する表現が、あるかもしれません。  なお、誤字脱字に関しましては、誠に失礼ながら、この程度の著者なのだと御諦め下さいますように御願い申し上げます。  

 

  お読みになる場合には、これらのことを 予め御認識戴き、充分に御理解戴いた上で、御了承戴ける方のみ、御覧下さるよう御願い申し上げます。

 

< ( _ _ ) >

             ( "  ; )

               なに ? 土下座 ?


1
最終更新日 : 2012-06-10 01:59:42

試し読みできます

目次

目次  

お断り ・・・・・・・・・・・・・・・・  1ページ目 

 

目次 ・・・・・・・・・・・・・・・・・  2ページ目

 

前書きと後書きに代えて ・・・・・・・・  3ページ目

 

序章 ・・・・・・・・・・・・・・・・・  4ページ目

 

本文 第1章 社会の現状 ・・・・・・・  5ページ目

 

本文 第2章 裁判を取り巻く現状 ・・・  8ページ目

 

本文 第3章 マスコミの現状 ・・・・・ 10ページ目

 

本文 第4章 社会との関係 ・・・・・・ 16ページ目

 

本文 第5章 民主主義 ・・・・・・・・ 21ページ目

 

本文 第6章 問題の原点 ・・・・・・・ 30ページ目

 

本文 第7章 洗脳支配 ・・・・・・・・ 38ページ目

 

本文 第8章 支配の実態 ・・・・・・・ 47ページ目

 

本文 第9章 真相 ・・・・・・・・・・ 51ページ目

 

本文 第10章 そこにある危機 ・・・・ 63ページ目

 

本文 第11章 日本を洗濯 ・・・・・・ 72ページ目

 

 

 

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞


2
最終更新日 : 2012-06-10 16:50:32

試し読みできます

前書きと後書きに代えて

 前書きと後書きに代えて

 あなたは、現代社会の実情を 文章化してみたことがありますか?

あるとしたら、どうゆう内容になったでしょうか。  

 また、一度も無いとしたら、それは何故でしょうか。  

 

 当たり前のことを 普通に書いてみたら、大変なことになってしまう状況にある現実を 知っているから、諦めて、わざわざ文章化するような、面倒な行為をしていないというのが、正直なところではないでしょうか。

 また、大半の作家や著述業の方々も、御自身の安全や生活を護るために、やんわりとオブラートに包んで遠回しに文章化しているというのが実態でしょう。  

 

 そもそも、そのような本音や本当のことを発言すると身辺に危険を感じるような社会が、まともな社会と言えるのでしょうか。  

 

 

 本書は、これまで皆が、当たり前のように思い込んでいた風潮は、本当に当たり前のことなのかという根本的な課題にも焦点を当てています。  

 逆に言えば、本書は誰もが心の中で思っていながら口に出して来なかった、本来ならば当たり前のことを ごく普通に書き出しているとも言えます。  

 たとえば、マスコミは、いったい何のために存在しているのか…等、今まで見過ごされて来た社会の様々な実態を 織り交ぜながら迫ります。  

 しかも、極力オブラートには包まずに社会の実態を描き出しているために、内容的には全く遠慮がありません。  

 その結果、信じられないような驚愕の事実が浮き彫りになっています。  

 

 「最近、世の中、何かがおかしい、おかし過ぎる。」という、あなたの思いと疑問を先取りする形で展開します。  

 

 今こそ、本著によって、理不尽な社会に怒りの鉄槌が下されます。  

 

 あなたは、もう、この扉を開かずには、いられなくなるでしょう。  

 そして、本書に描かれている内容が、空想なのか事実なのかを見極めるのは、あなた自身です。  

 つまり、読者であるあなた自身が、この本の中で嘘と真実を見分けて特定しながら選別していかなければならないということです。  

 実は、本書に限らず、この世に存在している全ての書籍と情報は、あなたが自分で、嘘と真実との見分けと選別を 常日頃からしていかなければならないのです。  

 もちろん全ての内容と事柄が、白黒明確になるとは限りません。  

 しかも、個別の発想や着想や立場によっても判断は、大きく変わることでしょう。  

 そのことは決して、この本だけの特殊な問題ではないのです。  

 

 

 さらに本書は、世の中を こう在って欲しい、こうでありたいと願う姿に少しでも近づけたいという、変化を求める方々に、ある時には提案し、また、ある時には寄り添うつもりで書き上げました。  

 

 それに伴い、「現在、充分過ぎるほどに幸せな方々」は、決して読まないで下さい。  

 なぜなら、これまでの常識が、根底から覆されてしまうからです。  

 せっかくの幸せ気分に冷や水を浴びせかけられるようなものです。  

 わざわざ自ら進んで今の幸せ気分を捨ててまで、お読みになる必要もないでしょう。  

 それほどまでに、幸福であるということは素晴らしいことだと言えます。  

 

 しかしながら更に、真実は何物にも代え難いものだとも言えるのです。  

 


3
最終更新日 : 2012-06-10 01:59:42

試し読みできます

序章

序章

 最近、この国に、そして目にするマスコミ報道に、真実が在ると感じますか?  

 

 あなたが、これまでに見聞きしてきたことの、どれほどが事実で、どれほどが存在すらしない幻か、思いを巡らせたことはあるでしょうか。  

 一見すると、複雑に思えるものが、実は、驚くほど単純だったり、当たり前だと思っていたことが、奇跡とも言えるほど繊細だったり、世の中は様々な驚きに充ちていると言えるでしょう。  

 

 無実を訴える、一人の、あるいは多くの人物の社会的抹殺が平然と行われている、この社会の裏側で、いったい何が起きているのか…  

 

 あなたは広島と長崎に投下された原爆と、グローバル経済が、一本の糸と意図によって繋がっているとしたら、どう思いますか?  

 

 そして、その糸に全人類が絡み捕られ引きずり回されているとしたら、あなたは、どうしますか?  

 

 「歴史上の教訓と人生経験に勝る師は無し。」という言葉を嘲笑うかのような軽はずみな風潮と、「魂の深奥から湧き上がる直感」を 信じようとしない浅はかな勢力達による安易な判断が、全人類を奈落へと、引きずり落とすかも知れないのです。  

 

 そして、今現在あなた方、全人類を 罠に絡め捕ろうとしている一本の糸の正体とは、「欲」と、「欲に目が眩んだ一部の狂信的勢力」に他なりません。  

 それらの勢力達から全人類にもたらされた呪いの正体を見破った瞬間に、あなたは邪悪な呪縛から解放されます。  

 

 信じるか信じないかは、あなた次第です。  

 

 しかし、真実の扉を開けた時、人類は覚醒し、革新するでしょう。

 

 これは日本という、小さな島国に訪れた宿命の記憶でもあります。  

 なぜ、ここまで、この国が、あらゆる災厄に見舞われ続けているのか、その原因と本質部分に眼を向けます。  

 意外にも、その原因と本質の一端は、一般市民の身近に最初から在ったのです。  

 

 その真実への手がかりをどうぞ御覧下さい。  

 


4
最終更新日 : 2012-06-10 01:59:42

試し読みはここまでです。続きは購入後にお読みいただけます。

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格1,450円(税込)

読者登録

Miluxfer Mosehさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について