目次

閉じる


試し読みできます

 岡山の求職者は、週末野生生活をしようと思った。少しは、出ていくお金が少なくなるかなと思ったからだ。どこで週末野生生活をするのか? 岡山の求職者の頭には、おぼろげなイメージがあった。

 

 以前、岡山の求職者は、頻繁に鏡野町へ行っていた。ある取引先と打ち合わせをするために、その取引先の事務所へ行っていた。そのとき、ぐうぜん、人に見つからずに生活できそうな場所を見つけていた。

 

 金曜の夜から日曜の夜まで、林の中と川辺で野生生活をする。岡山の求職者は、金曜の夕方に車で鏡野町へ行った。目的地に着いた時間は、ちょうどよかった。ちょうど日が暮れてきていた。少し林になっているあの場所へ行く。車をさりげなく隠す。目印のビンが地面に捨ててある。以前と同じ場所に捨てられているようだ。岡山の求職者は、林の中に入っていく。いくつかの目印は、前と同じ状態だった。

 

 たぶん、だれもこの場所のことを気にしていない。岡山の求職者は、目的の場所に着いた。 たぶん、ここにいれば誰にも見つからない。ここで2日すごす。

 

 土曜日、岡山の求職者は誰にも見つからなかった。川辺に水を汲みに行くときに、林の中から出た。しかし、誰もいなかった。川には、小さい魚がいた。ざるですくったら、簡単に捕れた。

 


試し読みはここまでです。続きは購入後にお読みいただけます。

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格10円(税込)

読者登録

zen-akuさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について