閉じる


試し読みできます

ご挨拶

この本を手にとってくださり、まことにありがとうございます。

私は三条 祭と申します。

 

私は27歳のごく普通の青年です。

有名人でもなければ、何か特別な才能があるわけでもありません。

 

この本はそんな青年の緩やかな日常を書き綴ったブログを電子書籍化したものです。

 

しかし、普通の人間の生活と侮ってはいけません。

一見どんな普通の人間の日常でも他人が覗いてみれば、どこか滑稽でまた感動があるものです。

 

したがって、この私の日常を綴った本もなんとか『読むに耐えうる』レベルになっているものと信じております。

 

信じるものは救われる。

月並みな言葉だが、至言だと思う。

 

さて、冒頭でも述べましたが、この本はブログ「日々をキリバリ」の記事の中から、私が勝手に選んで大幅に加筆修正したものです。

 

ブログのほうはほとんどノリで書いているために、誤字脱字や怪しい表現、狙ったんだけど不発に終わったギャグ、下ネタなどを放り込んである阿鼻叫喚のできとなっていて大変に見苦しい。

 

だから、きちんと加筆修正したものを読んでもらいたいと思っています。

 

そして、 もしもこの本が気に入ったとしたらきっとブログも気に入る事と思います。検索ワード「日々をキリバリ」で検索していただければ、きっと私のブログが出てくるはずなので、ご興味のある方はどうぞ。

 

・・・と、地味に宣伝してみたりもします。

 

あ、そうそう、宣伝ついでにもう1つ。

この本が気に入ったらぜひとも知人や友人、果ては彼女や知らないオッサンにまで、この本を薦めてもらえると助かります。

 

何が助かるんだって? それは私の家計です。

 

食卓に一品おかずを増やしたいので、どうかよろしくお願いいたします。


試し読みできます

おにぎり

3月某日

 

弁当男子という言葉を初めて聞いた。

 

草食系男子・メガネ男子・乙男などは知っていたが、弁当男子まで存在していたとは驚きである。 弁当男子とは自分で弁当を作って、会社に持ってくる男子のことらしいのだが、そんなことぐらいでいちいちネーミングをつけられるのも迷惑な話だろうと思う。

 

少し調べてみると不景気の関係で昼食代を節約するために登場した男子ということだった。

 

不景気を背景に生まれるとはなんだか悲しい存在なのだが、世の弁当男子は楽しんで作っている・・・ように感じる。 そもそも、料理好きの男性はちょっと料理のうまい女性なんて歯牙にもかけないくらいこだわりが強いので、たとえ弁当であってもクオリティーが高いのだった。

 

そう考えると弁当男子はこだわりをもっている男子であると同時に家庭的で優しいイメージである。

 

そして、私がなぜこんなに弁当男子を強く押し出しているかというと、弁当を作って会社に行きたいからで、何となく恥ずかしいからその言い訳であった。

 

まぁ、私が弁当を作ろうと思ったきっかけは慢性的な金欠病を打破するためだけで、料理が好きとか弁当箱を使えばゴミが出なくてエコだとか、そういった前向きな理由は皆無である。

 

だが、職場で「マツリさんって家庭的で素敵」とキャーキャー言われたら、それはそれで受け入れることにしよう。

 

問題は一つあるばかりだ。 私は食にあまり興味がないという点である。 弁当男子にとって致命的と言えるかもしれない。

 

弁当は日持ちするような献立を選ばなければならず、それを作るのか・・・。 何食ったって一緒なのに創意工夫するのが嫌だ。

 

しかも、自分自身に作るのであって、まったくやる気が出ない。人のために作るのだったら、その人がどういう反応をするのか、おいしいと言ってくれるか、など考えると楽しい気もするが、どうだろう?

それでも、毎日作っていたらうんざりするかもしれない。

 

このように迷いはあって、なおかつ面倒なのだが昼食代を浮かすために了見することにして、さっそく弁当を作ろうとしたのだが、うちのアパートは電熱コンロであった。

 

電熱コンロとは鉄の螺旋を真っ赤になるまで電気で熱して、その上で調理するというものだ。 知っている人は知っていると思うが、微妙な火加減などは存在しない。

 

鉄は急に冷えたり急に熱くなったりはしないので、 構造的にもうどうしようもないのだが、いきなりの挫折である。

 

やるならきちんとやりたいのに電熱コンロのせいでやる気がそがれてしまった。

 

というか、よくよく考えると私は弁当箱は持っていないし、張り切って料理なんか作っても食材が余るのではないか。

 

夕食の余りを弁当にすれば食材は何とかなりそうだけど、そうすると夕食も作ることに・・・。

すごく健康的な人間になってしまう!

 

いや、健康的になるのは構わないのだが、私は節約して金を浮かせたいだけで生活を改善したいわけではない。あまり大々的に生活スタイルが変わるのには抵抗がある。

 

というわけで、おかずを作るのはあきらめて誰でも簡単にできる弁当にしようと思う。

ずばり、おにぎりである。

 

おにぎりなら面倒ではないし、弁当箱もいらない。

まぁ、ふりかけでもふって作ればそれなりの形になるだろう。

と、思ったのだがふりかけは我が家に存在しなかった。冷蔵庫には具になりそうなものもないし・・・。

 

しょうがないので塩で握る。

 

そうして出来上がったおにぎりを見ると我ながら真ん丸に握れて、なんだかかわいい。

よかったよかった。

 

翌日、私はそのおにぎりを昼飯にしてもぐもぐ食べていた。 何となく後ろめたい思いがしていたので、ばれないようにこそこそしていたのだが、ある女子社員に発見され話しかけられてしまった。

 

「あっ、何食べてるんですか」 と、嫌な展開だった。

 

しっかり作りこんできていれば自慢になったのに私が食べているのは日本昔話に出てきそうな、巨大な塩むすびである。 「弁当だよ」 と私が言うとその女子社員は目を細めて疑わしそうな顔をした。

 

「おにぎりですよね。おにぎりだけですよね?」

 

「・・・そうだけど」

 

「お弁当じゃないじゃん」

 

くやしい。 くやしいが彼女は正しかった。

 

彼女の意見はものすごく正しいんだけど、そんなにおにぎりを強調されるとすごく恥ずかしい。 昨日作ったときはよくできたと思ったのだが、他人から見れば単なるおにぎりであって、すごくまるく作れたとかは評価の対象にならないのか。

 

あたりまえだけど。

 

「何が入ってるんですか?」 と、彼女はしつこかった。

 

しかも答えづらい質問である。

 

「な・何も入っていないんだ。塩はふってあるけど・・・」

 

「へぇ~、そうなんだ。貧しいね」 彼女はそう言い残して、お昼に行ってしまった。

 

むなしさだけが残った会話だったが、私はそれでもおにぎりを食べきった。

次回はウインナーでも焼いて具にすることにする。

 


試し読みできます

グミと力走

5月某日

 

本社の会議室へ向かう途中の道で新人の女の子に出くわした。

 

「おはようございます」 と、その新人は挨拶をしながら隣に走り寄ってくる。

新人は初々しくさわやかであった。うちの組織にはオジサン連中が多いので、こういったフレッシュな人材は輝いて見える。

 

「おはよう」と私は返して二言三言、言葉を交わす。

 

朝のなんてことのないひと幕である。

 

ただ、予想外だったのは彼女が立ち去る気配もなく、そのまま並んで歩き始めた事だ。 この新人と私の目的地は一緒なわけで、そうするとこのまま並んで会社に行くのか・・・?

 

この新人のことは多少知ってはいるのだが、通常はお互いが別の事務所で仕事をしているため、これといった接点はないと思う。こんな風に意味ありげに隣を歩かれても、気まずいだけである。

 

う~ん、何をたくらんでいるんだコイツは。 何で並んで歩くんだよ。 挨拶は済んだんだから適当な理由をつけて立ち去ればいいのに、なぜ・・・?

 

こんな風に朝から仲よさげに並んで歩いて、一緒に会議室に入ったら、あらぬ噂がたってしまうかもしれない。 ムコ入り前の大切な体なのにそんなことをされれば困ってしまう。

 

もしかしたら、社内に私の隠れファンがいるかも知れず、そしてそのファンはなかなかの美人かもしれない。そんな風に考えると、いち早くこの正体不明の新人をひきはがしたいのだが、この新人は隣でなんやかんやと話しかけてきて一向に立ち去る様子はなかった。

 

しばらくは、新人と調子を合わせて話をしていたのだが、しだいに面倒くさくなってくる。 第一、面倒とかいう以前にこの新人のことは本来的に良く知らないのであり、凄く違和感があった。まるで、良き先輩とその後輩のように見えるかもしれないが、その実、たいして接点もないなんて不自然極まりない。

 

そこで私は一計を案じた。 何とか理由をつけて、この新人を引き剥がそうというのだ。もしかしたらこの新人だって好きで私といるわけではなくて、挨拶はしたものの、なんとなく立ち去るきっかけを失ったのかもしれない。

 

私はちょっと思い出した風に立ち止まって「俺さ、ちょっとコンビニに寄って行くから先に行きなよ」と、完璧であった。これで、私は自由の身だ、変に気を使わないで晴れ晴れとした気分で会社に行ける。

 

・・・と、思ったのだが「あっ、私も行きます」とか言って、全然、完璧ではなかった。

あくまでついてくる気のようだ・・・。

 

この新人はコンビニに行く程度では引き剥がせないようだし、明らかに私はマークされている。 妙だ。 こいつ社長の回し者か何かで、私を監視しているのか。

 

コンビニに行った私は買いたくもないコーヒーを買って、さらにグミまで買った。行くといった手前、何かを買わないといけないような義務感でグミまで買ったのだが、グミなんてここ何年も食べたことはなく、なぜ、こんな風にグミまで買ったのかはわからない。

 

新人に妙になつかれるという精神的プレッシャーがグミを買わせたのに違いはなかった。

 

これは、早く何とかしたい。 そこで今度はコンビニの外の灰皿の近くまで行って「俺はコーヒーを飲んでタバコを吸ってから行くから、お先にどうぞ」と促した。

 

「待ってま~す」 と、新人。

 

「いや、ほら時間かかるよ。遅れちゃまずいでしょ?」

私は予想外の返答にあわてた。 なぜ、待つ!?

あわてている私とは対称的に新人は落ち着いていた。

 

 「まだ時間に余裕がありますから。それに祭さんだって、会議すっぽかしてここにいるわけじゃないんでしょう?」

だから平気です、と新人は言っていたのだが、この抗弁は非常に鋭い。

たしかに会議に出席する以上、遅れて行くわけにもいかないから、彼女の言うとおり一緒に行動していても問題はない。

 

「ま・まぁね。でも、俺はグミも食べないといけないから・・・。ちょっと堅いタイプのグミだから時間かかるよ。なんだか、待たせるのも悪いかなぁ・・・と思うんだけれど」

 

 「私、グミ好きなんですよ~。1個ください」

 

 「・・・いいよ、全部あげる」

グミまで取られてしまった。 もう、何なんだよ!! 

泣きそうだ。 ほぼ3年ぶりに買ったグミまで取られて、パニックだよ~。

 

遠まわしに言ってもらからないようだから、直球で訴えることにする。

 

私はぎこちない笑顔を作ってグミを頬張る新人に、「あのさぁ、勘違いだったらごめんね」と前置きをしてから「もしかして、俺についてきている?」と聞いた。

 

「はい」と、新人。

 

・・・やっぱり。 何事かと思って話を聞いてみると、どうやら会議が関係しているようだ。

わが社の会議は席が決まっていなくて、みんな適当に座る。

 

つまりは誰が隣に来るかわからず、隣に怖い先輩が来るかもしれないし、社長が来るかもしれない。 この新人はそれがたまらなく嫌なのだと言う。

 

「うちの会社っておじさんが多いじゃないですか? ちょっと怖いというか、苦手なんですよ」

新人は少し顔を曇らせていて、なんだかかわいそうだった。

 「祭さんは年も若いし、話しやすいから・・・。申し訳ないんですけど、一緒に会議室まで行って隣に座ってくれませんか?」

 

「あぁ・・・。事情はわかったよ」

私が新人のころも確か会議で社長が隣に座ってきて気絶しそうになった思い出があり、この新人の気持ちはわかる。 わかるんだけど、一緒に会議室に行って、なおかつ隣に座ろうものなら、間違いのない噂の的になってしまう。存在しないかもしれない私の隠れファンもさぞかし悲しむことだろう。

 

「ごめん!!」

私はそう叫ぶと会社に向かって一直線に走った。

「グミ全部あげたんだから、それで許してくれ―っ!!」

 

低血圧の私が朝から走るとは稀なことである。 ただし、力走のかいなく私は会社の入り口付近で取り押さえられて、一緒に会議に出席することになるのだが、それはまた別のお話。

 

大学でたての女の子の足は意外に早い、ということを学んだ今日この頃である。

 

ちなみに、会議では「あれ? 祭君どうしたの? 新人と仲いいねぇ」と案の定冷やかされてしまった・・・。 おじさんたちは新人の女の子の隣に座りたいんだもんなぁ、皮肉を言われると思った。


試し読みできます

とうとうここまで・・・

みなさん、こんにちは。

 

筆者の三条祭です。

はじめのごあいさつをさせていただいて以来の登場なので、すっかり忘れてしまった読者もいると思うが、そして誰も期待していなかったと思うが、こうして再び登場してしまった事をお許し願いたい。

 

第一章はいかがだっただろうか?

 

何かお気に入りのエピソードが見つかっていれば幸いである。

まぁ、なんとなく私の気に入っている記事をブログから引っ張ってきたソレなので、その辺は私自身あまり期待してはいない。

 

かつてブログで反響のあった記事とか、コメントが多かった記事を持ってくればよかったのだが、なぜだかそういうことはせずに自分の気に入ったものを持ってきてしまった。

 

この辺が私のプロになれぬ理由のひとつであり、天邪鬼なところだ。

 

だから「この期に及んでそんな記事を持ってきたのか!」とあきれてしまう読者や「金返せ! バカヤロー」と言って私に空き缶でも投げつけたい読者もいるだろうからこの場をお借りして謝罪をしておきたい。

 

ごめんなさい。

 

だがしかし、私と波長があっている読者もいるはずで「のほほんとしていて癒されます」とか「祭さんイケメンすぎます」と思った読者はぜひご一報願いたい。

 

白百合の花をしょっているような、清楚な二十代女性で私のことが気に入った方はぜひご連絡を・・・。

 

さてさて、第二章は第一章と同じように私の日記が展開されていくのだが、それにプラスして「日記メモ」を公開していこうかと思う。

 

日記メモ、とは日々あったできごとを簡単に記録したもので、文章にはなっていない。

要するに下書きなのだ。

 

下書きをもとにして、文章にすると第一章に出てきたような日記になるのだが、まぁ、日記メモはその前段階の状態である。本来ならこのメモを元に文章を作成するのだが、メモを書いた時点で飽きてしまって公開しなかったものを少し公開していこうと思う。

 

これで、私がどんなものに興味を持っているか、その思考が垣間見えるはずである。

 

ただし、ここで読者諸君には注意をうながしておかねばなるまい。

それは、「三条祭の趣味嗜好がわかったところで、1円の得にもならんよ」という事である。

 

そうなのだ。

なんの得にもならないばかりか、ともすれば時間の無駄 なのである。

 

この先を読み進める場合は、個人の責任で心して進んで欲しい。

 

しかし、ティースプーン一杯分くらいの楽しい時間が提供できたとしたら、筆者の私としてはこのうえのない喜びである。私の書いた文章で誰かの生活がほんのわずかでも幸せなものとなれば、それはそれはすばらしい事ではないか。

 

スプーン一杯分の愛をあなたに。

 


試し読みできます

めがね

8月某日

 

君を喜ばせようと無理をしてしまうんだ。

 

間違っていると思っていても、君が喜ぶなら・・・そう思って君が期待するようなことを言ってきた。

 

だから。

 

だから、うまくいかなくなったんだね。

僕のせいだ。

 

きっと僕のせいですべてが崩れてしまったんだ。

 

でもさ、僕だって不誠実ってわけじゃないんだ、そういうわけじゃない。

いい加減な態度でその場しのぎ、そんなことは思ったこともない。

 

 

誠実でいたいんだ。

本当だよ。

 

でも、たまに自分自身のこともよくわからなくなって・・・。

 

いつの間にかズレが生まれて、どうしようもなくなっちゃった。

 

一年も一緒にいたけど、そろそろ終わりにしないといけないと思う。

 

 

ズレがこれ以上、大きくなったらきっと良くないと思うから。

 

 

前が良く見えない。。。

 

 

 

 

 

と、まぁ、そういうわけで私のメガネとはおさらばである。

理由は上記のとおりで目に合わないのだ。 視力検査をいい加減にやったもんだから、今のメガネはテキトーなつくりになっていて良く見えていない。

 

この間、壮絶に自動ドアにぶつかったのでもう限界なのだった。 ガラス窓が開いているか閉まっているかわからない状態ではどうしようもない。間抜けな野鳥がたまにガラスにぶつかるが、目下のところ私も同じ動きをしている。

 

良く見えない。

 

全くよく見えていないのだ。

 

明るいうちはまだいいが、夜になって薄暗くなるとてきめんに視力を失う。 このままではいけない。

 

つまりはそういうことなのだ。

 

大体がメガネ屋の視力検査は全部自己申告なのがいけない。

このデジタル最盛期にあんなアナログの視力検査でいいのか? 素人の自己申告だぞ。

 

素人の自己申告を元に眼鏡を作るなんて絶対に良いものができるわけがない。 もっとキチッと機械が客観的に判定してほしいと思うのだが、全国のメガネっ子たちはその辺どう思っているのだろうか?

 

自己申告というのは主観が入るために信用ができない。

特に私に関してはそうだ。

私はサービス精神が旺盛なので「見えません」とか「同じに見えます」と言う答えは極力しない。

 

 メガネ屋を失望させないようにあいまいな答えや「見えません」のような否定的答えはしないのだ。

 

「穴が開いている方は上とか下とか」の申告は「そう見えないこともない」レベルでの回答だし、「赤シートと緑シートのどちらが濃く見えますか?」的質問には、同じに見えたとしたら無理やり勘で答えるようにしている。

 

そして、最終調整の「こっちのレンズとこっちのレンズ、どちらが良く見えますか?」の質問には店員をてこずらせてイライラさせないように微妙に妥協するようにしている。

 

だから、ダメなのだ。

だから、見えない。

 

別に嘘をつこうと思ったわけじゃないし、だまそうとしたわけでもなく、単に店員を煩わせないようにしたつもりが「眼鏡が全く目に合わない」という最悪の結果を生んでしまった。

 

それでも、一年は我慢してかけていたのだがもう限界だ。

 

チョロQみたいに壁にぶつかったりして日々を生きていくのはやっぱり無理があった。 そういうわけで、メガネとはお別れなのだった。

 

サヨナラメガネ。

 

 

 

おまけ

 

一度だけコンタクトに浮気したことがある。

が、ハードレンズのため痛すぎてメガネ男子に戻った私だ!

もう二度と浮気はしない。

 

ノーモアハードレンズ!!

 


試し読みはここまでです。続きは購入後にお読みいただけます。

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格100円(税込)

読者登録

三条祭さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について