閉じる


5月3日のおはなし「めんどくさい」

 えー、毎度たくさんのお運びをいただきありがたいことでございます。いつもと変わらずおかしな噺をせっせとさせていただくのでございます。

 あのぅ。女ってのはめんどくさいもんですな。うちの女房なんざ、「全体おまいさんは何もしない。料理も作らない、食器も洗わない、洗濯もしなければ掃除機ひとつかけやしない。重たいお米の買い物くらい手伝ってくれりゃあいいのにうちでごろごろしている。ごろごろごろごろしてるばっかりで掃除の邪魔だ。掃除を手伝うどころか妨害までしている」なんて。あなたは噺家ですかってな口調でぽんぽんぽんぽん言われちまいましてね。しょうがないんで外に出て米を買って帰ったらこの米は高いの無洗米じゃないのと言われ放題。挙げ句の果てに「あたしは今日からパンしか食べない」なんて言う。とにかく面倒くさいんで。ぷうっなんてゴム風船みたいに頬をふくらましたりしてね。 ぷうっなんて。これがまた可愛いんですがね。それで一緒になったようなもんで。ま、それは別な話で。

 ええっと何でしたっけ。

 そうそう。「今日からパンしか食べないからね!」なんて言われるんで。そんなのだけならまだいいんですがね。駆け引きなんてえこともする。これがまためんどくさい。実にめんどくさい。先だってもファミレスってんですか、ひと晩中やってるレストランに行きましてね、ファミリーレストラン。え? ファミリーで行ったのかって? いえ。女房はいなかったんで。じゃあ誰と行ったのかって? やだなあ。そういうややこしいことを女房の前で言わないでほしいですな。あたしはその、ええっと、一人きりでしたよ。ま、もう夜の12時近い時間だもんでまわりだって、ファミリーなんていやしないんですが、ファミリーがいなくてもファミリーレストランてなもんで、あたしはその、正真正銘一人っきりで遅い晩飯なんぞ食べておりました。あたしのこたぁどうでもいいんで。そうこうするってえと、すぐそばの席で男と女が話してるのが聞こえてまいります。 

女「じゃあそろそろ」 
男「うん。おつかれさま。急いでるんでしょ。会計しとくよ」 
女「ほんと? 悪いわね。終電あぶなくて」 
男「気にしない気にしない」 
女「あのさ」 
男「なに」 
女「もう変なこと言わないでよ」 
男「変なことって?」 
女「いつも別れ際に変なこと言うじゃない」 
男「何だよ変なことって」 
女「蚤を集めてなんかすごいお城をつくってドイツかどこかの王様になってしまった牛乳配達夫がいたとか」 
男「ああ、あれ」 
女「『ああ、あれ』って。そういうの、困るんだから。別れる直前になって言われるとすごい気になるんだからやめてよね」 
男「あの時は最後まで聞いたじゃん」 
女「だあかあらあ。そんなこと言われたら気になって帰れなくなっちゃうでしょうって言ってるの」 
男「そう言えば失踪した動物園の飼育係が風使いになって、コンゴの川をさかのぼって森の精霊と最後の戦いをする話の時も夜を明かしたな」 
女「ストップ!ストップ!ストップ!」 
男「言わないよ」 
女「うそばっかり」 
男「言わないって」 
女「言う気満々のくせに」 
男「財布出して会計する気満々なんですけど」 
女「本当に?」 
男「だって困るんでしょ、帰れなくなっちゃって?」 
女「そりゃそうだけど」 
男「あ。そんなこと言って、本当は何か言って欲しいんじゃないの?」 
女「だめだめだめ。絶対ダメ!」 
男「まだ何も言ってないじゃん」 
女「言おうとしてたくせに」 
男「してないって」 
女「じゃあいいけど」 
男「ほらほら会計するから店員呼ぶよ」 
女「なんか企んでる気がするんだよなあ」 
男「『企んでる』って! 人聞き悪いなあ」 
女「どさくさに変な話をはじめるとか」 
男「パン食べ過ぎてゴム風船になった女の話とか?」 
女「ああもう!」 
男「『ああもう』って何だよ」 
女「何よそれ!」 
男「何」 
女「そのゴム風船になったとかいうの」 
男「いや別に」 
女「別にじゃないでしょう!」 
男「ほんと何でもないって」 
女「気になるじゃん」 
男「気にするような話じゃないって」 
女「ほら帰れなくなっちゃったじゃん」 

 ……それが狙いだったくせに。というお話。え? それ、あたしの話だろうって? ぶるぶるぶる。とんでもない。あたしは女房以外の女とファミレスのあとでどこかにしけこんで朝まで話し込んだりあれしたりなんかしてませんって! ほんとめんどくさいですな。ああ、めんどくさいめんどくさい。 

(「パン食べ過ぎてゴム風船になった女の話」ordered by tom-leo-zero-san/text by TAKASHINA, Tsunehiro a.k.a.hiro)


感謝の言葉と、お願い&お誘い

 Sudden Fiction Project(以下SFP)作品を読んでいただきありがとうございます。お楽しみいただけましたでしょうか? もしも気に入っていただけたならぜひ「コメントする」のボタンをクリックして、コメントをお寄せください。ブクログへの登録(無料)が必要になりますが、この機会にぜひ。


 「気に入ったけどコメントを書くのは面倒だ」と言うそこのあなた。それでは、ぜひ「ツイートする(Twitter)」「いいね!(Facebook)」あたりをご利用ください。あるいは、mixi、はてな等の外部連携で「気に入ったよ!」とアピールしていただけると大変ありがたいです。盛り上がります。


5つで、お気に入り度を示すこともできるようですが、面と向かって星をつけるのはひょっとしたら難しいかも知れませんね。すごく気に入ったら星5つつける、くらいの感じでご利用いただければ幸いです。


 現在、連日作品を発表中です。201171日から2012630日までの366日(2012年はうるう年)に対して、毎日「11篇のSFP作品がある」という状態をめざし、全作品を無料で大公開しています。公開中の作品一覧


 SFP作品は、元作品のクレジットをきちんと表記していただければ、転載や朗読などの上演、劇団の稽古場でのテキスト、舞台化や映像化などにも自由にご活用いただけます。詳しくは「Sudden Fiction Project Guide」というガイドブックにまとめておきました。使用時には、コメント欄で結構ですので一声おかけくださいね。


 ちょっと楽屋話をすると、71日にこのプロジェクトを開始して以来、日を追うごとにつくづく思い知らされているのですが、これ、かなり大変なんです(笑)。毎日1篇、作品に手を入れてアップして、告知して、Facebookページなどに整理して……って、始める前に予想していたよりも遥かに手間がかかるんですね。みなさんからのコメント、ツイート(RT)、「いいね!」を励みにがんばっていますので、ぜひご協力お願いいたします。


 読んでくださる方が増えるというのもとても嬉しい元気の素なので、気に入った作品を人に紹介して広めていただけるのも大歓迎です。上記Facebookページも、徐々に充実させてまいりますので、興味のある方はリンク先を訪れて、ページそのものに対して「いいね!」ボタンを押してご参加ください。


 10月からは「11篇新作発表」の荒行(笑)を開始し、55作品ばかり書き上げる予定です。「急募!お題 この秋Sudden Fiction Project開催します」のコメント欄を使って、読者のみなさんからのお題を募集中です。自分の出したお題でおはなしがひとつ生まれるのって、ぼくも体験済みですが、かなり楽しいですよ! はじめての方も、どうぞ気軽に遠慮なくご注文ください(お題は頂戴しても、お代は頂戴しないシステムでやっています。ご安心を)。


 こんな調子で、2012630日まで怒濤で突き進みます。他にはあんまりない、オンラインならではの風変わりな私設イベントです。ぜひご一緒に盛り上がってまいりましょう。


奥付



めんどくさい


http://p.booklog.jp/book/49197


著者 : hirotakashina
著者プロフィール:http://p.booklog.jp/users/hirotakashina/profile


感想はこちらのコメントへ
http://p.booklog.jp/book/49197

ブクログ本棚へ入れる
http://booklog.jp/item/3/49197



公開中のSudden Fiction Project作品一覧

http://p.booklog.jp/users/hirotakashina




電子書籍プラットフォーム : ブクログのパブー(http://p.booklog.jp/
運営会社:株式会社paperboy&co.



この本の内容は以上です。


読者登録

hirotakashinaさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について