閉じる


<<最初から読む

60 / 62ページ

エピローグ

午前5時28分、俺は、ダイユウサク軍を追い詰めたところで、完全破壊されて死んだ。
でも、それが戦況を大きく変える要因にはならなかった。
俺達紫苑軍は、ダイユウサク軍の大将、ダイユウサクさんを倒し、ダイユウサク軍を消滅させた。
ダイユウサクさんは後継者を設定せず、軍の消滅を選んだ。
すると、ダイユウサク軍のプレイヤが、こぞって紫苑軍へと入ってきた。
最初から決めていたらしい。
ドリームもカズミンも負けて、ダイユウサクさんがやられる事があったら、素直にその相手に協力しようと。
俺を失っても、紫苑軍の作戦行動は止まらなかった。
多くの強力な仲間を得て、一旦ネコミミに帰還する。
そこで補給を済ませた後、、レイズナーさんが用意していた要塞戦艦と共に、ジーク軍領域へと侵攻を開始した。
この時まだ、ジーク軍の主力部隊は、サイファ軍に勝利していなかった。
本来なら、既にサイファ軍を殲滅させる事ができていたらしい。
実は、サイファ軍が消滅したら、その多くのプレイヤが、紫苑軍に入る事を恐れていたようだ。
だからそれに対抗する策として、主要プレイヤを死亡させようとしていたのだ。
しかし、プレイヤキルのマイナス面は大きい。
そこで、戦闘不能にした相手を3時間監視し、タイムリミットによる死亡を狙っていたようだ。
サイファ軍のプレイヤをキルする作戦は、間違ってはいなかっただろう。
サイファ軍とはひそかに、どちらかがもう駄目だという状況になったら、もう一方の軍に入り、協力する事を決めていたから。
だけど、3時間という時間は、ジーク軍の防衛行動を遅らせた。
紫苑軍は運よく、各個撃破に成功した。
要塞戦艦が防衛に1隻、サイファ軍攻略に1隻使われていて、1隻ずつ相手にできた事は、紫苑軍の大きな勝因だ。
この日のうちに、ジークを倒す事に成功した紫苑軍は、1週間で、地球のジーク軍の残党と、弱小軍を次々と呑み込んでいった。
そして今日の朝、俺は1週間の呪縛が終わり、再び紫苑軍に復帰していた。
と言っても、もう攻略する場所は、地球に1か所、海底都市アクアだけだ。
俺はモノトーンで出撃する。
久しぶりの戦闘が、ほぼ確実に最後の出撃だ。
せっかくレベルを上げたモノトーン、最後に使えて良かった。
敵は水中戦の得意なプレイヤばかりだが、こちらのメンバーは半端なく強い。
負ける要素など全くない。
結局、1時間もしない間に、アクアを落とした。
紫苑軍の優勝だ。
9回裏2アウトの楽勝場面で、わざわざ最後の瞬間に立ち会う為だけにリリーフに出された気分だが、俺は嬉しかった。
 一生「よっしゃ!」
部屋で一人ガッツポーズするニート。
だけど明日からは、ニートなんて呼ばれる事は無いかもしれない。
なんせ大量の賞金が、俺の手に入るのだから。
夕方、全ての銀河バリューネットの会員向けにメールが届いた。
宇宙の絆Ⅱの、最優秀プレイヤ投票にご協力ください、そういった内容だ。
俺は誰に投票しようか迷ったが、自分には投票できないって事で、やはり紫苑さんに投票した。
優勝できたのは、やはり紫苑さんのおかげだろう。
次の日、集計された、査定ポイントと一緒に、賞金の分配表が、サイトに掲示された。
1位 紫苑 189675ポイント。
2位 アライヴ 189674ポイント。
なんと、1ポイントで紫苑さんに負けて2位だった。
投票ポイントは一人2ポイントだったから、俺の投票した分で負けた事になる。
ちょっと後悔しなくもなかったが、妥当だと思ったので、納得する事にした。
金額は、紫苑さんが6億円。
俺が4億円。
 アライヴ「やっぱり納得いかねぇ!!」
 紫苑「俺はお前に投票したぞw(^0^)あぶねw」
お互い、お互いを投票していたわけだから、仕方ないか。
あの時、ウララさんだったかにやられなければ、俺は1位だった。
全ては自分の力だ。
チョビは、1000万円か。
お母さん、マジでビビるぞw
あなたがやらせたくなかったゲームで、当時小学生だった子供が、1000万円ゲットしたんだから。
じぇにぃは2000万円か。
良い仲間を持ったよ。
サイファさんが3位で2億円か。
紫苑軍との同盟が評価されたのかな。
テレビ出演のポイントも大きいと言われているから、それかもしれない。
ダイユウサク軍の中では、夢さんの4位が最高。
でもざっと見ると、15位くらいまでは、どう順位が入れ替わっていても、おかしくなかったかもしれない。
勝敗は本当に繊細で、ほんの一瞬のタイミングのずれで、どう変わっていたか分からない。
もしかしたら、人生も同じで、ほんの小さなきっかけで何かが変わるのだろう。
ゲームが好きで、偶々参加した宇宙の絆Ⅱ。
これで、死ぬまで働かなくても、生きていけるだけのお金を手に入れてしまう事もあるのだから。

後日、紫苑軍、サイファ軍、ダイユウサク軍の面々は、一同に集まってパーティーをした。
紫苑さんの企画で、もちろん紫苑さんのおごり。
夫婦で6億5千万円貰ったのだから、それくらい当然か。
俺も、ビンゴ大会の商品を提供させてもらった。
その時の出会いがきっかけで、俺はゴッドブレスに入って、ゲームの賞金稼ぎをする事にした。
だって、ゲームって面白いんだもん。
小学生でも、大人と対等に戦える世界。
貧乏人も金持ちも平等にやれる世界。
実は、ゲームの世界が、理想の世界なのではないかと、勝手な事を思いながら、この話の終了とさせていただきます。
また、どこかのゲームでお会いできれば幸いです。
それでは。

著者より

「宇宙の絆Ⅱ」を読んでくださいまして、ありがとうございます。
本当はもっと色々と話を考えていましたが、その場のノリを重視していたら、話が勝手に終わってしまいました。
色々とメモに書きためたアイデアは、また別の場所で披露できればと思います。
ちなみにこの話は、諜報活動のところ辺りまでは、2008年頃に書いていました。
しかしそこでテンションが続かず、しばらく放置したり、偶に1話だけ書いてみたり。
で、2011年に、その後を一気に書き上げました。
苦労したのは、設定が多くて複雑な事。
沢山の人が登場する話は、本当に大変です。

2008~2011年 秋華

奥付



宇宙の絆Ⅱ


http://p.booklog.jp/book/48858


著者 : 秋華
著者プロフィール:http://p.booklog.jp/users/kitaneko33/profile


感想はこちらのコメントへ
http://p.booklog.jp/book/48858

ブクログ本棚へ入れる
http://booklog.jp/item/3/48858



電子書籍プラットフォーム : ブクログのパブー(http://p.booklog.jp/
運営会社:株式会社paperboy&co.



この本の内容は以上です。


読者登録

秋華さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について