閉じる


概論説明

インターネット通販を始めて、11年が経ち改めて振り返ってみました。
 
いろんなインターネット通販を見てきましたが、
ランチェスターの法則を利用してるお店が長く運営出来てきた気がしています。
 
 
マーケティング戦略においては、一つの特殊な分野に特化することで、
そこまで手を回す余裕のない大企業の隙(ニッチ市場)を突いてのし上がれる。
一般化して述べれば、弱者のとるべき戦略は差別化戦略で、
敵より性能のよい武器を持ち、狭い戦場で、一対一で戦い、接近戦を行い、力を一点に集中させることである。

すなわち、自分のもっとも得意とする分野、商品のみに集中し、
大企業とマーケティングで競う。
これは、人的能力、知識がある専門店、小売店が得意とするものです。
これに、戦略的ソーシャルメディアマーケティングを加え、
ローコストオペレーションを行うことがこれからのインターネット通販が生き残り、
繁栄することだと思います。
 

また、この戦略は歴史的に繰り返されています。
「三国志」の劉備玄徳、桶狭間の戦いの織田信長。
 
本来は、大企業が手が出しにく分野、手を出していない分野を探し、
そこに力を集中すること。
 
そして、この分野では、闘っても勝ち目がないと大企業が思うくらい徹底的に
ブランディング化すること。
 
これが本来の戦略的ソーシャルメディアマーケティングの目的です。
 
そのゴールには、お客様のベネフィットがないと長く繁栄できるインターネット通販はあり得ない。

1
最終更新日 : 2012-04-19 12:05:26

クラウド&ソーシャルメディアで加速するインターネット通販

インターネット通販を大きく分けると、3つのステージに分けることができます。


  インターネット通販1.0 
  インターネット通販2.0
  インターネット通販3.0


まず、インターネット通販1.0は、1997年頃より2003年くらいのインターネット通販の黎明期です。
この段階では、いろんなジャンルの小売店、メーカー等が一気にインターネット通販に
取り組み試行錯誤した時期です。


そして、インターネット通販2.0は、2004年以降データベースの整理、拡大、バックオフィスの充実が
多く行われ、まさにインターネット通販の流通金額も大きく伸びた時期です。


現在、インターネット通販は、インターネット通販3.0の時期に入っています。
これは、クラウドコンピューティングが常識で、かつソーシャルメディア等のサービスが
当たり前に使われることで、運営方法、商品開発、商品広告等の戦略が
大きく変化することになりました。


これからのインターネット通販は、クラウド&ソーシャルメディアをいかに活用できるかが、
生き残りをかけた戦略的ソーシャルメディア・マーケティングになります。


 
 
 
---- 私の大好きな言葉-----
人間は自分が考えていたとおりの人物になる

無知こそが不幸の原因
無知を克服するには、勉強し、自分を向上するしかない
効率的にやるべきだ
目標は正しいか、目標に進む勇気はあるか、結果に責任を持つことが出来るか

 ~アール・ナイチンゲール~
 

2
最終更新日 : 2012-04-19 12:06:55

Facebook本社視察 アメリカソーシャルメディア2011

シリコンバレーにあるFacebook本社に伺ってきました。
当然のことながら、NDA【Non-Disclosure Agreement】(秘密保持契約)をきっちりと
交わしてから、社内をまず案内していただきました。

写真では見たことありましたが、オープンなオフィスで写真の方の対応もとても良く、
社内の隅々まで案内してもらいました。

8月にサンマイクロに引っ越しする予定らしいです。

社内は、基本MAcプラスDELLのモニター外付けで仕事されている方がとても多く、
ミーティングにはノートPCを持って集まれる環境が出来上がっていました。

驚いたのは、パソコンの修理用のヘルプデスクがあって社内で対応していることでした。
社内をひと通り案内いただいてから、Facebookの社員の方によりmissionや、
現在のソーシャルメディアの流れ、これからの方向等を詳しくお聞きしました。

映画の中のマーク・ザッカーバーグのとこや、社内での彼の雰囲気等も
ユーモアたっぷりでお話を頂けました。


3
最終更新日 : 2012-04-19 12:11:21

Twitter本社視察 アメリカソーシャルメディア2011

Twitter本社視察 アメリカソーシャルメディア最新情報

アメリカ サンフランシスコのTwitter本社に伺ってきました。

社内を案内し、対応してくれたのは、workビザで働く日本人のスタッフでした。
とても社内の雰囲気の明るく、カフェスペースで話をしてくれました。

社員の方は、すべてMACでした。
2005年スタート2009年初頃から日本普及し始め、
現在、社員450人になっているそうです。

開発もすべて自社開発で、外注に出さず
良い人材を集めている感じがしました。

社員も専門職としての意識が高く、
出来るスタッフを集めている感がありました。


4
最終更新日 : 2012-04-19 12:10:33

Eコマース集客戦略に求められるもの

インターネット通販の集客戦略について、大きな変化が現れており、
これからのEコマース集客戦略に求められるものあります。


その中には、ソーシャルメディアとクラウドという2つのキーワードがあります。

この2つにいかに対応するのかが、これからのインターネットショップに生き残りをかけた集客戦略になると思います。

そして、ネット通販だけでなく実店舗やショールームをお持ちの企業にとっては、
googleプレイス、yahooロコ、Facebookプレイス、食べログ、Foursqure等位置情報サ​ービスの積極的活用も大事な戦略になります。

さらにいままでのネット通販は、これから大きな変化が求められ、フラッシュマーケッティング(グルーポン、ポンパレ等)を活用するところも
たくさん出てくると思います。


消費者向け電子商取引実態調査
参考
http://www.meti.go.jp/statisti​cs/tyo/denshi/index.html

 

---- 私の大好きな言葉-----
人に接する時は、暖かい春の心。
仕事をする時は、燃える夏の心。
考える時は、澄んだ秋の心。 
自分に向かう時は、厳しい冬の心


5
最終更新日 : 2012-04-19 12:12:22


読者登録

mittypapaさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について